農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 業界動向

業界動向

新しい順  古い順
2020/10/19

【カーボン・オフセットで森づくり60】南富良野町 イトウが棲む環境に

「当面の目標は町内への周知。森林整備やクレジットに関する理解の向上を目指したい」と産業課林政係の柴崎祐一郎主任技師。北海道のほぼ中央に位置し、総面積の約90%が森林の南富良野町は〝山づくりは町づくり〟を掲げ、林業と環境が調和した町づくりを進めている。環境省のオフセット・クレジット(J―VER)は平成24年に発行。これも町の財産である森林に付加価値を付けたいとの思いからだ。町の基幹産業において、生産...

【カーボン・オフセットで森づくり60】南富良野町 イトウが棲む環境に
2020/10/19

四国発明表彰受賞 井関農機「さなえピタ植え」など

井関農機(冨安司郎社長)は令和2年度の四国発明表彰(公益社団法人発明協会主催)において、日本弁理士会会長賞に「田植機の圃場端植え制御」が、また発明奨励賞に「田植機の旋回時サイドクラッチ入切制御」と「乗用モアのコレクタのクイックドッキング」が、実施功績賞(日本弁理士会会長賞)に「田植機の圃場端植え制御」がそれぞれ選ばれた。

四国発明表彰受賞 井関農機「さなえピタ植え」など
2020/10/19

協和がハウス内環境を計測 光合成・蒸散を見える化

協和ハイポニカ事業本部=大阪府高槻市郡家新町85―1=は、ハウス内の植物の光合成速度を計測し、パソコンや携帯端末でリアルタイムに把握できるシステム「Photosynthesis Cell(通称:フォトセル)」を愛媛大学、豊橋技術科学大学、PLANT DATAと共同で開発した。植物の蒸散速度も同時に計測できる。ハウス内環境の状況や環境制御効果を「見える化」することで、栽培管理を効果的に行うことができ...

協和がハウス内環境を計測 光合成・蒸散を見える化
2020/10/19

オーレックのブランド発信拠点 1周年記念イベント開催

〝草と共に生きる〟をブランドコンセプトに掲げる、オーレック=今村健二社長、福岡県八女郡広川町日吉548―22=は、都市型ブランド発信拠点、「OREC greenlab福岡」を福岡市赤坂1―13―1にオープン。10月31日で1周年を迎え、記念イベントを期間限定で開催する。 「OREC greenlab福岡」は、〝農や食〟に関連するヒト・モノ・コトとの出会いの場を提供する都市型ブランド発信拠点として開...

オーレックのブランド発信拠点 1周年記念イベント開催
2020/10/19

和同産業が果樹研修会でデモ ロボット草刈機「クロノス」

和同産業=照井政志社長、岩手県花巻市実相寺410=はロボット草刈機「KRONOS(クロノス)/MR―300」のデモ走行を積極的に行っている。10月5日には群馬県農業技術センター中山間地園芸研究センターで、地元農家など約80名が参加して行われた「令和2年度群馬県園芸協会果樹部会研修会」において、果樹栽培におけるスマート農業技術として紹介されて自動草刈り作業を実演。同機のポイントなどを説明した。 同社...

和同産業が果樹研修会でデモ ロボット草刈機「クロノス」
2020/10/19

ちくし号農機の新社長に亀山真吾氏 牛尾威美社長は会長に

ちくし号農機製作所=福岡県糟屋郡宇美町井野29ー3=は役員異動を行い、専務取締役の亀山真吾氏が代表取締役社長に就任、牛尾威美社長は取締役会長に就任した。就任日は9月11日。 ▽代表取締役社長=亀山真吾(専務取締役)▽取締役会長=牛尾威美(代表取締役社長)。《敬称略》

ちくし号農機の新社長に亀山真吾氏 牛尾威美社長は会長に
2020/10/19

やまびこが青梅市などと協定 市内の里山整理・活用に協力

「共立」「新ダイワ」「エコー」ブランドを持つ、やまびこ=永尾慶昭社長、東京都青梅市末広町1―7―2=は、東京都青梅市(浜中啓一市長)ならびに青梅きのこ生産振興会(内沼秀夫会長)と共同で、青梅市内の里山整備と活用に関する協定を9月30日に締結したと発表した。 協定は、連携・協力による取組みの実施により、市内の放置林(広葉樹林)の再生、森林の公益的機能の向上を図り、山林の荒廃による獣害、自然災害を未然...

やまびこが青梅市などと協定 市内の里山整理・活用に協力
2020/10/19

セミナーにも多数 第10回農業Week開催

第10回農業Weekが、千葉市の幕張メッセで開催され、初出展の110社を加えた約500社が出展し、農業のための技術・資材を展示、また各種セミナーが開かれ、それを目指して多くの来場者が訪れ、活況だった。来場者数は前年の7割くらいではないかと思われたが、コロナ禍の中も来場する人達の関心の高さに驚いた。 今回もスマート農業の未来をテーマにセミナーが開かれ、クボタの特別技術顧問工学博士・飯田聡氏、トヨタ自...

セミナーにも多数 第10回農業Week開催
2020/10/19

静岡製機が新型乾燥機TCZシリーズ発表 今のニーズ捉えたプロ仕様と自給農家仕様

静岡製機=鈴木直二郎社長、静岡県袋井市=は10月8日、新製品発表会を開催し、新型乾燥機『TCZ』を発表した。出荷開始は令和3年1月初旬。今回発表したのは、生産者の大規模化に対応し耐久性を大幅に向上させた担い手向け「TCZ―Lシリーズ」(30~50石)20モデルと、限られたスペースに従来機種より容量の大きい機種の設置も可能にした自給的農家向け「TCZ―Mシリーズ」(18~30石)30モデル。Lシリー...

静岡製機が新型乾燥機TCZシリーズ発表 今のニーズ捉えたプロ仕様と自給農家仕様
2020/10/19

日立建機がミニショベル発売 中国市場向け土木専用機

日立建機=平野耕太郎執行役社長、東京都台東区=の中国の現地法人である日立建機(上海)有限公司(本社:上海市浦東新区)は、ミニショベル土木専用機「ZX60C―5A(標準バケット容量0・21㎥、運転質量5.4t)」を中国市場向けに10月から発売。2020年度で400台の販売を見込んでいる。 日立建機の油圧ショベルは、中国市場においても製品の耐久性や操作性などの品質や性能について高い評価を得ている。また...

日立建機がミニショベル発売 中国市場向け土木専用機
2020/10/19

MS261シリーズ好評 ハイグレードなプロソー

ハイグレードなプロモデルチェンソーとして愛用されているのが㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=のMS 261シリーズだ。排気量は50・2㎤と林業のプロフェッショナル作業に最適。質量4.9㎏(MS 261 C―M)、出力も3.0‌kWと軽量、高出力で、伐倒・造材・枝払いと様々な作業に使える便利な1台だ。

MS261シリーズ好評 ハイグレードなプロソー
2020/10/19

イワフジ工業が新型ハーベスタ発売 送材性能が更に向上、高い耐久性のシンプル構造

イワフジ工業(川崎智資社長)から待望の新型ハーベスタが登場した。従来機のコンセプトである〝送材力と耐久性に優れたシンプル構造〟はそのままに、新開発のスパイククローラチェーンがこれまで以上に強力な送材を実現。測長精度の安定化を図るためにメジャリング機構をクローラ両側に内蔵するなど、トータル性能の更なる進化を遂げている。

イワフジ工業が新型ハーベスタ発売 送材性能が更に向上、高い耐久性のシンプル構造
2020/10/19

大気社の植物工場に高い評価 完全人工光型の水耕栽培

大気社=東京都新宿区西新宿8―17―1住友不動産新宿グランドタワー=は、完全人工光型、水耕栽培の植物工場「べジファクトリー」の普及を進め、10年が経過し、実績を高く評価されている。 同社が植物工場ビジネスに進出するのは、①持続可能な食糧生産システム②働き甲斐と経済成長③産業と技術革新の基盤を作る④食品ロスの減少と廃棄物の削減⑤気候変動に具体的な施策――といったことを目指し、SDGsに貢献し持続可能...

大気社の植物工場に高い評価 完全人工光型の水耕栽培
2020/10/19

鈴木油脂工業がアルキルグリコシド配合のウイルス除菌剤発売

鈴木油脂工業=鈴木隆夫社長、大阪市東淀川区下新庄1―8―32=は、ウイルス除去に有効な除菌剤「SYKアルキルグリコシド除菌剤」を発売した。ドアノブや事務机、ロッカーなど身近な除菌に適しているため、安全に使用できる。 一般的なアルコール除菌剤がエタノールを主成分とするのに対し、同商品は、「アルキルグリコシド0・1%」が主成分。

鈴木油脂工業がアルキルグリコシド配合のウイルス除菌剤発売
2020/10/19

ETG Japanの好評な静電噴霧器 農業Weekで高い期待

ETG Japan=東京都大田区大森北1―1―5=は、10月14~16日に開催された農業Weekに「18Vコードレス 静電噴霧器」などを出展、好評だった。 「18Vコードレス 静電噴霧器」は、消毒剤、清浄液、除草薬、殺虫剤、殺菌剤が使用可能な充電式。噴霧器の粒子に静電気を帯電させ、静電気の力で対象物に付着させることにより効果を高め、噴霧液使用量を減らすことが可能。

ETG Japanの好評な静電噴霧器 農業Weekで高い期待
2020/10/19

自動運転で効率作業 XAG JAPANが農業用無人車を初披露

ⅩAG JAPAN==住田靖浩代表取締役、兵庫県小野市広渡町818=はこのほど、幕張メッセで開催された農業Weekに出展し、自動運転で農薬散布から収穫した作物の運搬まで、幅広い作業を行う農業用無人車「R150」(国内初披露)と、同社の主力となる自動航行ドローンを紹介した。 新製品となる無人農業車「R150」は、農業や林業、果樹園、伝染病の予防などさまざまな分野で現場のニーズに合わせた効率的な作業に...

自動運転で効率作業 XAG JAPANが農業用無人車を初披露
2020/10/19

新商品ほか、内容充実 ヤンマーアグリジャパンがオンライン展示会第2弾

ヤンマーアグリジャパンは(渡辺丈社長)は、10月14日、ヤンマーホームページ内に期間限定のオンライン農業機械展示会「YANMAR ONLINE EXPO~Autumn/Winter/Spring~」を公開した。 主なコンテンツは、新商品、トラクター・ベストマッチ作業機、コンバイン、密苗・田植機、ジョンディア、輸入作業機、スマート農機、ミニ耕うん機、野菜関連機器などの各商品紹介コーナーに加え、密苗講...

新商品ほか、内容充実 ヤンマーアグリジャパンがオンライン展示会第2弾
2020/10/19

松本システムエンジニアリングのグラップル作業も可能な新型ロングアーム伐倒機

ハーベスタ「トリケラ」が話題の松本システムエンジニアリング(松本良三社長)が、新たな高性能林業機械の発売に向けて準備している。その名は「ブラキオEX」。ロングアーム伐倒機で、従来機のように建機本体の改造は不要。ベース機のアーム先端に取り付けるだけでロングアーム機になるのが最大の特長で、伐倒現場の安全性を向上させる新兵器となりそうだ。

松本システムエンジニアリングのグラップル作業も可能な新型ロングアーム伐倒機
2020/10/19

ヤンマーアグリが来期向け新製品2機種 4条コンバイン11月、可変施肥田植機来春発売

ヤンマーアグリ(増田長盛社長)は、施肥マップデータに基づき施肥量を自動でコントロールする密苗直進アシスト田植機可変施肥仕様「YR8D、XVTSD」を明年3月1日から、中規模担い手農家向けに基本性能と使いやすさを両立させ、更に整備性の良さや安全性にこだわったコンバイン「YH3/4A」シリーズを11月1日から発売する。価格は全て税別表記。

ヤンマーアグリが来期向け新製品2機種 4条コンバイン11月、可変施肥田植機来春発売
2020/10/19

報農会が第35回功労賞決定

報農会(田付貞洋理事長)は第35回功労賞の受賞者を決めた。 ▽里見健男氏(住友化学工業、農薬工業会等)=新しい作用性を持つ殺菌剤や殺虫剤の開発・普及に関与。農薬工業会事務局長として会の運営及び業界の発展に尽力。 ▽瀬﨑滋雄氏(奈良県農業試験場、県園芸農産課、病害虫防除所等)=農薬残留分析業務に従事し、特に有機塩素系農薬の土壌汚染対策に寄与。違法農薬流通の対策指導に尽力。病害虫発生予察事業に従事し、...

報農会が第35回功労賞決定
  1  2  3  4  5  6  7  >>