農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > やまびこ

やまびこ

新しい順  古い順
2020/10/19

やまびこが青梅市などと協定 市内の里山整理・活用に協力

「共立」「新ダイワ」「エコー」ブランドを持つ、やまびこ=永尾慶昭社長、東京都青梅市末広町1―7―2=は、東京都青梅市(浜中啓一市長)ならびに青梅きのこ生産振興会(内沼秀夫会長)と共同で、青梅市内の里山整備と活用に関する協定を9月30日に締結したと発表した。 協定は、連携・協力による取組みの実施により、市内の放置林(広葉樹林)の再生、森林の公益的機能の向上を図り、山林の荒廃による獣害、自然災害を未然...

やまびこが青梅市などと協定 市内の里山整理・活用に協力
2020/10/12

やまびこがマルチ発電機等展示 畜産農家の非常時サポート

畜産現場で有効な非常用バックアップ電源として、やまびこ(永尾慶昭社長)の世界初となる三相・単相3線を切替えることなく同時出力が可能なマルチ発電機が注目されている。その同社は10月14日~16日に幕張メッセで開催する「第2回国際畜産資材EXPO」に出展。停電を感知して自動で発電し給電する一般非常用発電システムを中心に展示する。

やまびこがマルチ発電機等展示 畜産農家の非常時サポート
2020/09/28

やまびこがハイエンドプロソー発売 73.5?の大排気量、高出力と低排出ガスを両立

「共立」「新ダイワ」「エコー」ブランドを持つやまびこ(永尾慶昭社長)から、ハイエンドプロソーが新発売した。共立「CS73RS」と新ダイワ「E3073DP」で、排気量は73・5?。高出力と低排出ガスを高レベルで両立させる6流掃気シリンダなど新機構を搭載。日本の山を知り尽くす同社が満を持して発表する国産大排気量チェンソーだ。

やまびこがハイエンドプロソー発売 73.5?の大排気量、高出力と低排出ガスを両立
2020/08/31

やまびこが25㎤クラスの共立刈払機 粘り強いトルク発揮、山林専用エンジンを搭載

やまびこ(永尾慶昭社長)が、今年発売した刈払機の中で、〝これを使うと山林の仕事がはかどる〟と高い評価を集めるのが共立SRE2730Pシリーズだ。ポイントは、プロユーザーの期待に応えるために開発した排気量25・4㎤新型エンジンの搭載。脅威の吹け上がり力を実現し、草詰まりトラブルを回避する機構も採用。幅広い層からも喜ばれている。

やまびこが25㎤クラスの共立刈払機 粘り強いトルク発揮、山林専用エンジンを搭載
2020/08/24

やまびこの20年12月期第2四半期決算 売上高‌679‌億8900万円

やまびこ=永尾慶昭社長、東京都青梅市1―7―2=は8月12日、2020年12月期第2四半期の連結業績(2020年1月1日~6月30日)を発表した。売上高は679億8900万円(対前年比4.4%増)、営業利益は60億4100万円(同16・0%増)、経常利益は59億9200万円(同23・5%増)、四半期純利益は41億2800万円(同9.4%増)だった。《セグメント別業績》【小型屋外作業機械】売上高は4...

やまびこの20年12月期第2四半期決算 売上高‌679‌億8900万円
2020/08/24

やまびこの新ダイワマルチ発電機 一台であらゆる電源に対応

災害時に心配なのが停電。酪農や施設園芸などは電気を使った自動化が進んでおり、こうした場合の備えは必要だ。そこで紹介したいのが、やまびこ(永尾慶昭社長)が新ダイワブランドより発売しているマルチ発電機シリーズだ。三相と単相3線を切り替えることなく同時出力が可能。良質な電気を安定的に供給できることから停電対策としてうってつけといえる。

やまびこの新ダイワマルチ発電機 一台であらゆる電源に対応
2020/06/08

やまびこの作業性を更に追求した共立新型刈払機シリーズ

面倒な草刈り作業を手際よく行いたい――。こうした声に応えて好評を得たのが、やまびこ(永尾慶昭社長)の刈払機シリーズだ。共立の今シーズンモデルとして排気量22・8㎤のSRE2430シリーズ、排気量25・4㎤の同2730シリーズ、プロ向け山林作業向きの同2730Pシリーズを発売。草刈り作業の本格シーズンを前に注目を集めている。

やまびこの作業性を更に追求した共立新型刈払機シリーズ
2020/05/18

やまびこ '20 年12月期第1四半期決算 売上高 6.4 %増

やまびこ=永尾慶昭社長、東京都青梅市=は5月13日、2020年12月期第1四半期の連結業績(2020年1月1日~3月31日)を発表した。 売上高は318億7100万円( 対前年比6.4%増)、営業利益は23億9000万円(同32・1%増)、経常利益は22億9500万円(同29・2%増)、当期純利益は12億5300万円(同11・3%減)となった。 セグメント別業績は、小型屋外作業機械は216億420...

やまびこ '20 年12月期第1四半期決算 売上高 6.4 %増
2020/05/18

やまびこが新ダイワRAシリーズ発売 高性能で使いやすい 23・26 ㎤クラス新型刈払機

「共立」「新ダイワ」「エコー」ブランドの、やまびこ(永尾慶昭社長)は、新ダイワブランドから草刈りシーズンを前に、幅広いニーズに対応する新型刈払機RAシリーズを新発売した。排気量26㎤クラスの「RA3026」シリーズと23㎤クラスの「RA3023」シリーズで、刈った草の詰まりに強いエンジンを搭載し、軽量化を実現させたモデル。

やまびこが新ダイワRAシリーズ発売 高性能で使いやすい 23・26 ㎤クラス新型刈払機
2020/05/11

やまびこ人事異動、機構改革5月1日

やまびこ=永尾慶昭社長、東京都青梅市末広町1―7―2=は、このほど5月1日発令の人事異動と機構改革を発表した。内容は次の通り。()内は継続職、敬称略。【人事異動:発令日2020年5月1日】▽取締役専務執行役員経営企画担当兼管理担当・デジタル戦略室担当=久保浩(取締役専務執行役員経営企画担当兼管理担当)▽常務執行役員海外本部副本部長=北林孝明▽法規制推進室長・デジタル戦略室長=吉岡功(法規制推進室長...

やまびこ人事異動、機構改革5月1日
2020/04/20

やまびこが「N95マスク」4000枚 コロナ対策で青梅市へ寄贈

やまびこ(永尾慶昭社長)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、医療従事者等への感染防止に役立てもらうため、海外子会社エコー・インコーポレイテッドが販売している防塵用N95マスク「Disposable Dust Mask」4000枚を東京都青梅市に寄贈した。寄贈式などは行わず、本社で永尾社長が西多摩地域の中核病院を担う青梅市立総合病院の大友建一郎病院長に手渡した。 N95マスクはNIOSH(米国労...

やまびこが「N95マスク」4000枚 コロナ対策で青梅市へ寄贈
2020/04/13

人事異動・機構改革 やま びこ

やまびこ=永尾慶昭社長、東京都青梅市末広町1―7―2=は、3月27日付人事異動並びに4月1日付人事異動と機構改革を発表した。【3月27日付人事】▽取締役上席執行役員開発本部長・法規制推進室担当=澤田俊治(取締役上席執行役員開発本部長)▽執行役員サービス推進本部長・内部監査室担当=木村昌幸(執行役員サービス推進本部長)【4月1日付人事】▽取締役上席執行役員開発本部長兼法規制推進担当・開発本技術管理部...

人事異動・機構改革 やま びこ
2020/04/06

やまびこ新経営陣容

やまびこ=東京都青梅市末広町1―7―2=は3月27日、定時株主総会で役員の選任を行い、その後の取締役会で経営陣容を決定した。経営陣容は次の通り。【取締役】▽代表取締役=永尾慶昭▽同=田﨑隆信▽取締役=久保浩(新任)▽同=林智彦▽同=澤田俊治▽同(社外)=山下哲夫▽同(同)=佐野廣二。【執行役員】▽社長執行役員=永尾慶昭*▽副社長執行役員・営業担当兼海外本部長兼エコー・インコーポレイテッド会長=田﨑...

やまびこ新経営陣容
2020/04/06

やまびこがお試しキャンペーン実施中 各地区毎に応じて製品厳選

やまびこ(永尾慶昭社長)は、3月1日~8月31日まで「ご当地別TRY!お試しキャンペーン」を実施している。キャンペーンチラシに必要事項を記入して店頭またはFAXで申し込めば、やまびこ製品を試用することができるというもの。地域限定製品も用意されており、作業性が向上した新機能を体感する絶好の機会として、今年も好評を得ている。

やまびこがお試しキャンペーン実施中 各地区毎に応じて製品厳選
2020/03/09

高い作業性で好評 やまびこの共立新型刈払機シリーズ

面倒な草刈り作業を手際よく行いたい――。こうした声に応えて好評を得たのが、やまびこ(永尾慶昭社長)の刈払機シリーズだ。今シーズンモデルとして排気量22・8㎤のSRE2430シリーズ、排気量25・4㎤の同2730シリーズ、そして、プロ向け山林作業向きの同2730Pシリーズを発売。草刈り作業の本格シーズンを前に注目を呼んでいる。

高い作業性で好評 やまびこの共立新型刈払機シリーズ
2020/02/29

やまびこが中期経営計画2020」を発表 22年12月期1340億目標

やまびこ=永尾慶昭社長、東京都青梅市末広町=は2月12日、2020年12月期を初年度とした「中期経営計画2022」を発表した。これまでの基本方針を継続しつつ、各事業の確固たる位置づけの確立、新たな価値創造への挑戦、更なる経営基盤の強化・企業価値の向上を掲げた。2020年の売上目標は1340億(対2019年実績比10.8%増)。

やまびこが中期経営計画2020」を発表 22年12月期1340億目標
2020/02/17

やまびこ2019年 12 月期決算 売上高は 1209 億 2200 万円

やまびこ=永尾慶昭社長、東京都青梅市末広町1―7―2=は2月12日、2019年12月期連結業績(2019年1月1日〜2019年12月31日)を発表した。売上高は1209億2200万円(前期比2.4%増)、営業利益は62億300万円(同1.4%減)、経常利益は59億1700万円(同0.7%減)、当期純利益は41 憶6400万円(同0.6%減)だった。

やまびこ2019年 12 月期決算 売上高は 1209 億 2200 万円
2020/01/27

やまびこが本社で造園緑化機械展 「エコー50V」を体感

やまびこ(永尾慶昭社長)の販売会社・やまびこジャパン東日本支社は1月17・18日、東京青梅市のやまびこ本社特設会場で、「造園緑化機械展示会」を開催した。昨年発売し好評のエコー50Vバッテリーシリーズの新商品をはじめ、最新のやまびこ山林・緑地管理用製品が勢揃い。開始前から来場客が押し寄せる盛況ぶりで、幸先の良いスタートとなった。

やまびこが本社で造園緑化機械展 「エコー50V」を体感
2019/12/09

やまびこ2020年向け新製品 チェンソー・刈払機ほか、50V軽量トップソーも登場

「共立」「新ダイワ」「エコー」ブランドを持つ、やまびこ=永尾慶昭社長、東京都青梅市末広町1―7―2=は、全国6カ所で開催された地区別代理店会議で、2020年新製品を発表した。その中から今回は、東日本支社が開催した「やまびこ関東甲信越地区代理店会議」で行った新製品発表会で紹介されたエコー・共立ブランドの新製品を紹介する。 【50Vバッテリトップソー/BCS510T】エコーブランドDC50Vシリーズに...

やまびこ2020年向け新製品 チェンソー・刈払機ほか、50V軽量トップソーも登場
2019/12/02

やまびこ、地区別代理店会議を開催 20年新商品を発表、刈払機やチェンソー等続々

やまびこ=永尾慶昭社長、東京都青梅市末広町1―7―2=は「2019年度やまびこ地区別代理店会議」を全国6地区で開催。参加店舗数478、来場者481名を記録した。その中で11月6日の関東甲信越地区代理店会議を取材。138店舗139名が参加した中、永尾社長が今後の事業展開を述べたほか、林智彦取締役常務執行役員営業本部長が営業方針、大森亮人やまびこジャパン取締役東日本支社支社長が関東甲信越地区の営業方針...

やまびこ、地区別代理店会議を開催 20年新商品を発表、刈払機やチェンソー等続々
  1  2  3  >>