農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 井関農機

井関農機

新しい順  古い順
2020/10/19

四国発明表彰受賞 井関農機「さなえピタ植え」など

井関農機(冨安司郎社長)は令和2年度の四国発明表彰(公益社団法人発明協会主催)において、日本弁理士会会長賞に「田植機の圃場端植え制御」が、また発明奨励賞に「田植機の旋回時サイドクラッチ入切制御」と「乗用モアのコレクタのクイックドッキング」が、実施功績賞(日本弁理士会会長賞)に「田植機の圃場端植え制御」がそれぞれ選ばれた。

四国発明表彰受賞 井関農機「さなえピタ植え」など
2020/10/12

井関農機が「さなえ全国子供図画コンクール」を開催 「農業で働く家族」最優秀賞には恩田晴悠くん

様々な形で日本の農業や食文化を応援している井関農機(冨安司郎社長)は、その一環として将来を担う子供達を対象に平成8年から「さなえ全国子供図画コンクール」を開催している。今年で25回目だ。テーマは「農業で働く家族」。今年も1132点の応募があり累計では3万点を超えた。その最終選考会及び入選発表会が7日、同社つくばみらい事業所で行われた。

井関農機が「さなえ全国子供図画コンクール」を開催 「農業で働く家族」最優秀賞には恩田晴悠くん
2020/10/05

井関農機機構改革及び人事異動 10月1日付

井関農機は10月1日付組織変更並びに役員の委嘱業務の変更及び人事異動を決定した。【組織変更】内部監査部門の独立性をより確保するため、①内部統制・監査部の内部監査機能を分離②内部統制の企画機能を業務執行の企画部門である総合企画部に移管。なお、本変更に伴い、組織名称を「内部統制・監査部」から「内部監査部」に変更する。【役員の委嘱業務の変更】 ▽取締役常務執行役員内部監査部、コンプライアンス担当=金山隆...

井関農機機構改革及び人事異動 10月1日付
2020/10/05

井関農機がGAPをテーマに 農業女子オンライン座談会

井関農機(冨安司郎社長)は、9月28日、「GAPのすべてを知っちゃおう!」をテーマに、農業女子メンバー向けに『第2回オンライン座談会 農業女子×ISEKI』を実施した。関東から九州まで、水稲、野菜、果樹、養蜂、花木など多岐にわたる栽培作物の農業女子12名が参加した。 ISEKIグループは、農業に密接に関わる企業として女性農業者(農業女子)の農業や農業機械について抱える疑問や課題について向き合い、解...

井関農機がGAPをテーマに 農業女子オンライン座談会
2020/10/05

新潟市スマート農業 収量コン×アグリノート

農水省委託事業「令和2年度スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」の一環として、新潟市スマート農業企業連携実証コンソーシアムに関する現地説明会が9月29日、新潟県新潟市南区の㈲米八ほ場で行われた。当日は天候の関係上、刈取り適期が早まり収穫を終えたことから、クラウド型営農管理ソフト「アグリノート」を核としたデータ連携について参画企業各社によるモニターを見ながらの紹介とともに井関農機ICTコンバイン...

新潟市スマート農業 収量コン×アグリノート
2020/10/05

アグリ山﨑スマート農業現地検討会 コンバイン収穫同時鋤込みを紹介

アグリ山﨑スマート農業実証コンソーシアム(代表機関:東京大学大学院農学生命科学研究科、共同実証機関:井関農機)は9月25日、茨城県坂東市で「スマート農業技術現地検討会」を開催。最新技術導入による輸出用高品質米生産体系に取組み、現在実証中の『収量コンバインで収穫後、ロボットトラクタでの自動耕うんにより収穫同時鋤込みを行う技術』を紹介した。農水省の「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」の一環。な...

アグリ山﨑スマート農業現地検討会 コンバイン収穫同時鋤込みを紹介
2020/09/23

井関農機の2条半自動野菜移植機 幅広い体系・作物に高い植付精度と走破性

井関農機(冨安司郎社長)の乗用2条半自動野菜移植機「ナウエルナナPVHR200」は、1台で〝1畦2条植え〟と〝2畦同時植え〟を可能にし、幅広い体系や作物に適応できる。現行歩行型(往復2条タイプ)に比べ50%の能率アップ。また大径タイヤを採用し走破性も向上した。この開発が農業食料工学会にも高く評価され「2020年度開発賞」を受賞した。

井関農機の2条半自動野菜移植機 幅広い体系・作物に高い植付精度と走破性
2020/09/07

井関農機の9月1日付機構改革と人事

井関農機は9月1日付機構改革ならびに役員の委嘱業務の変更及び人事異動を決定した。【組織変更】 同社グループの中長期的な戦略の企画・立案を行う組織として総合企画部内に「戦略企画室」を新設する。【役員の委嘱業務の変更】 ▽執行役員開発製造本部統括役員総合企画部副担当=高橋一真(執行役員開発製造本部長補佐総合企画部副担当)。【幹部人事】 ▽総合企画部長兼戦略企画室長=伊藤勝(総合企画部長) ▽営業本部副...

井関農機の9月1日付機構改革と人事
2020/08/11

農業女子×ISEKIオンライン座談会

井関農機(冨安司郎社長)は7月31日、農業女子メンバーに向け〝生産物の価値を高める〟ことをテーマに『オンライン座談会 農業女子×ISEKI』を実施した。スマート農業や6次産業化、土づくりなどの各テーマについて紹介し、農業女子メンバーと質疑応答・意見交換を行い、活発なオンライン座談会となった。 井関農機からは、縄田幸夫・取締役常務執行役員営業本部長、三輪田克志・夢ある農業総合研究所所長のほか同研究所...

農業女子×ISEKIオンライン座談会
2020/08/11

井関農機の2020年12月期中間決算 売上高6.8%減722億円 純利益47.3%増の9億7900万円

井関農機(冨安司郎社長)は8月6日、2020年12月期第2四半期決算を発表した。売上高は、前年同期比53億700万円(6.8%)減少し、722億4500万円となった。そのうち国内は同27億1800万円(4.5%)減の572億4900万円。海外は同25億8800万円(14・7%)減の149億9500万円。営業利益は3億6700万円(22・4%)減の12億7000万円。純利益は同3億1400万円(47...

井関農機の2020年12月期中間決算 売上高6.8%減722億円 純利益47.3%増の9億7900万円
2020/08/03

役員・幹部人事(井関農機)

井関農機(冨安司郎社長)はこのほど、8月1日付け役員・幹部人事を発表した。カッコ内前職、敬称略。【役員の委嘱業務の変更】▽勝野志郎=執行役員、開発製造本部副本部長、開発ソリューション推進部、先端技術部担当、開発ソリューション推進部長(執行役員、開発製造本部副本部長、開発ソリューション推進部、先端技術部担当、開発ソリューション推進部長、設計基本技術トレーニングセンター長)【幹部人事】▽谷良孝=開発製...

役員・幹部人事(井関農機)
2020/08/03

井関農機がバーチャル実演会 現物感溢れる作業実演動画

井関農機(冨安司郎社長)は、このほど同社ホームページ内で誰でも、どこでも閲覧できる「ISEKIバーチャル実演会」を公開した。同社では「新商品や先端技術を活用したスマート農機などの作業実演動画の紹介を通して、皆様の夢ある農業を応援していきたい」と話している。

井関農機がバーチャル実演会 現物感溢れる作業実演動画
2020/07/27

井関農機が分野別登録数で1位 特許査定率は全産業中1位

井関農機(冨安司郎社長)は、特許庁がこのほど公表した『分野別登録数及び特許査定率』において、特許の日本における分野別登録数が『その他の特殊機械分野』で第1位、特許査定率が97・7%と全産業中で1位となったことが分かった。 ※特許査定率=特許査定件数/(特許査定件数+拒絶査定件数+取下・放棄件数)。「取下・放棄件数」とは拒絶理由通知後に取下げ、または放棄した件数。【井関農機の分野別登録数の実績】▽2...

井関農機が分野別登録数で1位 特許査定率は全産業中1位
2020/07/27

井関農機の2020年下期新商品6 韓国向け乗用管理機と韓国向け直進アシスト田植機

井関農機(冨安司郎社長)は2020年下期新商品として19品目38型式を発表した。本紙では回を分けこれを紹介している。最終回の今号では、韓国政府の畑作機械化促進政策に沿った同国向けの新製品4機種。直進アシストシステム搭載の6条植え田植機と、防除専用の乗用管理機、うね立て、防除、中耕ができる乗用管理機、同キャビン仕様。

井関農機の2020年下期新商品6 韓国向け乗用管理機と韓国向け直進アシスト田植機
2020/07/20

井関農機、2020年下期の新商品 乗用管理機用追肥システム・最適なタイミングで適量を追肥

井関農機(冨安司郎社長)は本年下期新商品として19品目38型式を発表した。本紙では回を分けこれを紹介している。今回は稲の生育量をセンシングして、追肥量を自動制御する業界初の乗用管理機用可変施肥「スマート施肥システム」と、欧州向け耕うん機、北米排ガス規制Tier4対応DPFエンジン搭載の北米向けトラクタ。価格は全て税込み。

井関農機、2020年下期の新商品 乗用管理機用追肥システム・最適なタイミングで適量を追肥
2020/07/13

井関農機2020下期新商品-4- 野菜移植機を充実

井関農機(冨安司郎社長)は本年下期新商品として19品目38型式を発表した。本紙では回を分けこれを紹介している。今回は、急成長する野菜市場の作業能率を大幅にアップする全自動野菜移植『ナウエルエース』と、水田転作で増加傾向にある野菜市場を支える4条植え半自動野菜移植機を『ナウエルナナ』作物別仕様。価格は全て税込み表示。

井関農機2020下期新商品-4- 野菜移植機を充実
2020/07/06

ヰセキ北海道新体制

ヰセキ北海道=北海道岩見沢市東町2条7―1004―1=は、2月25日開催の株主総会・取締役会並びに5月29日開催の臨時株主総会・取締役会において新体制を決定した。その陣容は次の通り。▽代表取締役社長=土屋勝▽常務取締役(営業本部長)=𠮷村和美▽同(管理部長)=久留義広(新任)▽取締役(施設部長)=村田佳樹▽常務執行役員(営業副本部長兼道北営業部長)=菊地裕章▽同(同兼営業企画部長)=熊谷茂▽執行役...

ヰセキ北海道新体制
2020/07/06

井関農機が愛媛大との研究連携協定 寄附講座と共に更新

井関農機(冨安司郎社長)は愛媛大学との間で締結している研究連携協定『知能的食料生産システム』並びに、寄付講座『植物上場設計工学(井関農機)』を4月1日付けで更新した。 同社と愛媛大学は、2005年に食料の安定供給に関する学術研究の振興と研究成果の地域社会活用の推進を図ることを目的として、研究連携協定『知能的食料生産システム』を締結した。さらに2010年には植物工場の拡大普及のための研究開発及び人材...

井関農機が愛媛大との研究連携協定 寄附講座と共に更新
2020/07/06

井関農機の2020年下期新商品 大型トラクタ3機種 ニーズに合わせ品揃え充実

井関農機(冨安司郎社長)は本年下期新商品として19品目38型式を発表した。本紙では回を分けこれを紹介している。今回は、TJX743に追加したラジアルタイヤ仕様とTJW3のセミクローラ仕様に追加した130馬力と、123馬力と130馬力に設定したセミクローラ仕様自動操舵レディ型式、BIG―T5700の48段ミッション。

井関農機の2020年下期新商品 大型トラクタ3機種 ニーズに合わせ品揃え充実
  1  2  3  4  5  6  >>