農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 油圧ショベル

油圧ショベル

新しい順  古い順
2021/09/13

安全装備等を拡充  コベルコ建機が1.7t級油圧ショベル発売

コベルコ建機=尾上善則社長、東京都品川区北品川5―5―15=は、9月16日より新型1.7t級後方超小旋回ミニショベル「SK17SR―6(本体質量1660㎏、標準バケット容量(山積)0・04㎥)」の販売を開始する。 同機はこれまで高く評価されてきた従来機のコンパクトなボディはそのままに、燃料消費量の削減や安全装備の拡充、メンテナンス性の向上など、新たな付加価値を装備した新製品となっている。 主な特長...

安全装備等を拡充  コベルコ建機が1.7t級油圧ショベル発売
2021/07/19

キャタピラーが新型ショベル発売 新基準の振動ローラも登場

キャタピラージャパン=ジョー・モスカト代表執行役員、神奈川県横浜市西区みなとみらい3―7―1=は、オフロード法2014年基準に適合する17tクラスの次世代油圧ショベル「Cat317」を新発売した。同機は2020年に発売した12~13tクラスの小型油圧ショベルに続き、燃料消費量の削減、生産性、安全性の向上、メンテナンス間隔の延長を可能にし、顧客のコスト削減に寄与。また、ガイダンスやアシスト、ペイロー...

キャタピラーが新型ショベル発売 新基準の振動ローラも登場
2021/04/12

マシン制御精度向上 日立建機がICT油圧ショベル発売

日立建機=平野耕太郎社長、東京都台東区東上野2―16―1=は、特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律2014年基準に適合した新型ICT油圧ショベル「ZX200X―7(標準バケット容量0.8㎥、運転質量20・7t)」と「ZX330X―7(同1.4㎥、同33・0t)」を日本国内向けに10月1日から発売する。販売目標は2機種合計で年間125台。 両機種は、同社のICT施工ソリューションの中核を担うI...

マシン制御精度向上 日立建機がICT油圧ショベル発売
2021/02/08

使い勝手大幅に向上した日立建機の新型PATブレードMC機

日立建機=平野耕太郎執行役社長、東京都台東区東上野2―16―1=は、小規模舗装工事の整地作業向けにPATブレード(Power Angle Tiltブレードの略。通常の上下動作に加えブルドーザのようにチルト・アングル動作も可能としたブレード)の3Dマシンコントロール仕様のミニショベル「ZX40U―5B」を、日本国内で2021年7月から販売開始する。同機は2018年に販売・レンタルを開始したミニショベ...

使い勝手大幅に向上した日立建機の新型PATブレードMC機
2021/02/08

コマツが油圧ショベル電動化へ米国プロテラ社と協業発表

コマツ=小川啓之社長、東京都港区赤坂2―3―6=は、中小型クラスの油圧ショベルの電動化(バッテリー駆動式建設機械)の実現に向け、米国のプロテラ社よりリチウムイオンバッテリーシステムの供給を受ける協業契約を締結した。21年から実証実験(PoC)を進め、コマツは23年~24年の量産化を目指す。 プロテラ社は、商用車の電動化技術のリーディングカンパニーであり、世界の各分野の高負荷や商用の車両向けにバッテ...

コマツが油圧ショベル電動化へ米国プロテラ社と協業発表
2021/01/04

キャタピラーが「新型ショベル」発売 燃費保証キャンペーン継続

キャタピラージャパン=塚本恵代表執行役員、神奈川県横浜市西区みなとみらい3―7―1=は、後方小旋回型の小型次世代油圧ショベル「Cat315GC(運転質量13・2t)」を昨年12月に発売した。同機は旋回幅3・96mと優れた狭所作業性能を発揮し、スペースのない市街地などで活躍。尿素水不要でオフロード法2014年基準に適合している。昨年6月に発売した12~13tクラスの次世代小型油圧ショベルに加えること...

キャタピラーが「新型ショベル」発売 燃費保証キャンペーン継続
2020/11/16

コマツが新7tクラス油圧ショベル大幅改善施して発売

コマツ=小川啓之社長、東京都港区赤坂2―3―6=は、オフロード法2014年基準に適合した小型油圧ショベル「PC78US―11」を11月から発売した。同機は自社開発した新2.4ℓ高出力エンジンを搭載し、従来機(PC78US―10)よりあらゆる面で大幅な改善を図ることで、高性能・高機能・低燃費・低騒音を高いレベルで実現した7tクラスの油圧ショベルのモデルチェンジ機だ。 新2.4ℓ高出力エンジンの採用に...

コマツが新7tクラス油圧ショベル大幅改善施して発売
2020/10/19

日立建機がミニショベル発売 中国市場向け土木専用機

日立建機=平野耕太郎執行役社長、東京都台東区=の中国の現地法人である日立建機(上海)有限公司(本社:上海市浦東新区)は、ミニショベル土木専用機「ZX60C―5A(標準バケット容量0・21㎥、運転質量5.4t)」を中国市場向けに10月から発売。2020年度で400台の販売を見込んでいる。 日立建機の油圧ショベルは、中国市場においても製品の耐久性や操作性などの品質や性能について高い評価を得ている。また...

日立建機がミニショベル発売 中国市場向け土木専用機
2020/06/15

キャタピラージャパンのCat次世代ショベルが8機種NETIS登録

キャタピラージャパン=塚本恵代表執行役員、神奈川県横浜市西区みなとみらい3―7―1=は、オフロード法2014年基準をクリアする次世代油圧ショベルCat313、315、325、326、330、336、349、352の8機種を新技術情報提供システム(NETIS)に新たに登録した。

キャタピラージャパンのCat次世代ショベルが8機種NETIS登録
2020/06/01

キャタピラーが12–13tクラス3機種の次世代ショベルを新発売

キャタピラー=塚本恵代表執行役員、神奈川県横浜市西区みなとみらい3―7―1=は、小規模土工においてi―Constructionをさらに推進する2機種を含む12~13tクラスの小型次世代油圧ショベル「Cat313GC」「同313」「同315」を5月20日から発売を開始した。発売した全機種がオフロード法2014年基準に適合し、最新のテクノロジを搭載した313と315、尿素水不要の313GCと業種や現場...

キャタピラーが12–13tクラス3機種の次世代ショベルを新発売
2020/04/13

住友建機から7.5 t油圧ショベル新発売 作業性など更に充実

住友建機=数見保暢社長、東京都品川区大崎2―1―1=は、7.5tクラス後方超小旋回油圧ショベル「SH75X―7」、同超小旋回油圧ショベル「SH75XU―7」を発売した。両機共にオフロード法2014年基準に適合し、新世代低燃費クリーンエンジン「SPACE5α(スペースファイブアルファ)」と、新油圧システム「SIH:Sα(シーズアルファ)」の採用でスピード作業と低燃費とを高次元で両立。特に燃費について...

住友建機から7.5 t油圧ショベル新発売 作業性など更に充実
2020/04/13

コマツの油圧ショベルで人検知衝突軽減シス テム標準装備

コマツ=小川啓之社長、東京都港区赤坂2―3―6=は、自社開発した「KomVision人検知衝突軽減システム」を業界で初めて油圧ショベルに標準装備し、国内市場へ導入を開始した。人検知衝突軽減システムは従来国内市場で標たは旋回起動時に人を検知した場合、機体の発進を制御し、低速走行中に人を検知した場合には機体を停止させる。これらの機能により、走行起動時、低速走行時、旋回起動時に機体と人との衝突事故発生の...

コマツの油圧ショベルで人検知衝突軽減シス テム標準装備
2020/04/13

キャタピラーから汎用性高い新製品 ミニショベル、Cローダ

キャタピラー=塚本恵職務執行者、神奈川県横浜市西区みなとみらい3―7―1=は、機械質量2t未満の新型油圧ショベル2機種を発売した。同機は〝あらゆる現場に、あらゆる用途に、使い勝手を極めたこの1台〞をコンセプトに、①業界初のテクノロジー②運転経費の削減③充実装備――の特長を備えた次世代ミニ油圧ショベルだ。また、安全性と快適性を高めたコンパクトトラックローダも新発売。こちらは従来機の基本スペックはその...

キャタピラーから汎用性高い新製品 ミニショベル、Cローダ
2020/04/06

住友建機のFM2搭載油圧ショベル NETISに登録

住友建機=数見保暢社長、東京都品川区大崎2―1―1=の12~50tクラスの油圧ショベル「レジェスト)」7型シリーズが、「お知らせ機能付周囲監視装置『FVM2』搭載油圧ショベル」として国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録された。これにより公共工事の際の入札段階における総合評価方式や活用段階における工事成績評定で加点対象になることが期待できる。レジェスト7型シリーズは、既に「低燃費油...

住友建機のFM2搭載油圧ショベル NETISに登録
2020/03/23

キャタピラーが次世代型初の後方小旋回油圧ショベル発売

キャタピラー=塚本恵職務執行者、神奈川県横浜市西区みなとみらい3―7―1=は、Cat325油圧ショベル(運転質量22・8t)を新発売した。同機は一昨年から順次発売しているキャタピラーの次世代油圧ショベルで初めてとなる後方小旋回機。オフロード法2014年基準に適合し、限られたスペースの現場でも20tクラスの標準機320油圧ショベルと同等の作業範囲や生産性を有し、既に発売している次世代油圧ショベル同様...

キャタピラーが次世代型初の後方小旋回油圧ショベル発売
2019/11/04

コマツが使いやすさ追求したミニショベル3機種を発売

コマツ=小川啓之社長、東京都港区赤坂2-3-6=は新型のミニショベル「PC18MR-5(キャノピ仕様の機械質量1.68t)「PC20MRー5」(同1.93t)「PC25MRー5」(同2.48t)を10・11月から発売する。同機は顧客目線で使いやすさを追求した新型ミニショベルだ。 PC18MR-5はブームシリンダ背面配置構造を採用したことにより、ダンプへの積み込み時や深掘作業時にシリンダをぶつける心...

コマツが使いやすさ追求したミニショベル3機種を発売
2019/08/26

コベルコ建機の子会社がインドでの油圧ショベル生産台数1万台達成

コベルコ建機=楢木 一秀社長、東京都品川区=のインド子会社であるKOBELCO CONSTRUCTION EQUIPMENT INDIA PVT.LTD.(中川浩二社長、以下KCEI)は、現地の油圧ショベル工場での生産台数が1万台に達したことから、8月6日、インド アンドラ・プラディッシュ州において、生産1万台達成記念式典を開催した。当日はKCEI幹部をはじめ、現地工場従業員約300名が式典に参加...

コベルコ建機の子会社がインドでの油圧ショベル生産台数1万台達成
2018/10/15

日立建機が欧州にICT施設 対応ショベルの受注開始

日立建機=平野耕太郎執行役社長、東京都台東区東上野2―16―1=は、欧州地域でのICT施工ソリューションの提供を強化するため、連結子会社である日立建機ヨーロッパ社(オランダ・アムステルダム)のアムステルダム工場内にあるデモンストレーションエリアを一新し、ICT施工ソリューションが体験できるICTデモサイトを2018年9月 27 日に開設した。 また、日立建機として初めて海外市場へのICT油圧ショベ...

日立建機が欧州にICT施設 対応ショベルの受注開始
2018/10/15

キャタピラーの次世代ショベルCat302がグッドデザイン賞受賞

キャタピラー=神奈川県横浜市西区みなとみらい3―7―1=が昨年発売した次世代油圧ショベルCat320が、2018年グッドデザイン賞を受賞した。 同機は一貫した「お客様第一主義」のコンセプトをもとに、25年ぶりにすべての面でデザインを一新。ICT機能を盛り込むことはもちろん、多数の最新テクノロジーの採用により、多くのニーズに応えるべく開発された。

キャタピラーの次世代ショベルCat302がグッドデザイン賞受賞
2018/09/03

キャタピラーがi-construction対応の大型次世代油圧ショベル発売

キャタピラーは現場に役立つテクノロジを結集したi-construction対応(Cat336GC除く)の大型次世代油圧ショベルを8月31日に新発売する。「生産性」に優れたCat336油圧ショベルと、バランスを追求したCat336GC油圧ショベルの2モデル。同社は昨年10月、全く新しい設計思想のもと25年ぶりに完全改良を施した中型の「次世代油圧ショベル」3機種を発売したが、今回の大型機の導入により、...

キャタピラーがi-construction対応の大型次世代油圧ショベル発売
  1  2  >>