農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > 山本製作所

山本製作所

新しい順  古い順
2022/06/14

『汎用遠赤乾燥機』 動画プロモーション開始 山本製作所

山本製作所=山本丈実代表取締役=は同社ホームページで汎用遠赤乾燥機のPVを公開した。同社のバーチャル展示場のほか、HD―VAM・HD―VDMの各製品ページからも閲覧でき、新型汎用遠赤乾燥機の特長を理解しやすく紹介している。【背景】世界的な穀物価格・飼料価格の高騰により大豆・麦・そば、子実コーンなど飼料作物への転作が注目を集めている。籾・麦用乾燥機の出荷台数が減少する中、汎用乾燥機の出荷台数は安定し...

『汎用遠赤乾燥機』 動画プロモーション開始 山本製作所
2022/06/07

ぷらしる幅広く注目 プラスチック材質判別装置 山本製作所

山本製作所=山本丈実社長、山形県東根市大字東根甲5800―1=は、5月下旬に都内で開催されたNEW環境展に、第34回中小企業優秀新技術・新製品賞の「優良賞」等を受賞した、近赤外線分光法によるハンディタイプのプラスチック材質判別装置「ぷらしる」を出展。材質ごとの分別ができることにより、有効な利用ができることから、実演の模様がNHKの朝のニュース番組で放送されるなど、幅広く注目を集めていた。 手ざわり...

ぷらしる幅広く注目 プラスチック材質判別装置 山本製作所
2022/04/05

山本製作所 子実コーンの栽培面積増へ 山本の汎用遠赤乾燥機VAM導入

水田転作で『子実コーン』が注目される中、業界で初めて『子実コーン対応水分計』を搭載した山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市=の汎用遠赤乾燥機『VAM』をいち早く導入した北海道勇払郡の㈱スキット(鈴木悟代表)の取組みを山本製作所のレポートで紹介する。鈴木代表は「安心安全な国産濃厚飼料の安定供給を実現させるためにも、子実コーンの栽培面積を増やしたい。その時にはぜひ山本汎用乾燥機の増設をお...

山本製作所 子実コーンの栽培面積増へ 山本の汎用遠赤乾燥機VAM導入
2022/03/22

山本製作所がAI搭載の大型汎用遠赤乾燥機ウインディBUILD VDM 発売 〝使いやすく、 高品質〟追求

汎用乾燥機の国内トップシェアのメーカー(山本製作所調べ)である山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市=が、業界初となるAI(人工知能)を搭載したBUILD(ビルド)シリーズに大型汎用遠赤乾燥機VDMシリーズ(60/70/80石)を追加発売した。汎用ならではの機能、掃除のしやすさを進化させ〝使いやすく、高品質〟を追求した自信作。 3月15日には、オンラインにより新製品発表会を開催。鈴木淳...

山本製作所がAI搭載の大型汎用遠赤乾燥機ウインディBUILD VDM 発売 〝使いやすく、 高品質〟追求
2021/11/02

大規模向け籾摺機RX-8000発表 8吋で業界№1 最大処理能力は3.6t/時 ~山本製作所~

山本製作所=山本丈実社長、本社:山形県天童市=は10月26日、同社展示場からオンラインにより新製品発表会を行い、時間当たり60俵(3.6t)と8吋で業界ナンバー1の処理能力を持つ籾摺機『RⅩ―8000』(来年7月発売)と、乾燥機に加えて同籾摺機にも対応できる遠隔確認システム『YCAS++』(ワイキャスプラスプラス、来年1月発売)を発表した。

大規模向け籾摺機RX-8000発表 8吋で業界№1 最大処理能力は3.6t/時 ~山本製作所~
2021/10/25

【山本製作所ユーザーレポート】仙北市の生保内南RC 目指したのは農業の働き方改革 「スタアデポ」が描く農業の未来

秋田県仙北市の農事組合法人生保内南(おぼないみなみ)は、平成30年に『生保内南ライスセンター』を新設、同時にスタアデポ(山本製作所:本社山形県天童市)も導入した。農事組合法人生内南を訪ね、荒木田俊一代表理事にスタアデポ導入の動機と今後の展望を聞いた。同農事組合法人は新設したライスセンターを中心に集落の農地100haのうち約80‌haを経営。常勤4名・非常勤2名の6名体制で80‌ha分の乾燥調製も担...

【山本製作所ユーザーレポート】仙北市の生保内南RC 目指したのは農業の働き方改革 「スタアデポ」が描く農業の未来
2021/10/05

山形県障害者雇用優良事業所表彰を受賞 ~山本製作所~

山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市=は、障害者雇用を促進している企業として、令和3年度山形県障害者雇用優良事業所等表彰式典で高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長表彰(障害者雇用優良事業所)を受賞した。同式典は同機構山形支部と山形県が毎年開催しており、障害者雇用促進・安定に寄与している事業所や、長年勤務している職場の模範となっている障害者に対して表彰を行っている。今年は6団体8個人に...

山形県障害者雇用優良事業所表彰を受賞 ~山本製作所~
2021/08/30

山本製作所のハイメルターシリーズが資源プラ製造装置第1号に

山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市=の発泡スチロール減容機のハイメルターシリーズが「資源プラ製造装置」の第1号に認定された。 「資源プラ」とは、資源として流通するプラスチック」を「廃プラスチック」と区別して考える全く新しいコンセプト。資源プラ協会では、この「資源プラ」という呼び方を業界外に普及させることで、プラスチックリサイクルへの意識を変え、流通するモノの品質を向上させ、プラスチ...

山本製作所のハイメルターシリーズが資源プラ製造装置第1号に
2021/08/23

Windy BUILDシリーズVAR AIモード搭載 大型風胴で速くて省エネ ~山本製作所~

山本製作所(山本丈実代表取締役)では担い手向け製品の受注が好調だ。スピード・品質・省エネ性全てがハイスペックの最新鋭機を目指し、乾燥機では業界初のAIを搭載し同社が100周年を期して開発、2019年に発売して以来2年余、非常に評判の良い遠赤乾燥機『Windy BUILDシリーズ』からVAR(30・35・40・45・50・55石)を紹介する。

Windy BUILDシリーズVAR AIモード搭載 大型風胴で速くて省エネ ~山本製作所~
2021/08/09

ライスCづくりの教科書 ミニライスセンター特集ページ 疑問や不安に応える動画公開 ~山本製作所~

山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市=は自社のミニライスセンター特集ページとYouTubeで「ライスセンターづくりの教科書」動画を順次公開。ライスセンターをつくりたいが注意すべき点は?等の疑問や不安に応えていく。年内にはより生産者の疑問や不安を解決できるプラットフォームとしてミニライスセンター特設サイトも改修予定。

ライスCづくりの教科書 ミニライスセンター特集ページ 疑問や不安に応える動画公開 ~山本製作所~
2021/07/19

山本製作所が新型汎用色彩選別機発表 光源にLED採用、塗色も変更、高級感アップ

山本製作所=山本丈実社長、山形県天童市=は13日、オンラインで新製品発表会を開催、光源をLEDにすることで、省エネでかつ立ち上げ時間が僅か60秒という汎用色彩選別機カラレックス『CLX―503DM』と、それに加えて100V電源ですぐ稼働でき低価格の『同―154DFM』の2機種を発表した。カラーは落ち着きのあるディープパープルを採用。

山本製作所が新型汎用色彩選別機発表 光源にLED採用、塗色も変更、高級感アップ
2021/06/21

山本製作所が従業員と家族に新型コロナワクチン 職域接種

山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市=は、政府による新型コロナワクチンの職域接種要請に対応するため、地元天童市の企業と連携し、職域接種を行うことになった。職域接種の対象者は、同社従業員とその家族など約400名。同社だけでは職域接種の実施要件となる1000名以上の接種者を確保できなかったため、地元天童市の企業と連携し、約1200人の接種者を確保した。 また、すでに医師・看護師、接種会場...

山本製作所が従業員と家族に新型コロナワクチン 職域接種
2021/03/08

山本製作所がリモート研修会 好評で依頼相次ぐ

山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市=は、実際に訪問したり、来社してもらったりの研修会の実施ができない中で、オンラインミーティングアプリを活用した遠隔研修会を実施し、好評を得ている。「遠方では味わえなかった来社された雰囲気を味わえ、モノづくりへの姿勢、事業内容などがより理解できると、好評をいただいている」と同社。

山本製作所がリモート研修会 好評で依頼相次ぐ
2020/10/05

山本製作所のどこでも誰でも簡単に プラスチック材質判別装置

山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市=ソリューション事業部は、近赤外線分光法によるハンディタイプのプラスチック材質判別装置「ぷらしる」を10月1日、発売した。 日常のゴミ分別においては、プラスチックは1種類として扱われることが多いが、プラスチックリサイクルの現場では、PS(ポリスチレン)・PP(ポリプロピレン)など、材質ごとに分別する必要がある。そのため、リサイクル原料の納品時・受入...

山本製作所のどこでも誰でも簡単に プラスチック材質判別装置
2020/08/31

山本製作所が担い手向け商品の受注好調 AI遠赤乾燥機、次世代型の色彩選別機

山本製作所(山本丈実代表取締役)では担い手向け製品の受注が好調だ。主軸となるのは業界初のAI搭載乾燥機『Windy BUILDシリーズ』と、今春発売したピエゾバルブ搭載の次世代型色彩選別機『カラレックス』。『Windy BUILDシリーズ』には今春、汎用タイプもラインナップしたが、この受注も予想を上回る実績を挙げているという。

山本製作所が担い手向け商品の受注好調 AI遠赤乾燥機、次世代型の色彩選別機
2020/05/25

山本製作所がAI汎用乾燥機など3機種発表 進化した色彩選別機、大豆自動計量機も発売

山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:天童市=はこのほど新製品3機種の発売を発表した。①業界初のAI搭載乾燥機Windy BUILDシリーズに、汎用機としてラインナップする『VAMシリーズ』(全6型式30〜55石)②進化した色彩選別機(カラレックス)、③大豆自動計量機(ビーンパック)。出荷開始(予定)は①と②は本年6月、③は本年9月。

山本製作所がAI汎用乾燥機など3機種発表 進化した色彩選別機、大豆自動計量機も発売
2020/02/29

山本製作所、ウインディビルドVMR初出荷

山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市=が昨秋発表した新機能「おまかせ乾燥」を搭載した新型乾燥機「ウインディビルド」VMRシリーズは高い機能と性能が評価され、発表直後から多数の受注が寄せられているという。その出荷が2月10日から開始。初出荷セレモニーが、雪が舞う山本製作所東根事業所の玄関前で執り行われた。

山本製作所、ウインディビルドVMR初出荷
2019/11/18

山本製作所が災害ボランティア活動  社内募金で義援金200万円 寄附

山本製作所(山本丈実社長、山形県天童市)は10月31日、宮城県大崎市で各部門の有志が集まり、社員による災害ボランティア活動を行った。今年の台風19号の影響による河川の氾濫により、当たり前の日常が一変されている姿を従業員らが報道によって知り、その窮状からの一日も早い立ち直りを支援しようとの動きが沸き上がったもの。ボランティアでは、大変な境遇に見舞われた中でも感謝の言葉や温かい心遣いをする被災者に触れ...

山本製作所が災害ボランティア活動  社内募金で義援金200万円 寄附
2019/10/28

山本製作所 2020年新商品発表会開く

山本製作所=山本丈実社長、本社:山形県天童市=は10月23日、東根事務所で「2020年新商品発表会」を開催し①新型AI乾燥機『ウインディビルドVMRシリーズ』②YCAS PLUS③自動選別計量機『山本パックメイト』④低温貯蔵庫『アグリストッカLS2シリーズ』の4機種を発表した。山本パックメイトは来年4月、他の3機種は来年1月発売予定

山本製作所 2020年新商品発表会開く
2019/10/07

グッドデザイン賞、農機メーカー各社も受賞

日本デザイン振興会は10月2日、2019年度グッドデザイン賞の受賞結果を発表した。今年度は4772件の応募があり、過去最多の1420件が受賞した。 農機業界関係では、グッドデザイン・ベスト100にクボタの田植機「ナビウェルNW8S」が選ばれたほか、グッドデザイン賞には、オーレックの水田除草機「WEED MAN」、クボタのラジコン草刈機「ARC―500」、TEADの産業用小型無人ボート「TB02」、...

グッドデザイン賞、農機メーカー各社も受賞
  1  2  >>