農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行

行政

農家の手取り最大化へ JA全農が成果発表会

2019/02/11

JA全農(神出元一理事長)は2月7日、東京都港区芝公園のベルサール御成門タワーで「農家の手取り最大化成果発表会」を開催、全国からJA職員など320名が集まり、モデルJAとなった55JAのうち5JAの取り組みについて報告を受けた。 JAグループでは平成27年10月に開かれた第27回JA全国大会で「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」などをJA自己改革の最重点課題として集中的に取り組むこととした。この...

農家の手取り最大化へ JA全農が成果発表会

農産物輸出1兆円に王手 平成30年実績は12%増の9068億円に いちごが40%大幅増加

2019/02/11

2018年の農林水産物・食品の輸出が9000億円を突破した。2月8日に公表された平成30年農林水産物・食品の輸出実績によると平成30年の輸出額は前年比12・4%増の9068億円となり、6年連続で増加した。なかでも大きな伸びを示したのは、りんごの同27・6%増、いちごの同40・7%増、かんしょの42%増など。政府では201年に輸出額1兆円を目指しており、その目標に向けあと一歩まで迫った形だ。

農産物輸出1兆円に王手 平成30年実績は12%増の9068億円に いちごが40%大幅増加

農水省がスマート農業で特別企画 野口伸教授が講演 

2019/02/04

農水省は25日、TBSドラマ「下町ロケットヤタガラス編」で「北海道農業大学野木教授」を演じた俳優の森崎博之さんと、モデルとなった北海道大学大学院農学研究院の野口伸教授を招き、「スマート農業特別企画」として、トークセッションなどを開いた。著者の池井戸潤氏からは、「野口先生をはじめとする関係者の方々の取組みは、日本農業の未来を切り拓くための真摯な挑戦」とのメッセージが送られた。そして野口伸教授が今後の...

農水省がスマート農業で特別企画 野口伸教授が講演 

果樹生産のマッチングミーティング開催

2019/01/14

農水省は、新技術の現場実装に向け「農業者と企業・研究機関とのマッチングミーティング」を品目ごとに開催している。昨年12月21日、東京都千代田区の農水省講堂、共用第一会議室で、第4回として果樹をテーマに開催した。 同マッチングミーティングは、技術提案企業等からのプレゼンテーション、個別ブースでの企業・研究機関との相談会。果樹生産に活用できるアシストスーツや鳥獣対策、技術の継承、ドローン、樹園地除草(...

果樹生産のマッチングミーティング開催

スマート農業実装へ 都内で公募説明会開催

2019/01/14

農水省は8日、都内で「スマート農業加速化実証プロジェクト」の公募に関する全国説明会を開催した。冒頭、吉川農相が挨拶し、「就農人口が高齢化する中、スマート農業が大きなカギとなる。プロジェクトでは各地域から優れた提案がなされることを期待している。今年、実証から実装へと移していただきたい」などと述べた。 当日は、行政や研究機関、メーカーなど約400名が参加した。これを皮切りに全国10か所でブロック別説明...

スマート農業実装へ 都内で公募説明会開催

畑作経営の農業所得は約3割増 1経営体あたり348万円

2018/12/17

ばれいしょ、かんしょ(さつま芋)などを生産している畑作経営。その”フトコロ具合い”を示すのが経済状況。農水省が12月11日に公表した畑作経営の経営統計。平成29年度の畑作経営の1経営体あたりでは、農業粗収益は954万円で前年に比べ10.5%増、農業経営費は606万円で前年比1.9%増。この結果、粗利益から経営費を差し引いた農業所得は348万円で前年に比べ29.6%と約30%の増加だった。なかでも畑...

畑作経営の農業所得は約3割増 1経営体あたり348万円

露地野菜の所得234万円 野菜・果樹・花きの個別経営

2018/12/17

農水省が12月11日に公表した平成29年農業経営統計調査から個別経営のうち野菜作、果樹作、花き作経営をみてみる。 野菜作経営のうち露地野菜作経営の1経営体あたりの農業粗収益は602万円で前年比1%の減少となった。一方、農業経営費は同1%増の368万円で農業所得は同3・9%減の234万円だった。露地野菜作の詳細について。経営概況では、月平均農業経営関与者は前年並みの2・24人。経営耕地面積は同1・9...

露地野菜の所得234万円 野菜・果樹・花きの個別経営

水田組織経営の農業所得が増加傾向に 所得は6.2%増の1915万円

2018/12/17

農水省は12月11日、平成29年の農業経営統計調査を公表した。このうち組織法人経営(水田作経営)は農業粗収益が5624万円で直近10年で最高となった。 一方農業経営費も過去10年で最高となる3708万円。この結果、農業所得は過去2番目に高い1915万円となっている。水田以外の耕種の農業所得では、畑作が前年比約4割増の2085万円となったほかは減少。また、畜産では、酪農、養豚、採卵養鶏、ブロイラー養...

水田組織経営の農業所得が増加傾向に 所得は6.2%増の1915万円

業界動向

小橋工業が下町ロケットモデルのオート畦塗り機を限定販売

2019/02/18

小橋工業(小橋正次郎社長)は、オートあぜ塗り機ガイア「下町ロケットモデル」を500台限定で、1月から発売している。本機は、原作本の表紙イラストを手掛けた、木内達郎氏によるオリジナルデザインを使用した、特別仕様の機体。購入者全員に原作小説などをプレゼント。また、本社工場内での耕うん爪工場の建替えが完成、1月31日に竣工式が行われた。

小橋工業が下町ロケットモデルのオート畦塗り機を限定販売

寺田製作所が茶期前研修会開催

2019/02/11

寺田製作所=寺田均社長、静岡県島田市牛尾869―1=は、2019年茶期前研修会を3月15日(金)午後13時分から17時00分まで掛川市生涯学習センターで開催する。 当日の研修内容は、製造講習、商品紹介、九州情報、講演の他、乗用型摘採機・茶園管理機・微粉砕機(美砕機)の展示・実演など。全国の茶産地の荒茶サンプル(昨年一番茶)展示、小物展示販売(特別価格)も行う。

寺田製作所が茶期前研修会開催

三井化学アグロが直播専用除草剤を上市

2019/02/11

三井化学アグロ=東京都中央区日本橋1‐ 19‐1=が昨年新規農薬登録を取得した直播水稲専用初期除草剤「ジカマック500グラム粒剤」が鉄コーティング直播栽培で播種同時処理が可能な新剤として注目されている。 同剤は、直播水稲専用に開発された水稲用初期除草剤で、特長は以下の通り。①処理理量が10aあたり500gと作業性に優れている②有効な3成分で、ホタルイ、コナギ、アゼナ等のSU抵抗性雑草にも優れた効果...

三井化学アグロが直播専用除草剤を上市

UPLがアリスタを買収 売上高50億ドルに

2019/02/11

UPL Limited(以下、UPL)は、2月1日、Platform Specialty Products からのアリスタライフサイエンス(以下、アリスタ)の買収が42億ドルで完了したと発表した。この買収により、売上高は合計で約50億ドルとなり、EBIDETA は約10 億ドルとなる。 この取引は世界各国の規制当局から無条件で承認され、すでに統合後の新会社のリーダーシップチームをグローバル、地域、...

UPLがアリスタを買収 売上高50億ドルに

日本農業賞が決定 機械化で面積拡大した例など成果を挙げた7件に大賞

2019/02/11

日本放送協会、全国農協中央会は第48回日本農業賞の審査結果を決定した。日本農業賞大賞には個別経営の部3件、集団組織の部3件、食の架け橋の部1件の合わせて7件が決まった。表彰式は3月9日。 個別経営の部で大賞を受賞したのは㈲アグリゴールド矢木(富山県入善町)、京丸園(静岡県浜松市)、、マルミファーム(愛知県幸田町)。集団組織の部んは井土生産組合(宮城県仙台市)、みなみ信州農協花卉部会(長野県飯田市)...

日本農業賞が決定 機械化で面積拡大した例など成果を挙げた7件に大賞

サタケが新事業ブランド「REACH」 海外ミドル層へ展開

2019/02/11

サタケ=佐竹利子代表、広島県東広島市西条西本町2-30=は、海外向けの新事業ブランド「REACH」(リーチ)を創設し、手の届きやすい価格設定で、主に中規模事業者(ミドル層)を対象にした籾摺精米プラントを販売する。3月から東南アジアや南米、アフリカなどで営業活動を本格化し、年間10プラントの販売を計画している。

サタケが新事業ブランド「REACH」 海外ミドル層へ展開

ヤンマー学生懸賞論文・作文 論文大賞は伊丹さん、作文金賞は市原さん

2019/02/11

ヤンマーが主催する「第29回学生懸賞論文・作文の入選発表会」が2月1日、東京都港区のメルパルク東京で開催された。今回、論文42編、作文596編の応募の中から、優秀作品として論文13編(大賞・特別優秀賞・優秀賞)、作文12編(金賞・銀賞・銅賞)が入選。論文の部大賞には、伊丹恵理瑳さん(鹿児島県立農業大学校畜産研究科2年)、作文の部金賞には、市原朱沙さん(熊本県立農業大学校畜産学科1年)がそれぞれ選ば...

ヤンマー学生懸賞論文・作文 論文大賞は伊丹さん、作文金賞は市原さん

沢の鶴が新酒”X02”発表 ヤンマーがタッグ 酒米ソリューション

2019/02/11

ヤンマー(山岡健人社長)は、沢の鶴(西村隆社長)とタッグを組んで「新しい酒米を作る」プロジェクトに取り組み、昨年春に、その酒米を使用した新酒「沢の鶴X01」を発表したが、このほど第2弾の新酒「沢の鶴X02」は、ICT技術などを活用したヤンマー独自の酒米ソリューション(営農・栽培技術)によって生産された酒米を使用しており、更に進化した日本酒が完成した。

沢の鶴が新酒”X02”発表 ヤンマーがタッグ 酒米ソリューション

特集

信越農業特集

2018/10/15

おいしい食べ物が豊富な県として代表的なのが長野と新潟だ。天候が悪く、今年はとにかく台風に伴う豪雨、暴風雨が全国を襲った。しかし農業県は健在だ。実りの秋を迎え、この両県はいずれも多彩な作物の生産で強みを発揮することになる。野菜の種類が豊富な長野と米大国の新潟。今後も日本の食を支える両県にとって、農業基盤の強化は重要で、そのためには各種農業機械・施設の存在は重要だ。 今回の特集では両県の産出額や6次産...

信越農業特集

幕張メッセで農業ワールドが開幕 7展合計1930社が出展 

2018/10/08

農業全体を範囲とした農業資材展示会の「農業ワールド」と関連資材展示会が、10月10日(水)~12日(金)の3日間、千葉市の幕張メッセで開幕する。同展示会では初出展の120社を加え、620社が出展する。植物工場、農業用ロボット、6次産業化関連資機材、施設園芸資材などが出展する。展示品を見るだけでなく、その場での商談も活発に行われるほか、各種特別講演なども行われる。弊紙「国際農業社」も出展する。(小間...

幕張メッセで農業ワールドが開幕 7展合計1930社が出展 

高知県農業振興フェア 農業の進化を示す

2018/09/24

「第27回高知県農業振興フェア農機具まつり」が、10月5日と6日の2日間、南国市甘枝の高知県農業技術センターで開催される。振興フェアのテーマは「次世代に向かって」とし、トラクタやコンバインなど先端技術の展示などを通して、高知農業の進化を示すことになる。また、会場では恒例のように各ブースで多彩な催し物も計画され、展示広場では、女性にやさしい農業機械と農作業服の展示、お米の食味度の測定コーナーなどを設...

高知県農業振興フェア 農業の進化を示す

農薬・肥料

三井化学アグロが直播専用除草剤を上市

2019/02/11

三井化学アグロ=東京都中央区日本橋1‐ 19‐1=が昨年新規農薬登録を取得した直播水稲専用初期除草剤「ジカマック500グラム粒剤」が鉄コーティング直播栽培で播種同時処理が可能な新剤として注目されている。 同剤は、直播水稲専用に開発された水稲用初期除草剤で、特長は以下の通り。①処理理量が10aあたり500gと作業性に優れている②有効な3成分で、ホタルイ、コナギ、アゼナ等のSU抵抗性雑草にも優れた効果...

三井化学アグロが直播専用除草剤を上市

UPLがアリスタを買収 売上高50億ドルに

2019/02/11

UPL Limited(以下、UPL)は、2月1日、Platform Specialty Products からのアリスタライフサイエンス(以下、アリスタ)の買収が42億ドルで完了したと発表した。この買収により、売上高は合計で約50億ドルとなり、EBIDETA は約10 億ドルとなる。 この取引は世界各国の規制当局から無条件で承認され、すでに統合後の新会社のリーダーシップチームをグローバル、地域、...

UPLがアリスタを買収 売上高50億ドルに

BASFジャパン、 新規殺菌剤2剤上市

2019/02/04

BASFジャパン(石田博基社長)は、BASFが開発した新規有効成分ゼミウム(成分名:フルキサピロキサド)を含む「アクサー フロアブル」と「イントレックス フロアブル」の2つの新規殺菌剤を2019年に販売開始する。これらの新しい殺菌剤は果樹と畑作物の主要な病害に対して強力かつ長期間防除効果を発揮する。 果樹専用殺菌剤の「アクサー フロアブル」はゼミウムとジフェノコナゾールの混合剤で、りんごのモニリア...

BASFジャパン、 新規殺菌剤2剤上市

林業

12月に沖縄で林機展 出展者募集は5月開始

2019/02/11

沖縄県は2月1日付で「2019森林・林業・環境機械展示実演会」の日程を公表した。それによると、今年は12月14・15日の両日で、第43回全国育樹祭の開催と併せ、那覇市内の沖縄県営奥武山公園で開催する。

12月に沖縄で林機展 出展者募集は5月開始

住友建機の油圧ショベルが日本機械工業連合会会長賞 省エネ性などが評価

2019/02/04

住友建機=下村真司社長、東京都品川区大崎2―1―1=の作業負荷予測型油圧ショベルSH200―7が、平成30年度優秀省エネ機器・システム表彰(日本機械工業連合会主催)において「日本機械工業連合会会長賞」を受賞した。 同賞は、省エネ性能に優れた産業用機器・システムの開発、実用化を通じてエネルギーの効率的利用の促進に貢献していると認められる企業や団体等を表彰する制度。本年度から機器や機械装置単体の表彰だ...

住友建機の油圧ショベルが日本機械工業連合会会長賞 省エネ性などが評価

林機協が林業労働災害撲滅キャンペーン開催

2019/01/21

林業機械化協会(島田泰助会長)主催による林業労働災害撲滅キャンペーン研修会が1月10日、東京都内で開催された。林業現場の安全対策に関する情報共有を目的に実施しているもので、安全宣言を行った林業事業体代表者が実践している工夫や改善点の報告や各メーカーからの最新の機械の開発状況と自社機を安全に使う要点の説明などが行われた。

林機協が林業労働災害撲滅キャンペーン開催

統計

平成30農薬年度ゴルフ場・緑地向け出荷実績 出荷額は290億円

2019/01/14

公益社団法人緑の安全推進協会(根岸寛光会長)は1月7日、平成30農薬年度ゴルフ場・緑地向け農薬出荷実績を公表した。 ゴルフ場・緑地分野での農薬出荷実績は数量では前年並みの7814t・klだったが、金額では前年比9.2%減の290億3300万円と減少した。このうち用途別では、緑地が数量、金額とも増加した。また、種別では除草剤が数量が増加した。

平成30農薬年度ゴルフ場・緑地向け出荷実績 出荷額は290億円

農薬工業会が平成30農薬年度出荷実績好評 出荷額は0.1%増の3373億円に

2019/01/14

農薬工業会は12月18日、平成30農薬年度の農薬出荷実績を取りまとめた。出荷累計は、数量が前年比1・3%増の18万7038t、金額は同0.1%増の3373億2000万円と数量、金額ともに増加した。 使用別分野別では野菜・畑作の数量及びその他の数量と金額が、植物調節剤ほかの金額で増加。種類別では、数量は殺虫剤、殺菌剤、除草剤で、金額は除草剤で増加した。

農薬工業会が平成30農薬年度出荷実績好評 出荷額は0.1%増の3373億円に

畑作経営の農業所得は約3割増 1経営体あたり348万円

2018/12/17

ばれいしょ、かんしょ(さつま芋)などを生産している畑作経営。その”フトコロ具合い”を示すのが経済状況。農水省が12月11日に公表した畑作経営の経営統計。平成29年度の畑作経営の1経営体あたりでは、農業粗収益は954万円で前年に比べ10.5%増、農業経営費は606万円で前年比1.9%増。この結果、粗利益から経営費を差し引いた農業所得は348万円で前年に比べ29.6%と約30%の増加だった。なかでも畑...

畑作経営の農業所得は約3割増 1経営体あたり348万円

露地野菜の所得234万円 野菜・果樹・花きの個別経営

2018/12/17

農水省が12月11日に公表した平成29年農業経営統計調査から個別経営のうち野菜作、果樹作、花き作経営をみてみる。 野菜作経営のうち露地野菜作経営の1経営体あたりの農業粗収益は602万円で前年比1%の減少となった。一方、農業経営費は同1%増の368万円で農業所得は同3・9%減の234万円だった。露地野菜作の詳細について。経営概況では、月平均農業経営関与者は前年並みの2・24人。経営耕地面積は同1・9...

露地野菜の所得234万円 野菜・果樹・花きの個別経営

トピックス

果樹生産のマッチングミーティング開催

2019/01/14

農水省は、新技術の現場実装に向け「農業者と企業・研究機関とのマッチングミーティング」を品目ごとに開催している。昨年12月21日、東京都千代田区の農水省講堂、共用第一会議室で、第4回として果樹をテーマに開催した。 同マッチングミーティングは、技術提案企業等からのプレゼンテーション、個別ブースでの企業・研究機関との相談会。果樹生産に活用できるアシストスーツや鳥獣対策、技術の継承、ドローン、樹園地除草(...

果樹生産のマッチングミーティング開催

JA全中が作文、図画コンクールの総理大臣賞などを決める

2018/12/17

JA全中は12月7日、第43回「ごはん・お米とわたし」をテーマとした作文・図画コンクールの各賞を贈呈した。内閣総理大臣賞は岐阜県高山市立清美小学校の山下紗世さん。作品名は「五年生の稲作体験」。図画の部は島根県松江市立乃木小学校3年の石松祐さん。作品名は「お米を作る人達」。

JA全中が作文、図画コンクールの総理大臣賞などを決める

全農薬新理事長の大森茂氏に聞く

2018/12/17

11月14日開催された全国農薬協同組合(全農薬)の総会で新たな理事長に大森茂氏(山陽薬品代表取締役会長)が就任した。 ――就任にあたって。 「今、業界自体が大きな変革期にある。そうした中で全農薬も変わっていかなければならないというのは組合員誰しもの思いだろう。このため、新たに『近未来構想委員会』を設置した。その中で、透明性を確保しながらスピード感をもって新しい方向性を打ち出していきたい。組合員の皆...

全農薬新理事長の大森茂氏に聞く

GFSIの規格をASIAGAPが取得

2018/11/26

財団法人日本GAP協会によると、日本初のGAP認証プログラムであるASIAGAPについて、GFSIのベンチマーク要求事項を満たした規格として10月31日付で承認された GFSI(Global Foods Safety Initiatine、世界食品安全イニシアティブ)は食品の向上と監査コストの適正化を目的とした民間付ょ右車による国際的な組織。

GFSIの規格をASIAGAPが取得

注目のキーワード