農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 展示会

展示会

新しい順  古い順
2020/02/29

北海道クボタが新春展示会2020 三笠会場から開始

北海道クボタ=渡邉弥社長、札幌市西区西町北16―1―1=は、道内各地で新春展示会2020を開催。その皮切りとして2月13・14日に三笠特設会場で中央支社合同展示会が実施された。水田地帯ということもあり水稲関連製品やドローンなどのICT農機コーナーへの関心が高く、2日間で目標の1600名を超える来場者が訪れ活況を呈した。

北海道クボタが新春展示会2020 三笠会場から開始
2020/01/27

エム・エス・ケー農業機械が新春初売り展示会 大型輸入農機を取り揃え

エム・エス・ケー農業機械‖石川善太社長、北海道恵庭市戸磯193―8‖は、1月16・17日に東日本支社6営業所合同で新春初売りの展示会を栃木県那須塩原市の東日本支社内で開催。同社が輸入販売する農業用トラクタ「マッセイ・ファーガソン」「フェント」や自走式ハーベスタ「クラース」を中心に、協賛各社も出展し、2日間で約1000名が来場した。

エム・エス・ケー農業機械が新春初売り展示会 大型輸入農機を取り揃え
2020/01/27

トミタモータース 新春初売り展示会

トミタモータース‖埼玉県久喜市久喜北1―10―17、冨田英則社長‖は、1月17・18日に「新春初売り大展示商談会」を久喜営業所で開催。当日は、農業機械の新品・中古品(整備代含む)をはじめ、各メーカー作業機、オイル各種、オリジナルの農薬散布ボートや新商品のドローンなどを多数展示し、2日間で750組約1000名が来場した。 冨田社長は「クボタ販売店としてトラ・コン・田の主要機種を中心に、派生するボート...

トミタモータース 新春初売り展示会
2020/01/27

やまびこが本社で造園緑化機械展 「エコー50V」を体感

やまびこ(永尾慶昭社長)の販売会社・やまびこジャパン東日本支社は1月17・18日、東京青梅市のやまびこ本社特設会場で、「造園緑化機械展示会」を開催した。昨年発売し好評のエコー50Vバッテリーシリーズの新商品をはじめ、最新のやまびこ山林・緑地管理用製品が勢揃い。開始前から来場客が押し寄せる盛況ぶりで、幸先の良いスタートとなった。

やまびこが本社で造園緑化機械展 「エコー50V」を体感
2020/01/27

4000名集め新春祝い市inみえ 三重ヰセキなど3社合同

三重ヰセキ販売、奈良ヰセキ販売、ヰセキ関西中部の3社が共催する東海・関西地区合同展示会、「第29回新春祝い市널みえ」が1月17・18日の両日、三重県津市のメッセウイング・みえで開かれた。この催しは恒例となっているだけに、開催を待ち望んでいるヰセキファンが多く、滋賀や京都、大阪、愛知、岐阜などから約4000人が来場。ヰセキグループも今年の商戦を占う「日本で一番早い展示会」として総力を結集。売上は目標...

4000名集め新春祝い市inみえ 三重ヰセキなど3社合同
2020/01/27

カネコ種苗ガーデン&アグリフェア2020

カネコ種苗=金子昌彦社長、群馬県前橋市=は、1月22・23日、東京都大田区の東京流通センター第2展示場で恒例の総合卸見本市「Garden&Agri Fair2020」を開催。今回のテーマは「楽しいを創(つ)・造(く)・作(る)」。当日は、同社の農業・花き分野の新商品、新商材を披露したほか、園芸・農業資材を扱う業界有力メーカー191社が出展。春商戦の商材を求めて全国から来場した小売店・園芸専門店・問...

カネコ種苗ガーデン&アグリフェア2020
2019/11/18

伊東電機がJAPAN PACK2019出展  「id-PAC」前面に

伊東電機=伊東徹弥社長、兵庫県加西市朝妻町1146―2=は、10月29日~11月1日に幕張メッセで開催された、JAPAN PACK2019日本包装産業展に「運び方改革」をテーマにした〝MDR式マテハン〟を軸とする、最先端の運送システムを出展、アピールした。 展示ブースでは、生産・物流ラインを劇的に、簡単に変えるソリューション技術「id―PAC」を主軸に、同社のモーター技術力を駆使したオリジナル技術...

伊東電機がJAPAN PACK2019出展  「id-PAC」前面に
2019/11/18

県内農家2000軒を動員  トラクタ&インプルも多彩に 埼玉県クボタグループ農魂フェス展示試乗会in加須

関東甲信クボタ(大和經宜社長)と埼玉県クボタグループは、11月8・9日に毎年恒例の「2019農魂フェスティバル展示試乗会」を埼玉県加須市のむさしの村西側駐車場特設会場で開催した。今回はスマート農機を中心に関東甲信クボタが主要農機100点を展示し、関連メーカー約60社が出展。トラクタ&インプル、各種作業機の実演や新製品発表会などが行われた。また、今回は相続税相談コーナーと防災対策コーナーを新設。2日...

県内農家2000軒を動員  トラクタ&インプルも多彩に 埼玉県クボタグループ農魂フェス展示試乗会in加須
2019/11/18

落合刃物工業がお客様大感謝祭開催 100周年に新たな挑戦  低床タイプの摘採機追加

落合刃物工業=落合益尚社長、静岡県菊川市西方58=は、11月8・9日に毎年恒例の「落合お客様大感謝祭」を本社工場で開催した。10月で創業100周年を迎えた同社は、新たな挑戦として主力摘採機に加え、管理機、防除機などの開発を強化。海外展開やスマート農業にも注力することをアピールした。2日間で約3000名の茶農家が来場して賑わった。

落合刃物工業がお客様大感謝祭開催 100周年に新たな挑戦  低床タイプの摘採機追加
2019/10/07

農業Weekが開幕 6展合計で1140社

日本最大の商談のための展示会である「第9回農業Week」(旧・農業ワールド)が10月9日(水)~11日(金)の3日間、千葉市の幕張メッセで開かれる。主催はリードエグジビションジャパン㈱。同展は農業資材EXPO、次世代農業EXPO、6時産業課EXPO、初開催の畜産資材EXPOの4展示会で構成、さらに道工具・作業用品EXPO、ガーデンEXPOの合計6展示会で合わせて1140社が出展するメガ商談会で全国...

農業Weekが開幕 6展合計で1140社
2019/10/01

サタケ FASE関西2019で提案 各種選別機、「精米生産の匠」等

サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、10月16日~18日の3日間、インテックス大阪で開催される第4回食品工場自動化・安全機器展「FASE関西2019」に、光選別機や風力選別機、流量監視装置、クラウド型情報管理サービスなどを展示・実演する。開催時間は午前10時~午後5時。同社の出展ブースは2号館2C—36ブース。

サタケ FASE関西2019で提案 各種選別機、「精米生産の匠」等
2019/10/01

オーレックフェスティバル開催 家族連れ等約2300人が来場

“草と共に生きる”をブランドコンセプトに掲げる、オーレック=今村健二社長、福岡県八女郡広川町日吉548―22=は「第9回OREC FESTVAL」を9月21日、本社で開催した。心配された台風17号の影響もなく、地元の家族連れなど2300名が来場、屋外での各種イベントを楽しんだ。今回のテーマは「Let`s OREC」で、来場者に、知って、感じて、食べて、つながる、さまざまなコンテンツの提供を通じ、楽...

オーレックフェスティバル開催 家族連れ等約2300人が来場
2019/10/01

関西バイオマス展 燃料や発電システム紹介

「第4回関西バイオマス展」が9月25日から3日間、大阪市住之江区のインテックス大阪で開かれた。化石燃料に代わる環境に優しいエネルギーとして近年、関心が高まっている「バイオマス発電」の関連メーカーが燃料や発電システムなど自社製品をPRした。2012年の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)施行以降、全国で木質バイオマス発電事業化の動きが活発化している。燃料となるのは、木材加工で発生する間伐...

関西バイオマス展 燃料や発電システム紹介
2019/10/01

台湾農業技術展 10月30日~11月2日台北南港展覧館で

台湾農業技術展(ASIA AGRI-TECH EXPO&FORUM)が10月30日から11月2日、台湾のTaipei Nangang Exhibition Center(台北南港展覧館)で開催される。出展対象となているのは、農業機器のほか、オーガニック農業設備、温室設備、農園機器、植物工場機器・設備、灌漑システム・設備、苗木・種苗、肥料・農薬など。来場対象は輸出入業業者、商社などの卸・流通のほかサ...

台湾農業技術展 10月30日~11月2日台北南港展覧館で
2019/09/23

伊東電機がプライベート展開催 最新搬送装置「TAPS」を紹介

伊東電機=伊東徹弥社長、兵庫県加西市朝妻町1146―2=は“MDR式マテハン”を軸とした、最先端の搬送システムをアピールする「PV(プライベート)展㏌大阪」を9月11日~13日の3日間、大阪市中央区のマイドーム大阪で開催。 今期中、工場・物流・植物工場関係者ら約1000人が来場した。 全国で開催している同展は今回で15回目。大阪での開催は3回目となるテーマは「現場が変わる!生産性が上がる!そして儲...

伊東電機がプライベート展開催 最新搬送装置「TAPS」を紹介
2019/09/09

三菱農機販売九州支社 ダイヤモンドフェア2019夏 来場2500名、成約6.8億円

三菱農機販売九州支社(松田清文支社長)は、8月30日(金曜)、31日(土曜)の2日間、熊本県益城群益城町のグランメッセ熊本で、九州地区全域を対象とした大展示商談会『ダイヤモンドフェア2019夏』を開催した。直前に発生した九州北部豪雨の影響などにより来場者こそ2500名に留まったが、成約は前年を上回る6億8000万円を達成した。

三菱農機販売九州支社 ダイヤモンドフェア2019夏 来場2500名、成約6.8億円
2019/08/26

サタケがアフリカ開発会議併催イベントに出展

サタケ=佐竹利子代表、東広島市西条西本町2-30=は、8月28日~30日の3日間、パシフィコ横浜で開催される第7回アフリカ開発会議「TICAD7」の併催イベント「日本・アフリカビジネスフォーラム&EXPO」で開催される「ビジネスEXPOジャパン・フェア」で、海外向け事業ブランドの「REACH」や光選別機などをパネル出展する。

サタケがアフリカ開発会議併催イベントに出展
2019/08/26

43社が最新製品展示 第1回青森農機展が開催

青森県農業機械協会主催(青森県、全農青森県本部など後援)による「第1回青森県農業機械・資材展示会」が8月21・22日、北津軽郡板柳町の津軽りんご市場で開催された。会員企業・協賛農機メーカー・ディーラーなど43社93小間が出展。来場目標2500名で行われた。 会場にはトラクタをはじめ、高性能で低コスト農業に資する田植え機、コンバイン、管理機、代かき機、刈払機、動噴、草刈りモアなど250点以上の製品が...

43社が最新製品展示 第1回青森農機展が開催
2019/08/05

関東甲信クボタが「サマーフェア2019in安曇野スイス村」を開催

関東甲信クボタ(大和經宜社長)は7月26~27日、長野県安曇野市で「サマーフェア2019in安曇野スイス村」を開催した。先駆けて25日にはヘビーユーザー向けにプレミアムフェアを実施。計3日間でスマート農業やソリューションに関する活発な提案を実施。受注金額7億1000万円、動員共に目標を上回るなど、実績を伴う大きな成果を遂げた。

関東甲信クボタが「サマーフェア2019in安曇野スイス村」を開催
2019/08/05

ヰセキ九州農家とヰセキの夏まつり 大規模から中小規模まで役立つ営農提案に4000名が来場

ヰセキ九州(村瀬武志社長)は7月20~22日、熊本県益城町のグランメッセ熊本で、「農家とヰセキの夏まつり」を開催した。協賛メーカー80社も参加。大規模向けスマート農機・大型農機と中小規模向け農機、更に営農に役立つ抱負な資材の展示、ヰセキが提案する営農サポートの紹介等内容の濃いイベントに、雨天にもかかわらず3日間で4000名が来場した。

ヰセキ九州農家とヰセキの夏まつり 大規模から中小規模まで役立つ営農提案に4000名が来場
  1  2  3  4  5  6  >>