農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > クボタ

クボタ

新しい順  古い順
2022/01/11

クボタがエコ・ファースト企業再認定 ’50温室効果ガスゼロに挑戦

クボタ=北尾裕一社長、大阪市浪速区=はこのほど「エコ・ファーストの約束」を更新し、環境大臣から「エコ・ファースト企業」に再認定された。今回の再認定に対してクボタでは環境先進企業として新たな目標達成に向け、より一層の努力をしていくとしている。 クボタグループは「食料・水・環境」の分野で、社会の発展と地球環境の保全に貢献する企業グループでありたいと考え、地球環境の保全を事業経営の最重要課題と位置づけ、...

クボタがエコ・ファースト企業再認定 ’50温室効果ガスゼロに挑戦
2022/01/04

茨城県下妻市と連携協定 新規就農者増へ 農機シェアリング第3弾 ~クボタ~

クボタ(北尾裕一社長)は2021年12月21日、茨城県下妻市(菊池博市長)と同市における新規就農者への支援及び農業経営の発展に向けた取組みに関する連携協定を締結した。クボタにおいて全国で3例目となる農機シェアリングサービス拠点を設置すると共に、スマート農業や農地での再生可能エネルギーの創出など、脱炭素化に向けた取り組みも検討していく。【連携協定締結の背景・目的】国内農業においては高齢化に伴う離農等...

茨城県下妻市と連携協定 新規就農者増へ 農機シェアリング第3弾 ~クボタ~
2021/12/20

クボタがGS仕様田植機1万台突破で島根で記念セレモニー

クボタ(北尾裕一社長)が2016年に業界で初めて発売した「直進キープ機能付き田植機(GS仕様田植機)」が、11月までの国内外での累計販売台数1万台を突破した。GPSの位置情報を活用し、ぬかるみや凹凸があって操縦が難しい水田でも、ハンドル操作をしなくてもまっすぐ走行できる田植機。高齢化や人手不足を背景に年々販売台数が伸びている。 1万台突破を記念し、クボタは12月14日、島根県出雲市斐川町のJAしま...

クボタがGS仕様田植機1万台突破で島根で記念セレモニー
2021/12/20

3販社でトップ交代 クボタ、機構改革と人事

クボタ(北尾裕一社長)は12月16日、機構改革及び人事異動(2022年1月1日付)を発表した。関連会社の人事では、国内3販社でトップ交代。関東甲信クボタの社長には冠康夫氏、東海近畿クボタの社長には森藤雅隆氏、北陸近畿クボタの社長には久保力氏が選任された。【機械事業本部機構改革・1月1日付】 ①直下に機械新規事業推進ユニットを新設し、同ユニットに機械新規事業統括部を新設 ②機械カスタマーファースト品...

3販社でトップ交代 クボタ、機構改革と人事
2021/12/18

クボタが「こども食堂」に新米 約54tを全国に順次寄贈

クボタ=北尾裕一社長、大阪市浪速区=は、「特定非営利活動法人全国こども食堂支援センター・むすびえ」(以下「むすびえ」)を通じ、日本全国の「こども食堂」に令和3年産新米を寄贈する。 子どもが一人でも行かれる無料または低額の食堂である「こども食堂」は、子どもの貧困対策だけでなく地域交流拠点としての役割も持ち、NPO法人や地域ボランティアの人たちにより日本全国各地で運営されている。年々その数は増え、20...

クボタが「こども食堂」に新米 約54tを全国に順次寄贈
2021/12/18

GROUNDBREAKERS クボタが来年1月20日開催

クボタ=北尾裕一社長、大阪市浪速区=は、農業経営者や農業関係者とともに日本農業の現状とこれからを考える機会の一つとして、GROUNDBREAKERSと称したオンラインイベントを2022年1月20日に開催する。同社は農業従事者をはじめとする顧客に寄り添いながら、日本農業の活性化に貢献していくとしている。 同社では例年1月に京都での大規模な製品展示見学会「新春のつどい」や、全国各地で農機の展示会を開催...

GROUNDBREAKERS クボタが来年1月20日開催
2021/12/14

最高評価Aを獲得 CDP A LIST2021 ~クボタ~

クボタ(北尾裕一社長)は、水セキュリティに関する調査「CDPウォーターセキュリティ2021」において、最高位のAリスト企業に選定された。 これは、同社の水セキュリティに関する事業戦略や対応、そして充実した情報開示が、国際的リーダーのレベルであると評価されたもの。CDPとは、企業や都市の気候変動対応や水資源の管理、森林保護に関する調査を通じて取り組みの促進を図っている国際的な非政府組織。同社がウォー...

最高評価Aを獲得 CDP A LIST2021 ~クボタ~
2021/12/14

果樹栽培の効率化へ 米スタートアップに出資 ~クボタ~

クボタ(北尾裕一社長)は、画像解析技術とAIにより、ブドウやブルーベリー等の果樹の生育状況や病害虫検知を手掛ける米国のスタートアップ企業「Bloomfield Robotics,Inc.」(以下「Bloomfield社」)に出資した。 クボタは果樹栽培の効率化・生産性向上のためのソリューション提供を目指し、複数のスタートアップ等との連携を進めている。Bloomfield社が展開するサービスは、同社...

果樹栽培の効率化へ 米スタートアップに出資 ~クボタ~
2021/12/14

新素材「MOF」技術 Atomisと資本業務提携 ~クボタ~

クボタ(北尾裕一社長)は、「MOF」と呼ばれる新素材開発における高い技術力を持つ㈱Atomis(浅利大介CEO)に出資した。クボタのオープンイノベーションの推進部門「イノベーションセンター」を通じて、食料・水・環境分野で活動する国内外スタートアップ企業への出資や協業交渉などを進め同分野でのソリューション事業の開発を加速させていく。 今回出資したAtomisが強みを持つ金属有機構造体(MOF:Met...

新素材「MOF」技術 Atomisと資本業務提携 ~クボタ~
2021/12/14

資源循環ソリューション構築へ 市川環境HDの株 中電と各々27・8%取得 ~クボタ~

クボタ=北尾裕一社長、大阪市浪速区=と中部電力は12月1日、資源循環事業を展開する市川環境ホールディングス株式の27・8%相当をそれぞれ取得した。近年、食品系廃棄物や廃プラスチック等の未利用資源を活用する資源循環事業への関心が高まっているが、創業以来50年に及ぶ事業の中で、バイオガス発電やプラスチックリサイクル等の先駆的な取り組みを展開する市川環境グループとの繋がりを強化することで、「資源循環ソリ...

資源循環ソリューション構築へ 市川環境HDの株 中電と各々27・8%取得 ~クボタ~
2021/12/14

「DX認定事業者」に 中計25の着実な推進加速 ~クボタ~

クボタ=北尾裕一社長、大阪市浪速区=は、2021年12月に経済産業省が定めるDX(デジタルトランスフォーメーション)認定制度に基づく「DX認定事業者」に認定された。 DX認定は「情報処理の促進に関する法律」に基づく認定制度で、デジタル技術による社会変革を踏まえたビジョンの策定や戦略・体制の整備を行い、DX推進の準備が整っている企業を経済産業省が認定する制度。 同社は今年、2030年までの長期ビジョ...

「DX認定事業者」に 中計25の着実な推進加速 ~クボタ~
2021/11/30

自動走行制御専業の 北米企業グループ会社化 ~クボタ~

クボタ(北尾裕一社長)はKUBOTA CANADA LTD.(カナダ・オンタリオ州、以下「KCL」)を通じAgJunction Inc.(本社:カナダ アルバータ州、以下「アグジャンクション社」)の全株式を取得しグループ会社化する(11月25日発表)。同社は長期ビジョン「GMB2030」を策定し、食料の生産性・安全性を高めるソリューションの提供をめざし、スマート農業の実現に向けた取り組みを推進して...

自動走行制御専業の 北米企業グループ会社化 ~クボタ~
2021/11/22

クボタがインド・EL社を子会社化 過去最大の投資金額 ベーシック機械事業強化

クボタ(北尾裕一社長)は11月18日、インドの農機大手エスコーツ社(Nikhil Nanda会長兼社長、ハリヤナ州、以下、EL社)を子会社化すると発表した。買収金額はクボタとしては過去最大の約1400億円。出資比率を現在の約9%から最大で約53・5%に引き上げる。トラクタで世界最大規模とされるインド市場での事業拡大と、EL社を子会社化することで低価格帯のトラクタの開発(ベーシック機械事業)で連携を...

クボタがインド・EL社を子会社化 過去最大の投資金額 ベーシック機械事業強化
2021/11/16

2022年に向け新体制 新代取副社長に吉川氏 木村浩人氏が新取締役に ~クボタ~

クボタ(北尾裕一社長)は、11月5日開催の取締役会において、2022年1月1日付役員人事について、新代表取締役副社長執行役員に吉川正人氏を選定した。また第132回定時株主総会(2022年3月下旬開催予定)に推薦する取締役候補者として木股昌俊氏、北尾裕一氏、吉川正人氏、黒澤利彦氏、渡邉大氏を再任し、新たに木村浩人氏を選任した。

2022年に向け新体制 新代取副社長に吉川氏 木村浩人氏が新取締役に ~クボタ~
2021/11/02

グラウンドブレイカーズ 2022年1月20日開催 ~クボタ~

クボタは、農業経営者や関係者とともに日本農業の現状とこれからを考える機会のひとつとして、「GROUNDBREAKERS(グラウンドブレイカーズ)」を2022年1月20日㈭に開催する。「GROUNDBREAKERS」は、コロナ禍で展示会の開催が制限されている状況でも、多くの農業経営者や顧客とつながり、交流できる場をつくりたいという想いから今年1月に初開催。

グラウンドブレイカーズ 2022年1月20日開催 ~クボタ~
2021/11/02

果樹用インプル拡充 スペインフェデ社子会社化 ~クボタ~

クボタ(北尾裕一社長、大阪市浪速区)の欧州機械事業統括子会社のクボタホールディングスヨーロッパB.V(花田晋吾社長、オランダ王国ニーウフェネップ、以下「KHE社」)は、トラクタ用作業機器(以下、「インプルメント」)を製造・販売するPulverizadores Fede,S.L.(代表者:Federico Pérez Salvador、スペイン王国バレンシア市、以下「フェデ社」)の株式を100%取得...

果樹用インプル拡充 スペインフェデ社子会社化 ~クボタ~
2021/10/25

グッドデザイン賞’21 クボタ、ヤマハ、XAG等

日本デザイン振興会は10月20日、2021年度グッドデザイン賞を発表した。今年度は審査対象が前年比1066件増の5835件となり、1101社の1608件の受賞が決まった。審査対象、受賞者とも過去最多。その中から特に優れた「グッドデザイン・ベスト100」、更にその中から「グッドデザイン金賞」20件と「グッドフォーカス賞」12件が選ばれた。業界関連では、クボタのミニバックホー、ヤマハ発動機の森林計測サ...

グッドデザイン賞’21 クボタ、ヤマハ、XAG等
2021/10/19

牧草関連事業を強化 伊・作業機メーカーグループ化 ~クボタ~

クボタ(北尾裕一社長)の子会社であるKverneland AS(花田晋吾President&CEO、ノルウェー王国クバナランド、以下クバナランド社」)は、ROC S.r.l(Denis Ubaldi・Raffaele Ubaldi代表、イタリア共和国リミニ市、以下「ロック社」)の株式の80%を取得し、子会社化することを決定した。

牧草関連事業を強化 伊・作業機メーカーグループ化 ~クボタ~
  1  2  3  4  5  6  7  >>