農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > サタケ

サタケ

新しい順  古い順
2020/03/23

【サタケユーザー】珈琲界の先駆者「カフェ・バッハ」 サタケの光選別機が手選別と共に店の味支える

コーヒー界のパイオニアとして知られる「カフェ・バッハ」は東京都台東区日本堤にある。オーナーは「焙煎のレジェンド」と名高い田口護氏。豆それぞれの個性を引き出すように丁寧に焙煎した豆で淹れる1杯は、田口氏の人柄のように穏やかで丸く、すっと体にしみる。こだわりの1杯に辿り着くまでの田口氏の軌跡と今後の日本カフェ業界へ馳せる思いを、今や同店にとって欠かせない存在となっている光選別機を納入したサタケ(広島県...

【サタケユーザー】珈琲界の先駆者「カフェ・バッハ」 サタケの光選別機が手選別と共に店の味支える
2020/02/29

サタケが大規模生産者向け光選別機サクセスナイト

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町=は、大規模生産者向けの高耐久・高性能の光選別機「SAXES Knight(サクセスナイト)」を開発。大規模生産者向けの穀物乾燥調製機械ブランド「SAXES(サクセス)」初の光選別機ラインアップとして3月1日に新発売する。販売は1機種。本体希望小売価格(税込)は272万8000円。

サタケが大規模生産者向け光選別機サクセスナイト
2019/12/16

サタケビジネスサポート コイン精米機新店舗を東広島のJA駐車場に

サタケ・ビジネス・サポート=名越照之社長、本社:広島県東広島市西条西本町2─30=は、JA広島中央・志和グリーンセンター(広島県東広島市志和町志和堀3536)の駐車場内に、直営の「クリーン精米屋(コイン精米機)」を設置、12月3日から営業を開始した。 今回「クリーン精米屋」を設置した志和地域は、東広島市郊外の農業が盛んな田園地帯で、米を生産する農家を中心に精米のニーズが見込まれる。今回の設置により...

サタケビジネスサポート コイン精米機新店舗を東広島のJA駐車場に
2019/11/18

サタケがアレルギー対応商品拡充 マジックライス2種

サタケ‖佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2―30‖は、非常食やアウトドアなどで美味しく手軽に食べられる乾燥米飯「マジックライス保存食シリーズ」の既存ラインアップ「五目ご飯」「ドライカレー」の2種をアレルギー物質不使用の商品としてリニューアルし、11月18日から順次販売開始する。 「マジックライス」は、お湯または水を入れるだけで簡単に調理できる乾燥米飯で、長期保存が可能なことから非常食と...

サタケがアレルギー対応商品拡充 マジックライス2種
2019/11/11

サタケが秋田でSAXES光選別機披露 VRでミニライスC体験

サタケ‖佐竹利子代表、東広島市‖は、10月30日~11月5日、秋田県大館市のニプロハチ公ドームで開催された「第71回秋田県農業機械化ショー」に出展し、大規模生産者向けブランド「SAXESシリーズ」の展示やミニライスセンターのVR体験の提供などを行った。また自社開発の新型バルブ(ピエゾバルブ)を搭載した光選別機を参考出展、注目された。

サタケが秋田でSAXES光選別機披露 VRでミニライスC体験
2019/11/04

サタケが5年保存可能な非常食パン「PAN de BAR」を発売

サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2―30=は、非常食シリーズに、調理不要で簡単に美味しく食べられる、非常食パン「PAN de BAR」を11月1日から新発売した。 同社はこれまで、長期保存が可能で、お湯または水を入れるだけで簡単に調理できる非常食シリーズ「マジックライス(保存食シリーズ・雑炊シリーズ)」や「マジックパスタ」を販売してきた。今回、新たに長期保存パンとして「PAN ...

サタケが5年保存可能な非常食パン「PAN de BAR」を発売
2019/11/04

サタケが元年度中国地方発明表彰で特許庁長官賞を受賞

令和元年度中国地方発明表彰の表彰式が10月25日に広島ガーデンパレスで行われた。「光学式粒状物選別機の検量線自動設定システム」を発明(特許登録)したサタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2―30=の社員4名に特許庁長官賞が授与された。併せて、この発明の実施化に顕著な功績があったと認められる法人の代表者として、佐竹利子代表に実施功績賞が贈られた。

サタケが元年度中国地方発明表彰で特許庁長官賞を受賞
2019/11/04

サタケユーザーレポート JAきたそらちの新精米施設

北海道有数の稲作地帯、深川市、雨竜町、北竜町、幌加内町の1市3町を区域とする広域JA『JAきたそらち』。米を基本に、そば、小麦、大豆・小豆といった畑作物や、すいか、メロンなどの果実も盛んだが、米は総生産量が約5万2000㌧で、各産地をブランド化し拡販。最近ではふるさと納税関係での出荷も増加しているという。農家戸数は約1000。1戸当たりの平均作付け面積は約18㏊。同JAが導入した見える化を実現した...

サタケユーザーレポート JAきたそらちの新精米施設
2019/10/28

サタケ 秋田県種苗交換会で「SAXESシリーズ」など出展

サタケ=佐竹利子代表、東広島市西条西本町=は、10月30日から7日間、ニプロハチ公ドームで開催される「第142回秋田種苗交換会」の併催イベント「第71回秋田県農業機械化ショー」に出展し、大規模生産者向けブランド「SAXESシリーズ」などの展示や、自社開発の新型バルブを搭載した光選別機の参考出展、ミニライスセンターのVR体験の提供などを行う。

サタケ 秋田県種苗交換会で「SAXESシリーズ」など出展
2019/10/16

ランキング12年連続最高位の”今摺米” 

北の大地「北海道」。今回、稲作が盛んな上川郡当麻町のJA当麻を訪ね農業の現況、取り組みや精米工場についてサタケの広報室が取材した。その内容を抜粋し紹介する。JA当麻は単協でありながらが、お米ランキングで最高位を12年連続獲得している。その高品質の一端を支えているのが、徹底した栽培管理と今摺米、そしてサタケのミルコンポなどの精米機器だ

ランキング12年連続最高位の”今摺米” 
2019/10/01

2019「酒まつり」 サタケ本社会場でイベント

10月12日(土)と13日(日)の2日間、東広島市西条町で開催される「2019酒まつり」に、サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2-30=は今年も企業参加し、「セントルマルシェinサタケ酒まつり」や「フリーマーケット」など各種イベントを開催する。灘、伏見と並ぶ日本三大銘醸地と称えられた酒どころ「安芸西条(現在の東広島市西条町)」にて1990年より毎年10月に行わる「酒まつり」は、例...

2019「酒まつり」 サタケ本社会場でイベント
2019/10/01

サタケ FASE関西2019で提案 各種選別機、「精米生産の匠」等

サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、10月16日~18日の3日間、インテックス大阪で開催される第4回食品工場自動化・安全機器展「FASE関西2019」に、光選別機や風力選別機、流量監視装置、クラウド型情報管理サービスなどを展示・実演する。開催時間は午前10時~午後5時。同社の出展ブースは2号館2C—36ブース。

サタケ FASE関西2019で提案 各種選別機、「精米生産の匠」等
2019/09/23

サタケが限定500台でギャバミル「カープモデル」を販売開始

サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2-30)は、㈱広島東洋カープ(松田元社長、本社:広島市南区南蟹屋2―3―1)との初のコラボ商品として、家庭用精米機「ギャバミル」に「カープ坊や」などカープデザインをあしらった「カープモデル」を追加し、9月17日から限定500台で発売を開始した。価格はオープン価格。

サタケが限定500台でギャバミル「カープモデル」を販売開始
2019/09/09

サタケ 海外ブランドREACH 小規模事業者向け 籾摺精米プラント

サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2-30=は9月4日から、海外事業ブランド「REACH」の新製品「SYSTEM 3.0」を発売する。「REACH」ブランド第一弾の籾摺り精米プラントを踏襲し、時間当たりの処理量を3t(籾)に小型化した。アジアおよびアフリカ地域を中心に、新規参入や小規模事業者向けに訴求する。

サタケ 海外ブランドREACH 小規模事業者向け 籾摺精米プラント
2019/09/02

サタケが9月にアジア最大のコーヒーイベントに出展 ピカ選αPLUS実演

サタケ(本社:東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、9月11日から3日間東京ビッグサイトで開催されるアジア最大のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ ワールド スペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキシビション2019(以下SCAJ 2019)」に光選別機を出展する。

サタケが9月にアジア最大のコーヒーイベントに出展 ピカ選αPLUS実演
2019/09/02

サタケ、11月3日、桂文珍独演会を広島大学で開催

《サタケニュースレターより》「諸外国に比べ資源の少ない日本では、人間の頭脳こそが資源である」――その信念から生前、学術研究のための基金を設立するなどして、国内外の大学・研究機関へ支援を行ってきたサタケ三代目・佐竹覚。彼の遺志を受け継ぎ2003年より開催してきたサタケメモリアル「桂文珍独演会」は、本年16回目を迎える。令和最初のサタケメモリアル独演会となる今回は11月3日(日)、広島大学サタケメモリ...

サタケ、11月3日、桂文珍独演会を広島大学で開催
2019/08/26

サタケがアフリカ開発会議併催イベントに出展

サタケ=佐竹利子代表、東広島市西条西本町2-30=は、8月28日~30日の3日間、パシフィコ横浜で開催される第7回アフリカ開発会議「TICAD7」の併催イベント「日本・アフリカビジネスフォーラム&EXPO」で開催される「ビジネスEXPOジャパン・フェア」で、海外向け事業ブランドの「REACH」や光選別機などをパネル出展する。

サタケがアフリカ開発会議併催イベントに出展
2019/07/15

サタケがFOOMA出展 「明日を創る力」テーマに 多彩な商品群展示

サタケ(佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町=は、先ごろ東京ビッグサイトで開催された「FOOMA JAPAN2019」に出展。「お米コーナー」と「食品全般コーナー」の2ブースに分け、各種選別・加工機器や検査機器、食品を展示。また「サタケiネットワークシステム」なども紹介、多くの来場者を惹きつけた。

サタケがFOOMA出展 「明日を創る力」テーマに 多彩な商品群展示
2019/06/10

サタケが7月9~12日、FOOMA JAPANに出展 お米・食品全般の各種機器を展示

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町=は、7月9~12日までの4日間、東京ビッグサイトで開催される 「FOOMA JAPAN 2019」(2019国際食品工業展)に出展する。「FOOMA JAPAN」(一般社団法人日本食品機械工業会主催)は、食品製造・加工機械を中心に食品製造プロセスのすべてが集結する総合展示会。今回42回目の開催。

サタケが7月9~12日、FOOMA JAPANに出展 お米・食品全般の各種機器を展示
2019/05/13

サタケがバラスト水生物濃縮装置発売

サタケ=佐竹利子代表、東広島市西条西本町=とMOLエンジニアリング=宮井修二社長、東京都港区三田=はバラスト水中の生物検査に必要なサンプル水の濃縮作業の省力化を実現した「BALLAST CATCH(バラストキャッチ)」を共同開発、商船三井テクノトレード=八田宏和社長、東京都中央区京橋=が5月15日から販売開始する。

サタケがバラスト水生物濃縮装置発売
  1  2  3  4  >>