農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > サタケ、国際海事展出展4月20~22日

サタケ、国際海事展出展4月20~22日

サタケ、国際海事展出展4月20~22日
サタケ(松本和久社長、広島県東広島市西条西本町2―30)は、商船三井テクノトレード(八田宏和社長、東京都千代田区神田錦町2―2―1)と共同で、4月20日~22日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「Sea Japan 2022(主催:インフォーマ マーケッツジャパン)」に、バラスト水検査機器を出展・実演する。出展ブース番号は5C―21。
 4年ぶりの開催となる「Sea Japan 2022」は、国内最大の国際海事展。業界関係者が多数来場する同展示会には、国内外の海事関連企業が最新の技術・サービスを展示する。
 バラスト水生物検査装置「BALLAST EYE(バラストアイ)」は、バラスト水に生存するL、S両サイズ※の動植物プランクトンの生物個体数を1台で測定する装置。長年の分析機器開発で培った技術を応用して2014年にサタケが独自に開発。持ち運びが容易なコンパクトサイズで、検査時間は15分と簡単・迅速・高精度な検査が可能となっている。また、2020年1月にアメリカ船級協会からバラスト水の簡易分析装置としての製品設計評価証明(PDA Certificate)を取得、各国の監督官庁や検査機関等で評価されている。
 同製品は、2017年の「バラスト水管理条約」の発効や、バラスト水処理装置搭載時の試運転試験の義務化により、国内外の検査会社、造船会社などからの問い合わせや採用が活発化している。今後も、バラスト水処理装置の試運転試験や寄港国検査、国際航海に従事する船舶の自主検査用機器として利用を見込んでいる。
 今回サタケは、ブース出展に加え「バラスト水生物検査機器と最近の国際動向」と題して出展社プレゼンテ―ションを行う。なお、出展ブース番号は5C―21、開催時間は午前10時から午後5時まで。※最小径50マイクロメートル以上がLサイズ。最小径10マイクロメートル以上50マイクロメートル未満がSサイズ。
【展示会の概要】▽名称=Sea Japan 2022▽会期=2022年4月20日(水)~22日(金)10時~17時▽会場=東京ビッグサイト東5・6ホール▽主催=インフォーママーケッツジャパン▽出展対象=造船、舶用機器、その他。
【サタケの出展内容】(ブース番号:5C―21)▽展示機種=①バラスト水生物検査装置「BALLAST EYE(バラストアイ)」実演展示▽製品の概要=バラスト水管理条約のバラスト水排出基準(D―2基準)で規定されている、最小径が50マイクロメートル以上(Lサイズ)と、最小径が10マイクロメートル以上50マイクロメートル未満(Sサイズ)の生物個体数を簡単・迅速・高精度に推定。約15分で結果が得られる。
 ②バラスト水生物濃縮装置「BALLAST CATCH(バラストキャッチ)」展示のみ▽製品の概要=最小径が50マイクロメートル以上(Lサイズ)の生物個体数を検査するため、サンプル水を必要な量に濃縮できる、簡単・小型・軽量かつ電源不要な装置。
【プレゼンテーションの概要】▽テーマ=「バラスト水生物検査機器と最近の国際動向」▽会期=2022年4月21日(木)14時20分~14時50分▽会場=出展社プレゼンテーション会場B▽会費=無料▽定員50席。

関連記事

やまびこ JLCチャンピオン 今井選手とアンバサダー契約

やまびこ JLCチャンピオン 今井選手とアンバサダー契約

KSASとレイミーのAI病害虫雑草診断  システム連携へ モニターテスト開始 クボタと日本農薬

KSASとレイミーのAI病害虫雑草診断 システム連携へ モニターテスト開始 クボタと日本農薬

つり上げ能力75t 新開発クローラクレーン コベルコ建機

つり上げ能力75t 新開発クローラクレーン コベルコ建機

苗箱洗浄プラント 1時間1000枚の高能率 斎藤農機

苗箱洗浄プラント 1時間1000枚の高能率 斎藤農機