農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > 展示会

展示会

新しい順  古い順
2022/01/18

第5回関西農業Week 3月8~10日

第5回関西農業Weekが、RX Japanの主催で、3月8日~10日(10時~17時)に大阪市住之江区のインテックス大阪で開催される。 同展は、農業資材EXPO、スマート農業EXPO、6次産業化EXPO、畜産資材EXPOの4展で構成。出展社は、農機・ドローン、IT・スマート農業、畜産資材、6次産業化設備などのメーカーや商社といった企業。来場対象者は、農業法人・農家、参入検討企業、農協、小売店・卸商...

第5回関西農業Week 3月8~10日
2022/01/18

2月に日本包装産業展

(一社)日本包装機械工業会(大森利夫会長)は、「日本包装産業展」を2月15日(火)から18日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催する。33回目となる今回は「ともにつくる未来の包程式」をテーマに掲げ、コロナ禍によって製品をより衛生的に保つことのできる包装や、製造過程の生産性を向上する自動化の取り組みが注目される中で包装が果たす役割と可能性を発信する。

2月に日本包装産業展
2021/11/22

ホソダが「秋の展示会」を開催 第6回食味コンクールも

埼玉県の有力農機販売会社、ホソダ=河口淳子社長、春日部市八丁目=は、麗かな秋晴に恵まれた11月12日~13日、『秋の展示会』を開催。メイン会場には小型~中型SL33リミテッドを中心に幅広いラインナップのトラクタ及び作業機、ドローン、管理機、草刈関連機械、中古農機など地域の農家が求める商品を網羅。2日間で600軒超の来場者で盛況だった。 今回の『ホソダ秋の展示会』では台数限定のトラクタ特価販売に加え...

ホソダが「秋の展示会」を開催 第6回食味コンクールも
2021/11/22

新潟クボタがにいがた夢農業2021開催 持続可能な経営へ 多様な営農方法とSDGs

新潟クボタ(吉田至夫社長)は、11月17・18日の両日、新潟市産業振興センターで「にいがた夢農業2021」を開催した。「ともに進もう!ともに拓こう!」をテーマに掲げ、多様な営農方法とSDGsの視点から、持続可能な経営を実現するために必要な園芸作物の機械化体系やKSAS対応のスマート農機の展示・実演を行い、2日間で約1500余名が来場した。 新潟クボタ=新潟市中央区鳥屋野331=では、農業経営をサポ...

新潟クボタがにいがた夢農業2021開催 持続可能な経営へ 多様な営農方法とSDGs
2021/11/22

カワサキ機工がフェスタカワサキ’21開催 スマ農対応の新製品紹介

カワサキ機工=川﨑洋助社長、静岡県掛川市=は、11月5~6日、同社特設会場で2021フェスタカワサキを開催、カワサキスマートコネクト製品群の新製品「渡歴茶クラウド(トレサクラウド)」及び乗用型摘採機の新製品「KJ6CNplus+」「KJ4CNplus+」を初披露した。来場者は同社が提案する新しい茶業の技術、機械を熱心に見ていった。 カワサキ機工では、お茶農家の減少、経営の大規模化を睨み、お茶づくり...

カワサキ機工がフェスタカワサキ’21開催 スマ農対応の新製品紹介
2021/11/22

来場1700名、成約も好調 JA全農みやぎ営農支援フェスタ2021

JAグループ宮城の「営農支援フェスタ2021」が11月17・18日、宮城県仙台市の夢メッセみやぎで開催された。本機メーカー4社を始め有力メーカーが出展、2日間で開催目標を上回る1700名が来場した。成約も初日(1100名来場)で既に目標を上回るという大盛況だった。各社はイチオシ商品を出品。熱心に説明にあたった。JA全農みやぎ生産資材部次長の堀英樹氏は、「米価下落や燃油高騰、飼料と肥料も値上がりする...

来場1700名、成約も好調 JA全農みやぎ営農支援フェスタ2021
2021/11/16

メッセナゴヤ'21が開催 技術とアイデアが一堂に

日本最大級の異業種交流展示会「メッセナゴヤ2021」(同実行委員会主催)が11月10~13日、名古屋市港区のポートメッセなごやで開かれ、約840社が出展した。愛知万博の理念を継承する事業として、中小企業の販路拡大と異業種交流を目的に2006年から開催。会場では「環境配慮・エネルギーの提案」「機能・性能の高度化の提案」などテーマごとに様々な業種のブースが並び、「SDGs」と結び付けた製品やサービスの...

メッセナゴヤ'21が開催 技術とアイデアが一堂に
2021/09/20

12月に沖縄農水産支援技術展

第6回「農水産業支援技術展」が12月2日(木)・3日(金)に沖縄県市町村自治会館で開催される。 沖縄県内の生産者(農業、畜産業、漁業、養殖業)および食品製造業者を対象に最新の技術・設備・資材・サービスを提案する場として定着しつつある。

12月に沖縄農水産支援技術展
2021/08/23

除雪機早割セール 山一本店がスタート

大正7年創業の山一本店は、〝毎日が展示会〟〝のコンセプトの下、一関市千厩町の本社(同市千厩町千厩字下駒場164―1)と一関インター店(同市赤萩字月町196―2)で季節に応じた商品の常設展示を実施。現在はミニ耕運機や草刈り機、モア関係、乗用溝切り機などを中心にセール価格で販売している。 同社のこだわりは万全のアフターフォロー体制。始業前の点検のアドバイスはもちろん、動かなくなった時に農業機械整備士が...

除雪機早割セール 山一本店がスタート
2021/08/23

農機常設展示会を開催 ~鈴木農機~

岩手の有力販売店、鈴木農機=鈴木満社長、岩手県紫波郡矢巾町=は7月20日から8月末まで、本社倉庫特設会場で農機常設展示会を開催した。 コロナ禍で今年も大展示会が開けない中、何とか、顧客にじかに機械を見て頂きたい、顧客との接点活動を強化したいというのがその動機だという。 会場内にはトラクタ、コンバイン、田植機のほか色彩選別機、乾燥機、フレコン、ネギ用管理機、コンパクトハンマーモアなどが整然と並び、そ...

農機常設展示会を開催 ~鈴木農機~
2021/08/23

例年上回る実績に 3・6月展示会開催 ~阿部農機~

阿部農機=岩手県二戸市福岡字下中町23―1=は、販売エリアの岩手県北部地域と青森県南部地域が新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていたので、展示会開催のガイドラインに沿って、3月に「春展示会」、6月に「創業祭」を二戸市のなにゃーと物産センターを会場に、それぞれ開催。手応えが感じられるイベントとなった。

例年上回る実績に 3・6月展示会開催 ~阿部農機~
2021/07/19

ホソダが秋収穫の本番を前に 2021年夏の展示実演会

埼玉県の有力農機販売店、ホソダ=河口淳子社長、春日部市八丁目1593=は7月9日~10日、『2021年夏の展示実演会』を開催、同社プロ整備士によるトラクタ、コンバインのセルフメンテナンス講習、各種草刈り機の実演、クボタ及び協賛メーカーの最新機種による快適作業の提案を行った。2日間で約1000名が来場、草刈機は完売の勢いだった。

ホソダが秋収穫の本番を前に 2021年夏の展示実演会
2021/07/05

新潟クボタが夏のきらめきクボタの日 バーチャルとリアル 県内22営業拠点で展示会

新潟クボタ(吉田至夫社長)は、7月1~3日の3日間、県内22の営業拠点で夏の展示会「夏のきらめきクボタの日」を開催した。コロナ感染対策の徹底からオンライン企画とリアル展示会の両面で実施。クボタ「農フェス!」に同社ページを開設し、SNSで情報発信すると共に、展示会への来場者には特別記念品を贈呈し、バーチャルとリアルの融合を図った。

新潟クボタが夏のきらめきクボタの日 バーチャルとリアル 県内22営業拠点で展示会
2021/06/28

長野農機&資材フェスタ中止

長野県農協生産資材事業推進協議会の主催により、今年7月に開催を予定していた「JA農機&資材フェスタ2021」については、このほど、来場者及びスタッフへの新型コロナウイルス感染防止の配慮のため、昨年に引き続いて中止が決定した。

長野農機&資材フェスタ中止
2021/04/12

約25社が最新機器を展示 岡山・真庭市で林機展

岡山県真庭市で4月2・3日の両日、「環境・林業・生産性向上機械展」が地元の富士岡山運搬機主催で開かれた。中国山地の山あいに位置する真庭市は森林資源が豊富で、古くから林業や製材業が盛ん。木質バイオマス活用の先進地としても知られ、森林資源を活用した取り組みを進めている。 真庭木材事業協同組合の第1ヤードで開催された展示会には約25社が出展。最新の林業機械の展示や実演を行ったほか、生産性向上に役立つ機械...

約25社が最新機器を展示 岡山・真庭市で林機展
2021/01/04

スマート農業専門展 GPECと 同時開催

日本施設園芸協会とアテックスが共催するスマート農業の専門展「スマートアグリジャパン」が7月14日(水)~16日(金)に、Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)ホールBで、施設園芸・植物工場展2021(GPEC)と同時開催される。 本展示会は、スマート農業に関わる先端技術や機器・システム、要素技術を提供する企業、農業機械・サービスの開発・普及に取り組むメーカー・ベンダー、そしてエンドユーザ...

スマート農業専門展 GPECと 同時開催
2020/11/30

新潟クボタがにいがた夢農業2020開催 新時代の風に乗る 明日の農業へ翔び立とう

新潟クボタ(吉田至夫社長)は、11月25・26日の両日、新潟市産業振興センターで「にいがた夢農業2020」を開催した。「新時代の風に乗る!明日の農業へ飛び立とう!」をテーマに掲げ、儲かる農業を実現するために必要なKSAS対応のスマート農機とドローンに特化したセミナーや展示を行い、スーパー担い手を中心に2日間で約1000名が来場した。

新潟クボタがにいがた夢農業2020開催 新時代の風に乗る 明日の農業へ翔び立とう
2020/11/30

ユアサ商事の独自展示会が盛況 インテックス大阪でも開催

ユアサ商事=東京都千代田区神田美土代町7=は11月13・14日、幕張メッセで「YUASA Growing フェア」を開催した。AI活用事例や最先端商材紹介の「リアルブース」とWEB上の仮想空間で商品を紹介する「バーチャルブース」を組合せた新しいスタイルで情報提供を実施。盛況を博した。 テーマゾーン毎に推奨製品が展示され、スマートライフゾーンでは農業用ロボットなど農業向け製品が展示実演。その中で見つ...

ユアサ商事の独自展示会が盛況 インテックス大阪でも開催
2020/11/16

落合刃物工業が2020お客様感謝祭開催 茶園管理システム運用開始 OMR-5にツル取り機等新アイテム

落合刃物工業=落合益尚社長、静岡県菊川市=の「落合お客様大感謝祭」が、11月6~7日、同社特設会場で開催された。新型コロナの影響で、感染対策を徹底しながら、県内の生産者に来場を絞っての開催となった。動員1600名余りと例年の約半分だったものの、新しい技術も多く披露され、来場者の関心は一様に高かった。

落合刃物工業が2020お客様感謝祭開催 茶園管理システム運用開始 OMR-5にツル取り機等新アイテム
2020/08/11

ヤンマーアグリジャパン関東甲信越支社が 千葉、茨城、栃木、新潟でベストマッチ実演会

ヤンマーアグリジャパン関東甲信越支社(大橋昭彦支社長)は、新型コロナウイルス感染拡大により、各地の展示会が中止となる中、緊急事態宣言の解除を待って6~7月に、千葉、茨城、栃木、新潟の4県で、「ベストマッチ実演会」を開催した。同社トラクタと提携メーカー4社一押しの作業機をベストマッチ商品として訴求し、来場者の反応も上々だった。

ヤンマーアグリジャパン関東甲信越支社が 千葉、茨城、栃木、新潟でベストマッチ実演会
  1  2  3  4  5  6  7  >>