農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > サタケの水野技術本部副本部長に聞く とぎ汁は飼料に  MPRPは環境保全に貢献

サタケの水野技術本部副本部長に聞く とぎ汁は飼料に  MPRPは環境保全に貢献

サタケの水野技術本部副本部長に聞く とぎ汁は飼料に  MPRPは環境保全に貢献
サタケ=松本和久社長、広島県東広島市西条西本町2―30=は、4月25日に新型無洗米製造装置「MPRP36A」を発売したが、環境性能の面からも反響が大きい。今回は、新型無洗米製造装置「MPRP36A」の開発を統括した水野英則技術本部副本部長に、とぎ汁(洗米副生水)の液体飼料への利用やSDGsについて聞いた。
 ――とぎ汁を液体飼料に利用する経緯、意図。
「従来機であるSJR(スーパージフライス)は、とぎ汁を乾燥固形化し、とぎ汁の出ないNTWP(ネオテイスティ・ホワイトプロセス)は、糠をそのままの状態で家畜の配合飼料素材として利用していましたが、安価で安定的に生産供給することが難しく利用推進には至りませんでした。2010年に農林水産省がエコフィード(食品残さ利用飼料)推進を発表し、リキッドフィーディング技術も明記されたことから利用研究を開始しました」
 ――液体飼料の利点。
「液体飼料に限らず、とぎ汁を飼料として利用することで、食品リサイクルや循環型農業の取組みの一助となります。そのうえで、液体飼料は乾燥飼料などに比べ加工処理やエネルギーのコストが低く、安価に供給できます。MPRPの導入先にとっても、とぎ汁の処理装置や灯油などの化石燃料が不要で、無洗米製造コストが下がる利点があります」
「具体的には、豚の飼料として使っています。開発段階での試験でも液体飼料に対する豚の食いつきも良く、1頭当たり1日に約3㎏与えます」
 ――液体飼料化に際しMPRP導入先の行うことは何ですか?
「MPRPの導入先は、とぎ汁を養豚場に供給することで基本的に処理が完了しますので、余分な手間や経費が少ないメリットがあります。養豚場は引き取ったとぎ汁を熱処理し、乳酸発酵させて液体飼料にし、数日内に豚に与えます」
 ――養豚場にとって液体飼料のメリットは何ですか?
「輸入飼料が高騰しており、食品残さを無駄にしないという観点からもエコフィードの利用が高まっています。また同じエコフィードであっても、配合飼料より液体飼料の方が製造コストが低く抑えられることから、今後、需要の伸びが見込まれます」
 ――MPRPのSDGsに対する取り組みは?
「地球環境の保全や地球温暖化への対応は、今やさまざまな分野で必要不可欠であり、製品の開発・製造段階からユーザーの利用まで広範に考慮する必要がございます。MPRPはSDGsの考え方をできるだけ取り入れた開発を行い、環境保全などに貢献していると考えております」

関連記事

やまびこ JLCチャンピオン 今井選手とアンバサダー契約

やまびこ JLCチャンピオン 今井選手とアンバサダー契約

KSASとレイミーのAI病害虫雑草診断  システム連携へ モニターテスト開始 クボタと日本農薬

KSASとレイミーのAI病害虫雑草診断 システム連携へ モニターテスト開始 クボタと日本農薬

つり上げ能力75t 新開発クローラクレーン コベルコ建機

つり上げ能力75t 新開発クローラクレーン コベルコ建機

苗箱洗浄プラント 1時間1000枚の高能率 斎藤農機

苗箱洗浄プラント 1時間1000枚の高能率 斎藤農機