農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 乾燥機

乾燥機

新しい順  古い順
2021/02/08

サタケが小規模農家向け穀物乾燥機「シャイニングドライヤーライジング」9~27石8機種発売

サタケ=佐竹利子代表取締役、広島県東広島市西条西本町2―30=は2月1日、小規模農家向けの熱風式穀物乾燥機を、安定の基本性能に加え利便性・メンテナンス性を向上させて「シャイニングドライヤーライジング(SHININGDRYER RISING)」として新発売した。籾最大処理量9~27石の8機種。3月出荷開始。目標販売台数は年間700台。

サタケが小規模農家向け穀物乾燥機「シャイニングドライヤーライジング」9~27石8機種発売
2020/12/14

【現地ルポ】金子農機ユーザー 新型遠赤乾燥機 米の仕上がりの良さ実感

金子農機(金子常雄社長)が今年リリースした新型遠赤外線乾燥機「REVOLUTION ZERO(レボリューションゼロ)」(全9機種)は、穀物の一粒一粒に遠赤外線の効果が行き渡る同社独自の全粒照射方式をはじめ、スマート農業の時代にハイレベルな品質や効率を求めるプロ営農ユーザーの要望に応えた自信作。早速導入したユーザー2軒を取材した。

【現地ルポ】金子農機ユーザー 新型遠赤乾燥機 米の仕上がりの良さ実感
2020/10/26

静岡製機から新型乾燥機TCZシリーズ 今のニーズ捉えた、プロ仕様と自給農家仕様

静岡製機=鈴木直二郎社長、静岡県袋井市=は新型乾燥機『TCZ』を発売する。出荷開始は3年1月初旬。生産者の大規模化に対応し耐久性を大幅に向上させた担い手向け「TCZ―Lシリーズ」(30~50石)20モデルと、限られたスペースに従来機種より容量の大きい機種の設置も可能にした自給的農家向け「TCZ―Mシリーズ」(18~30石)30モデル。

静岡製機から新型乾燥機TCZシリーズ 今のニーズ捉えた、プロ仕様と自給農家仕様
2020/10/19

静岡製機が新型乾燥機TCZシリーズ発表 今のニーズ捉えたプロ仕様と自給農家仕様

静岡製機=鈴木直二郎社長、静岡県袋井市=は10月8日、新製品発表会を開催し、新型乾燥機『TCZ』を発表した。出荷開始は令和3年1月初旬。今回発表したのは、生産者の大規模化に対応し耐久性を大幅に向上させた担い手向け「TCZ―Lシリーズ」(30~50石)20モデルと、限られたスペースに従来機種より容量の大きい機種の設置も可能にした自給的農家向け「TCZ―Mシリーズ」(18~30石)30モデル。Lシリー...

静岡製機が新型乾燥機TCZシリーズ発表 今のニーズ捉えたプロ仕様と自給農家仕様
2020/06/15

金子農機が新型遠赤外線乾燥機「レボリューションゼロ」初出荷

金子農機(金子常雄社長)は7月1日から、新型遠赤外線乾燥機「REVOLUTION ZERO(レボリューションゼロ)」の全9機種を新発売する。昨年の秋田県種苗交換会で発表した新商品でスマート農業の時代にハイレベルな品質や効率を求めるプロ営農ユーザーの要望に応えた自信作。6月1日には羽生工場で初号機ラインオフ式(完成式典)を行った。

金子農機が新型遠赤外線乾燥機「レボリューションゼロ」初出荷
2020/06/15

短期乾燥で早期出荷できる大紀産業のたまねぎ・にんにく乾燥機

食品乾燥機メーカーの大紀産業=安原宗一郎社長、岡山市北区清心町3―3=は、JA全農と共同開発した「たまねぎ温風乾燥機」と、「にんにく温風乾燥機」の拡販に注力している。いずれも湿度の高い梅雨の時期でも短期間に乾燥作業ができ、早期出荷が実現する。 乾燥施設を新設せずに、たまねぎやにんにくを低コストで効率よく乾燥することができるシステム。製品は温風乾燥機、乾燥シート、排出ダクトファン、燃料タンク等で構成...

短期乾燥で早期出荷できる大紀産業のたまねぎ・にんにく乾燥機
2020/05/25

山本製作所がAI汎用乾燥機など3機種発表 進化した色彩選別機、大豆自動計量機も発売

山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:天童市=はこのほど新製品3機種の発売を発表した。①業界初のAI搭載乾燥機Windy BUILDシリーズに、汎用機としてラインナップする『VAMシリーズ』(全6型式30〜55石)②進化した色彩選別機(カラレックス)、③大豆自動計量機(ビーンパック)。出荷開始(予定)は①と②は本年6月、③は本年9月。

山本製作所がAI汎用乾燥機など3機種発表 進化した色彩選別機、大豆自動計量機も発売
2020/03/02

大〜小規模向けまで充実 静岡製機が米用の色彩選別機

静岡製機=鈴木直二郎社長、静岡県袋井市諸井1300=では、一般的に「米乾燥調製用の農業機械にとって不需要期」と言われるこの時期も、色彩選別機については需要が非常に高い。同社では「生産者の米への品質に対する関心の高さがうかがえる」と話していたが、同社のユーザーニーズに沿った豊富なラインナップという要素も大きい。

大〜小規模向けまで充実 静岡製機が米用の色彩選別機
2020/02/29

山本製作所、ウインディビルドVMR初出荷

山本製作所=山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市=が昨秋発表した新機能「おまかせ乾燥」を搭載した新型乾燥機「ウインディビルド」VMRシリーズは高い機能と性能が評価され、発表直後から多数の受注が寄せられているという。その出荷が2月10日から開始。初出荷セレモニーが、雪が舞う山本製作所東根事業所の玄関前で執り行われた。

山本製作所、ウインディビルドVMR初出荷
2019/12/09

大紀産業が腐食に強いステンレス仕様乾燥機新発売

電気式乾燥機で国内トップシェアの大紀産業‖安原宗一郎社長、岡山市北区清心町3―3‖は、オールステンレス仕様の電気乾燥機「E―30H―Sプレミアム」を開発。従来品の「E―30H」シリーズの本体材質を、腐食に強いSUS304ステンレスに変更した。来年1月から販売を開始する。 塩分を含む乾燥物や海産物などの乾燥で使用するユーザーや食品メーカーからの要望を受けて開発した。

大紀産業が腐食に強いステンレス仕様乾燥機新発売
2019/09/09

サタケ 海外ブランドREACH 小規模事業者向け 籾摺精米プラント

サタケ=佐竹利子代表、本社:広島県東広島市西条西本町2-30=は9月4日から、海外事業ブランド「REACH」の新製品「SYSTEM 3.0」を発売する。「REACH」ブランド第一弾の籾摺り精米プラントを踏襲し、時間当たりの処理量を3t(籾)に小型化した。アジアおよびアフリカ地域を中心に、新規参入や小規模事業者向けに訴求する。

サタケ 海外ブランドREACH 小規模事業者向け 籾摺精米プラント
2019/09/09

山本製作所 AI搭載乾燥機に高い関心 山形の生産者からも高評価

山本製作所=山本丈実社長、本社:山形県天童市=は8月30日から9月1日、山形ビッグウイングで開催された第96回山形農業まつり農機ショーに出展し、同社が100周年を期して開発したAI搭載の遠赤乾燥機『Windy BUILD(ウィンディ ビルド)』、『ワイキャス』などを展示出品。地元・山形の生産者からは「いいね」の声が多く寄せられた。 山本製作所=山本丈実社長、本社:山形県天童市=は8月30日から9月...

山本製作所 AI搭載乾燥機に高い関心 山形の生産者からも高評価
2019/05/13

山本製作所、充実の大豆関連機械群 「汎用乾燥機」核にシワ粒防ぎ高品質仕上げ

山本製作所(山本丈実代表取締役、本社:山形県天童市)は、大豆収穫後の荷受から乾燥・選別・計量・袋詰めまで一連作業に合わせた製品を揃え一貫体系を確立している。汎用遠赤乾燥機を核にシワ粒を防いで高品質な大豆に調製、また加工業者から要求される、品質のムラを防いだ安定した製品を供給できるよう各種選別機も取り揃えている

山本製作所、充実の大豆関連機械群 「汎用乾燥機」核にシワ粒防ぎ高品質仕上げ
2018/09/10

サタケの米麦用大型乾燥機増設 上川ターミナルライス高品質化に自信

豊かな自然と広大な農地を誇り、食の宝庫と呼ばれる北海道だが、その中央部に位置する富良野で、米麦の乾燥・調製・貯蔵業務を行う上川ライスターミナル株式会社富良野工場は、2016年に乾燥機を増設し、小麦の取扱量増加の対応と品質向上を図った。サタケ広報室は同社富良野工場を訪ね、その意義や今後の取組みを取材した。

サタケの米麦用大型乾燥機増設 上川ターミナルライス高品質化に自信
2018/07/09

サタケ 穀物乾燥機・籾摺機、新シリーズ「SAXES」

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2‐30)は7月12日から16日までの5日間、北海道帯広市の北愛国交流広場で開催される「第34回国際農業機械展in帯広(第34回国際農機店)」に出展し、新ブランド「SAXES(サクセス)」シリーズなどを展示するほか、さまざまな原料に対応する多用途シュート式光選別機「ピカ選別α(アルファ)」の実演を行う。

サタケ 穀物乾燥機・籾摺機、新シリーズ「SAXES」
2018/04/23

サタケ・森調製機事業本部長に訊く 新ブランド「サクセス」

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2-30=は4月13日、東京本社で記者会見を聞き、森和行・調製機事業本部長から事業方針と新ブランド「SAXES(サクセス)」について説明があった。 森本部長は「2018年度の基本的な考え方を①新商品の提案強化と②お客様の信頼増大と売り上げ目標は対前年比105%とする」と表明。また、自身が求めた”強い”美しい”のイメージを具現化した自信作の新ブランド「S...

サタケ・森調製機事業本部長に訊く 新ブランド「サクセス」
2017/06/14

大紀産業のたまねぎ温風乾燥機,低コストで高い効率性を実現

大紀産業(安原宗一郎社長)は、乾燥施設を使わず、低コストで効率よくたまねぎを乾燥できる「たまねぎ温風乾燥機」の拡販に注力している。JA全農と共同開発商品。 本機は、加温機、乾燥シート、排風ファンと、加温機で温めた外気を留めて置く加温室で構成するシステム。乾燥施設を新設せずに、たまねぎを低コストで効率よく乾燥することができる。

大紀産業のたまねぎ温風乾燥機,低コストで高い効率性を実現
2017/01/25

井関農機の29年度上期新商品②

井関農機(木下榮一郎社長)は昨年12月14日、「平成29年度上期新商品発表会」を夢総研で開催し10品目16型式を発表した。本紙では回を分けこれを紹介しているが、2回目となる今号では、激変する農業で奮闘する国内農家に向けて“夢を実現し感動を!”をテーマに開発したコンバイン2型式、バインダ1型式、乾燥機5型式、だいこん引抜機1型式を紹介する。

井関農機の29年度上期新商品②