農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > GPEC

GPEC

新しい順  古い順
2021/08/23

養液管理を遠隔監視 クラウドサービスを提案 ~セムコーポレーション~

セムコーポレーション=中川士郎社長、東京都文京区本駒込=は、GPECin愛知に出展し、水耕栽培機「らくらく肥料管理機4」と1台でECとpHと温度の測定が可能な水質監視モニター「PCE―12M」を展示・紹介した。工業用の排水処理技術に定評のある同社だが、農業分野でもハウス栽培の排液処理、植物工場の養液管理に加え、複合制御盤でイチゴやトマト等の栽培現場で導入事例が広がっており、今回の最新ハウス見学ツア...

養液管理を遠隔監視 クラウドサービスを提案 ~セムコーポレーション~
2021/07/19

日本施設園芸協会がGPECin愛知開催 3日間で1万6000人超が来場

日本施設園芸協会(鈴木秀典会長)主催の施設園芸・植物工場展(GPEC)2021が7月14日~16日の3日間、Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で行われた。今回で6回目となる同展示会は「未来につなげるNIPPON農業」をテーマに、初の愛知県での開催。また、コロナ禍で1年延期して、感染対策を徹底する中で満を持しての開催となった。開会式の冒頭、鈴木会長が挨拶し、「地元愛知を中心に初出展の企...

日本施設園芸協会がGPECin愛知開催 3日間で1万6000人超が来場
2021/07/19

ヤンマー4社合同で出展 GPECで新技術披露

ヤンマーホールディングス(山岡健人社長)と、そのグループ会社であるヤンマーアグリジャパン、ヤンマーグリーンシステム、ヤンマーエネルギーシステムは、このほどAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で開催された「施設園芸・植物工場展(GPEC)」(主催:一般社団法人日本施設園芸協会)に共同出展した。 同展のメインストリートに配置されたヤンマーブースでは、果物などの糖度・サイズを高精度に計測・選...

ヤンマー4社合同で出展 GPECで新技術披露
2021/07/19

アイメックなど先端技術 クボタアグリサービス「GPEC」で紹介

クボタアグリサービス(飯塚智浩社長)は先頃、愛知県のAichi Sky Expoで開催された「施設園芸・植物工場展(GPEC)」に出展、同社の展開する施設園芸事業を紹介した。 同社アグリソリューション推進部施設企画課では、一から施設栽培を始める農家や企業に、栽培からハウスまで一連を提案している。今回の出展ブースでは、フィルム栽培システム『アイメック栽培』、ポット養液栽培システム『ANSポット栽培』...

アイメックなど先端技術 クボタアグリサービス「GPEC」で紹介
2021/07/05

7月14~16日、施設園芸・植物工場展開幕 125社・団体が出展、収量・品質向上技術を紹介

6回目となる「施設園芸・植物工場展(GPEC)」が7月14日㈬~16日㈮の3日間、愛知県常滑市のAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)ホールBで開幕する。主催は一般社団法人日本施設園芸協会(鈴木秀典会長)。今回は125社・団体が出展し、これからの施設園芸・植物工場に必要な技術・資機材が紹介される(関連記事3~7面)。

7月14~16日、施設園芸・植物工場展開幕 125社・団体が出展、収量・品質向上技術を紹介
2021/06/28

GPECin愛知迫る 農業の未来に触れる機会 ~施設協~

日本施設園芸協会(鈴木秀典会長)は、7月14~16日の3日間、AichiSkyExpo(愛知県国際展示場)ホールBで「施設園芸・植物工場展2021(GPEC)」を開催する。これに先立ち、記者発表会を6月16日に都内で行った。 同展は国内唯一の「施設園芸」と「植物工場」の二分野に特化した専門展示会として今年で6回目。コロナ禍の影響で1年間の延期を経て3年ぶり、そして初の愛知県での開催となる。全国から...

GPECin愛知迫る 農業の未来に触れる機会 ~施設協~
2021/06/21

ヤンマーHDとヤンマーグループがGPECに共同出展

ヤンマーホールディングス(山岡健人社長、大阪市北区)およびそのグループ会社であるヤンマーアグリジャパン、ヤンマーグリーンシステム、ヤンマーエネルギーシステムは、7月14日(水)から16日(金)まで、Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で開催される「施設園芸・植物工場展(GPEC)」(主催:一般社団法人日本施設園芸協会)に共同で出展する。

ヤンマーHDとヤンマーグループがGPECに共同出展
2021/06/14

GPEC7月開催へ 変化に柔軟に対応し運営 ~施設協総会~

日本施設園芸協会(鈴木秀典会長)は令和3年度定時総会を6月4日、東京都千代田区のKKRホテル東京で開催した。 総会は、新型コロナウイルス感染防止の観点から委任状や議決権行使書の提出など運営を簡素化して実施された。 冒頭、鈴木会長が挨拶し、「政府の緊急事態宣言は6月20日まで延長され、オリンピック・パラリンピック開催について色々と取り沙汰されているが、当協会も7月にGPEC開催を控えている。コロナ禍...

GPEC7月開催へ 変化に柔軟に対応し運営 ~施設協総会~
2018/07/02

施設園芸・植物工場展特集

第5回の「施設園芸・植物工場展」(GPEC」)が7月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開幕する。これには国内外から234の企業・団体が出店するが、特筆されるのはこのうち初出展が63社にも及んでいることだ。出展は間k等制御関連が前回と比べ出展者が倍増するなど施設園芸のあらたな技術が提案される。 そこで、今回の特集では、同展示会のみどころや主催者の挨拶、施設園芸の現状などを紹介した。

施設園芸・植物工場展特集
2018/06/25

ササキがGPECで最新製品 木質ボイラーや電動作業機

ササキコーポレーション(佐々木一仁社長)は、東京ビッグサイトで開催される「施設園芸・植物工場展2018(GPEC)」に出展。生チップやペレットが使用できる「キャップファイヤー『匠』」や「Firewood Boiler」などの木質バイオマスボイラーを展示。また、農研機構ブースで新発売した電動リモコン作業機「スマモ」を出展する。

ササキがGPECで最新製品 木質ボイラーや電動作業機
2018/04/23

GPEC出展説明会 「見える!穫れる!稼げる!」

施設園芸・植物工場展2018(GPEC、主催:(一社)日本施設園芸協会)は、4月17日、東京都千代田区の全日通霞が関ビルで出展者説明会を開催した。 はじめに日本施設園芸協会の篠原温会長が「環境制御による単位当たり収量をアップすることを展示会の目玉にしたい。各出展者がもつ特長を活かし、効率的な生産に役立つ資機材を紹介して欲しい」と挨拶。その後、展示会の会期や出展までの流れ等を担当者が説明した。

GPEC出展説明会 「見える!穫れる!稼げる!」