農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行

行政

法人割合の上昇続く 令和2年2月現在集落営農調査結果

2020/04/06

農水省はこのほど、令和2年度の集落営農実態調査(2月1日現在)をまとめた。それによると、全国の集落営農数は1万4832で、前年に比べて117(0・8%)減少した。このうち法人の集落営農数は5458となり、前年に比べ157(3・0%)増加した。 法人の集落営農数は調査のある平成22年以降、増加を続けている。 ここでの「集落営農」とは、集落を単位として農業生産過程の一部又は全部の共同化・統一化に関する...

法人割合の上昇続く 令和2年2月現在集落営農調査結果

食糧部会が米穀の新用途利用促進の基本方針等を答申

2020/04/06

農水省は3月31日、食料・農業・農村政策審議会食糧部会を開催、麦の需給見通しや米穀の新用途(米粉用米、飼料用米)への利用の促進に関する基本方針(以下、基本方針)などについて答申を行った。米粉用米は平成24年度以降、2~3万㌧程度で推移していたが、近年は需要量が増大。一方、その課題として一部企業では小麦粉並みの米粉価格を達成したもののパンや麺等の二次加工品の価格差が課題。 また、飼料用米については、...

食糧部会が米穀の新用途利用促進の基本方針等を答申

温暖化対策を見直し 令和3年度予算に反映へ

2020/04/06

農水省は3月25日に農水省地球温暖化対策計画の見直しを検討するための会議を新型コロナウイルス対策により、書面で開催。これは、食料・農業・農村政策審議会企画部会地球環境小委員会、林政審議会及び水産政策審議会のそれぞれ地域環境小委員会の合同会議によるもの。 今後検討を重ね、8月末の令和3年度概算要求に今回の改定計画を反映させる。 この中では、2018年度対策の評価をAからEで行った。 省エネ機器、農地...

温暖化対策を見直し 令和3年度予算に反映へ

農業支援サービス 普及・育成体制の構築へ 未来投資会議で議論

2020/04/06

政府は3月31日、未来投資会議構造改革徹底推進会合「地域経済・インフラ」会合(農林水産業)を開催、農水省側からスマート農業の社会実装に向けた取組状況、農業をサポートするサービス事業の推進について報告を受けた。 はじめに内閣府の宮下一郎副大臣が「スマート農業の社会実装は農業者が減少するなか、農業生産を維持発展させていくために重要な取組。本日の会議を通じ、農業の成長産業化のための取組について議論が進む...

農業支援サービス 普及・育成体制の構築へ 未来投資会議で議論

農研機構、役員人事4月1日付

2020/04/06

農研機構は4月1日付役員人事を公表した。主な人事は次の通り。 ▽理事・研究推進担当Ⅰ=梅本雅(農研機構本部総括調整役) ▽同・研究推進担当Ⅲ=中島隆(農研機構本部企画戦略本部長) ▽同・研究管理担当=水町功子(農研機構西日本農業研究センター所長)。

農研機構、役員人事4月1日付

前年度並傾向が41県 令和2年主食用米の作付意向

2020/04/06

農水省は3月26日に令和2年産(2020年)米の作付け意向の第1回中間取組状況についてまとめた。それによると、主食用米は41県が「前年並み傾向」、6県が「減少傾向」であった。 同省は、都道府県農業再生協議会及び地域農業再生協議会からの聞き取りに基づき中間取組状況をまとめている。今回は2月末時点の作付け意向。 主食用米で前年並みの意向は次ぎの41県。

前年度並傾向が41県 令和2年主食用米の作付意向

農機取扱2375億円 平成30年度総合農協調査

2020/04/06

地域農業の担い手を支える農協はどんな状況にあるのか。農水省は平成30事業年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)の総合農協一斉調査結果をまとめた。639組合を集計した。 それによると、総合農協の組合員数は1049万人で、前事業年度に比べ0・2%減少。役員数は1万6916人で前事業年度に比べ2・1%減少し、女性の占める割合は7・7%から8・0%へ増加した。 職員数は19万5508人で、前事業...

農機取扱2375億円 平成30年度総合農協調査

0.5%増の263万㌧に 令和元年産の鶏卵生産量

2020/03/23

農水省はこのほど、令和元年の鶏卵生産量を公表した。それによると、鶏卵生産量は対前年比0・5%増の263万9733㌧であった。 平成28年から4カ年の鶏卵生産量の推移をみると、28年256・2万㌧、29年260・1万㌧、30年262・8万㌧、令和元年264・0万㌧と過去4年間では、令和元年産が最も多くなっている。 鶏卵生産量を主な県別の割合でみると、茨城県が8・9%と最も高く、次いで鹿児島県が7・1...

0.5%増の263万㌧に 令和元年産の鶏卵生産量

業界動向

FMC 高品質な農作物栽培へ 秀品サポート肥料を上市

2020/04/06

エフエムシー・ケミカルズ(平井康弘社長、以下FMC)は、4月2日から、秀品サポート肥料「ストラクチャー」の販売を開始した。 近年、日本においても度重なる異常気象や栽培環境の変動に対応しながら、高い安全性や持続可能性、高品質な農作物への需要は高まるなか、FMCは、日本でもプラントヘルス事業を新たに立ち上げ、グローバルの強みと経験を活かし本分野に参入、国内の多様化する生産者のニーズや要請に迅速に応える...

FMC 高品質な農作物栽培へ 秀品サポート肥料を上市

精密農業をサポート ビコンジャパンがGEOヘルプセンター

2020/04/06

ビコンジャパン=森泰人社長、千歳市上長都1121―2=は、同社ホームページ内に、ビコン重量センサー付ワイドスプレッダーユーザーに向けた「GEOで困ったとき」のサイトを開設した。過去4年間の相談内容を分析して多い質問の答えを網羅。手持ちのスマホなどでも簡単にアクセスでき、見たい項目を選択すれば、簡潔でわかりやすく説明している。 例えば、〝電源が入らない〟場合、その項目をクリックすると、「接続方法(配...

精密農業をサポート ビコンジャパンがGEOヘルプセンター

KOBASHIHOLDINGSがKOBASHI ROBOTICS設立 量産化支援の新会社

2020/04/06

KOBASHI HOLDINGS(小橋正次郎社長、岡山市南区中畦684)は、今年2月に「KOBASHI ROBOTICS」(小橋正次郎社長)を設立し、社会課題を解決する技術の社会実装を支援、試作開発から量産・メンテナンスまで、ものづくりの各プロセスを包括的に支援する次世代型ものづくりプラットフォームサービスを開始する。

KOBASHIHOLDINGSがKOBASHI ROBOTICS設立 量産化支援の新会社

オーレックが乗用草刈機の新製品 乗り心地・安全面が向上

2020/04/06

オーレック(今村健二社長、福岡県八女郡広川町日吉)は4月1日、乗用草刈機シリーズの新製品「ラビットモアーRM984」を発売した。2016年のブランドリニューアル時に発表したコンセプトモデルをベースとしつつデザインを一新、『草と共に生きる』というオーレックの想いを込め、「ONEシリーズ」としてフルモデルチェンジでの発売となった。

オーレックが乗用草刈機の新製品 乗り心地・安全面が向上

三菱マヒンドラ農機が低価格なのに高性能「ラバータイプディスクハロー」発売

2020/04/06

三菱マヒンドラ農機=田中章雄CEO社長、本社:島根県松江市=は、4月から、マヒンドラ社傘下のヒサルラー社(トルコ)が製造する作業機「ラバータイプディスクハロー」3型式の輸入販売を開始する。型式と希望小売価格(税別)は・HDH20R-56(ディス20枚)が150万円、同24同(同24枚)が168万円、同28同(同28枚)が186万円(同28枚)。

三菱マヒンドラ農機が低価格なのに高性能「ラバータイプディスクハロー」発売

MAM組織変更・三菱農機販売新体制

2020/04/06

三菱マヒンドラ農機(田中章雄社長、略称:MAM)はこのほど4月1日付け組織変更と営業戦略統括部組織変更と管理職人事及び三菱農機販売(小林宏志社長)の役員体制変更を発表した。【三菱マヒンドラ農機の組織変更】MAM営業戦略統括部と農販・販売企画機能の統合および部品部の編入=MAM国内営業部と農販・販売企画部が連携して国内販売戦略の検討・実施・推進しているが、今後、更なる営業戦略の浸透と実施強化を図るた...

MAM組織変更・三菱農機販売新体制

IHIア グリテックが新体制人事を発表

2020/04/06

IHIアグリテック=北海道千歳市上長都1061―2=は、3月26日付の臨時株主総会において、4月1日付けで役員が選任された。新体制人事は次の通り。敬称略。▽代表取締役社長=宮原薫▽取締役=浅輪学▽同=昆明彦▽同=合馬次郎▽同=古場誠生(新任)▽同(非常勤)=秋元潤(新任、㈱IHI産業システム・汎用機械事業領域企画管理部長)▽監査役=酒井勉▽同(非常勤)=北村伸夫(㈱IHI財務部資金・会計グループ主...

IHIア グリテックが新体制人事を発表

やまびこ新経営陣容

2020/04/06

やまびこ=東京都青梅市末広町1―7―2=は3月27日、定時株主総会で役員の選任を行い、その後の取締役会で経営陣容を決定した。経営陣容は次の通り。【取締役】▽代表取締役=永尾慶昭▽同=田﨑隆信▽取締役=久保浩(新任)▽同=林智彦▽同=澤田俊治▽同(社外)=山下哲夫▽同(同)=佐野廣二。【執行役員】▽社長執行役員=永尾慶昭*▽副社長執行役員・営業担当兼海外本部長兼エコー・インコーポレイテッド会長=田﨑...

やまびこ新経営陣容

特集

土壌消毒剤を味方に 連作障害防ぎ増収を

2020/03/16

農水省は農薬の使用に伴う事故状況を取りまとめ公表している。平成29年度に発生した農薬の使用に伴う事故及び被害の発生状況は21件。原因別では、農薬散布時のマスクやメガネ等の防護装備が不十分であったため生じた被害や、飲料の空容器に移し替えた農薬を誤飲した例などがある。このうちクロルピクリンの使用時に被覆を行わずに発生した事例が数件ある。クロルピクリンは、連作障害を防ぐ優秀な資材。ここできちんとした使用...

土壌消毒剤を味方に 連作障害防ぎ増収を

キルパーで古株枯死、作物の残渣処理で蔓延防止

2020/03/16

キルパーの〝古株枯死〟が注目を集めている。作物収穫後のまだ古株が残っている状態から処理をして枯らすことで、収穫後の残渣処理を楽にできるほか、アザミウマ類やセンチュ類、フザリウム立枯病、褐斑病など、病害虫の蔓延防止に役立つ。 使用方法は、収穫後のハウスの灌水・点滴チューブをそのまま利用し、キルパーを流すという簡単なもの。処理後2日目から枯れ始め、5日後までに枯死する。

キルパーで古株枯死、作物の残渣処理で蔓延防止

東海の果樹はみかん等多様な品目 輸出への取組で販路拡大

2020/03/02

東海地方で果樹といえば、静岡のみかんが浮かぶがそれ以外にも様々なものが生産されている。 果実全体の産出額(平成29年産)をみると静岡が302億円で全国8位、愛知が197億円で13位、三重が67億円で33位、岐阜が50億円で37位の計616億円。

東海の果樹はみかん等多様な品目 輸出への取組で販路拡大

農薬・肥料

FMC 高品質な農作物栽培へ 秀品サポート肥料を上市

2020/04/06

エフエムシー・ケミカルズ(平井康弘社長、以下FMC)は、4月2日から、秀品サポート肥料「ストラクチャー」の販売を開始した。 近年、日本においても度重なる異常気象や栽培環境の変動に対応しながら、高い安全性や持続可能性、高品質な農作物への需要は高まるなか、FMCは、日本でもプラントヘルス事業を新たに立ち上げ、グローバルの強みと経験を活かし本分野に参入、国内の多様化する生産者のニーズや要請に迅速に応える...

FMC 高品質な農作物栽培へ 秀品サポート肥料を上市

三井化学アグロ人事

2020/04/06

三井化学アグロ(小澤敏社長)は、4月1日付新体制を発表した。敬称略。【役員新体制】《役員・執行役員》▽代表取締役社長執行役員=小澤敏▽取締役常務執行役員(昇任)、研究開発本部長=小國浩一▽同(同)、営業本部長=宮井俊樹▽社外取締役(新任)、第一芙蓉法律事務所弁護士=平越格▽非常勤取締役、三井化学株式会社フード&パッケージング事業本部企画管理部長=垣元剛▽監査役=厨子彰英▽非常勤監査役(新任)、三井...

三井化学アグロ人事

アグロカネショウ新体制

2020/04/06

アグロカネショウ(櫛引博敬社長)は、3月25日、第61回定時株主総会、取締役会、監査役会において役員を選任した。【役員体制】▽代表取締役社長=櫛引博敬▽同専務=井上智広▽取締役執行役員(研究開発部本部長)=金瀬聖▽同(営業技術普及本部長)=後藤純▽同(経営企画本部長)=海部行延▽取締役(社外取締役)=藤倉基晴▽同(同)=岩﨑泰一▽常勤監査役=長谷川正次▽同=市野則夫▽監査役(社外監査役)=横山和夫...

アグロカネショウ新体制

林業

農林中金が第6回助成事業9件決定、架線集材技術など

2020/03/16

農林中金は、「農中森力(もりぢから)基金」として第6回助成事業について9件、1億9500万円の助成を決めた。 助成対象として選ばれたのは鶴居村森林組合(北海道)、遠野地方森林組合(岩手県)、石巻地区森林組合( 宮城県)、松本広域森林組合・長野県森林組合連合会(長野県)、岡崎森林組合(愛知県)、中勢森林組合(三重県)、大田市森林組合(島根県)、大洲市森林組合( 愛媛県)、鹿児島森林組合連合会(鹿児島...

農林中金が第6回助成事業9件決定、架線集材技術など

スマートエネルギーWeek 各社が最新機械を展示実演

2020/03/09

「スマートエネルギーWeek2020(主催/リードエグジビションジャパン)」が2月26日〜28日まで東京ビッグサイトで開催された。新型コロナウイルスが日本で広がった影響を受け、マスクの配布や全ゲート入口でサーモグラフィによる体温測定を実施するなど、物々しい状況で実施。例年と比べて来場者も減少(3日間で約1万8506名)するなど、例年と違った雰囲気で行われた。その中で弊社関連企業も出展。自社製品の特...

スマートエネルギーWeek 各社が最新機械を展示実演

キャニコムの「山もっとジョージ」がネーミング大賞1位

2020/03/09

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=の多目的造林機械「山もっとジョージ」がこのほど、日刊工業新聞社が主催の第30回読者が選ぶ〝ネーミング大賞〞ビジネス部門第1位に選ばれた。 同賞は、昨年発表された新商品で、話題となったネーミングの中から、内容を的確に、かつ感性豊かに表現したものが選ばれる賞。記念すべき30周年の年に「山もっとジョージ」が、ビジネス部門第1位を受賞した。

キャニコムの「山もっとジョージ」がネーミング大賞1位

統計

法人割合の上昇続く 令和2年2月現在集落営農調査結果

2020/04/06

農水省はこのほど、令和2年度の集落営農実態調査(2月1日現在)をまとめた。それによると、全国の集落営農数は1万4832で、前年に比べて117(0・8%)減少した。このうち法人の集落営農数は5458となり、前年に比べ157(3・0%)増加した。 法人の集落営農数は調査のある平成22年以降、増加を続けている。 ここでの「集落営農」とは、集落を単位として農業生産過程の一部又は全部の共同化・統一化に関する...

法人割合の上昇続く 令和2年2月現在集落営農調査結果

前年度並傾向が41県 令和2年主食用米の作付意向

2020/04/06

農水省は3月26日に令和2年産(2020年)米の作付け意向の第1回中間取組状況についてまとめた。それによると、主食用米は41県が「前年並み傾向」、6県が「減少傾向」であった。 同省は、都道府県農業再生協議会及び地域農業再生協議会からの聞き取りに基づき中間取組状況をまとめている。今回は2月末時点の作付け意向。 主食用米で前年並みの意向は次ぎの41県。

前年度並傾向が41県 令和2年主食用米の作付意向

陸内協のエンジン見通し 総台数で6.5%減 コロナ禍で変動も

2020/04/06

農業機械や建設機械などの原動力となるエンジンとその動向。日本陸用内燃機関協会(奥田克久会長)は1日、令和2年度陸用内燃機関生産(国内、海外)・輸出見通しをまとめた。それによると令和2年度の国内・海外合わせた総生産台数は対前年比93・5%の1230万台の見込み。なお新型コロナウイルスの影響で今後大きく変動する可能性があるとしている。

陸内協のエンジン見通し 総台数で6.5%減 コロナ禍で変動も

農機取扱2375億円 平成30年度総合農協調査

2020/04/06

地域農業の担い手を支える農協はどんな状況にあるのか。農水省は平成30事業年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)の総合農協一斉調査結果をまとめた。639組合を集計した。 それによると、総合農協の組合員数は1049万人で、前事業年度に比べ0・2%減少。役員数は1万6916人で前事業年度に比べ2・1%減少し、女性の占める割合は7・7%から8・0%へ増加した。 職員数は19万5508人で、前事業...

農機取扱2375億円 平成30年度総合農協調査

トピックス

ヤノ技研からハウス用蓄熱カプセル、自然熱活用し冷暖房費減

2020/03/16

ヤノ技研=矢野直達社長、神戸市和田山通1―2―25=が、施設園芸の冷暖房資材として使用する蓄熱カプセル「エネバンク」の拡販に力を入れている。昼は太陽熱を吸収し蓄え、夜はその熱を放出する。冷暖房費を抑えるだけでなく、自然の熱を有効活用し、電気などのエネルギーを使わない「環境に優しい」資材としてアピールしている。 エネバンクは、ポリエチレン製の容器の中に潜熱蓄熱材(PCM)を充填したもの。太陽熱を利用...

ヤノ技研からハウス用蓄熱カプセル、自然熱活用し冷暖房費減

エース・システムから公道対策キット発売、直装作業機向け3タイプ

2020/03/16

農耕トラクタの使用者が公示された基準緩和認定の条件や制限事項を遵守すれば、農作業機を農耕トラクタに装着したまま公道走行が可能になった。これを受けて各地で作業機を装着したトラクタの公道走行についての研修会が行われて走行に必要な灯火器類キット等が注目を集める中、エース・システム=北海道札幌市白石区米里5条2―5―30=は、直装タイプの作業機向けに3タイプの「LEDリアランプ汎用キット」を発売。全国のユ...

エース・システムから公道対策キット発売、直装作業機向け3タイプ

イノフィスのマッスルスーツが累計出荷台数1万台突破

2020/03/16

イノフィス=古川尚史社長、東京都新宿区神楽坂4―2―2=は、同社が開発・販売するマッスルスーツの累計出荷台数が3月2日時点で1万台を突破したと発表した。 同社によれば、「人工筋肉をアクチュエーターとした外骨格型アシストスーツでは世界一の出荷台数になる」としている。 同社は2014年から「腰補助用マッスルスーツ」の販売を始めて以来、「機能はそのまま、より軽量に、より低価格に」を追求し続け、毎年新モデ...

イノフィスのマッスルスーツが累計出荷台数1万台突破

アイトスの空調服で熱中症予防、炎天下での農作業に

2020/03/16

作業着から各種ユニフォームまで製造、創業103年の実績をもつアイトス=大阪市中央区北久宝寺町2―4―8=が販売する「空調服」が好評だ。空調服の取り扱いは3年目。バッテリーとファンは㈱空調服(東京都)製。ハウスや炎天下での農作業にぴったり。体力の消耗を軽減し、作業効率を上げ、熱中症予防になる。

アイトスの空調服で熱中症予防、炎天下での農作業に

注目のキーワード