<![CDATA[メディア]]> https://www.nouson-n.com/media/ Wed, 23 Jan 2019 02:26:01 +0900 Wed, 16 Jan 2019 15:26:58 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[デリカが新役員陣容を発表 営業・開発技術部長に石上氏]]> https://www.nouson-n.com/media/2019/01/16/3229  デリカ=金子孝彦社長、松本市大字和田5511‐11=は、昨年12月20日に開催した定時株主総会ならびに取締役会で、新役員を選出した。それによると、矢ノ口正取締役営業部長、丸山悦雄取締役製造部長が退任、後任に、石上敏光氏が営業・開発技術部長に、山口義雄氏が取締役製造部長にそれぞれ就任した。

概要は以下の通り。

 ▽代表取締役社長=金子孝彦
 ▽代表取締役会長=戸田竹廣
 ▽取締役(総務部長)=上野一弘
 ▽同(営業・開発技術部長)=石上敏光(新任)※営業部次長
 ▽同(製造部長)=山口義雄(新任)※製造部副部長
 ▽監査役(非常勤)=鎌崎幸太郎        

なお、退任した丸山悦雄、矢ノ口正は、それぞれ顧問(非常勤)に就任した。=敬称略・※印は前職=

【石上敏光取締役営業・開発技術部長のプロフィール】
 ▽名前=石上敏光(いしがみ・としみつ)
 ▽生年月日=1955年10月7日
 ▽経歴=東京農業大学卒]]>
Wed, 16 Jan 2019 15:26:58 +0900
<![CDATA[クボタが農業あるある川柳の募集を開始]]> https://www.nouson-n.com/media/2019/01/16/3234 クボタは2019年1月1日(火)から「第四回農業あるある川柳」の募集を開始した。日本の農業を盛り上げたいという想いからスタートした当企画は、今回で四回目を迎え、これまでに約3万句の応募があった。農作業中に感じたことや、日本の食・農への想い等を川柳にして応募してほしい。

 今回もプロ川柳作家・やすみりえ先生が選ぶ「やすみりえ賞」に加え、投票で大賞を決めるWEB投票を実施する。WEB投票では、やすみりえ先生と農業あるある川柳事務局の審査で選ばれた20句の中から、一人3句まで投票し、多くの票を獲得した順に「農業あるある大賞」(1名様・景品10万円相当)と「農業あるある賞」(2名様・景品5万円相当)を決める。

【第四回農業あるある川柳概要】
 ▽募集期間 =2019年1月1日(火)~3月31日(日)
 ▽募集テーマ:「日本の食・農」
 ▽応募方法:第四回農業あるある川柳公式WEBサイトから応募。
    URL:http://www.jnouki.kubota.co.jp/senryu/2019/
▽問い合わせ先=公式WEBサイトの問い合わせフォームから問い合わせ。

]]>
Wed, 16 Jan 2019 15:22:48 +0900
<![CDATA[5月22~24日、第3回関西農業資材EXPO開催]]> https://www.nouson-n.com/media/2019/01/14/3239
 同展は商談のための展示会で、同期間開かれる農業Weekのなかで開かれるもの。すでに200社以上が出展を決定している。出展対象製品は施設園芸資材、肥料、農業機械、6次産業化関連設備、ドローン、バイオマス、植物工場などで、来場するのはの農業法人、農協、農家、農業参入検討企業など。]]>
Mon, 14 Jan 2019 12:00:00 +0900
<![CDATA[JA全農が新潟県産米の中国輸出を再開]]> https://www.nouson-n.com/media/2019/01/14/3238  JA全農および子会社の全農インターナショナルは、東日本大震災後中国で輸入停止となっていた新潟県産米の輸出再開に伴い、1月8日、横浜市で出荷式を開催した。

 中国政府は、2011年の福島第1原発事故以来、福島県や宮城県、新潟県など10の都県で生産された農産物などの輸入を停止していたが、昨年11月の日中首脳会談を受け、新潟産の米については、輸入規制を解除した。同県産米の輸出は7年ぶり。

 輸出する商品は、新潟県産コシヒカリ(精米2㎏)で、1月末を目処に500袋を出荷し、上海市の田子坊にある日本産米小売店「瀛之粮品(えいのりょうひん)」でテスト販売を開始する予定。

]]>
Mon, 14 Jan 2019 12:00:00 +0900
<![CDATA[キャタピラーが燃費保証キャンペーンに20t級ショベル追加]]> https://www.nouson-n.com/media/2019/01/14/3237  キャタピラー=神奈川県横浜市西区みなとみらい3―7―1=は、2017年4月にスタートした業界初の取り組みである建設機械の燃費保証キャンペーンを2019年も対象機種を拡大し、引き続き実施する。

 今年は新たに次世代油圧ショベルである320GC,320,323,336GC,336の5機種を追加。これら次世代油圧ショベルは、現場の生産性やオペレータの作業効率を飛躍的に改善する様々なテクノロジーの他に作業に最適化されたパワートレーンを採用することで燃費性能も大きく向上し、発売以来高い評価を得ている。この燃費性能を実感してもらうため、今年から新たに対象モデルへと加える事にした。

]]>
Mon, 14 Jan 2019 12:00:00 +0900
<![CDATA[福岡九州クボタが特別優秀ディーラー通算50回受賞記念冊子発刊]]> https://www.nouson-n.com/media/2019/01/14/3236  福岡九州クボタ=手嶌忠光社長、福岡県南区野間1ー11―36=は、クボタ最優秀ディーラー賞通算50回を受賞、その記念冊子「軍団の士魂V50」を発刊した。

 巻頭は、手嶌社長の挨拶、クボタ木股昌俊社長の祝辞に始まり、福岡九州クボタの歴史を四章に分けて紹介している。

 第一章は「大橋茂社長・大橋松雄社長の時代」で、篠原政喜氏(元取締役副社長)、野田智氏(元常務取締役)、吉岡俊一氏(元建機営業部部長)の思い出を綴っている]]>
Mon, 14 Jan 2019 12:00:00 +0900
<![CDATA[アテックスがラジコン草刈機「神刈」発売]]> https://www.nouson-n.com/media/2019/01/14/3235  アテックス(村田雅弘社長)は、このほど草刈りはエンジンで、走行はモーターの、ハイブリッドラジコン草刈機「神刈RJ700」を開発、今春から発売を開始する。


 本機の最大ポイントは、ハイブリッド作業に加え最大45度傾斜地でも草刈り作業ができるところ。作業現場の傾斜角度に応じ、自動でエンジンを左右に最大20度傾斜することが可能。

]]>
Mon, 14 Jan 2019 12:00:00 +0900
<![CDATA[クボタブランドCM第8段スタート]]> https://www.nouson-n.com/media/2019/01/14/3233  クボタ(木股昌俊社長)は女優の長澤まさみさんを起用した、ブランドTV-CM 『日本アグリロボ』篇と、長澤さんが出演した過去2年間のTV‐CMを編集したスペシャルCM『笑顔がまっている』篇を、昨年12月30日から全国でオンエアしている。
 また、クボタが全面協力して放映されたドラマ「下町ロケット」では農業が取り上げられたが、同番組特別篇(1月2日)にも同CMが挿入され、番組とあいまって、アグリロボトラクタが切り拓く新しい農業強く印象付けた。

]]>
Mon, 14 Jan 2019 12:00:00 +0900
<![CDATA[クボタが堺市に研究開発拠点]]> https://www.nouson-n.com/media/2019/01/14/3232  クボタ=木股昌俊社長、大阪市浪速区=は、研究開発体制のグローバル化の一環として、中核となる研究開発拠点新設のための用地を大阪府堺市内に取得した。

 新研究開発拠点は、日本および全世界へ向けた主要製品の開発や先端技術を組み込んだ製品開発を行うとともに、海外開発拠点との連携など、グローバル研究開発体制の中核として研究開発の強化に取り組んでいく。

]]>
Mon, 14 Jan 2019 12:00:00 +0900
<![CDATA[やまびこの人事異動(2019年1月1日付)]]> https://www.nouson-n.com/media/2019/01/14/3231  やまびこ(永尾慶昭社長)は2018年12月28日に2019年1月1日付の機構改革と人事異動を発表した。敬称略、カッコ内旧職。

【人事異動】
 
▽中尾公治=サービス推進本部副本部長・サービス推進本部サービス部長(サービス推進本部物流管理部長
 ▽佐々木一則=生産本部盛岡事業所長・生産本部盛岡事業所管理部長
 ▽長谷川知恵美=サービス推進本部物流管理部長・サービス推進本部管理部海外業務課長
 ▽安田一範=管理本部人事部長(管理本部総務部長)
 ▽中村孝之=管理本部総務部長(生産本部盛岡事業所管理部長)
 ▽髙健太郎=農業機械本部業務部長

【機構改革】
 
①サービス推進本部法規制準備室を社長直轄へ移管し、法規制推進室と改称
 ②サービス推進本部にサービス部を新設
 ③農業機械本部に業務部を新設
 ④農業機械本部企画推進部を農機製品企画室に改称。

]]>
Mon, 14 Jan 2019 12:00:00 +0900