農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 農薬工業会

農薬工業会

新しい順  古い順
2020/03/28

1月末農薬出荷 出荷金額は 858 億円 除草剤 5.4 %増 329 億円

農薬工業会(小池好智会長)は3月13日、2020農薬年度の1月末出荷実績表( 暫定) をまとめた。1月末時点の出荷累計は、数量が前年度比5・5%減の4万2979㌧、金額は同0・1%減の858億9600万円。種類別でみると、除草剤が数量・金額で、殺虫殺菌剤が金額で増加したほか、分野別では水稲が金額で、その他が数量で増加。植物調整剤他は数量・金額とも増加した。

1月末農薬出荷 出荷金額は 858 億円 除草剤 5.4 %増 329 億円
2020/02/17

農薬工業会が農薬の情報交換会開催 「農薬とリスクコミュニケーション」

農薬工業会(小池好智会長)は2月6日、東京都千代田区のコンファレンススクエアM+にて、第19回「農薬に関する情報交換会」を開催した。当日は、「農薬のリスクコミュニケーション〜欧米の動向から風評発生メカニズムを検証する〜」と題し、食の安全・安心財団理事長の唐木英明東京大学名誉教授からの講演があり、多くのマスコミ関係者が参加した。

農薬工業会が農薬の情報交換会開催 「農薬とリスクコミュニケーション」
2020/01/18

出荷額0.9%増の3403億円 令和元農薬年度出荷実績

農薬工業会(小池好智会長)は12月25日、2019農薬年度の農薬出荷実績を取りまとめた。出荷累計は、数量が前年比1.6%減の18万4008㌧、金額は同0.9%増の3403億1000万円となった。使用別分野別では野菜・畑作、その他の出荷額が増加。一方、種類別では、除草剤と植物調整剤ほかが数量と出荷額で、殺菌剤は金額で増加する結果となった。

出荷額0.9%増の3403億円 令和元農薬年度出荷実績
2020/01/18

農薬工業会が賀詞交歓会 ビジョン活動を推進

農薬工業会(小池好智会長)は1月7日、令和2年度の賀詞交歓会を都内の経団連会館で開催、業界関係者ら約370名が参加した。 冒頭、小池会長が挨拶。農薬行政については「一昨年の農薬取締法の改正により2021年4月からいよいよ再評価制度が開始される。また、今年4月から農薬の安全性に関する審査の充実として新しい影響評価法が採用される。農薬使用者及び蜜蜂に対する影響評価では、新評価法により農業現場に提供され...

農薬工業会が賀詞交歓会 ビジョン活動を推進
2019/12/16

農薬工業会記者会  石岡知洋室長が講演 、改正取締法と最近の話題

農薬工業会記者会は12月4日に、農林水産省・消費・安全局農産安全管理課農薬対策室長の石岡知洋氏を講師に迎えて、恒例となっている勉強会を開催した。「改正農薬取締法と最近の話題」と題し、「農薬取締法の改正点」、「再評価制度」や「農薬登録審査の充実」等について具体的に説明した。また、最近の話題としてグリホサートとネオニコチノイド系農薬についての動向を述べた。

農薬工業会記者会  石岡知洋室長が講演 、改正取締法と最近の話題
2019/11/11

農薬工業会が浅草寺で虫供養 安定的な農業生産を祈願

農薬工業会(小池好智会長)は11月6日、東京都台東区浅草の浅草寺本堂で恒例となっている、「虫供養」の法要を執り行った。 虫供養とは、病害虫防除の実施により殺滅した昆虫(法名:蟲之霊位)の冥福を祈念し、併せて業界発展を祈念する行事。同会設立(昭和28年4月1日)直後の昭和30年に開始し、昭和31年を除いて毎年実施しており、今回で64回目を迎えた。 今年も農林水産省等の官庁関係者、植物防疫団体等の業界...

農薬工業会が浅草寺で虫供養 安定的な農業生産を祈願
2019/10/26

出荷額3186億円 8月末農薬出荷

農薬工業会(小池好智会長)は10月16日、2019農薬年度の8月末出荷実績表(暫定)をまとめた。8月末時点の出荷累計は、数量が前年度比3・6%減の17万1248㌧、金額は同0・5%減の3185億9800万円となった。種類別でみると、除草剤、植物調節剤ほかが数量・金額で、分野別ではその他で、数量金額、野菜・畑作で金額がそれぞれ増加する結果となった。

出荷額3186億円 8月末農薬出荷
2019/09/23

農薬工業会がRACコードを解説したリーフレットを作成

農薬工業会はこのほど、病害虫の薬剤抵抗性発達を防ぐためのRACコードを利用したローテション防除について解説したリーフレット「RACコードをご存知ですか?」を作成した。リーフレットでは薬剤抵抗性が発達仕組みを解説し、RACコードを利用した抵抗性回避の為の方策をわかりやすく解説している。 薬剤抵抗性対策の基本は効き方(作用性)の異なる農薬を輪番で使ったローテション防除。ローテション防除で使用する農薬の...

農薬工業会がRACコードを解説したリーフレットを作成
2019/09/23

2019年7月末農薬出荷 出荷額3051億1600万円

農薬工業会(小池好智会長)は9月13日、2019農薬年度の7月末出荷実績表(暫定)をまとめた。7月末時点の出荷累計は、数量が前年度比4%減の16万2116㌧、金額は同0・9%減の3051億1600万円となった。種類別でみると、除草剤が金額で、植物調節剤ほかが数量・金額で、分野別ではその他で金額がそれぞれ増加する結果となった。

2019年7月末農薬出荷 出荷額3051億1600万円
2019/08/26

6月末農薬出荷 出荷額2895億1600万円

農薬工業会(小池好智会長)は8月16日、2019農薬年度の6月末出荷実績表(暫定)をまとめた。6月末時点の出荷累計は、数量が前年度比3.4%減の15万1693㌧、金額は同0.3%減の2895億1600万円となった。種類別でみると、除草剤が金額で、植物調節剤ほかが数量・金額で、分野別では野菜・畑作、その他で金額がそれぞれ増加する結果となった。

6月末農薬出荷 出荷額2895億1600万円
2019/07/22

出荷額0.4%増の2688億円 5月末農薬出荷

農薬工業会(小池好智会長)は7月12日、2019農薬年度の5月末出荷実績表(暫定)をまとめた。5月末時点の出荷累計は、数量が前年度比2・3%減の14万297㌧、金額は同0・4%増の2688億3200万円となった。分野別でみると、数量・金額は植物調整剤ほかで、金額は殺虫剤、殺菌剤、除草剤で増加する結果となった。

出荷額0.4%増の2688億円 5月末農薬出荷
2019/07/15

農薬工業会 農薬模倣品対策活動 中国で真贋セミナーなど

農薬工業会の廣岡事務局長は3日、報道関係者に同会の国際委員会が海外を対象に行っている「農薬模倣品対策活動」について中国を例に説明した。 中国では2017年に、「新農薬管理条例」が施行され、違法品や不許可製品の製造・販売などの罰則が強化された。厳格な運用が期待されるところだが、十分な効果が出るには、まだまだ時間を要することが想定される。 中国の農薬管理の変遷をみると、1957年から1982年に有機リ...

農薬工業会 農薬模倣品対策活動 中国で真贋セミナーなど
2019/06/24

4月末農薬出荷 出荷金額は2511億円

農薬工業会(小池好智会長)は6月14日、2019農薬年度の4月末出荷実績表(暫定)をまとめた。4月末時点の出荷累計は、数量が前年度比4・2%減の12万8444㌧、金額は同0・5%減の2511億4000万円となった。分野別でみると、植物調整剤ほかが数量で同6・3%、金額で10・4%とそれぞれ増加する結果となった。

4月末農薬出荷 出荷金額は2511億円
2019/06/24

農薬工業会・小池新会長に聞く

5月15日開催の第88回通常総会で農薬工業会の新会長に選任された小池好智氏(クミアイ化学工業社長)にインタビューし、農薬業界の在り方や工業会の役割ついて聞いた。 ――就任の抱負。 「課題は様々あるが、1つ1つ着実に進めていきたい。まず農薬工業会としてビジョンの発信。世界の人口は現在73億人を超え、2050年には98億人に達すると推測されている。 さらに新興国の経済成長により、グローバルに食料需要の...

農薬工業会・小池新会長に聞く
2019/05/27

3月末農薬出荷 出荷額は2216億4200万円に

農薬工業会(小池好智会長)は5月23日、2019農薬年度の3月末出荷実績表(暫定)をまとめた。3月末時点の出荷累計は、数量が前年度比4.7%減の11万1755t、金額は同1.4%減の2216億4200万円となった。分野別でみると、植物調節剤ほかが数量で8.6%増、金額で11.7%といずれも増加する結果となった。

3月末農薬出荷 出荷額は2216億4200万円に
2019/04/22

出荷額は1460億4000万円 2月末農薬出荷

農薬工業会は4月15日、平成31農薬年度の2月末出荷実績表(暫定)をまとめた。2月末時点の出荷累計は、数量が前年比5%減の7万3564㌧、金額は同2・3%減の1460億4000万円となった。分野別でみると、数量、金額とも伸びたのはその他、植物調整剤ほか。一方、種類別ではいずれも減少する結果となった。

出荷額は1460億4000万円 2月末農薬出荷
2019/01/14

農薬工業会が平成30農薬年度出荷実績好評 出荷額は0.1%増の3373億円に

農薬工業会は12月18日、平成30農薬年度の農薬出荷実績を取りまとめた。出荷累計は、数量が前年比1・3%増の18万7038t、金額は同0.1%増の3373億2000万円と数量、金額ともに増加した。 使用別分野別では野菜・畑作の数量及びその他の数量と金額が、植物調節剤ほかの金額で増加。種類別では、数量は殺虫剤、殺菌剤、除草剤で、金額は除草剤で増加した。

農薬工業会が平成30農薬年度出荷実績好評 出荷額は0.1%増の3373億円に
2019/01/14

農薬工業会が賀詞交換会 持続可能社会へ

農薬工業会(西本麗会長)は、1月7日、平成31 年度の賀詞交歓会を東京都千代田区の経団連会館で開催した。冒頭、挨拶に立った西本会長は、次のように述べた。 「農薬行政では、昨年12月1日に農薬取締法の一部を改正する法律が試行され再評価制度が2021年から始まる。農薬工業会では、農薬の安全性を一層確保することを前提に、防除に有効な農薬が適切に供給されるように関係府省と引き続き意見交換を進める。省力化技...

農薬工業会が賀詞交換会 持続可能社会へ
2018/12/17

農薬工業会活動報告 5月からJA巡回を開始

農薬工業会記者会は、12月5日に恒例となっている勉強会を開催した。 今回、農林水産省の堀部敦子氏の講演(別掲)が行われたが、公演後、同工業会の廣岡卓事務局長から農薬工業会の活動報告があった。 それによると、農薬ナビゲーターの活動の一環として、5月よりJA巡回を開始。加盟企業13社の運営委員が各県のJAの支店を回り、動画をみてもらい啓発を促す活動を行っている。JAの意見や要望を次年度の活動に反映させ...

農薬工業会活動報告 5月からJA巡回を開始
2018/11/26

9月末農薬出荷 出荷額0.7%増の3395億円

農薬工業会は11月16日、平成30農薬年度の9月末出荷実績表(暫定)をまとめた。9月末時点の出荷累計は、数量が前年比1・4%増の18万7077㌧、金額は同0・7%増の3394億8000万円。 分野別では、水稲で金額増、野菜・畑作で数量増、水稲で金額増、その他で数量・金額増となった。また、種類別では、殺虫剤が数量増、除草剤が数量・金額とも増加した。

9月末農薬出荷 出荷額0.7%増の3395億円
  1  2  >>