農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > SAXES 6インチ籾摺機 SRZ6000X新発売 3月1日から大規模生産者向けに

SAXES 6インチ籾摺機 SRZ6000X新発売 3月1日から大規模生産者向けに

サタケ(松本和久社長)は、大規模農家や営農法人などの大規模生産者向け製品ブランド「SAXES(サクセス)」シリーズに、機能性や操作性などを向上させた新型6インチ籾摺機「SRZ6000X」(処理能力は2100~2700㎏/h)を追加し3月1日、発売する。出荷予定は5月。本体希望小売価格は407万円(10%税込)。年間販売計画は200台。

 サタケ=広島県東広島市西条西本町2―30=の『SAXES』は、耐久性や機能性、操作性、デザイン性などを高めた大規模生産者向け調製機械のブランドで、遠赤外線乾燥機、籾摺機、光選別機がラインアップ。2018年のブランド立上げ以来、多くのユーザーから高い評価を得て好調な販売につながっている。
 今回、新発売する6インチ籾摺機『SRZ6000X』は、『SAXES』のブランドイメージを保持し、従来機『NPS6000CK』と比べ、機能性や操作性、メンテナンス性を向上。大型化、多様化する大規模生産者の要望や期待に応えた製品となっている。
 ※「6インチもみすり機」の6インチとはゴムロールの幅寸法を表す。
【主な特長】①Wi―Fi通信機能搭載(名称:サクセススマートコネクト)=光選別機とのWi―Fi通信が可能。光選別機(SAXES Knight)が玄米中の籾混入率が高いと判断した場合や、SAXES Knightがエラーにより停止した場合に、籾摺機(SRZ6000X)が自動的に循環運転に切り替わる。
 ②残留米清掃時の自動排出制御=▽自動制御化により機内残留量の低減や排出時間を短縮▽機内清掃手順をタッチパネルにガイド表示。
 ③運転状況のLED表示=▽LED表示色の違いにより運転状況が視認でき、運転監視や問題発生時の迅速な対応が可能。
 ④選別部のLED照明=高照度のLEDを選別板上に設置し選別状態の視認性が向上⑤操作部にタッチパネル採用=アニメーション表示により操作手順・運転状況を視覚的に把握可能⑥選別板角度調整の電動化=「角度調整センサ」と「角度調整モータ」を搭載。タッチパネルで角度調整が可能⑦ロール点検窓のLED照明=ロール点検窓からロールの摩耗状態の視認性が向上⑧主軸にレッドロール採用=耐摩耗性に優れたレッドロールの採用によりロール入替え作業の低減⑨高耐久性部品の採用=駆動部に耐久性に優れたハイグレードのVベルトを使用。
【SRZ6000Xの主な仕様】▽処理能力(玄米)=2100~2700㎏/h▽所要動力=三相200V6・95‌kW、単相200V0・035kW▽ゴムロール=統合型大径152・4㎜(6インチ)▽ロール間隙調整=自動▽タッチパネル操作盤=あり▽自動循環排出切換整=あり▽混合米揚穀=昇降機▽精品(玄米)揚穀=昇降機▽選別方式(選別板枚数)=揺動選別(12枚)▽籾殻搬送能力=最大20m(ライト管・鋼管水平時)▽外形寸法=幅2580×高さ2840×奥行き1380㎜▽機体質量=750㎏。

関連記事

新型の「食品洗浄機」 タイガーカワシマがFOOMA2024で初披露

新型の「食品洗浄機」 タイガーカワシマがFOOMA2024で初披露

山本製作所 ライスセンターの話題 YouTubeで配信

Jアグリ九州、農業に力 課題解決のヒントが集結 

Jアグリ九州、農業に力 課題解決のヒントが集結 

山形県南陽市でアグリロボ田植え グランド ハイアット 東京が体感 スマート農機のSDGs

山形県南陽市でアグリロボ田植え グランド ハイアット 東京が体感 スマート農機のSDGs