農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > サタケ

サタケ

新しい順  古い順
2020/09/23

革新工学センターの農業機械技術クラスターに新規3課題

農研機構革新工学センター(小林研所長)は9月15日、農業機械技術クラスターの実施課題に新たに3件を追加したと発表した。追加したのは茶園用除草機の開発、イアコーン収穫スナッパヘッド、ライスセンターのスマート化システムの開発。研究期間はいずれも2020~2022年度。なお、今回の追加により実施課題は合計で13件となった。

革新工学センターの農業機械技術クラスターに新規3課題
2020/09/07

サタケが穀物加工業界向け光選別機「SLASH」発売 ピカ選グランドの後継機

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2―30=は9月1日、精米工場など穀物加工業界向け高性能光選別機「SLASH(スラッシュ)」(型式:VQSシリーズ)を発売した。2010年に発売した「ピカ選グランド」の後継機として設計。さまざまな最新技術と新機能を搭載し、従来機に比べ選別性能が大幅に向上した。年間販売目標は300台。

サタケが穀物加工業界向け光選別機「SLASH」発売 ピカ選グランドの後継機
2020/08/31

サタケユーザー 新政8代目蔵元・佐藤祐輔氏 伝統重んじ革新、飲み手目線の酒づくり

伝統的な酒づくり製法「生酛造り」や地産地消の「秋田県産米」、自蔵発祥の「6号酵母」(現存する最古の酵母)など原料や伝統製法にこだわる一方で、時代の最先端をゆく斬新で革命的な味やデザインを世に送り続ける新政酒造(秋田県秋田市大町)。同社の酒造りで課題だった〝理想的な扁平精米〟を可能にした醸造精米機をサタケが納入。それを縁に、サタケ広報部は、新政8代目蔵元の佐藤祐輔氏にインタビューした。本紙ではこの要...

サタケユーザー 新政8代目蔵元・佐藤祐輔氏 伝統重んじ革新、飲み手目線の酒づくり
2020/08/11

350品種に拡充へ サタケの品種鑑定サービス

サタケ(佐竹利子代表)はこのほど、米・炊飯米品種鑑定サービスの鑑定可能品種を350品種に拡充した。 同社は2003年から米品種鑑定サービスを開始し、これまで数多くの鑑定を受託するとともに、鑑定可能品種の拡充に取り組んできた。 このほど、いずれも多収性と良食味を併せ持った「恋初めし」「にじのきらめき」「ゆみあずさ」の3品種と、炊き上がりにツヤがあり粘りが強い「くまさんの輝き」の、合わせて4品種のうる...

350品種に拡充へ サタケの品種鑑定サービス
2020/08/11

サタケ関連会社賀茂プロジェクトの取組み 自社ウェブサイト開設

サタケ(佐竹利子代表)の関連会社である農業生産法人㈱賀茂プロジェクト=水野英則社長、広島県東広島市豊栄町乃美1054―17=は8月3日、自社ウェブサイトを開設・公開した。自社ウェブサイトでは法人や事業の紹介のほか、古代米や胚芽の大きい「金のいぶき」など生産品が購入できるオンラインショップを併設している。 サタケで同法人の運営などに深く関わってきたG・I(グローバル・イノベーション)企画管理室の笹山...

サタケ関連会社賀茂プロジェクトの取組み 自社ウェブサイト開設
2020/08/11

サタケのウェブCMが金賞 第41回広島広告企画製作賞インターネット広告全般の部

サタケ(佐竹利子代表)は7月31日、ANAクラウンプラザホテル広島で開催された広島広告協会主催の第41回広島広告企画制作賞の贈賞式において、同社WebCMが「インターネット広告全般の部」の「金賞」を受賞した。 広島広告企画制作賞は、その年度に制作・応募された広告の中で優秀と認められた作品を表彰するもの。「新聞・雑誌」「電波」「SP」「インターネット」「屋外広告」の5部門に分かれ、今回は2019年度...

サタケのウェブCMが金賞 第41回広島広告企画製作賞インターネット広告全般の部
2020/08/11

サタケがアレルギー特定原料28品目不使用米粉パン製造方法を開発

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2―30=はこのほど、小麦由来のグルテンなどアレルギー特定原材料等28品目を使用しない、独自の米粉パン製造方法を開発し、この方法で製造されたパンを使ったメニューを、レストラン『豊栄くらす』で提供している。今後は、製パン業者などへの技術提供を通じ、同製造方法による米粉パンの普及を図っていく。

サタケがアレルギー特定原料28品目不使用米粉パン製造方法を開発
2020/07/06

サタケが米品質診断パッケージ 12月15日までキャンペーン

サタケ(佐竹利子代表)は、米の品種や食味などを分析し品質を評価する米品質診断サービスパッケージについて、特別価格で提供するキャンペーンを7月1日から開始した。 サタケは、産地精米に取り組む米生産者や取引先開拓を目指す集荷・精米卸業者などに向けて、主に玄米を対象とした米品質診断サービスパッケージ「コメドック」を2018年7月から、主に白米を対象とした米品質診断サービスパッケージ「コメドックごはん」を...

サタケが米品質診断パッケージ 12月15日までキャンペーン
2020/07/06

サタケの新型光選別機サクセスナイト 受注好調 順調なスタート 昨年同月比3倍超の628台

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市=がSAXESブランド初の光選別機として3月1日に新発売した光選別機「SAXES Knight(サクセスナイト)」の受注が6月22日時点で628台となり、昨年同時期における193台(ピカ選)の3倍を超える好調な立ち上がりとなった。同機は岩手県北上市の東北佐竹製作所で生産、6月22日、出荷を開始した。

サタケの新型光選別機サクセスナイト 受注好調 順調なスタート 昨年同月比3倍超の628台
2020/04/27

サタケがスマホde精米チャレンジ! 在宅中の学生を応援、クリアしてサタケ製品をゲット

世界中で感染拡大している新型コロナウイルスだが、サタケ(佐竹利子代表)ではウイルス対策で在宅学習中の若年層向けに4月17日から「在宅応援キャンペーン」としてスマートフォンで体験できる携帯ゲーム「スマホde精米チャレンジ!」を開始した(5月15日迄)。精米ゲームを通して体を動かすことで、学生の息抜きになって欲しいという思いからだという。

サタケがスマホde精米チャレンジ! 在宅中の学生を応援、クリアしてサタケ製品をゲット
2020/04/13

サタケが社内に自社製「簡易検温装置」 新型コロナ感染対策

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2―30=では社員に対する新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ施策の一つとして、社内に赤外線カメラを使った簡易検温装置(以下、サーモグラフィー)を設置した。設置したのは、社内でも社員の密集度が比較的高く、また製品開発に携わるため在宅勤務が難しい、技術本部のフロア。入り口に設置し、入室時などに社員が自主的に検温する。

サタケが社内に自社製「簡易検温装置」 新型コロナ感染対策
2020/03/23

【サタケユーザー】珈琲界の先駆者「カフェ・バッハ」 サタケの光選別機が手選別と共に店の味支える

コーヒー界のパイオニアとして知られる「カフェ・バッハ」は東京都台東区日本堤にある。オーナーは「焙煎のレジェンド」と名高い田口護氏。豆それぞれの個性を引き出すように丁寧に焙煎した豆で淹れる1杯は、田口氏の人柄のように穏やかで丸く、すっと体にしみる。こだわりの1杯に辿り着くまでの田口氏の軌跡と今後の日本カフェ業界へ馳せる思いを、今や同店にとって欠かせない存在となっている光選別機を納入したサタケ(広島県...

【サタケユーザー】珈琲界の先駆者「カフェ・バッハ」 サタケの光選別機が手選別と共に店の味支える
2020/02/29

サタケが大規模生産者向け光選別機サクセスナイト

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町=は、大規模生産者向けの高耐久・高性能の光選別機「SAXES Knight(サクセスナイト)」を開発。大規模生産者向けの穀物乾燥調製機械ブランド「SAXES(サクセス)」初の光選別機ラインアップとして3月1日に新発売する。販売は1機種。本体希望小売価格(税込)は272万8000円。

サタケが大規模生産者向け光選別機サクセスナイト
2019/12/16

サタケビジネスサポート コイン精米機新店舗を東広島のJA駐車場に

サタケ・ビジネス・サポート=名越照之社長、本社:広島県東広島市西条西本町2─30=は、JA広島中央・志和グリーンセンター(広島県東広島市志和町志和堀3536)の駐車場内に、直営の「クリーン精米屋(コイン精米機)」を設置、12月3日から営業を開始した。 今回「クリーン精米屋」を設置した志和地域は、東広島市郊外の農業が盛んな田園地帯で、米を生産する農家を中心に精米のニーズが見込まれる。今回の設置により...

サタケビジネスサポート コイン精米機新店舗を東広島のJA駐車場に
2019/11/18

サタケがアレルギー対応商品拡充 マジックライス2種

サタケ‖佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2―30‖は、非常食やアウトドアなどで美味しく手軽に食べられる乾燥米飯「マジックライス保存食シリーズ」の既存ラインアップ「五目ご飯」「ドライカレー」の2種をアレルギー物質不使用の商品としてリニューアルし、11月18日から順次販売開始する。 「マジックライス」は、お湯または水を入れるだけで簡単に調理できる乾燥米飯で、長期保存が可能なことから非常食と...

サタケがアレルギー対応商品拡充 マジックライス2種
2019/11/11

サタケが秋田でSAXES光選別機披露 VRでミニライスC体験

サタケ‖佐竹利子代表、東広島市‖は、10月30日~11月5日、秋田県大館市のニプロハチ公ドームで開催された「第71回秋田県農業機械化ショー」に出展し、大規模生産者向けブランド「SAXESシリーズ」の展示やミニライスセンターのVR体験の提供などを行った。また自社開発の新型バルブ(ピエゾバルブ)を搭載した光選別機を参考出展、注目された。

サタケが秋田でSAXES光選別機披露 VRでミニライスC体験
2019/11/04

サタケが5年保存可能な非常食パン「PAN de BAR」を発売

サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2―30=は、非常食シリーズに、調理不要で簡単に美味しく食べられる、非常食パン「PAN de BAR」を11月1日から新発売した。 同社はこれまで、長期保存が可能で、お湯または水を入れるだけで簡単に調理できる非常食シリーズ「マジックライス(保存食シリーズ・雑炊シリーズ)」や「マジックパスタ」を販売してきた。今回、新たに長期保存パンとして「PAN ...

サタケが5年保存可能な非常食パン「PAN de BAR」を発売
2019/11/04

サタケが元年度中国地方発明表彰で特許庁長官賞を受賞

令和元年度中国地方発明表彰の表彰式が10月25日に広島ガーデンパレスで行われた。「光学式粒状物選別機の検量線自動設定システム」を発明(特許登録)したサタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2―30=の社員4名に特許庁長官賞が授与された。併せて、この発明の実施化に顕著な功績があったと認められる法人の代表者として、佐竹利子代表に実施功績賞が贈られた。

サタケが元年度中国地方発明表彰で特許庁長官賞を受賞
2019/11/04

サタケユーザーレポート JAきたそらちの新精米施設

北海道有数の稲作地帯、深川市、雨竜町、北竜町、幌加内町の1市3町を区域とする広域JA『JAきたそらち』。米を基本に、そば、小麦、大豆・小豆といった畑作物や、すいか、メロンなどの果実も盛んだが、米は総生産量が約5万2000㌧で、各産地をブランド化し拡販。最近ではふるさと納税関係での出荷も増加しているという。農家戸数は約1000。1戸当たりの平均作付け面積は約18㏊。同JAが導入した見える化を実現した...

サタケユーザーレポート JAきたそらちの新精米施設
  1  2  3  4  5  >>