農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 井関農機

井関農機

新しい順  古い順
2020/04/06

井関農機がつくばみらい市と連携協定 スマート農業推進

井関農機(冨安司郎社長)は、つくばみらい市(小田川浩市長)と「先端技術を活用した農業の推進に関する連携協定」を締結。その締結式を3月30日、つくばみらい市役所伊奈庁舎会議室で行った。同協定は市内の農業者の営農圃場においてスマート農業の実践・検証を行い、生産技術の向上及びコスト低減のほか高品質な農産物の栽培方法の確立を図るもの。今年度の取組は水田センサを活用した水管理技術の体系化、人工衛星からの圃場...

井関農機がつくばみらい市と連携協定 スマート農業推進
2020/04/06

井関農機入社式「新しい時代の旗手に」

井関グループは、テレビ会議を利用した分散型での入社式を行った。【冨安社長メッセージ要旨】井関グループは2025年に100周年を迎える大変長い歴史があります。その中で一度も変わっていない、そして今後も変えてはならないもの、それは井関農機の創業者、井関邦三郎翁から受け継がれている「農家を過酷な労働から解放したい」という強い想いです。当社グループは、この創業者の農家に対する強い想い、「お客さまには喜ばれ...

井関農機入社式「新しい時代の旗手に」
2020/04/04

井関農機が乗用管理機用作業機スマート追肥システム発売

井関農機=冨安司郎社長、東京都荒川区西日暮里5―3―14=は、このほど、乗用管理機JKB23(キャビン仕様)用作業機「スマート追肥システムIHB200LX―SET」の販売を開始した。 同商品は、稲の生育をセンシングして、追肥量を制御する業界初の乗用管理機。

井関農機が乗用管理機用作業機スマート追肥システム発売
2020/03/23

井関農機がSGH事業で講演 アジア農業の発展テーマに

井関農機は2月26日、愛媛大学附属高等学校で、地元企業として「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」の授業の一環として講演を行った。愛媛大学附属高等学校は、文部科学省から「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」事業の研究指定を受けており、グローバル人材の育成をするための教育プログラム開発に取組んでいる学校だ。

井関農機がSGH事業で講演 アジア農業の発展テーマに
2020/02/29

井関農機の2019年12月期連結業績 売上高1500億円 次期は作付転換用充実

井関農機は14日、2019年12月期連結業績を発表した。売上高は前年同期比3.9%減の1500億円、営業利益は同13.6%減の27億円。このうち国内売上高は同4.1%減の1177億円、海外は同2.9%減の322億円。配当は期末に1株当たり30円(予定)。2020年通期の予想は売上高が1560億円。想定為替レートは対米ドル105円、対ユーロ118円。

井関農機の2019年12月期連結業績 売上高1500億円 次期は作付転換用充実
2020/02/03

井関農機の韓国向け新商品 トラクタTJVシリーズなど

井関農機(冨安司郎社長)は昨年、12月、新商品20品目を発表した。本紙では回を分けこれを紹介している。今回は、韓国向け商品。トラクタは廉価型市場と多様な機能を装備したハイエンド市場の2極化が進んでいるが、ハイエンド市場向けTJVシリーズと、田植機は直進アシスト、コンバインHJシリーズを発売。販売も順調だ。

井関農機の韓国向け新商品 トラクタTJVシリーズなど
2020/01/27

東風井関の出資比率変更 井関農機

井関農機は1月21日、同社の持分法適用関連会社である東風井関農業機械有限公司への出資比率を変更した。 【出資比率変更について】同社と東風汽車グループが共同で出資している「東風井関農業機械有限公司(以下、東風井関)」に対し、その中国国内における一層の事業発展・事業運営の現地化を図るため、東風汽車グループが追加出資を行うこととなった。この結果、東風井関への同社の出資比率は50%から25%に変更となる。...

東風井関の出資比率変更 井関農機
2020/01/27

井関農機の東南アジア向け新商品

井関農機(冨安司郎社長)は昨年12月、新商品20品目34型式を発表した。本紙では回を分けこれを紹介している。そのうち13品目20型式は海外向けだった。今回は、ミャンマー向けトラクタ・コンバイン・田植機とインド向け田植機及びタイ向けトラクタを紹介する。いずれも現地の市場環境、使用環境にカスタマイズして発売したもの。次回は韓国向けを紹介予定。

井関農機の東南アジア向け新商品
2020/01/27

4000名集め新春祝い市inみえ 三重ヰセキなど3社合同

三重ヰセキ販売、奈良ヰセキ販売、ヰセキ関西中部の3社が共催する東海・関西地区合同展示会、「第29回新春祝い市널みえ」が1月17・18日の両日、三重県津市のメッセウイング・みえで開かれた。この催しは恒例となっているだけに、開催を待ち望んでいるヰセキファンが多く、滋賀や京都、大阪、愛知、岐阜などから約4000人が来場。ヰセキグループも今年の商戦を占う「日本で一番早い展示会」として総力を結集。売上は目標...

4000名集め新春祝い市inみえ 三重ヰセキなど3社合同
2020/01/20

“ISEKIMAX95!!”で飛躍 2020年創立95周年記念 ヰセキ全国表彰大会

井関農機は1月15日、東京・港区の「ホテルグランドニッコー東京台場」に優秀特約店、販売会社のトップセールスマン・サービスマン等約850名を集め、「2020年ヰセキ全国表彰大会」を開催した。参加者は、昨年の厳しい商戦を勝ち抜いてきた強者だけに、いずれも自信に満ちた雰囲気を漂わせていた。今年は昨年に続いて「変革」をキーワードに「ISEKI MAX95」を営業スローガンに掲げ、更なる飛躍を誓った。

“ISEKIMAX95!!”で飛躍 2020年創立95周年記念 ヰセキ全国表彰大会
2020/01/18

井関農機1月1日付役員委嘱業務の変更

井関農機は1月1日付けの役員人事異動及び役員の委嘱業務変更を決定した。カッコ内旧職。敬称略。【役員の委嘱業務の変更】 ▽豊田佳之=取締役副社長執行役員海外営業本部担当(取締役副社長執行役員海外営業本部長海外営業本部担当) ▽兵頭修=同専務執行役員開発製造本部担当(取締役専務執行役員開発製造本部長開発製造本部担当) ▽井下昌計=常務執行役員海外営業本部副本部長中国事業担当東風井関農業機械有限公司薫事...

井関農機1月1日付役員委嘱業務の変更
2020/01/18

井関農機2020年上期新商品② 国内向けとともに海外向けも充実

井関農機(冨安司郎社長)は12月11日、茨城県つくばみらい市の夢総研で新商品発表会を開催し、『アジア及び国内への新商品投入による農業の生産性向上』と『環境規制の厳しい欧州の景観整備市場に対応した新商品の投入』をコンセプトに開発した国内向け7品目14型式、海外向け12品目18型式、エンジン2型式、計20品目34型式の新商品を発表した。【欧州向けサブコンパクトトラクタ】TXGS24。 欧州景観整備市場...

井関農機2020年上期新商品② 国内向けとともに海外向けも充実
2020/01/06

井関農機2020年上期国内向け新商品 コンバイン2型式

井関農機(冨安司郎社長)は昨年12月11日、茨城県つくばみらい市の夢総研で新商品発表会を開催し、『アジア及び国内への新商品投入による農業の生産性向上』と『環境規制の厳しい欧州の景観整備市場に対応した新商品の投入』をコンセプトに開発した国内向け7品目14型式、海外向け12品目18型式、エンジン2型式、計20品目34型式の新商品を発表した。

井関農機2020年上期国内向け新商品 コンバイン2型式
2019/12/16

井関農機が2020年上期新商品、20品目34型式を発表 アジア・国内向けと欧州景観整備向け

井関農機(冨安司郎社長)は12月11日、茨城県の夢ある農業総合研究所で2020年度上期新商品発表会を開催し、『アジア及び国内への新商品投入による農業の生産性向上』と『環境規制の厳しい欧州の景観整備市場に対応した新商品の投入』をコンセプトに20品目34型式を発表した。国内外の取組み説明に続き、特設会場で実機を前にした説明会も行われた。 発表会の席には、菊池昭夫会長、冨安司郎社長、縄田幸夫常務営業本部...

井関農機が2020年上期新商品、20品目34型式を発表 アジア・国内向けと欧州景観整備向け
2019/11/18

井関農機の役員、人事異動 新取締役に小田切氏、谷氏

井関農機は、2019年11月13日開催の取締役会で、次のとおり取締役を異動することを決議した。また役員等の人事異動及び役員の委嘱業務の変更について決定した。なお、取締役の異動については、2020年3月27日開催予定の第96期定時株主総会並びにその後の取締役会を経て正式に決定される。敬称略。 【海外営業本部長、開発製造本部長人事】 ①2020年1月1日付②2020年3月27日付。 ▽豊田佳之(取締役...

井関農機の役員、人事異動 新取締役に小田切氏、谷氏
2019/11/18

井関農機の第3四半期決算 売上高1210億円  田植機・野菜移植機7.2%増

井関農機は13日、2019年12月期第3四半期連結決算を発表した。売上高は、国内において新商品の投入や顧客対応の充実、農業構造変化への対応強化、海外においては主力市場である北米、欧州、中国、アセアンでの販売強化に努めた結果、前年同期比17億8800万円(1.5%)増の1209億7500万円となった。このうち国内売上高は、消費増税に向けた駆け込み需要が見られ、農機製品および作業機などが増加し、前年同...

井関農機の第3四半期決算 売上高1210億円  田植機・野菜移植機7.2%増
2019/11/18

井関農機がファーマーズ&キッズフェスタに出展 〝農〟の関心深める

井関農機(冨安司郎社長)は11月9~10日、東京・日比谷公園で開催された「第10回ファーマーズ&キッズフェスタ2019」に、今年も出展し、最新農機の乗車体験のほか、玄米を割りばしで突いて白米にする精米体験などを実施、多くの家族連れで賑わった。当日は、藤木農林水産大臣政務官もブースに訪れ、同社幹部らと歓談、コンバインにも乗車した。

井関農機がファーマーズ&キッズフェスタに出展 〝農〟の関心深める
2019/11/18

トラや田植機など  日農工が、食育フェアに出展

「楽しみながら食を育もう」などをテーマとした第12回「東京都食育フェア」が去る9日・10日の両日、東京都渋谷区の代々木公園ケヤキ並木通りで開かれた。 恒例となった秋の食育フェア、さまざまな関係者の出展があり、老若男女、外国人も含め、2日間、多くの人で賑わっていた。 変化を続けるJR渋谷駅前の名物となっているスクランブル交差点を渡りまっすぐ坂を上り切ると、ケヤキ並木通りの渋谷方面の入り口。ここに陣取...

トラや田植機など  日農工が、食育フェアに出展
2019/11/11

井関農機 ジャパンハーヴェスト2019出展

井関農機(冨安司郎社長)は11月2・3日、東京・丸の内仲通りで開催された生産者と消費者が交流できる農林水産業の祭典『ジャパンハーヴェスト』に出展、農業女子とコラボし女性目線を入れて開発した農業機械、トラクタ『しろプチ』、ミニ耕うん機『ちょこプチ』、草刈機『プチもあ』を展示。今年も都会の人に農を身近かに感じさせる一役を買った。

井関農機 ジャパンハーヴェスト2019出展
2019/10/07

井関農機のさなえ全国子ども図画コンクール 最優秀賞には内田衣怜さん

様々な形で日本の農業や文化を応援している井関農機は、その一環として将来を担う子供たちを対象に平成8年から「さなえ全国子ども図画コンクール」を開催している。今年で24回目。テーマは「農業で働く家族」。今回の応募は約1400点。累計では約2万9400点に達した。その最終選考及び入選発表会が10月2日、井関農機本社で行われた。

井関農機のさなえ全国子ども図画コンクール 最優秀賞には内田衣怜さん
  1  2  3  4  5  >>