農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > カワサキ機工

カワサキ機工

新しい順  古い順
2021/11/22

カワサキ機工がフェスタカワサキ’21開催 スマ農対応の新製品紹介

カワサキ機工=川﨑洋助社長、静岡県掛川市=は、11月5~6日、同社特設会場で2021フェスタカワサキを開催、カワサキスマートコネクト製品群の新製品「渡歴茶クラウド(トレサクラウド)」及び乗用型摘採機の新製品「KJ6CNplus+」「KJ4CNplus+」を初披露した。来場者は同社が提案する新しい茶業の技術、機械を熱心に見ていった。 カワサキ機工では、お茶農家の減少、経営の大規模化を睨み、お茶づくり...

カワサキ機工がフェスタカワサキ’21開催 スマ農対応の新製品紹介
2021/11/02

「渡歴茶クラウド」 新型乗用摘採機「KJ6C-SJ」 ~カワサキ機工~

カワサキ機工=川﨑洋助社長、静岡県掛川市=はこのほど、カワサキスマートコネクト製品群の新製品「渡歴茶クラウド(トレサクラウド)」と、乗用型摘採機の新製品「KJ6C―SJ」を発表した。【渡歴茶クラウド】「渡歴茶クラウド」では、現在販売している「データキーパー」シリーズの中のお茶のトレーサビリティを管理するための機能「渡歴茶」をクラウド上で動作させることにより、お茶工場のパソコンだけでなく、自宅などで...

「渡歴茶クラウド」 新型乗用摘採機「KJ6C-SJ」 ~カワサキ機工~
2020/08/11

カワサキ機工×アグリオン スマホと茶園機械が連動

カワサキ機工(川﨑洋助社長、静岡県掛川市伊達方滑川‌‌‌810―1)は、8月1日から、ライブリッツ(村澤清彰社長、東京都品川区大崎2―1ー1ThinkParkTower)の農業日誌Agrion(以下、アグリオン)と連携し茶業界初の新サービスを開始する。『アグリオン』はクラウド型農業日誌アプリで2017年4月から製品版の提供を開始し、今年1月時点でのユーザー数は1万4000経営体超。主なユーザーの取...

カワサキ機工×アグリオン スマホと茶園機械が連動
2020/03/02

カワサキ機工が新型小型複合管理機

カワサキ機工=川﨑洋助社長、静岡県掛川市=では、新型小型乗用複合管理機『KJM6』の発売を3月1日から開始した。スリットジェット方式(特許取得)のKJ4CN、KJ6CNなどの中型の乗用型摘採機や同サイズの防除機KJS4の販売が非常に好調で、今回の小型乗用複合管理機『KJM6』は、こうした摘採機、防除機のユーザーからの「あとは肥料散布のできる小規模園用の乗用管理機が欲しい」との声に応えたもの。同社で...

カワサキ機工が新型小型複合管理機
2019/10/21

カワサキ機工、抹茶成分分析計を発表 11月8・9日のフェスタカワサキで

カワサキ機工=川﨑洋助社長、静岡県掛川市伊達方滑川810―1=は、11月8・9日の2日間、同社掛川工場において、「フェスタカワサキ2019」茶業関連機器大展示会を開催する。 茶業界に明るい灯をともすべく「We turn ON the light of hope.」をキャッチフレーズに、茶生産者のみならず茶業界に携わるすべての関係者に生産性向上のための提案を行う。 中でも、テント内の展示コーナーにお...

カワサキ機工、抹茶成分分析計を発表 11月8・9日のフェスタカワサキで
2019/03/18

カワサキ機工 茶業者研修会開催 多様化する価値観へ対応

カワサキ機工=川﨑洋助社長、静岡県掛川市伊達方滑川810ー1=は8日、茶業者研修会を掛川市生涯学習センターで開催し、約500名が参集した。会場内では恒例となった全国各地の荒茶サンプル展示や同社製茶機械・茶園管理機の展示、研修会では、同社最新機器の紹介、鹿児島県早場産地の生育状況報告、「お~いお茶」発売30周年記念講演などを行った

カワサキ機工 茶業者研修会開催 多様化する価値観へ対応
2018/11/26

カワサキ機工が新体制

カワサキ機工=静岡県掛川市伊達方滑川810―1=は、10月30日開催の第66回定時株主総会ならびに取締役会を行った。新体制は次の通り。敬称略。 【新体制】 ▽代表取締役社長=川﨑洋助 ▽取締役会長=枝村康生 ▽常務取締役=岡田猛 ▽常務取締役=久保孝則 ▽取締役総務部長=川﨑邦博。 なお、川﨑尚一氏は、取締相談役を退任し、今後は、相談役として社業の進展を補佐していく。

カワサキ機工が新体制
2018/07/23

カワサキ機工、吉田町のJA農機大展で課題解決の機械好評

カワサキ機工=川﨑洋助社長、静岡県掛川市伊達方滑川=は7月6~8日、静岡県吉田町で開催されたJA農業機械大展示会に出展した。製茶機械から茶園機械まで一貫して提供できるラインナップを持つ同社だが、毎年、屋外の開催となる同展では茶園管理機会を展示紹介している。今年も、同社のブースはよりよい茶葉の生産を求めて多くの来場者で賑わった。

カワサキ機工、吉田町のJA農機大展で課題解決の機械好評
2017/11/13

フェスタカワサキ'17 市場ニーズを捉えた商品群

カワサキ機工(川﨑洋助社長)の展示会「フェスタカワサキ2017」が、11月2・3日の両日、静岡県掛川市の同社掛川工場で開催され2500名余が来場した。 近年需要が旺盛なドリンク向けの原料茶や抹茶の原料となる碾茶などの摘採に最適な乗用摘採機や、更にバージョンアップした新碾茶ラインなど市場のニーズを的確にとらえた商品群で来場者を出迎えた。

フェスタカワサキ'17 市場ニーズを捉えた商品群
2017/10/30

カワサキ機工が長芽刈り用のパーツ発売 コンテナ型摘菜機に追加

カワサキ機工=枝村康生社長、静岡県掛川市=は、このほどコンテナ型乗用摘採機の「KJ8C‐SJ」「同10C‐SJ」のスリットジェットシリーズにオプションで装着できる中央搭載型の「2段刈り摘採ユニットTSV」を発売した。 「2段刈り摘採ユニット」は、スリットジェット刈取方式とシングルフローシステムに加えることで、昨今、需要が旺盛となっているドリンク向けの原料茶、抹茶の原料となる碾茶など生葉収量を重視し...

カワサキ機工が長芽刈り用のパーツ発売 コンテナ型摘菜機に追加
2017/10/09

カワサキ機工が11月2~3日フェスタカワサキを開催

カワサキ機工(枝村康生社長)は、11月2~3日に同社掛川工場で、「フェスタカワサキ2017」茶業関連機器大展示会を開催する。 今回は、市場のニーズをいち早く察知し、開発販売までをレスポンス良く行うこと「we respond agile to your needs.」をキャッチフレーズに、緑茶、碾茶から新香味茶、烏龍茶、紅茶に至るまでの幅広い製品の製造可能機器を取り揃える。 テント内の展示コーナーで...

カワサキ機工が11月2~3日フェスタカワサキを開催
2017/03/15

カワサキ機工がFOODEXでお茶の消費拡大に向け新スタイルを提案

カワサキ機工=枝村康生社長、静岡県掛川市伊達方滑川810ー1=は3月7~10日、千葉県の幕張メッセで開催された「FOODEX JAPAN」に出展した。 お茶機械のメーカーとして様々なテイストのお茶を紹介、そうした新しいテイストのお茶の加工のできる機械メーカーであることを発信した。

カワサキ機工がFOODEXでお茶の消費拡大に向け新スタイルを提案
2017/03/08

カワサキ機工が紅茶の成分分析計4月に発売 主要成分瞬時に計測

カワサキ機工=枝村康生社長、掛川市伊達方滑川810‐1=は、静岡県農林技術研究所茶業研究センター、静岡製機=鈴木直二郎社長、静岡県袋井市諸井1300=との共同開発で製品化した、紅茶の主要成分を瞬時に測定できる「紅茶の成分分析計GTN―B」を今年4月から発売する。

カワサキ機工が紅茶の成分分析計4月に発売 主要成分瞬時に計測