農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 新潟クボタ

新潟クボタ

新しい順  古い順
2020/10/05

新潟クボタが「アルビ米」を寄付 ひとり親世帯の食材支援

新潟クボタ(吉田至夫社長)は、9月25日に、サッカーJリーグで、同社がトレーニングウエアパートナーを務める地元のアルビレックス新潟と共同し、フードバンクにいがた・フードバンクしばたに、今年収穫したばかりの「アルビ米」計2tを寄付した。新型コロナウイルスの影響で生活が困窮するひとり親世帯などに対し、食材支援するのが目的。

新潟クボタが「アルビ米」を寄付 ひとり親世帯の食材支援
2020/09/23

新潟市スマート農業実証PJ 稲作と園芸の両立に向けて二台同時に自動運転

新潟市秋葉区内の白銀カルチャー(荒木康男代表)のほ場で9月17日、農水省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」の実演が行われた。同月3日には、ドローンによる農薬散布デモを行っている(9月7日号既報)。今回の実演は昨年12月に一般販売された自動アシスト機能付き自脱型コンバインによる水稲の収穫作業と、隣接するほ場での自動運転トラクタによる稲わらのすき込み作業の2つを1人のオペレーターが同時作業で...

新潟市スマート農業実証PJ 稲作と園芸の両立に向けて二台同時に自動運転
2020/01/20

第73回クボタ機械グループディーラーミーティング 創業130周年2020クボタ新春のつどい

クボタは1月15・16日、国立京都国際会館及び京都パルスプラザで『2020クボタ新春のつどい』『第73回クボタ機械グループディーラーミーティング』を開催した。目的は①前年度事業協力に対し謝意を表す②方針発表・製品展示見学を通じてクボタグループの結束力を高める③食料・水・環境への貢献に向けた事業展開を年初から活性化する―というもの。海外からも約20カ国、約100名が参加し、出席人数は展示見学者を含め...

第73回クボタ機械グループディーラーミーティング 創業130周年2020クボタ新春のつどい
2019/12/16

新潟クボタ にいがた夢農業´19開催 儲かる農業実現へ

新潟クボタ(吉田至夫社長)は、12月11・12日の両日、三条市の燕三条地場産業振興センターで「にいがた夢農業2019」を開催した。「未来はすでに現実に!令和新時代農業の幕開け!」をテーマに掲げ、儲かる農業を実現するために必要なKSAS対応のスマート農機などを多数取り揃えて提案。スーパー担い手を中心に2日間で約1500名が来場した。

新潟クボタ にいがた夢農業´19開催 儲かる農業実現へ
2019/10/01

大規模水田作でスマート農業 稲刈りと耕うん同時作業 新潟市・白銀カルチャー

新潟市秋葉区内の白銀カルチャー圃場で9月24日、農水省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」の実演会が行われた。コメ偏重からの脱却に向けて、大規模水田輪作(水稲・大豆)のスマート化により、省力化して生まれた余剰労力を収益性の高い園芸作物(枝豆)の導入に振り向けることで、“儲かる農業”を実現するための実証プロジェクト。今回は自動運転アシストコンバイン(自脱式)と自動運転トラクタによる稲刈りと稲...

大規模水田作でスマート農業 稲刈りと耕うん同時作業 新潟市・白銀カルチャー
2019/06/03

新潟市でスマート農業実証プロジェクト2件がスタート

新潟市は5月29日、新潟市秋葉区内の㈱白銀カルチャーのほ場で「新潟市スマート農業複合経営モデル実証コンソーシアム」の設立記者発表及び農機などの実演を行った。同コンソーシアムは農水省の「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」に採択されている。新潟市が代表機関となり、クボタ、クボタアグリサービス、新潟クボタ、積水化学工業、NTTドコモなど11社・団体が参加する。当日はクボタのアグリロボトラクタと自...

新潟市でスマート農業実証プロジェクト2件がスタート
2019/05/20

新潟クボタ ロボトラ試乗体験、一般市民にスマート農業PR

新潟クボタは、11~12日、新潟市の新潟日報メディアシップで開催された「アグリフェス新潟」(新潟日報社主催)で、SL60アグリロボトラクタの試乗体験などを実施した。トラクタのミニチュアも2日間で500個ほどプレゼントした。 展示したアグリロボトラクタは、昨年放映した下町ロケットに登場したトラクタと同じモデルであり、「ドラマを見ていたので、実際に見られてうれしい」と興奮している来場者も多くいた。 ま...

新潟クボタ ロボトラ試乗体験、一般市民にスマート農業PR
2019/03/18

新潟クボタ、「春のきらめきクボタの日」開催

新潟クボタ(吉田至夫社長)は、3月8・9日、県内23カ所の営業所と各販売店で「春のきらめきクボタの日2019」を開催した。今回、クボタ創立130年と新潟クボタ創立55周年を記念して、Sトラ「SL55リミテッド」、NW田植機を前面に『GO!GO!キャンペーン』を展開。動員1万260名、受注金額6億5500万円を達成した。

新潟クボタ、「春のきらめきクボタの日」開催
2019/01/01

クボタの社員食堂で新之助PRイベント

クボタ(木股昌俊社長)は、本社社員食堂で11月20日(火曜日)から5週にわたる毎火曜日、新潟の新しいプレミアム米「新之助」のPRイベントを行った。社員食堂に新之助を特別提供、また最終日の12月18日には新潟から増田浩・新潟県副知事や新潟クボタの吉田至夫社長も駆けつけ、食堂前で新之助の即売会を行った。用意した2㎏40袋はあっという間に完売、この数量外で宅配も受け付けたがこれも人気だった。

クボタの社員食堂で新之助PRイベント
2018/12/17

新潟クボタがにいがた夢農業2018を開催

新潟クボタ=吉田至夫社長、新潟市中央区鳥屋野331=は、12 月11 日と12 日の2日間、新潟市産業振興センターで「にいがた夢農業2018」を開催した。 今回、“儲かる農業の実現で新潟を元気に!”を合言葉に、スマート農業と園芸の拡大を提案。最新のICT農機や畑作・園芸機器など81点を出展。2日間で1546名が来場した。

新潟クボタがにいがた夢農業2018を開催
2018/09/17

安倍首相が新潟市と新潟クボタの取組を視察 特区で進むスマート農業の実証 

安倍首相は9月5日、国家戦略特区に指定されている新潟市を訪問。スマート農業の現場を視察した。同市の㈱アグリライフの圃場で披露されたのは新潟市と新潟クボタが進める自動運転アシスト機能を搭載した有人機「アグリロボコンバイン(WRH1200A)」による刈り取りとコンバインに乗車したオペレータの操作・監視下で動く無人機「アグリロボトラクタ(SL60A)による耕うんとの同時作業やドローンによる農薬散布作業、...

安倍首相が新潟市と新潟クボタの取組を視察 特区で進むスマート農業の実証 
2018/09/10

自動運転コン・トラ同時作業 新潟市と新潟クボタが実験

新潟市は新潟クボタ(吉田至夫社長)と共同で「自動運転コンバイン」と「自動運転トラクタ」を連携させたほ場内同時作業について実証実験を開始。9月4日に新潟市江南区の㈱アグリライフの圃場で報道関係者向けに実演の様子を公開した。 新潟市では稲作の大規模省力化を目指す取組の一環として、今回の実証実験を実施する。実験では「自動運転コンバイン」と「自動運転トラクタ」を連携させることでワンオペレーターによる圃場内...

自動運転コン・トラ同時作業 新潟市と新潟クボタが実験
2018/07/16

新潟クボタがサマーフェア2018開催 55年間の感謝込め

新潟クボタ(吉田至夫社長)は、7月5~7日、長岡市のハイブ長岡で「クボタサマーフェア2018inハイブ長岡」を開催。 今回「~On your side~55年間の感謝を込めて」をフェアコンセプトに、協力会社約100社が参加、関連商品500点余りが展示された。3日間で7647名が来場、契約高は11億2536万円に達した。

新潟クボタがサマーフェア2018開催 55年間の感謝込め
2017/12/18

新潟クボタがにいがた夢農業2017開催 攻めの農業をサポート

新潟クボタ=吉田至夫社長、新潟市中央区鳥屋野331=は、12 月12 ・13 日の2日間、新潟市産業振興センターで「にいがた夢農業2017」を開催した。 今回、環境変化に負けない攻めの農業経営をサポートする目的で、ICT技術を活用したスマート農業や畑作・園芸機器など約100点を出展。悪天候にも関わらず2日間で1563名が来場した。

新潟クボタがにいがた夢農業2017開催 攻めの農業をサポート
2017/07/08

新潟クボタが7月7日からサマーフェアを長岡で開催

新潟クボタは、7月7~9日の3日間、長岡市「ハイブ長岡」で、県内最大級の農業EXPO「クボタサマーフェア2017in ハイブ長岡」を開催する。 今回の注目ポイントは、①次世代農業=トラクタ自動運転、直進自動運転機能付田植機、農業ドローンの展示・実演の他、②コンバイン50周年=コンバイン50年の歩みを紹介③パワクロ県内7000台突破=新潟で生まれたパワクロの歴史を紹介④トラクタM7シリーズの展示、な...

新潟クボタが7月7日からサマーフェアを長岡で開催
2017/03/22

新潟クボタが県内各地74拠点で"春のきらめきクボタの日"を開催 パワクロ,GS田植機が人気

新潟クボタ(吉田至夫社長)は、3月11・12日、県内24カ所の営業所と50ヶ所の販売店で「春のきらめきクボタの日」を開催した。今回、発売20週年を迎え、県内の販売台数7000台突破したパワクロや直進キープ機能を搭載したGS田植機などの最新機種が展示され、2日間で18000名を超える動員、前年比109%の受注実績を達成した。

新潟クボタが県内各地74拠点で"春のきらめきクボタの日"を開催 パワクロ,GS田植機が人気
2017/02/01

新潟クボタが新春試乗商談会を開催 パワクロの実力を証明 動員・受注とも昨年上回る

新潟クボタ(吉田至夫社長)は、1月21~ 22日、県内4カ所の大型サービスセンターと金井営業所で「新春試乗商談会」を開催した。今回、クボタのパワクロトラクタが発売されて今年で生誕20年を迎えたことから「愛されてパワクロ発売20年!」と銘打ち、パワクロを中心にした試乗会を開催。試乗コーナーは常に人が溢れ、パワクロの実力が証明された。

新潟クボタが新春試乗商談会を開催 パワクロの実力を証明 動員・受注とも昨年上回る
2017/02/01

新潟クボタが組織再編

新潟クボタ(吉田至夫社長)は、1月1日付けで、組織改編を行った。 概要は以下の通り。①本社機能を「擬似ホールディングス」化し、その管轄下に「事業部制組織」を再編成した。②関連会社・子会社を含む11の事業部は下記の通り。▽関連会社=NKファーム・NKファーム新潟・MJP(モンゴル合弁会社)▽子会社­=新潟農商▽事業部=代販事業部、上中越直販事業部、新潟直販事業部、下越直販事業部、農業施設事業部、車輛...

新潟クボタが組織再編
2016/12/21

新潟クボタが「にいがた夢農業2016」開催 攻めの農業へ提案、来場2200名超

新潟クボタ(吉田至夫社長)は12月13日・14日の両日、新潟市産業振興センターで「にいがた夢農業2016」を開催した。主産業であるコメ関係の製品はもちろん、ICT技術を活用したスマート農業や園芸・畑作機器など200点以上の展示。収益増に結び付く攻めの営農提案を実施。2日間で目標を超える2225名が来場するなど盛況を博していた。

新潟クボタが「にいがた夢農業2016」開催 攻めの農業へ提案、来場2200名超