農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 農業女子

農業女子

新しい順  古い順
2021/01/04

井関農機が農業女子応援PJ 農機セミナーを長崎で開催

井関農機は昨年12月15日、「夢ある〝農業女子〟応援プロジェクトin九州」を、長崎県農林技術開発センター(諫早市)で開催した。ヰセキグループは、農林水産省の「農業女子プロジェクト」に参画し、その一環として開催。女性農業者を対象とした農業機械取扱いセミナーを全国各地で実施し、31回目の開催となる。今回の主催は、長崎県とヰセキ九州。 目的は「農業女子プロジェクト」に参加する女性農業者に、農業機械やスマ...

井関農機が農業女子応援PJ 農機セミナーを長崎で開催
2020/12/21

ⅠSEKI×農業女子、オンライン座談会を開催

井関農機は第3回農業女子オンライン座談会を開催した。同社は農林水産省の「農業女子プロジェクト」に参画しているが、これもその活動の一環。 はじめに、井関農機の縄田幸夫常務が挨拶。「コロナ禍において食を支える生産者の皆様は、社会生活の維持に欠かせない〝エッセンシャルワーカー〟です。現在、飲食店を中心とした外食需要が減少する一方、巣ごもり消費による内食・中食の需要が拡大しております。また、天候不順による...

ⅠSEKI×農業女子、オンライン座談会を開催
2020/12/07

取組広がる農業女子PJ 勉強会などを開催、800名超がプロジェクト参加

農水省は11月25日、省内の講堂で第9回農業女子プロジェクト推進会議を開催した(本紙一部既報)。 農業女子プロジェクトは女性農業者の知恵を様々な企業の技術、ノウハウ、アイデアなどと結びつけ、新たな商品やサービス、情報を社会に広く発信。社会全体での女性農業者の存在感を高め、経営力の向上を図り、職業としての農業を選択する若手女性の増加を目指す取組。当日は各地の農業女子から第7期の活動報告のほか、農水省...

取組広がる農業女子PJ 勉強会などを開催、800名超がプロジェクト参加
2020/11/30

ネットワーク強化へ 第9回農業女子PJ推進会議

農水省は11月25日、省内の講堂及びWeb会議システムを用いて、「第9回農業女子プロジェクト推進会議」を開催した。同プロジェクトは農水省が事務局となり、女性農業者の知恵と多様な企業等の技術・ノウハウを結びつけ、新たな商品やサービス、情報を創造し、社会に広く発信していくために発足したもので、現在は第7期にあたる。当日は葉梨農林水産副大臣も出席し、各メンバーの成果発表や取り組み事例の紹介に加え、参画企...

ネットワーク強化へ 第9回農業女子PJ推進会議
2020/08/11

農業女子×ISEKIオンライン座談会

井関農機(冨安司郎社長)は7月31日、農業女子メンバーに向け〝生産物の価値を高める〟ことをテーマに『オンライン座談会 農業女子×ISEKI』を実施した。スマート農業や6次産業化、土づくりなどの各テーマについて紹介し、農業女子メンバーと質疑応答・意見交換を行い、活発なオンライン座談会となった。 井関農機からは、縄田幸夫・取締役常務執行役員営業本部長、三輪田克志・夢ある農業総合研究所所長のほか同研究所...

農業女子×ISEKIオンライン座談会
2019/09/23

井関グループが夢ある農業女子応援プロジェクトで農機取り扱いセミナー開催

井関農機とヰセキ東北、ISEKIアグリは9月11日、宮城県農業・園芸総合研究所及び宮城県農業大学校で、女性農業者や新規就農者を対象とした県主催の「女性にと~ってもやさしい農業機械セミナー」に「夢ある農業女子応援プロジェクト」の一環として農機取扱セミナーを実施した。当日は、男性含む宮城県の農業者28名が参加した。

井関グループが夢ある農業女子応援プロジェクトで農機取り扱いセミナー開催
2019/09/02

女性向け農機紹介 岩手県全国農機展で初めて開催

農業における女性の参画が進む中、「女性が扱いやすい農業機械」をPRし広く知ってもらおうと、岩手県は23・24日の両日、農業女子向けに各メーカーが開発した機械の実演や展示を行うイベントを初めて開催した。県の呼びかけに応じたクボタ、井関農機、丸山製作所、やまびこジャパンの4社が参加。

女性向け農機紹介 岩手県全国農機展で初めて開催
2019/08/26

夢ある農業女子応援プロジェクト 「やまがた農業女ネットワーク」と井関農機

井関農機とヰセキ東北は8月6日、山形県農業総合研究センターで「夢ある農業女子応援プロジェクトin東北(山形)」を開催した。ISEKIグループは、農業に密接に関わる企業として、女性農業者(農業女子)の農業や農業機械について抱える疑問や課題について向き合い、解決・サポートしていくためのひとつとして、農機取扱いセミナーを実施している。

夢ある農業女子応援プロジェクト 「やまがた農業女ネットワーク」と井関農機
2019/02/11

井関農機とヰセキ関西中部 兵庫県で初の夢ある農業女子応援PJ

井関農機とヰセキ関西中部は1月31日、兵庫楽農生活センター(神戸市)で兵庫県初の「夢ある‘農業女子’応援Project in関西(兵庫)」を開催した。2013年発足のプロジェクトは毎年、全国各地で開催しており今回で27回目。このうち近畿は滋賀・和歌山・京都に次ぐ4回目で兵庫15名、大阪1名、滋賀・三重の各県1名の計18名が参加した。

井関農機とヰセキ関西中部 兵庫県で初の夢ある農業女子応援PJ
2018/11/26

アグリビジネス創出フェアで農業女子プロジェクトが紹介

農業女子プロジェクトは、11月20~22日、東京ビッグサイトで開催された「アグリビジネス創出フェア2018」に出展し、同プロジェクト参画企業の商品、取り組みなどの紹介を行った。 その内、ブース内では、井関農機は、〝わかりやすい、使いやすい、楽しい〟農業女子コラボ第三弾ヰセキ歩行型草刈機「プチもあ」、家庭菜園にもピッタリで、軽量・コンパクトなミニ耕うん機の「ちょこプチ」を展示。

アグリビジネス創出フェアで農業女子プロジェクトが紹介
2018/11/26

SDGsに取組み 農業女子プロジェクトは第6期へ

農水省は11月16日、同省講堂で「農業女子プロジェクト推進会議」を開催した。平成25年から始まった農水省主導で始まった同プロジェクトは女性農業者と企業が協同して新たな商品やサービス、情報を社会に広く発信することを目的として設立され、今年で5期目(5年目)を迎えた。 業界からは井関農機や丸山製作所が参画し、コラボ商品を開発、発売してきた。農業女子たちがこれまで培ってきた発信力をさらに活かし、第6期で...

SDGsに取組み 農業女子プロジェクトは第6期へ
2018/11/12

ジャパンハーヴェスト2018 丸の内農園で農業女子PJ出展

農水省は11月3~4日、丸の内仲通りで、食と農林漁業の祭典「JAPAN HARVEST 2018丸の内農園」を開催した。2012年から始まった同イベントは今年で7年目。秋の収穫祭の時期に、農業や食文化について、見て、触れて、体験して食の大切さや美味しさ、季節の移り変わりを写す食文化、農林水産物に携わる人々の想いを伝えたいという思いから開催されている。取材した3日は天気にも恵まれ、農産物の収穫や牛の...

ジャパンハーヴェスト2018 丸の内農園で農業女子PJ出展
2018/08/20

井関農機がスキルアップ研修会 青森県の女性農業者が参加

井関農機は7月27日、青森県営農大学校で、青森県が主催する「平成30年度農業女子スキルアップ研修会」で農機取扱セミナーを実施した。 開会の挨拶で青森県の成田澄人課長代理が挨拶し、「全国的に人口減少あるいは農業従事者の高齢化などが伴い、農業分野では担い手不足・労働力不足が課題となっている。それらの問題に向けて若い女性農業者のさらなる活躍が重要である。青森県ではこれまでも養豚分野の女性の仲間づくりのた...

井関農機がスキルアップ研修会 青森県の女性農業者が参加
2018/07/23

井関農機×東京農大×阿見町 産官学連携の農場女子PJ

井関農機とヰセキ関東は、昨年から東京農業大学と阿見町と連携し、農業女子プロジェクトでの産官学連携事業としてそば栽培の機械サポートを行っている。7日はそば栽培のための耕作放棄地の整地作業を予定していたが、前日の雨の影響により予定を変更し、ヰセキ関東ITSCで東京農業大学の学生を対象に、農機取扱セミナーを行った。

井関農機×東京農大×阿見町 産官学連携の農場女子PJ
2018/07/09

モンベルがレインウェア新製品を発表 農業女子の声を反映

モンベル=辰野勇代表取締役会長、大阪市西区新町2―2―2=は、「フィールドウエア・シリーズ」から農業女子の意見を取り入れた新製品を発売した。これにあわせ、6月26日、東京都大田区のTRC東京流通センターで発表・説明会を開催した。 同社は、農水省が進める「農業女子プロジェクト」に2013年第1期から参画。

モンベルがレインウェア新製品を発表 農業女子の声を反映
2018/06/11

井関農機夢ある農業女子PJin九州 鹿児島農業活性化へ

井関農機は29日、鹿児島県立鶴翔高等学校で「夢ある‛農業女子‘応援Project in 九州(鹿児島)」を開催した。今回で24回目だが、鹿児島県での開催は初。参加したのは、鹿児島県の女性農業者や鶴翔高等学校の女子学生ら17名と、同校の男子学生約40名。セミナーでは、トラクタや管理機・耕うん機の安全な操作方法など基本的なことを中心に座学や実習形式で実施した。

井関農機夢ある農業女子PJin九州 鹿児島農業活性化へ
2018/03/12

29年度WAP100は42経営体を認定 女性の活躍後押し

日本農業法人協会(山田敏之会長)は3月6日、東京都渋谷区の渋谷区文化総合セミナー大和田「伝承ホール」で平成29年度の農業の未来をつくる女性活躍経営体100選(WAP100)の表彰式を開催。平成29年度は42経営体が認定を受けた。 WAP100は2015年から始まった事業で、2017年度で最終年度となる。今年度を含め102経営体が認定されている。

29年度WAP100は42経営体を認定 女性の活躍後押し
2018/01/15

井関農機の農業女子PJコラボ商品第3弾 歩行草刈機2機種

井関農機(木下榮一郎社長)は、昨年12月、つくばみらい市の夢総研で2018年度上期新商品発表会を開催、計9品目18型式を発表した。 今回は、同社が農水省の推奨する「農業女子プロジェクト」に同発足当時から参画し、農業女子の意見を取り入れコラボ開発している企画商品の第3弾となる歩行型草刈機2型式を紹介する。価格は消費税込み。

井関農機の農業女子PJコラボ商品第3弾 歩行草刈機2機種
2017/12/18

井関農機が18年度上期新商品発表会を開催 農業女子コラボ商品第3弾や歩行草刈機プチもあなど

井関農機(木下榮一郎社長)は13日、つくばみらい市の夢総研で2018年度上期新商品発表会を開催した。 第1部は農場女子プロジェクト成果発表会(農業女子とのコラボ商品第3弾として歩行型草刈機も発表)、第2部は新商品発表会。当日は上月良祐・農林水産大臣政務官、佐藤一絵・就農女性課長、片庭正雄・つくばみらい市市長、農業女子2名も参加した。

井関農機が18年度上期新商品発表会を開催 農業女子コラボ商品第3弾や歩行草刈機プチもあなど
2017/10/09

「農業界にムーブメント!」異業種コラボの農業女子プロジェクト アグリビジネス創出フェアで発表

農水省が進める「農業女子プロジェクト」は今年で4年目。10月6日、東京ビッグサイトで開催されたアグロビジネス創出フェア2017で、「農業界にムーブメント!異業種コラボの農業女子プロジェクトを徹底解剖!」と題し、セミナーが行われた。 セミナーでは、農水省の取り組みや同プロジェクトに参加する企業がそれぞれ、現在の進捗状況を発表。また、同プロジェクトに参加したことによる成果についてパネルディスカッション...

「農業界にムーブメント!」異業種コラボの農業女子プロジェクト アグリビジネス創出フェアで発表
  1  2  >>