農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 丸山製作所

丸山製作所

新しい順  古い順
2021/09/06

丸山製作所役員人事12月12日付

丸山製作所=内山剛治社長、東京都千代田区内神田3―4―15=は、8月10日開催の取締役会で12月21日付け取締役人事の実施を決議した。同日開催予定の定時株主総会で承認を得て、正式に決定する予定。敬称略。《監査等委員である取締役候補》社外取締役監査等委員=関川隆志。

丸山製作所役員人事12月12日付
2021/05/10

丸山製作所の高精度で負担も軽減 ハイクリブーム GNSS 仕様

作業負担をより軽く、且つ高精度な防除作業を実現したい農家に紹介したいのが丸山製作所(内山剛治社長)のハイクリブーム「オートステアリング/スプレーガイダンス仕様」だ。ハイクリブームにGNSS衛星測位システムを活用することで安定した作業を実現。キャビン仕様(BSA―651/951C、同662/1062C)にラインナップされている。

丸山製作所の高精度で負担も軽減 ハイクリブーム GNSS 仕様
2020/10/12

丸山製作所のM―LINEラインナップ チェンソー、動噴他、基本性能重視の新シリーズ

丸山製作所=内山剛治社長、東京都千代田区内神田3―4―15=は、新ブランド「M―LINE」を立ち上げた。先週号でブランドコンセプト並びにスタートキャンペーン内容、新カテゴリ機(4チャンネルラジコン動噴、キャリー動噴、エンジン式高圧洗浄機)とフルモデルチェンジした背負動噴の特長などを掲載。今回はその他のブランド製品について紹介する。

丸山製作所のM―LINEラインナップ チェンソー、動噴他、基本性能重視の新シリーズ
2020/10/05

丸山製作所が新ブランド「M―LINE」スタートキャンペーン開始

丸山製作所=内山剛治社長、東京都千代田区内神田3―4―15=は、新ブランド「M―LINE」を立ち上げた。〝基本性能と価格を追求〟を開発コンセプトに、今まで販売してきた特別価格商品に3カテゴリを新たに加え、新ブランドとして42機種でスタート。その新ブランド周知のために『M―LINEスタートアップキャンペーン』を開催する。

丸山製作所が新ブランド「M―LINE」スタートキャンペーン開始
2020/09/07

丸山製作所の新社長に内山剛治氏 農業は未だ成長産業 〝協業〟キーワードに挑戦

丸山製作所=東京都千代田区内神田3―4―15=は、8月7日に取締役会を開催。10月1日付けで内山剛治氏の新社長就任を決定した。来年で創業126周年目を迎える同社。創業家に再びバトンが受け継がれ、伝統と実績を兼ね備えた会社をどのように進めていくか。就任に関する抱負、今後の事業方針などを伺った。 ――今の心境を。 「全く予想していなかっただけに驚いたのが正直な感想。同時に肩がグッと重くなり重責を感じた...

丸山製作所の新社長に内山剛治氏 農業は未だ成長産業 〝協業〟キーワードに挑戦
2020/08/11

丸山製作所の新社長に内山剛治氏

丸山製作所=東京都千代田区内神田3―4―15=は、8月7日開催の取締役会で代表取締役の異動および取締役、執行役員人事を決定した。取締役の選任については2020年12月22日開催予定の定時株主総会における承認を経て正式に決定する予定。【代表取締役の異動(10月1日発令)】▽代表取締役会長=尾頭正伸(代表取締役社長)。【新任代表取締役(10月1日発令)】▽代表取締役社長=内山剛治(常務取締役管理本部長...

丸山製作所の新社長に内山剛治氏
2020/08/03

きめ細かな果樹防除 丸山製作所の最新ステレオスプレーヤ

丸山製作所=尾頭正伸社長、東京都千代田区内神田3―4―15=が新型ステレオスプレーヤを3月に新発売。リンゴ・さくらんぼ等の立木から棚作まで幅広くカバーする「SSA―E602DX」と、24・7PSエンジン搭載で風量アップした「SSA―Z550」の2機種。共にきめ細かな防除作業を可能にする機能を搭載している。

きめ細かな果樹防除 丸山製作所の最新ステレオスプレーヤ
2020/06/15

丸山製作所の液剤散布新ドローン登場

丸山製作所=尾頭正伸社長、東京都千代田区内神田3―4―15=は、液剤散布用マルチローターの新機種として、「スカイマスターMMC1060(薬剤積載量5ℓ)」を発売した。今回の新製品は、余裕の5ℓ散布が可能で、散布の作業性が向上し、一回の飛行により5反歩の散布ができ、持ち運びが楽なことから、農家をはじめ幅広く期待を集めている。

丸山製作所の液剤散布新ドローン登場
2020/05/18

丸山製作所が熊本営業所を移転

丸山製作所=尾頭正伸社長、東京都千代田区内神田3―4―15=は、新型コロナウイルス感染症対策支援として、同社製品のフェイスガードシート300枚、人力噴霧機「MH10A」35台を、千葉工場などがある東金市に寄付した。一日も早い感染拡大の収束と社会経済活動の回復に向け、同社グループの総力をあげて貢献したいとしている。 また、同社はサービスの一層の向上と機能充実を図るため、熊本営業所を下記住所に新設し、...

丸山製作所が熊本営業所を移転
2020/05/11

丸山製作所 18・3mの散布幅、1000ℓハイクリブーム

丸山製作所(尾頭正伸社長)の最新ハイクリブーム「BSA1062C」シリーズが、ほ場で活躍している。散布幅18・3mブームを採用した畑作専用機。ピタットアームとアキュームレータのセットで高速散布時もブームの幅を大幅に抑制したほかパネル上でさまざまな情報を確認できる新型ディスプレイを採用した薬剤タンク1000ℓクラスだ。

丸山製作所 18・3mの散布幅、1000ℓハイクリブーム
2020/02/03

丸山製作所 果樹防除に大活躍の新型ステレオスプレーヤ

丸山製作所=尾頭正伸社長、東京都千代田区内神田3―4―15=が新型ステレオスプレーヤを3月から新発売する。リンゴ・さくらんぼ等の立木から棚作まで幅広くカバーする「SSA―E602DX」と24・7씀エンジン搭載で風量アップした「SSA―Z550」の2機種。共にきめ細かな防除作業を可能にする機能を搭載している。 果樹園の形態に合わせ消毒作業が効率良く行えるよう幅広いラインナップと充実した機能で支持を得...

丸山製作所 果樹防除に大活躍の新型ステレオスプレーヤ
2020/01/06

丸山製作所 が125周年モデル発売  感謝還元キャンペーンも実施

今年で創業125周年を迎える丸山製作所=尾頭正伸社長、東京都千代田区内神田3―4―15=は、これまでの感謝を込めた「創業125周年感謝還元キャンペーン」を開催する。ハイクリブームやラジコン動噴、背負動噴など厳選した製品について求めやすい価格の125周年モデルを取り揃えて順次発売する。同キャンペーン期間は今年9月30日まで。

丸山製作所 が125周年モデル発売  感謝還元キャンペーンも実施
2019/08/26

丸山製作所が鎌倉橋橋洗いプロジェクトに参加 UFBポンプユニットを提供

丸山製作所(尾頭正伸社長)は8月9日、子会社のマルヤマエクセルと共に東京都千代田区大手町の鎌倉橋で行われた『橋洗いプロジェクト2019』に参加。9月に発売予定の「ウルトラファインバブル(以下、UFB)ポンプユニット」を提供した。当日は洗浄水として活用したUFBは農作物の成長促進にも効果を示すことから、農業への展開も期待される。

丸山製作所が鎌倉橋橋洗いプロジェクトに参加 UFBポンプユニットを提供
2019/06/03

丸山子会社とJTBが開発 ”涼”と”香り”とを演出

丸山製作所=尾頭正伸社長、東京都千代田区内神田3―4―15=の子会社マルヤマエクセル(遠藤茂巳社長)は、大手旅行会社のJTBと、ミスト噴霧に香りを加えた『香りミストアーチ』を共同開発した。丸山製「ユニバーサルミスト」を活用し、暑気対策などの社会解決ツールに“香り”を加えることで、嗅覚にアプローチするプロモーションが可能になる。先日東京ビッグサイトで行われたイベント専門の展示会に出展してデモを実施。...

丸山子会社とJTBが開発 ”涼”と”香り”とを演出
2019/05/13

丸山製作所が大容量タンク搭載の畑作専用ハイクリブーム発売

丸山製作所(尾頭正伸社長)は、散布幅約15・9m、薬剤タンク最大1000ℓの畑作専用ハイクリブーム「BSA―1060CE」を新発売した。誰でも簡単に設定ができ、パネル上でさまざまな情報を確認できる自社開発したオリジナル新・速度連動装置モニタを搭載。この他、薬剤タンクや動噴、エンジンの大型化により、これまで以上の作業効率を実現させている。

丸山製作所が大容量タンク搭載の畑作専用ハイクリブーム発売
2018/11/26

SDGsに取組み 農業女子プロジェクトは第6期へ

農水省は11月16日、同省講堂で「農業女子プロジェクト推進会議」を開催した。平成25年から始まった農水省主導で始まった同プロジェクトは女性農業者と企業が協同して新たな商品やサービス、情報を社会に広く発信することを目的として設立され、今年で5期目(5年目)を迎えた。 業界からは井関農機や丸山製作所が参画し、コラボ商品を開発、発売してきた。農業女子たちがこれまで培ってきた発信力をさらに活かし、第6期で...

SDGsに取組み 農業女子プロジェクトは第6期へ
2018/11/12

ジャパンハーヴェスト2018 丸の内農園で農業女子PJ出展

農水省は11月3~4日、丸の内仲通りで、食と農林漁業の祭典「JAPAN HARVEST 2018丸の内農園」を開催した。2012年から始まった同イベントは今年で7年目。秋の収穫祭の時期に、農業や食文化について、見て、触れて、体験して食の大切さや美味しさ、季節の移り変わりを写す食文化、農林水産物に携わる人々の想いを伝えたいという思いから開催されている。取材した3日は天気にも恵まれ、農産物の収穫や牛の...

ジャパンハーヴェスト2018 丸の内農園で農業女子PJ出展
2018/09/24

丸山製作所のステレオスプレーヤ新型キャビンシリーズ 快適性が一段と向上

丸山製作所=尾頭正伸社長、東京都千代田区神田3-4-15=は、ステレオスプレーヤーの新型キャビンシリーズとして、SSAーV602C(薬剤タンク容量600ℓ)、SSA―V602C-DX(同600ℓ)、SSA-V1002CT-DX(同1000ℓ)を発売した。いずれも、同社が永年にわたって培ってきた技術とノウハウを注ぎ込んだ期待の商品。

丸山製作所のステレオスプレーヤ新型キャビンシリーズ 快適性が一段と向上
2018/09/03

丸山製作所人事異動 内山剛治氏が(取)管理本部長

丸山製作所=尾頭正伸社長、東京都千代田区内神田3―4―15=は人事異動を発表した。【10月1日付役員・執行役員人事】▽内山剛治=取締役管理本部長▽佐々木伸=執行役員・経営企画室長(営業管理部長)▽大平康介=同・調達本部長兼千葉工場副工場長(日本クライス工場長)(新任)▽今泉孝之=同・人事総務部長(マルヤマタイヤ所長)(同)▽松嶋宙太=同・営業管理部長兼特販課長(マルヤマエクセル産機事業部長)(同)...

丸山製作所人事異動 内山剛治氏が(取)管理本部長
2018/08/06

丸山製作所の熱中症の新対策製品 ユニバーサルミスト

記録的な猛暑の中、丸山製作所=尾頭正伸社長、東京都千代田区内神田3―4―15=が今年4月に発売した「ユニバーサルミスト/型式:MUM602」が注目を集めている。気化熱を利用した静かなモータ音の熱中症対策向け製品で、畜舎やハウス環境の改善に活躍している。

丸山製作所の熱中症の新対策製品 ユニバーサルミスト
  1  2  >>