農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > トピックス

トピックス

新しい順  古い順
2022/01/18

新刊紹介 ~農電協~

日本農業機械化協会はこのほど、春の農作業安全に広く活用してほしいと「令和4年春の農作業安全推進ポスター」を作成した。頒布価格は1枚160円+消費税で、一括購入の場合枚数に応じて値引がある。送料は実費。ポスター下部の空白部分に名入れ印刷も可能(有料)。申込は申込書に記入の上、FAX03―3297―5639またはメールkikaika-info@nitinoki.or.jpへ。 発送は2月上旬から。 ま...

新刊紹介 ~農電協~
2022/01/18

1機種2型式 安全性検査7次

農研機構は1月11日、令和3年度農業機械安全性検査合格機(第7次分)を公表した。 今回公表されたのは1機種2型式。【2018年基準基本ランク】《スピードスプレヤー》▽SSA―E502(丸山製作所)▽同542(同)。

1機種2型式 安全性検査7次
2021/12/14

小諸市で食味コン・プレ大会 最高金賞池田幸史さん 風さやか食味コン県知事賞に髙橋義三さん

小諸市、JA佐久浅間、JA佐久浅間米穀専門委員会は12月4日、長野県小諸市の小諸市文化センターで、第3回一番うまい米コンテスト、第2回お米コンクールこもろ及び「風さやか」食味コンテストを開催した。当日はお米コンクール及び「風さやか」食味コンテストそれぞれ20検体の食味審査が行われお米コンクールは最高金賞・佐久地域振興局長賞1名等が選ばれた。同大会は来年12月2・3日に開かれる「米・食味分析鑑定コン...

小諸市で食味コン・プレ大会 最高金賞池田幸史さん 風さやか食味コン県知事賞に髙橋義三さん
2021/12/14

金賞1件、銀賞16件 イノベーションアワード ~アグリテクニカ~

ドイツ農業協会(DLG)はこのほど、アグリテクニカ・イノベーション・アワードの受賞者を発表した。今回は164件の応募があり、ゴールドメダル1件、シルバーメダル16件が選ばれた。 ゴールドメダルに選ばれたのはネクサット社の「NEXAT―Systemtraktor」。同機は耕起・播種から作物保護・収穫まで全ての作物生産作業に使用できる運搬車。270度回転可能なキャブを持ち、燃料電池などの代替駆動技術な...

金賞1件、銀賞16件 イノベーションアワード ~アグリテクニカ~
2021/12/14

適正な表示更に重要に 農機公取協が合同会議開催

農業機械公正取引協議会(冨安司郎会長)は12月8日、東京都港区のアジュール竹芝で令和3年度第2回理事会及び全国会長会議合同会議を開催した。新型コロナ禍のため約2年ぶりのリアルでの全国会議となる。 はじめに冨安会長が挨拶。「昨今では新しい技術の説明と適正な表示を行うことがますます重要となっている。適正な表示は農業者の自主的・合理的な選択のためであり、事業者間の公正な競争を確保することにも繋がる。新型...

適正な表示更に重要に 農機公取協が合同会議開催
2021/11/30

業界から多数表彰 農林水産研究開発功績者

農水省と(公社)農林水産・食品産業技術振興協会は11月25日、東京ビッグサイト青海展示棟で開催された「アグリビジネス創出フェア2021」の会場内で、「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」及び「若手農林水産研究者表彰」の表彰式を開催した。 冒頭、金子原二郎農林水産大臣が登壇し「これからも創意工夫、活力にあふれた研究を進めていただきたい」と述べた。 本年度の農林水産大臣賞は、カゴメの松下航氏と、山岡浩...

業界から多数表彰 農林水産研究開発功績者
2021/11/30

ドローン活用で長官賞 国有林事業の研究発表会

林野庁は11月18日、庁内の会議室及びオンラインで令和3年度国有林野事業業務研究発表会を開催した。 同会では、森林技術部門、森林保全部門、森林ふれあい・地域連携部門の3つの部門別に合計21件の発表が行われた。そのなかから審査が行われ、林野庁長官賞をはじめ林業機械化協会会長賞など各賞が決まった。 国有林野を管理経営する森林管理局・署等では、林業の低コスト化や木材利用の促進、森林環境教育、地域と連携し...

ドローン活用で長官賞 国有林事業の研究発表会
2021/11/30

国際ドローン展で講演会

国際ドローン展が11月24~26日、東京ビッグサイトで開催され、農業、防災、物流等様々な産業用ドローンが出展した。 25日には農業セッションが開かれ、東京大学大学院の井上吉雄特任研究員はセンシングによるデータ処理技術を紹介した上で「連続精密可変施肥など、センシングと空中散布をうまく結びつけていくことが重要だ」と強調した。 東光鉄工の鳥潟與明氏は、果樹の受粉ビジネスの実用化に向けた取り組みを紹介。ド...

国際ドローン展で講演会
2021/11/30

「2021/2022農業機械・施設便覧」 ~日本農業機械化協会~

日本農業機械化協会はこのほど新刊図書「2021/2022農業機械・施設便覧」及び「平成31年(令和元年)中古農業機械価格ガイドブック」を刊行した。 農機・施設便覧は、製造・販売会社197社の約1万2600型式の主な仕様及び希望小売価格等をまとめたもの。 A5判、380頁で頒布価格(税・送料込み)3630円。 一方、中古農機価格ガイドは全国の農機販売店並びに農協農機センター等の協力を得て乗用型トラク...

「2021/2022農業機械・施設便覧」 ~日本農業機械化協会~
2021/11/30

複数品種で作期分散 12経営体が大臣賞受賞 ~3年度優良経営体表彰~

農水省及び全国担い手育成総合支援協議会は11月12日、令和3年度全国優良経営体表彰の受賞者を発表した。同表彰は昭和61年から農業経営の改善や地域農業の振興・活性化に優れた功績を挙げた農業者を表彰するもの。経営改善部門、生産技術革新部門、6次産業化部門、販売革新部門、働き方改革部門、担い手づくり部門の6部門があり、それぞれ農林水産大臣賞、経営局長賞、全国担い手育成総合支援協議会会長賞が授与された。今...

複数品種で作期分散 12経営体が大臣賞受賞 ~3年度優良経営体表彰~
2021/11/16

日本伐木チャンピオンシップin鳥取 プロ総合優勝今井氏 61名がチェンソー技術競う

チェンソー技術を競う「日本伐木チャンピオンシップin鳥取」が11月6・7日、鳥取県北栄町の出会いの広場で行われた。競技を通じて林業の安全作業技術の向上や林業という仕事を幅広い人に広めることを目的に実施している同大会。2年ぶりとなった2回目の今大会は新型コロナウイルス対策を講じた中行われ、全国から計61名の選手が出場。日頃鍛えたチェンソー技術で競い合い、プロフェッショナルクラスでは今井陽樹氏、ビギナ...

日本伐木チャンピオンシップin鳥取 プロ総合優勝今井氏 61名がチェンソー技術競う
2021/11/16

市川廣氏に旭双章 久松氏・田中氏に黄綬褒章 ~秋の叙勲・褒章~

政府は11月3日、令和3年秋の勲章及び褒章の受章者を発表した。 農水省推薦では農業振興功労で兵庫県農業機械商業協同組合理事長の市川廣氏(72)が旭日双光章を受章した。 また、経産省推薦では業務精励(機械刃物製造業)で太陽代表取締役社長の久松朋水氏(68)が黄綬褒章を、国交省推薦では、業務精励(園芸資材製造販売業)でキンボシ社長・日本家庭園芸普及協会理事の田中隆夫氏(61)が黄綬褒章を受章した。

市川廣氏に旭双章 久松氏・田中氏に黄綬褒章 ~秋の叙勲・褒章~
2021/11/16

新品種「サキホコレ」 県内外でプレデビュー ~秋田県~

秋田県待望の水稲新品種「サキホコレ」がプレデビュー。11月6日には先行販売キックオフイベントが開かれ、佐竹敬久・秋田県知事のほか、斉藤一志・JA秋田中央会会長、小林和久・JA全農あきた県本部長、杉本良成・秋田県主食集荷商業協同組合理事長が出席。また、ゲストとして秋田県出身の岡部大さんがリーダーを務めるお笑いトリオのハナコ、放送作家の元祖爆笑王さん、五つ星お米マイスターの秋沢毬衣さんが参加した。

新品種「サキホコレ」 県内外でプレデビュー ~秋田県~
2021/11/02

令和3年木更津産米食味コン 最優秀賞に伊藤卓さん 井関・三輪田氏も鑑定士で

令和3年度「木更津産米」食味分析コンクールが10月25日、木更津市農協本店を会場に開催された。木更津市(渡辺芳邦市長)と『先端技術を活用した農業の推進及び有機農業の推進に関する連携協定』を結ぶ井関農機(冨安司郎社長)の夢ある農業総合研究所所長の三輪田克志氏も米・食味鑑定士として招かれ、また井関農機と『先端技術を活用した農業の推進に関する連携協定』を結ぶつくばみらい市も「つくばみらい市米コンテスト」...

令和3年木更津産米食味コン 最優秀賞に伊藤卓さん 井関・三輪田氏も鑑定士で
2021/11/02

アグリサミット開催 スマート農業に高い関心 ~JA全農ひろしま~

JA全農ひろしまは10月27・28日の2日間、広島県東広島市のJA西日本営農技術センターで「令和3年度JAグループ担い手アグリサミット」を開いた。クボタやヤンマーアグリジャパン、井関農機、三菱農機販売の農機総合メーカー4社をはじめ、水田や畑作、園芸資材メーカーなどが参加。地域事情に合った最新の農機具や資材などを出展したほか、実演会やセミナーも開かれ中四国から約1000人が来場した。

アグリサミット開催 スマート農業に高い関心 ~JA全農ひろしま~
2021/10/19

総理大臣賞など13点 木材利用優良施設コン

木材利用推進中央協議会はこのほど、「令和3年度木材利用優良施設コンクール」の結果について、内閣総理大臣賞や農林水産大臣賞など、受賞施設13点を発表した。 同コンクールは、木材の利用分野の拡大や特色ある木材利用に資する優良な施設を表彰するものとして、平成5年度から木材利用推進中央協議会が実施。今回が第29回目となる。

総理大臣賞など13点 木材利用優良施設コン
  1  2  3  4  5  6  7  >>