農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > サタケ

サタケ

新しい順  古い順
2018/09/10

サタケの米麦用大型乾燥機増設 上川ターミナルライス高品質化に自信

豊かな自然と広大な農地を誇り、食の宝庫と呼ばれる北海道だが、その中央部に位置する富良野で、米麦の乾燥・調製・貯蔵業務を行う上川ライスターミナル株式会社富良野工場は、2016年に乾燥機を増設し、小麦の取扱量増加の対応と品質向上を図った。サタケ広報室は同社富良野工場を訪ね、その意義や今後の取組みを取材した。

サタケの米麦用大型乾燥機増設 上川ターミナルライス高品質化に自信
2018/08/20

サタケSAXES籾摺期購入第1号 宮城県の青木さん 決め手は”耐久性”

サタケ=佐竹利子代表、東広島市西条西本町2‐30=は今年3月、大規模農家や営農集団などの大規模生産者向けに穀物用遠赤外線乾燥機および籾摺「SAXES(サクセス)」シリーズの販売を開始した。サタケ広報室では、米の収穫時期に合わせて、籾摺機を購入したユーザーにインタビューを実施した。インタビューを受けたのは宮城県の青木拓也さん(44歳)。 青木さんは「SAXES(サクセス)」籾摺機購入者第1号。宮城県...

サタケSAXES籾摺期購入第1号 宮城県の青木さん 決め手は”耐久性”
2018/07/09

サタケ 穀物乾燥機・籾摺機、新シリーズ「SAXES」

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2‐30)は7月12日から16日までの5日間、北海道帯広市の北愛国交流広場で開催される「第34回国際農業機械展in帯広(第34回国際農機店)」に出展し、新ブランド「SAXES(サクセス)」シリーズなどを展示するほか、さまざまな原料に対応する多用途シュート式光選別機「ピカ選別α(アルファ)」の実演を行う。

サタケ 穀物乾燥機・籾摺機、新シリーズ「SAXES」
2018/07/02

サタケが”コメドック”開始 12月25日までキャンペーン

サタケ=佐竹利子代表=は7月1日から米の品質・価値の数値化および改善提案などを行う新サービス、「米の品質診断 "コメドック"」を開始する。また、サービス開始を記念して12月25日まで特別価格キャンペーンを実施する。 2020年開催の東京五輪・パラリンピックの選手村で提供される農産物の調達基準に、農業生産工程管理(GAP)の認証取得が条件となるなど、市場が要求する食の安全・安心への取り組みは加工・流...

サタケが”コメドック”開始 12月25日までキャンペーン
2018/07/02

サタケが放射性物質測定の受託分析サービスを開始

サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2-30=は6月27日から、高度化が進む食の安全・安心のニーズに対応するため、従来の重金属分析や残留農薬分析、品種鑑定などのサービスに加え、新たに米に含まれる放射性物質(放射性セシウム)の含量を測定する受託分析サービスを開始した。 同測定は、厚生労働省が定めた「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」を準用したヨウ化セシウム結晶(CsI(TI))...

サタケが放射性物質測定の受託分析サービスを開始
2018/06/18

サタケがFOOMAJAPAN18に出展 チャレンジ!サタケ 

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市最上西本町2‐30=は6月12~15日、「Challenge!サタケ」をブーステーマに掲げFOOMA JAPAN2018に出展。“食の安全・安心に寄与し顧客利益につながる製品群”を意識した展示や実演を行った。同社のブースは、最先端の多彩な製品群を目当てに国内外から多数の来場者が詰めかけて活況を呈した。

サタケがFOOMAJAPAN18に出展 チャレンジ!サタケ 
2018/06/18

美味技術学会 サタケの石突裕樹氏が穀粒判別器開発など講演 

美味技術学会と日本食品機械工業会は、6月13日、東京ビッグサイトで「美味しさを評価するための最新テクノロジー」をテーマに美味技術学会シンポジウムを開催した。今回は、これまでの「美味しさ評価」とは少しベクトルの異なる最新の話題について、産学のそれぞれの開発研究者が講演。 この中で、サタケの技術本部選別・計測グループグループ長の石突祐樹氏が、「穀粒判別器の開発および米外観品質と食味の関係」をタイトルに...

美味技術学会 サタケの石突裕樹氏が穀粒判別器開発など講演 
2018/06/11

サタケのTVCM 広島広告企画制作賞金賞

サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2-30=のテレビCM「チャレンジサタケ ダイヤモンド篇」と「チャレンジサタケ 枝豆篇」の2本が、広島広告協会主催の第39回(2018年)広島広告企画制作賞の電波部門で金賞を受賞し、その贈呈式が6月4日、ホテルグランヴィア広島において、贈賞式が行われた。

サタケのTVCM 広島広告企画制作賞金賞
2018/05/21

サタケがブラジル市場に新型光選別機 ピカ選の流れくむFMSRシリーズ

サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2-30=のグループ会社の南米拠点、サタケ・アメリカ・ラティーナ社が、2018年5月1日からブラジル連邦共和国で、新型の光選別機FMSRシリーズの製造・販売を開始した。 同光選別機は、アジアで1万台以上の販売実績がある日本製光選別機「ピカ選シリーズ」の基本設計を踏襲したもの。

サタケがブラジル市場に新型光選別機 ピカ選の流れくむFMSRシリーズ
2018/04/23

サタケ・森調製機事業本部長に訊く 新ブランド「サクセス」

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2-30=は4月13日、東京本社で記者会見を聞き、森和行・調製機事業本部長から事業方針と新ブランド「SAXES(サクセス)」について説明があった。 森本部長は「2018年度の基本的な考え方を①新商品の提案強化と②お客様の信頼増大と売り上げ目標は対前年比105%とする」と表明。また、自身が求めた”強い”美しい”のイメージを具現化した自信作の新ブランド「S...

サタケ・森調製機事業本部長に訊く 新ブランド「サクセス」
2018/04/09

サタケカレッジ サタケの歴史と技術学ぶ

サタケ=佐竹利子代表、東広島市西条西本町2‐30=には「サタケカレッジ」という、4年前の開校した社内大学がある。対象は入社2年目以降の社員だ。 基礎コースと中級コースに分かれ、穀物加工の知識や技術について学ぶ合宿形式の講座のほか、プラント施設の運営、企業法務や財務、人間学などの講座を受講する。

サタケカレッジ サタケの歴史と技術学ぶ
2018/03/12

サタケがHPリニューアル

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2-30=はこのほど、公式ウェブサイトをリニューアルし、2月28日に公開した。 ①個人、農業者など、それぞれの訪問者に最適な情報の提供②スマートフォンやタブレットなど、さまざまな端末に適応した表示・操作性の提供③採用情報の充実による学生への訴求をするというのが目的。

サタケがHPリニューアル
2017/11/13

サタケユーザーレポート 北九炊飯の"理想のご飯追求"し加圧式IH炊飯導入

日本初の近代製鉄所である官営八幡製鐵所の建設地に選定され「鉄の町」として発展を遂げてきた北九州市八幡。 この地に、北九炊飯㈱が九州初となる業務用加圧式IH炊飯設備(サタケ製)を導入、本年7月に稼働を開始した。安定して高品質のご飯が炊け、作業省力化も可能な同設備により「理想のご飯」を、顧客の信頼と満足を目指す同社。その取組をサタケ広報室のレポートから紹介する。

サタケユーザーレポート 北九炊飯の"理想のご飯追求"し加圧式IH炊飯導入
2017/10/16

サタケが国際プラスチックフェアにピカ選αPLUSなど出展

サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2―30=は、10月24日から5日間、幕張メッセで開催される「IPF Japan 2017(国際プラスチックフェア)」に、多用途シュート式光選別機「ピカ選αPLUS」や「異形プラスチックペレット選別機」など光選別機をはじめ、各種選別機や加工機展示・実演する。 なお、サタケ展示は6ホール61311ブース。

サタケが国際プラスチックフェアにピカ選αPLUSなど出展
2017/10/16

サタケが光選別機と検査機器をFASE関西に出展

サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2―30=は10月11~13日に大阪市のインテックス大阪で開催された食品工場自動化・安全機器展「第2回FASE関西2017」に出展。 多用途ベルト式選別機「BELTUZA(ベルトゥーザ)」、多用途シュート式光選別機「ピカ選αPLUS」や各種検査機器等を出展、実演を行い注目を集めた。

サタケが光選別機と検査機器をFASE関西に出展
2017/09/11

サタケのベルトゥーザ・ゼノが日食優秀食品機械・資材・素材賞を受賞 高精度の選別性能などが評価

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2―30=の多用途ベルト式光選別機「BELTUZA XeNO(以下ベルトゥーザ・ゼノ)」が「日食優秀食品機械・資材・素材賞」を受賞、8日都内の第一ホテル東京で表彰された。 同機の高精度の選別性能と衛生面・メンテナンス面に優れたステンレスボディの採用などが評価されたもの。

サタケのベルトゥーザ・ゼノが日食優秀食品機械・資材・素材賞を受賞 高精度の選別性能などが評価
2017/09/04

サタケがクラウド型情報管理を9月1日にサービス開始 穀物加工施設向けでは業界初

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2―30=は、穀物加工施設などの情報管理ができる業界初のクラウド型システム「サタケiネットワークサポートシステム」を開発、9月1日よりサービスを開始した。 今回開発したクラウド型システムは、情報管理に必要な6つのサービスをインターネット経由で提供を行なうものとなる。

サタケがクラウド型情報管理を9月1日にサービス開始 穀物加工施設向けでは業界初
2017/07/01

サタケユーザーレポート JA四万十の挑戦高品質米作りと地域への思い

〝日本最後の清流〟と呼ばれる四万十川。その中流に位置する、高岡郡四万十町。四万十農業協同組合(以下「JA四万十」)はこの地で高知県唯一となるカントリーエレベーター(サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2―30=が施工)を保有し、食と農を基本として地産地消に真摯に取り組んでいる。同JAの米や野菜づくりの現況を紹介する。

サタケユーザーレポート JA四万十の挑戦高品質米作りと地域への思い
2017/06/22

「思いを技術力で作る」テーマに サタケがFOOMAに出展 枝豆の選別に「ベルトゥーザ」を紹介

サタケ=佐竹利子代表、東広島市西条西本町2‐30=は、13~16日の4日間、東京ビッグサイトで開催された「FOOMA JAPAN 2017」に出展した。 「思いを技術力で創る」が今回のサタケのブーステーマ。光選別機、穀物調製加工機器、試験検査機器など5コーナーを設け製品の展示や実演、パネル展示などを行い、注目のブースとなった。

「思いを技術力で作る」テーマに サタケがFOOMAに出展 枝豆の選別に「ベルトゥーザ」を紹介
  1  2  >>