農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 行政

行政

新しい順  古い順
2019/04/08

世界の飲食市場規模 2030年に1.5倍の1360兆円に アジア牽引

農水省は29日、2030年の世界の飲食料市場規模は1360兆円となり、2015年の890兆円の1.5倍に拡大するとの推計を発表した。GDP上位20か国を含む34か国・地域(日本を除く)を対象に、国際機関の統計を利用し、GDPや人口の見通し等から算出した。 地域別では、人口と、一人当たりGDPの伸び率が大きいアジアの飲食料市場規模は、2015年の420兆円から800兆円へと1・9倍に増加する見込み。...

世界の飲食市場規模 2030年に1.5倍の1360兆円に アジア牽引
2019/03/22

革新工学センター 30年度研究報告会及び農業機械技術クラスター総会開催

農研機構革新工学センターは14日、さいたま市で農業機械技術クラスター総会及び平成30年度革新工学センター研究報告会を開催した。農水省、トド府県のほか民間企業や大学からも多く参加した。農業機械技術クラスターは、平成30年4月の農業機械化促進法の廃止により、緊プロ事業に代わる新たな仕組みとして革新工学センターを拠点として立ち上げた産官学のプラットフォーム。現在13課題に取り組んでおり、作業機ISOBU...

革新工学センター 30年度研究報告会及び農業機械技術クラスター総会開催
2019/03/18

農業用分解性資材普及会がセミナー マルチの利用促進へ 農水省が後援

農業用分解性資材普及会(ABA・池本克己会長)は3月13日、東京都江戸川区のタワーホール船堀で「農業用生分解性資材普及会セミナー2019」を開催した。今回は農水省が後援し、環境省からもプラスチック資源循環への取組みが報告されるなど、中国の廃プラスチック輸入禁止を受けて、生分解性の更なる利用促進に向けた業界の取組みに関心が集まっていた。

農業用分解性資材普及会がセミナー マルチの利用促進へ 農水省が後援
2019/03/11

科学的な土づくりへ 官主導でコンソーシアム設立

農水省は3月7日、都内で「土づくりコンソーシアム」設立総会及び記念講演会を開催した。当日は、農水省、農研機構都道府県などから約300名参集し、顧問に就任した日本土壌協会会長松本聰し、狭路大学農学研究科教授間藤徹しが設立への期待を述べたあち、農水省担当者が設立趣意書を読み上げ、入会を呼びかけて閉会した。

科学的な土づくりへ 官主導でコンソーシアム設立
2019/03/11

大臣賞など各賞も 6次産業化アワード開催

平成30年度6次産業化アワード優良事例表彰が3月5日に東京港区海岸のベイサイドホテルアジュール竹芝で開かれ、農林水産大臣賞を含め15件が表彰された。主催は6次産業化推進協議会。 農林水産大臣賞は熊本県合志市の株式会社オオヤブデイリーファーム。ここは飼料にこだわって生産する生乳でヨーグルト等の乳製品を製造した。

大臣賞など各賞も 6次産業化アワード開催
2019/03/11

鳥獣被害対策サミット開催 大臣賞などを表彰

第6回全国鳥獣被害対策サミットが2月27日に東京霞が関の農水省講堂で開かれ、参加者もあらためて全国に広がる鳥獣被害の深刻さを痛感したようだ。午前中に鳥獣対策優良活動として、農林水産大臣賞2件、農村振興局長賞5件が表彰され、午後のサミットで表彰受賞者からの取り組みについて報告が行われた。また、サミット会場の後方で鳥獣被害対策に書かある研究開発について、ポスターセッション、電気柵、捕獲器、カメラシステ...

鳥獣被害対策サミット開催 大臣賞などを表彰
2019/02/25

30年度麦作共励会表彰式 ICT技術で効率化

全国米麦改良協会(渡辺好明会長)は全国農業協同組合連合会との共催で2月21日、東京都千代田区のホテルルポール麹町で平成30年度全国麦作共励会中央表彰式を開催した。 今年度の受賞者は次の通り。敬称略。 【農家の部】 ▽農林水産大臣賞=林一磨(福岡県糸島市) ▽全国米麦改良協会会長賞=杉本孝之・育久(三重県鈴鹿市) ▽全中会長賞=竹中恵太(愛媛県西予市) ▽全農会長賞=荒川清光(栃木県下野市) ▽日本...

30年度麦作共励会表彰式 ICT技術で効率化
2019/02/25

6事業者に大臣賞 輸出の優良事業者表彰

農水省は2月20日、平成30年度に輸出に取り組む優良事業者表彰を決定、発表した。農水大臣症に北海道中札内村のとかち製菓ほか6事業者を決定した。3月15日に開催する輸出拡大フォーラムで表彰する。 今回、農林水産大臣賞に決定したのは次の6事業者。 ▽㈱とかち製菓(北海道中札内村) ▽Wismettacフーズ㈱(東京都中央区) ▽金印㈱(愛知県名古屋市) ▽イヨスイ㈱(愛媛県宇和島市) ▽築野食品工業㈱...

6事業者に大臣賞 輸出の優良事業者表彰
2019/02/25

売上高は4.6%減少 30年ゴルフ場の経営統計

経産省はこのほど、特定サービス産業動態統計速報12月分と30年年間の統計をまとめた。それによるとゴルフ場の平成30年の売上高合計は882億2200万円で前年比95.4%と4.6%の減少となっている。29年は921億円と100.1%の横ばいだった。

売上高は4.6%減少 30年ゴルフ場の経営統計
2019/02/18

日本政策公庫「攻めの農業経営」視察会

日本政策公庫は「攻めの農業経営」視察会を2月8日、千葉県内で開催した。同公庫は、民間金融機関との協調により、規模拡大や生産の効率化、6次産業化の取組などを通じ競争力の高い経営基盤を構築する農業者に対する支援や、新規就農者への支援など、農業の成長産業化に向けた取り組みを行ってきた。同視察会ではその成果として「農福連携」を進める新規就農者、「IоT活用による効率化」「規模拡大」を進める認定農業者の取組...

日本政策公庫「攻めの農業経営」視察会
2019/02/18

11月初旬にターフショー フクダ電子アリーナで ゴルフ場関連事業協会総会

ゴルフ場関連事業協会総会(今和泉久生会長)は2月15日、東京都中央区の鉄鋼会館で平成31年度の定時総会を開催し、「平成30年度事業報告及び収支決算について」「2019年度事業計画案及び収支予算案」について決議が行われ承認された。 事業計画案では2019ジャパンターフショーは首都圏で開催し日程は11月初旬で調整中。

11月初旬にターフショー フクダ電子アリーナで ゴルフ場関連事業協会総会
2019/02/11

農家の手取り最大化へ JA全農が成果発表会

JA全農(神出元一理事長)は2月7日、東京都港区芝公園のベルサール御成門タワーで「農家の手取り最大化成果発表会」を開催、全国からJA職員など320名が集まり、モデルJAとなった55JAのうち5JAの取り組みについて報告を受けた。 JAグループでは平成27年10月に開かれた第27回JA全国大会で「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」などをJA自己改革の最重点課題として集中的に取り組むこととした。この...

農家の手取り最大化へ JA全農が成果発表会
2019/02/11

農産物輸出1兆円に王手 平成30年実績は12%増の9068億円に いちごが40%大幅増加

2018年の農林水産物・食品の輸出が9000億円を突破した。2月8日に公表された平成30年農林水産物・食品の輸出実績によると平成30年の輸出額は前年比12・4%増の9068億円となり、6年連続で増加した。なかでも大きな伸びを示したのは、りんごの同27・6%増、いちごの同40・7%増、かんしょの42%増など。政府では201年に輸出額1兆円を目指しており、その目標に向けあと一歩まで迫った形だ。

農産物輸出1兆円に王手 平成30年実績は12%増の9068億円に いちごが40%大幅増加
2019/02/04

農水省がスマート農業で特別企画 野口伸教授が講演 

農水省は25日、TBSドラマ「下町ロケットヤタガラス編」で「北海道農業大学野木教授」を演じた俳優の森崎博之さんと、モデルとなった北海道大学大学院農学研究院の野口伸教授を招き、「スマート農業特別企画」として、トークセッションなどを開いた。著者の池井戸潤氏からは、「野口先生をはじめとする関係者の方々の取組みは、日本農業の未来を切り拓くための真摯な挑戦」とのメッセージが送られた。そして野口伸教授が今後の...

農水省がスマート農業で特別企画 野口伸教授が講演 
2019/01/14

果樹生産のマッチングミーティング開催

農水省は、新技術の現場実装に向け「農業者と企業・研究機関とのマッチングミーティング」を品目ごとに開催している。昨年12月21日、東京都千代田区の農水省講堂、共用第一会議室で、第4回として果樹をテーマに開催した。 同マッチングミーティングは、技術提案企業等からのプレゼンテーション、個別ブースでの企業・研究機関との相談会。果樹生産に活用できるアシストスーツや鳥獣対策、技術の継承、ドローン、樹園地除草(...

果樹生産のマッチングミーティング開催
2019/01/14

スマート農業実装へ 都内で公募説明会開催

農水省は8日、都内で「スマート農業加速化実証プロジェクト」の公募に関する全国説明会を開催した。冒頭、吉川農相が挨拶し、「就農人口が高齢化する中、スマート農業が大きなカギとなる。プロジェクトでは各地域から優れた提案がなされることを期待している。今年、実証から実装へと移していただきたい」などと述べた。 当日は、行政や研究機関、メーカーなど約400名が参加した。これを皮切りに全国10か所でブロック別説明...

スマート農業実装へ 都内で公募説明会開催
2018/12/17

畑作経営の農業所得は約3割増 1経営体あたり348万円

ばれいしょ、かんしょ(さつま芋)などを生産している畑作経営。その”フトコロ具合い”を示すのが経済状況。農水省が12月11日に公表した畑作経営の経営統計。平成29年度の畑作経営の1経営体あたりでは、農業粗収益は954万円で前年に比べ10.5%増、農業経営費は606万円で前年比1.9%増。この結果、粗利益から経営費を差し引いた農業所得は348万円で前年に比べ29.6%と約30%の増加だった。なかでも畑...

畑作経営の農業所得は約3割増 1経営体あたり348万円
2018/12/17

露地野菜の所得234万円 野菜・果樹・花きの個別経営

農水省が12月11日に公表した平成29年農業経営統計調査から個別経営のうち野菜作、果樹作、花き作経営をみてみる。 野菜作経営のうち露地野菜作経営の1経営体あたりの農業粗収益は602万円で前年比1%の減少となった。一方、農業経営費は同1%増の368万円で農業所得は同3・9%減の234万円だった。露地野菜作の詳細について。経営概況では、月平均農業経営関与者は前年並みの2・24人。経営耕地面積は同1・9...

露地野菜の所得234万円 野菜・果樹・花きの個別経営
2018/12/17

水田組織経営の農業所得が増加傾向に 所得は6.2%増の1915万円

農水省は12月11日、平成29年の農業経営統計調査を公表した。このうち組織法人経営(水田作経営)は農業粗収益が5624万円で直近10年で最高となった。 一方農業経営費も過去10年で最高となる3708万円。この結果、農業所得は過去2番目に高い1915万円となっている。水田以外の耕種の農業所得では、畑作が前年比約4割増の2085万円となったほかは減少。また、畜産では、酪農、養豚、採卵養鶏、ブロイラー養...

水田組織経営の農業所得が増加傾向に 所得は6.2%増の1915万円
  1  2  3  4  5  6  7  >>