農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > 日本農業機械工業会

日本農業機械工業会

新しい順  古い順
2022/03/22

作業機出荷508億円 乗用トラ用460億円 野菜用は5.7%増の93億円

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)作業機部会は3月18日、令和3年1―12月の「作業機の生産・出荷・輸出入実績(日農工実績)」をまとめた。国内向出荷実績は対前年比10・6%増の508億1884万円。また、作業機部会野菜用機械ワーキンググループがまとめた野菜用機械の生産・出荷実績では出荷金額は同5・7%増の93億864万円となった。 日農工がまとめた作業機の生産・出荷・輸出入実績(令和3年1―12月...

作業機出荷508億円 乗用トラ用460億円 野菜用は5.7%増の93億円
2022/02/07

日農工2021年年間合計農機輸出34%増加、トラ44%増2212億円

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)は、2021年1~12月分の農業機械輸出入実績(財務省通関統計)をまとめ公表した。 それによると、令和3年の輸出金額は3011億7435万円で、対前年比34・1%増加した。また、同年の輸入金額は758億1836万円で同16・1%増加した。 出荷金額が最も伸びているのは75‌kW超130kW以下のトラクタで、323億6454万円、同105・4%増となった。

日農工2021年年間合計農機輸出34%増加、トラ44%増2212億円
2022/02/01

3年計17%増4728億円 50‌PS以上トラ28%増1564億円 ~日農工~

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)はこのほど、2021年(1~12月)の統計出荷実績をまとめた(統計表は2面)。それによると、昨年1年間の出荷金額は、合計4728億1700万円で前年に比べ18%増加した。このうち国内向は同7%増の2423億1700万円、輸出向は同31%増と大きく伸び、2305億100万円。 出荷金額が最も多いのはトラクタ(50‌PS以上)で、前年同期比27・8%増の1564億29...

3年計17%増4728億円 50‌PS以上トラ28%増1564億円 ~日農工~
2022/01/18

農業の課題解決へ オープンAPI推進 地球環境分野にも貢献 ~日農工賀詞交歓会~

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)主催の令和4年新年賀詞交歓会が1月11日、東京都港区白金台の八芳園で開かれ、会員はじめ官庁、関係団体など合わせて約130名が出席した。賀詞交歓会の開催は新型コロナ禍のため2年ぶりとなる。また、依然として感染拡大が懸念されることから懇談会と昼食会に分け、感染症対策に万全を期して行われた。

農業の課題解決へ オープンAPI推進 地球環境分野にも貢献 ~日農工賀詞交歓会~
2022/01/11

トラ45%増1986億円 日農工1月輸出入実績

日本農業機械工業会はこのほど、2021年1―11月分農業機械輸出入実績をまとめた。 それによると、輸出合計は、対前年比34・3%増の2716億9464万円となった。 機種別では、農業用トラクタが同44・5%増の1986億3758万円。このうち、75‌kW超130kW以下は台数が同94・0%増の6554台、金額が同105・6%増の285億8528万円。18‌kW超22‌kW以下は台数が同49・6%増...

トラ45%増1986億円 日農工1月輸出入実績
2022/01/04

市場見通し変化に対応 大型クラスは堅調 スマート農業関連に期待 ~日農工需要見通し~

依然として続く新型コロナ禍や低米価、みどりの食料システム戦略への対応、スマート農業技術の普及などわが国農業を巡っては様々な課題への対応が求められている。そうしたなかで今後の農機市場はどうなっていくか。日本農業機械工業会(木股昌俊会長)がまとめている「令和3年及び令和4年の需要見通し」から12部会の4年度の見通しをみてみたい。ICTやスマート関連への期待がある一方、新型コロナ禍など今後の見通しの不透...

市場見通し変化に対応 大型クラスは堅調 スマート農業関連に期待 ~日農工需要見通し~
2021/11/30

総額36%増2167億円 日農工1―9月輸出

日本農業機械工業会は、このほど1―9月の農業機械輸出入実績をまとめた。 輸出合計は、対前年比35・9%増の2167億6987万円。耕うん機整地用機械計が44・1%増の1638億8078万円。このうち、農業用トラクタは合計で金額が同48・4%増の1553億5677万円。刈払機は同28・8%増の87億9554万円などとなった。

総額36%増2167億円 日農工1―9月輸出
2021/11/02

コロナ前の数字へ回復続く スマート農業推進等 対応すべき課題も山積 ~日農工地方大会~

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)は、10月22日、北海道札幌市のロイトン札幌で地方大会を開催した。昨年は新型コロナ禍により中止となったため、実会場で開催されるのは2年ぶり。大会では各部会長が令和3年及び4年の需要見通しを報告。また、例年5月末の定時総会に合わせて行われていた従業員功労表彰式についても行われた。

コロナ前の数字へ回復続く スマート農業推進等 対応すべき課題も山積 ~日農工地方大会~
2021/10/11

トラクタが54%増加 1-8月日農工農機輸出実績

日本農業機械工業会(日農工)はこのほど、2021年1―8月分の輸出・輸入実績をまとめた。それによると、輸出では農業用トラクタが伸びており、金額が対前年比154・2%の1378億674万円、台数が同149・6%の7万7073台となった。このうち37‌kW超75‌kW以下が654億2224万円と全体の約5割を占めている。また、75‌kW超130kW以下が金額、台数ともに2倍以上の伸びを示した。 このほ...

トラクタが54%増加 1-8月日農工農機輸出実績
2021/09/06

施肥用作業機45億円 ブロキャスは15億3965万円 ~日農工作業機出荷~

日本農業機械工業会が毎年取りまとめている作業機の生産・出荷・輸出入実績(令和2年1~12月分)からみていきたい。 作業機全体の出荷実績は国内向け、輸出向け合計で404億6072万円で、対前年比2・9%の減少となった。このうち、国内向けは同2・8%減の379億5674万円、輸出向けは同3・9%減の25億400万円となっている。また、輸入実績を含めた国内向出荷実績では、同3・3%減の459億5100万...

施肥用作業機45億円 ブロキャスは15億3965万円 ~日農工作業機出荷~
2021/08/09

上期輸出は39%増 トラクタは54%増1010億円 ~日農工~

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)はこのほど、農業機械輸出入実績1―6月分をまとめた。 1―6月の累計輸出額は対前年同期比38・5%増の1415億3958万円だった。機種別では、農業用トラクタの合計は、台数が同54・0%増の5万7516台、金額が同54・2%増の1010億2744万円。

上期輸出は39%増 トラクタは54%増1010億円 ~日農工~
2021/07/12

輸出32%増の1141億円 日農工1―5月輸出入実績

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)はこのほど、農業機械輸出入実績1―5月分をまとめた。 1―5月の累計輸出額は対前年同期比32・3%増の1141億8573万円だった。機種別では、農業用トラクタの合計は、台数が同49・5%増の4万6727台、金額は同47・2%増812億1577万円。うち、75㎾超130㎾以下は台数が同136・2%増の2830台、金額が同118・0%増の118億394億円、18㎾超2...

輸出32%増の1141億円 日農工1―5月輸出入実績
2021/06/07

日農工輸出入実績1-4月 総額17%増の911億円、トラ25%増の646億円

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)はこのほど、農業機械輸出入実績1―4月分をまとめた。1―4月の累計輸出額は対前年同期比17・1%増の911億2511万円だった。 機種別では、農業用トラクタの合計は台数が同29・3%増の3万7606台、金額が同25・3%増の646億992万円。うち、37‌kw超75‌kw以下が台数で同14・2%増の1万3433台、金額で同6・8%増の300億4814万円だった。 ...

日農工輸出入実績1-4月 総額17%増の911億円、トラ25%増の646億円
2021/05/31

スマート農業で担い手支援 電動化・脱炭素化へ 日農工が第58回定時総会

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)は、5月25日第58回定時総会を開催した。当日は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、正副会長のみ対面会議形式とし、他の会員は書面による議決権行使又は委任状による議決参加の開催形式で実施した。総会では木股会長が「スマート農業、オープンAPIの推進を通じ日本農業や担い手の支援に努めたい」と挨拶。令和2年度貸借対照表及び正味財産増減計算書、理事の交代について審議、...

スマート農業で担い手支援 電動化・脱炭素化へ 日農工が第58回定時総会
2021/05/17

刈払機 17・8%増の53億円 R3年1~3月出荷 ~日農工統計~

農業現場では欠かせない刈払機は、果樹園でも広く活躍している。刈払機市場について、日本農業機械工業会がまとめている「日農工統計」出荷実績及び1月に紹介した永尾慶昭・刈払機部会長(やまびこ代表取締役会長執行役員)のコメントからみていきたい。 令和2年の出荷実績は、台数が対前年比94・7%の83万6482台と減少したが、出荷金額は同101・3%の191億1900万円と増加。 直近の令和3年1~3月の出荷...

刈払機 17・8%増の53億円 R3年1~3月出荷 ~日農工統計~
2021/05/15

1―3月輸出7%増 トラクタは11%増441億円 ~日農工~

日本農業機械工業会(木股雅俊会長)は2021年1―3月の農業機械輸出入実績を公表した。 1―3月の輸出累計は対前年同期比107・7%の634億2782万円となった。このうち、農業用トラクタは合計で台数が同117・6%の2万6465台、金額は111・1%の441億5186万円と増加した。37‌㎾超、75‌㎾以下の金額が減少となったもののそれ以外については台数、金額とも増加した。このほか、金額で増加し...

1―3月輸出7%増 トラクタは11%増441億円 ~日農工~
2021/04/05

安全留意し効率的草刈り 作業前には点検を 刈払機安全使用のポイント

草刈りで広く活用されている刈払機。便利で身近な道具である一方、高速で回転する刈刃が露出しており、操作ミスなどで事故が発生する可能性もある。消費者庁によると、平成27年4月からの5年間で計88件の事故情報が寄せられている。そこで、日本農業機械工業会刈払機部会では、「刈払機の正しい使い方」と題したパンフレットや動画を作成、日農工のHPなどで公開するなど安全に留意した使い方の啓蒙活動を行っている。パンフ...

安全留意し効率的草刈り 作業前には点検を 刈払機安全使用のポイント
2021/04/05

UAV標準化へ試験 地方大会は10月22日札幌で ~日農工~

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)は、このほど令和2年度「スマート農業総合推進対策事業のうち農林水産業におけるロボット技術安全性確保策検討事業」の事業実施報告書をまとめた。 農薬散布用小型無人航空機(UAV)は、今後国際標準化機構(ISO)での国際標準化の取組において、散布分布試験やドリフト試験など専門的な内容が議論されると見られており、日本として積極的に国際標準化に関わるためには国内審議委員会メ...

UAV標準化へ試験 地方大会は10月22日札幌で ~日農工~
2021/03/24

国内向作業機459億円 野菜用機械13%増 施肥・畑作物収穫用等伸長 ~日農工統計~

日本農業機械工業会(木股昌俊会長)作業機部会は3月16日、令和2年1―12月の「作業機の生産・出荷・輸出入実績(日農工実績)」をまとめた。国内向出荷実績は対前年比96・7%の459億5099万円となった。また、作業機部会のうち野菜用機械ワーキンググループがまとめた野菜用機械の生産・出荷実績では出荷金額は同113・3%の88億542万円。

国内向作業機459億円 野菜用機械13%増 施肥・畑作物収穫用等伸長 ~日農工統計~
  1  2  3  4  >>