農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 農薬工業会

農薬工業会

新しい順  古い順
2021/09/20

10~7月農薬出荷金額は3206億円 量・金額ともに増加

農薬工業会(本田卓会長)は9月16日、2021農薬年度7月末出荷実績(暫定)をまとめた。 7月末時点の出荷累計は、数量が対前年比3.5%増の16万4228t、金額は同3.9%増の3206億円だった。 種類別では、殺虫剤は数量で同4.2%増の4万9311t、金額では同1.1%増の834億5900万円。殺菌剤は数量で同5.7%増の3万1594t、金額で同6.1%増の682億600万円、混合剤は数量で同...

10~7月農薬出荷金額は3206億円 量・金額ともに増加
2021/07/26

出荷金額は2797億円 10~5月農薬出荷量・金額ともに増加 ~農薬工業会~

農薬工業会(本田卓会長)は7月16日、2021農薬年度5月末出荷実績(暫定)をまとめた。5月末時点の出荷累計は、数量が対前年比3.2%増の13万9000t、金額は同3.8%増の2796億8000万円だった。種類別では、殺虫剤、殺菌剤、混合剤、植調剤は数量・金額ともに増加、除草剤は数量減・金額増となった。分野別では、水稲、野菜・畑作、分類なしが数量増加した。

出荷金額は2797億円 10~5月農薬出荷量・金額ともに増加 ~農薬工業会~
2021/07/19

農薬工業会・本田卓会長にきく “世界の中の日本”を意識 持続的発展に向けた変化の方向探る

各国で環境に配慮した農業政策が策定され農薬業界を取り巻く状況が変化している。農林水産省は、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現する「みどりの食料システム戦略」(以下、みどり戦略)を策定し、化学農薬の使用量をリスク換算で50%低減等を掲げている。5月15日開催の通常総会で農薬工業会の新会長に選任された本田卓氏(日産化学取締役専務執行役員農業化学品事業部長)に、農薬工業会の...

農薬工業会・本田卓会長にきく “世界の中の日本”を意識 持続的発展に向けた変化の方向探る
2021/06/28

最近の照会事例と課題 「農薬危害防止」で講演会 ~農薬工業会~

農薬工業会(本田卓会長)は6月18日、日本教育会館で「2021年度農薬危害防止に関する講演会」を開催した。同講演会は毎年農水省等による「農薬危害防止運動」(6~8月)に対応した事業として行ったもの。昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となったが、今年は感染対策をとり、Webと対面でのハイブリッド方式で開催した。

最近の照会事例と課題 「農薬危害防止」で講演会 ~農薬工業会~
2021/06/21

農薬工業会10~4月農薬出荷 出荷金額は2645億円 量・金額とも増加

農薬工業会(小池好智会長)は6月16日、2021農薬年度4月末出荷実績(暫定)をまとめた。4月末時点の出荷累計は、数量が対前年比3.3%増の13万273㌧、金額は同3.4%増の2645億4400万円だった。種類別では、殺菌剤、混合剤、除草剤、植調剤は数量・金額ともに増加、殺虫剤は数量増・金額減となった。分野別では、水稲、野菜・畑作、分類なしが増加した。

農薬工業会10~4月農薬出荷 出荷金額は2645億円 量・金額とも増加
2021/06/14

週刊現代記事に見解 ~農薬工業会~

農薬工業会は、週刊現代2021年6月5日号(5月28日発売)「日本茶は農薬まみれ それでも飲みますか?」の記事内容について、農薬やその安全性評価体系に対して誤解を生じかねないとして、見解をホームページに公開した。

週刊現代記事に見解 ~農薬工業会~
2021/05/31

リスコミの必要性 唐木英明・東大名誉教授が講演 「風評の発生と対策」

【農薬のリスクコミュニケーション―風評の発生と対策―】唐木英明・東大名誉教授(食の安全・安心財団理事長)。 なぜ農薬のリスクコミュニケーション(リスコミ)が必要なのか、食品関連の風評被害トップ10をみてみると、60年代の農薬(DDT・ネオニコ)、2000年代の遺伝子組換え(除草剤耐性・害虫耐性)、2010年のラウンドアップ(RU)など。まとめると①化学物質4例②放射能3例③遺伝子組換え3例で、これ...

リスコミの必要性 唐木英明・東大名誉教授が講演 「風評の発生と対策」
2021/05/24

出荷金額は2331億円 、野菜・畑作用807億円 農薬工業会10~3月農薬出荷

農薬工業会は5月21日、2021農薬年度3月末出荷実績(暫定)をまとめた。3月末出荷累計は、数量が対前年比2・2%増の11万1680t、金額は同3・4%増の2330億6600万円だった。種類別では、殺菌剤、混合剤、植調剤が数量・金額とも増加、殺虫剤は数量増・金額減、除草剤は数量減・金額増となった。分野別では水稲、野菜・畑作、分類なしが数量増加した。

出荷金額は2331億円 、野菜・畑作用807億円 農薬工業会10~3月農薬出荷
2021/05/24

農薬工業会が総会 新会長に本田卓氏、副会長に的場・溝口・藤本氏

農薬工業会は5月19日、東京都中央区の鉄鋼会館で第90回通常総会を開催した。役員人事では新会長に日産化学の本田卓取締役専務執行役員が就任。副会長にはシンジェンタジャパンの的場稔社長、日本曹達の溝口正士執行役員、住友化学の藤本博明執行役員が、また常勤専務理事には松浦克浩氏(農薬工業会)が就任した(その他の人事は7面)。 総会後の記者会見では、本田会長が2020年度事業報告と2021年度事業計画を説明...

農薬工業会が総会 新会長に本田卓氏、副会長に的場・溝口・藤本氏
2021/04/19

出荷金額は1450億円 10~2月農薬出荷野菜・畑作用532億円

農薬工業会(小池好智会長)は4月16日、2021農薬年度2月末出荷実績(暫定)をまとめた。2月末出荷累計は、数量が対前年比0・2%減の6万9856㌧、金額は同0・4%増の1450億6200万円。種類別では、殺菌剤、混合剤、植調剤が数量・金額とも増加、殺虫剤は数量増・金額減、除草剤は数量・金額とも減少した。分野別では畑作・野菜、その他、分類なしが増加した。

出荷金額は1450億円 10~2月農薬出荷野菜・畑作用532億円
2021/03/24

出荷金額は968億円 1月末農薬出荷殺虫殺菌剤23%増加

農薬工業会(小池好智会長)は3月16日、2021農薬年度1月末出荷実績(暫定)をまとめた。 1月末時点の出荷累計は、数量が対前年比9.1%増の4万6891㌧、金額は同12・6%増の968億5300万円だった。種類別では、殺虫剤・殺菌剤・殺虫殺菌剤・除草剤いずれも数量・金額で増加。分野別では、数量が果樹と植物調整剤他以外、金額では全てにおいて増加している。

出荷金額は968億円 1月末農薬出荷殺虫殺菌剤23%増加
2021/03/08

農薬工業会が農業への貢献掲げイノベーション動画公開

農薬工業会(小池好智会長)はこのほど、同会HPにて「作物保護のイノベーション」動画を公開した。 世界の食用作物の20〜40%が病害虫の被害によって失われ、何億人もの人々が十分な食料を入手できずに苦しんでいる。同会では、国際植物防疫年オフィシャルサポーターとして、国連で採択されたSDGsとも関連付け、農業への産業としての貢献を掲げたビジョン活動「JCPA VISION 2025」を推進、植物病害虫や...

農薬工業会が農業への貢献掲げイノベーション動画公開
2021/03/01

農薬工業会が講演会 栄養健康情報はなぜ伝わらない

農薬工業会は2月18日、「農薬に関する情報交換会」をオンライン開催し、東京大学大学院医学系研究科社会予防疫学分野の佐々木敏教授による「栄養健康情報はなぜうまく伝わらないのか?~子どもたちの栄養疫学研究を中心として~」と題した講演を行った。 この情報交換会は、マスメディアやジャーナリストたちと、農業や農薬に関する情報交換の場として、2008年に始まったもの。20回目を迎えた今回は、農薬には直接関りは...

農薬工業会が講演会 栄養健康情報はなぜ伝わらない
2021/01/11

農薬工業会の令和2農薬年度出荷実績 出荷額0.3%減3392億円 殺虫殺菌剤は4.7‌%増

農薬工業会(小池好智会長)は昨年12月22日、2020農薬年度の農薬出荷実績(確定)を取りまとめた。出荷累計は、数量が前年比1・9%減の18万552㌧、金額は同0・3%減3391億6700万円となった。種類別では、殺虫殺菌剤・除草剤が数量・金額で増加した。一方、使用分野別では、水稲・その他(非農耕地・林野・芝・ゴルフ場・家庭園芸)が数量・金額ともに増加する結果となった。 種類別でみると、殺虫剤は、...

農薬工業会の令和2農薬年度出荷実績 出荷額0.3%減3392億円 殺虫殺菌剤は4.7‌%増
2020/11/23

9月末農薬出荷 出荷金額は3386億円、殺虫殺菌剤4.2‌%増加

農薬工業会(小池好智会長)は、10月16日、2020農薬年度の9月末出荷実績表(暫定)をまとめた。 9月末時点の出荷累計は、数量が対前年度比2・3減17万9815㌧、金額は同0・5%減3386億600万円だった。種類別では、殺虫雑菌剤・除草剤が数量・金額で増加。分野別では、植物調整剤他が金額で、水稲、その他が数量金額とも増加している。

9月末農薬出荷 出荷金額は3386億円、殺虫殺菌剤4.2‌%増加
2020/11/16

農薬工業会が浅草寺で虫供養 正副会長らが代表で参列

農薬工業会(小池好智会長)は、11月11日、金龍山・浅草寺本堂で、晩秋の恒例行事となっている虫供養を執り行った。 虫供養は病害虫防除実施により殺滅した昆虫(法名:蟲之霊位)の冥福を祈念し、併せて業界発展を祈願するもので、農薬工業会が設立された昭和28年4月1日直後の昭和30年に始まり、昭和31年を除く毎年実施され、今年で65回目を迎えた。 例年は農水省などの官庁関係者、植物防疫団体等の業界関係者や...

農薬工業会が浅草寺で虫供養 正副会長らが代表で参列
2020/10/19

8月末農薬出荷 出荷金額は3216億円 殺虫殺菌剤6.7‌%増加

農薬工業会(小池好智会長)は、10月16日、2020農薬年度の8月末出荷実績表(暫定)をまとめた。8月末時点の出荷累計は、数量が対前年度比1・4減16万8925㌧、金額は同0・4%増3216億4900万円だった。種類別では、殺虫殺菌剤・除草剤が数量・金額で増加。分野別では、植物調整剤他が数量で、水稲、その他が数量・金額とも増加した。

8月末農薬出荷 出荷金額は3216億円 殺虫殺菌剤6.7‌%増加
2020/09/23

出荷金額は3085億円 農薬工業会7月末農薬出荷

農薬工業会(小池好智会長)は、9月16日、2020農薬年度の7月末出荷実績表(暫定)をまとめた。7月末時点の出荷累計は、数量が対前年度比2・1%減15万8744㌧、金額は同0・6%増3085億6100万円だった。種類別では、殺虫雑菌剤・除草剤が数量・金額で増加。分野別では、水稲、植物調整剤他が金額で、その他が数量金額とも増加した。

出荷金額は3085億円 農薬工業会7月末農薬出荷
  1  2  3  4  >>