農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > コベルコ建機

コベルコ建機

新しい順  古い順
2021/10/05

パワーと快適性必見 新型13t級林業機登場 ~コベルコ建機~

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=は、新型13tクラスの林業ベースマシン「SK135SR―7F」を披露する。7tクラスで好評の〝パフォーマンス・クロス・デザイン〟と同じコンセプトで開発された新型機は、高出力エンジンを搭載して徹底追及した効率や生産性とオペレータの使いやすさや快適性を両立。コベルコ独自の冷却システム「iNDr」以外に、現場を止めないための配管類のブラッシュア...

パワーと快適性必見 新型13t級林業機登場 ~コベルコ建機~
2021/09/13

安全装備等を拡充  コベルコ建機が1.7t級油圧ショベル発売

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=は、9月16日より新型1.7t級後方超小旋回ミニショベル「SK17SR―6(本体質量1660㎏、標準バケット容量(山積)0・04㎥)」の販売を開始する。 同機はこれまで高く評価されてきた従来機のコンパクトなボディはそのままに、燃料消費量の削減や安全装備の拡充、メンテナンス性の向上など、新たな付加価値を装備した新製品となっている。 主な特長...

安全装備等を拡充  コベルコ建機が1.7t級油圧ショベル発売
2021/08/30

目指せ林業プロ 我が社のホープ=6=  赤坂木材㈱の石塚大貴さん

苗木を植え、育てた樹木を伐採して収益を得る林業。過酷とも言える環境下で行う危険と隣り合わせの仕事だが、やり甲斐を感じる人が多い。赤坂木材=渋谷光敏社長、北海道北見市留辺蘂町旭中央35―2=の石塚大貴さん(林業歴6年、26歳)もその一人。「作業の成果が目に見えるので、任された仕事をイメージ通りに進められると何とも言えない達成感があります」と汗を拭った。 地元の高校を卒業後に建設会社に勤め、20歳で赤...

目指せ林業プロ 我が社のホープ=6=  赤坂木材㈱の石塚大貴さん
2021/07/05

コベルコ建機新体制人事

コベルコ建機=東京都品川区北品川5―5―15=は、6月24日開催の定時株主総会で取締役が選任され、同総会終了後開催の臨時取締役会において代表取締役及び役付き取締役が選定され、それぞれ就任した。また、同総会終了後開催の監査役会で常任監査役が選定され、就任した。【取締役・監査役】 ▽代表取締役社長=尾上善則(CEO) ▽取締役専務執行役員=青山扶(マーケティング事業本部長) ▽取締役専務執行役員=岩満...

コベルコ建機新体制人事
2021/05/24

コベルコ建機の積込み荷重計量機能 7月からオプション設定

コベルコ建機=東京都品川区北品川5―5―15=は、現行の20tクラス油圧ショベル「SK200―10/SK210LC―10」への新車時オプションとして、積込み荷重計量(ペイロード)機能「K―LOAD(ケイロード)」の設定を7月1日から開始する。 同機能は、積込み作業における積載荷重を見える化。搭載することで、土砂積込みの過積載や過少積載の抑制、秤量後の積込み超過、過少による往復、重量調整作業を削減す...

コベルコ建機の積込み荷重計量機能 7月からオプション設定
2021/05/17

最新機器デモで紹介 積込み荷重計量機能など ~コベルコ建機~

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=は、屋外ブースで現場の生産性向上に役立つ製品として、3月に発売した3tクラス用のチルトローテータと、7月に発売する積込み荷重計量機能「K―LOAD(ケイロード)」の実演を実施。特長や機能の紹介を行った。 チルトローテータとはバケットを左右45度傾け(チルト)、また360度回転(ローテート)できる先端アタッチメント。これまで5t~20tクラ...

最新機器デモで紹介 積込み荷重計量機能など ~コベルコ建機~
2021/05/10

子ども向け体験アプリ コベルコ建機

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=は、キッズスター(平田全広社長、東京都世田谷区)が提供している社会体験アプリ『ごっこランド』に協賛。アプリ内に新パビリオン「たのしいまちづくり」を出店する。 今回の出店は、同社の〝建設・建設機械業界を身近に感じてもらいたい、建設機械や街づくりの魅力を知ってもらいたい〟という想いと、〝子どもが夢中になれる体験を創出するプロダクト作りを通して...

子ども向け体験アプリ コベルコ建機
2021/04/26

目指せ林業プロ 我が社のホープ=1=  古里木材物流の今岡祐市さん

全国的に林業従事者が減る中、林業を志す若者が増えている。弊社ではそうした素材生産業者や森林組合に入った期待のホープから林業に入った感想などを聞くと共に、各事業体の代表者などから人材獲得や育成について取り組んでいる工夫などの話を聞いていく。第1回目は古里木材物流=畠山正社長、岩手県盛岡市東見前6地割37―1=の今岡祐市さん(26歳)。 今岡さんは昨年4月に東京から家族で移住して同社に入社。主に林地残...

目指せ林業プロ 我が社のホープ=1=  古里木材物流の今岡祐市さん
2021/03/24

【カーボン・オフセットで森づくり-64-】佐賀県 森・川・海はひとつ J―VERで故郷の森林を整備

県面積に対する森林率が45%(約11万ha)の佐賀県。「どちらかと言えば木材を生産するより、消費する県」と県農林水産部森林整備課の福田亮副主査。全国平均の森林率66%に比べると低い分、貴重な森林を上手く活用している。J―VERクレジットについては県の南西部にあたる嬉野県有林(19・27‌ha)と多良岳県有林(49・27‌ha)の間伐施業を利用して1225t(バッファー分除く)分のクレジットを取得。...

【カーボン・オフセットで森づくり-64-】佐賀県 森・川・海はひとつ J―VERで故郷の森林を整備
2021/03/24

快適性を大幅に向上 新型13t級ショベル発売 ~コベルコ建機~

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=は、機能性と快適性を大幅に向上させたオフロード法2014年基準適合の新型13t級油圧ショベル3機種を、5月1日から販売する。新型機は昨年5月に発売した7t級油圧ショベルに続き、 作業効率や生産性の追求とともに、機能性・快適性を大幅に向上させたフルモデルチェンジ機。

快適性を大幅に向上 新型13t級ショベル発売 ~コベルコ建機~
2021/03/15

4月1日付人事 ~コベルコ建機~

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=は、2021年3月末付人事、並びに同年4月1日付の取締役・執行役員の委嘱業務の変更を発表した(敬称略)。【取締役・執行役員委嘱業務の変更(4月1日付)*カッコ内は現委嘱業務】▽青山扶取締役専務執行役員=マーケティング事業本部長(マーケティング事業本部長兼クレーン営業本部長)▽紀藤真治同常務執行役員=生産本部長(生産本部長及び調達部の担当)...

4月1日付人事 ~コベルコ建機~
2021/01/18

走行性や作業性追求、進化する林業ベースマシン ~コベルコ建機~

近年存在感を高めているのがコベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=の林業ベースマシンだ。狭小地での施業に適した5tクラスから大径木作業に能力を発揮する17tクラスまで多様な用途に応じた林業仕様機をラインナップ。ニーズに応じたロングリーチグラップル仕様やスイングヤーダ仕様等のカスタム製品実績も多岐にわたっており、「ユーザ現場主義」の思想を原点にした林業機械の製造販売を展開している...

走行性や作業性追求、進化する林業ベースマシン ~コベルコ建機~
2020/12/21

【カーボン・オフセットで森づくり62】都市の森林守る使命、山の荒廃防ぎ「減災」を ~大阪府森林組合~

880万人が暮らす大都市・大阪には、大阪平野を囲むように北から南まで5万6000㏊を超える森林が存在する。林業が盛んな他地域に比べると規模は大きくないが、「多くの人が生活する市街地と山が近接する地域事情から、都市の森林として守り育てる使命がある」と大阪府森林組合=栗本修滋代表理事組合長、大阪府高槻市原1052―1=の山田重雄・常務理事は力を込める。 同組合では2010年から、CO2など温室効果ガス...

【カーボン・オフセットで森づくり62】都市の森林守る使命、山の荒廃防ぎ「減災」を ~大阪府森林組合~
2020/12/07

コベルコ建機が建設機械の遠隔操作 11月から実用化検証開始

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=は、同社の目指す「働く人を中心とした、建設現場のテレワークシステム」K―DIVE CONCEPT(建設現場で働く人の働き方を大きく変え、豊かな生活、社会を実現することが目的)実用化に向け、実際の稼働現場における遠隔操作検証を11月から開始した。

コベルコ建機が建設機械の遠隔操作 11月から実用化検証開始
2020/11/30

コベルコ建機が安藤・間と共同研究 建機自動運転の実証実施

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=と、安藤・間(本社:東京都港区、以下、安藤ハザマ)は、油圧ショベルの自動運転技術の確立に向けた実証実験を実施した。 コベルコ建機は、「誰でも働ける現場へ KOBELCO IoT」をテーマにICTロードマップを策定し、その実現に向けて中長期的に研究・開発を進めている。安藤ハザマは、現場生産性の向上を目指して以前から振動ローラの自動運転などの...

コベルコ建機が安藤・間と共同研究 建機自動運転の実証実施
2020/11/09

コベルコ建機がMG遠隔操作実現へ ライカと技術開発を協業

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=は、同社が目指す「働く人を中心とした、建設現場のテレワークシテム」K―DIVE CONCEPT推進のために、ライカジオシステムズ社(本社スイス、以下、ライカ)とマシンガイダンスの遠隔操作技術開発に向けて協業することを発表した。

コベルコ建機がMG遠隔操作実現へ ライカと技術開発を協業
2020/10/05

建機遠隔操作を推進 コベルコ建機がHOTnetと協定締結

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区5―5―15=と北海道総合通信網(北海道札幌市、以下HOTnet)は、コベルコ建機の目指す「働く人を中心とした、建設現場のテレワークシステム」を推進するため、建設機械の遠隔操作に関する開発協定を締結。それに基づいた実証実験を実施した。 コベルコ建機は、「誰でも働ける現場へKOBELCOIoT」をテーマにICTロードマップを策定し、その実現に向けて中長期的に研...

建機遠隔操作を推進 コベルコ建機がHOTnetと協定締結
2020/09/28

【カーボン・オフセットで森づくり 59】須山木材 未来へ森をつなごう、出雲の社有林で地域貢献

「社会貢献について、我々の仕事を絡めて行えるのが山づくり」と須山政樹社長。明治10年創業の老舗木材会社・須山木後者が得意とするのが都市。地方が疲弊している中、地域資源である木材を産業にしなけ材=島根県出雲市白枝町139=は、島根県産材の積極的な利用を通じた循環型林業を実践している。その中で出雲市内にある社有林の一部で、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証するJ...

【カーボン・オフセットで森づくり 59】須山木材 未来へ森をつなごう、出雲の社有林で地域貢献
2020/08/31

【カーボン・オフセットで森づくり 58】山麓の森林整備に 鳥取県造林公社、大山の森プロジェクト

鳥取県の西部に位置する標高1709mの大山(だいせん)。同県だけでなく中国地方の最高峰でもあり、その山容から伯耆富士とも呼ばれ、鳥取県のシンボルの一つとして慕われている。その大山周辺にある森林施業を基にJ―VERの認証登録を行ったのが鳥取県造林公社(尾﨑史明理事長、鳥取市千代水4―37)だ。同公社は大山町と近隣の江府町内にある公社有林約294haのスギ・ヒノキ林の利用間伐から平成23年に4282t...

【カーボン・オフセットで森づくり 58】山麓の森林整備に 鳥取県造林公社、大山の森プロジェクト
2020/08/11

コベルコ建機が「ホルナビ塾」を開講 ICT活用工事セミナー

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5ー5ー15=は、国が進めるi―Constructionの基礎知識やICT活用のポイントなどが講習可能なICT活用工事セミナー「ホルナビ塾」を7月3日から開講した。 ホルナビ塾はオンラインによる「ウェビナー」(ウェブとセミナーを組み合わせた造語)、「来場型」、全国6カ所のホルナビ・ジョブサイトで実体験が可能な「ジョブサイト体験型」の3つの形態で実施。ウ...

コベルコ建機が「ホルナビ塾」を開講 ICT活用工事セミナー
  1  2  3  >>