農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
bannerA.png

行政

技術開発の公募開始 深水管理の雑草抑制など

2022/01/18

農水省は、1月11日から令和4年度「みどりの食料システム戦略実現技術開発・実証事業のうち農林水産研究の推進(委託プロジェクト研究)」の公募を開始した。

技術開発の公募開始 深水管理の雑草抑制など

加入戸数は17万戸超 30年度園芸施設共済統計

2022/01/18

農水省はこのほど、平成30年度園芸施設共済統計表を取りまとめた。 園芸共済事業は特定園芸施設、附帯施設及び施設内農作物が自然災害等によって受ける損失を補填することで農業者の経営安定を図るもの。共済の加入者は合計で17万戸超となった。

加入戸数は17万戸超 30年度園芸施設共済統計

農水省4年度組織・定員

2022/01/18

農水省はこのほど、令和4年度組織・定員を明らかにした。4年度については、新たにみどり戦略推進に向け「持続的食料システム調整官(仮称)」を設置する。 今回の組織・定員については、農林水産物・食品の輸出の更なる拡大やそれを支える生産基盤の強化、持続可能な食料システムの構築等に向け、農林水産業生産を巡る諸課題に的確に対応するため、①農政改革を更に推進するための体制強化②森林・林業・木材産業によるグリーン...

農水省4年度組織・定員

森林の意義明らかに CO2吸収量算定法策定

2022/01/18

林野庁は、企業や地方公共団体等による森林整備の取組の意義や効果をステークホルダー等に対して訴求するための一助となるよう「森林による二酸化炭素吸収量の算定方法」を取りまとめた。 昨年10月改訂された地球温暖化対策計画では、森林によるCO2吸収量について、健全な森林の整備等の森林吸収源対策に取組むことで、2030年度に約3800万t―CO2(2013年度総排出量の2・7%に相当)の森林吸収量を確保する...

森林の意義明らかに CO2吸収量算定法策定

都道府県別令和2年農業産出額 北海道は1兆2667億円

2022/01/11

農水省はこのほど、令和2年農業産出額及び生産農業所得(全国)を発表(関連記事1面)したが、併せて都道府県別の同統計結果も公表した。 令和2年における農業産出額の上位5道県は、1位が北海道で1兆2667億円(対前年増減率0・9%増)、次いで鹿児島県が4772億円(同2・4%減)、茨城県が4411億円(同2・5%増)、千葉県が3852億円(同0・2%減)、熊本県が3407億円(同1・3%増)。 上位5...

都道府県別令和2年農業産出額 北海道は1兆2667億円

農業支援サービスの意識・意向調査 半数以上が利用中 営農指導への要望が強い

2022/01/11

農水省はこのほど、農業支援サービス(以下、サービス)に関する意識・意向調査結果をまとめた。令和3年8月上旬から9月中旬にかけて、2020年農林業センサス結果を基に認定農業者がいる個人経営体の世帯主、または団体経営体の代表者である農業者2万人を対象に調査を実施し1万2938人から回答を得たもの。 まず外部の組織等が提供しているサービスの利用状況については、「利用している」との回答が52・9%、「利用...

農業支援サービスの意識・意向調査 半数以上が利用中 営農指導への要望が強い

輸出戦略改訂で重点品目に柿追加 1兆円超え25年2兆円へ

2022/01/11

わが国の農林水産物・食品の輸出額が初めて1兆円を突破。12月の結果次第では、1・1兆円にまで達する可能性も出ている。そうしたなか、昨年12月21日には、官邸で第13回農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議が開催され、輸出拡大実行戦略の改定が行われた。改定では、新たに重点品目として柿・柿加工品を追加。また、「輸出産地サポーター」を設置して1287の輸出産地・事業者...

輸出戦略改訂で重点品目に柿追加 1兆円超え25年2兆円へ

令和2年産出額 0.4%増の8.9兆円に 野菜、豚の価格上昇が影響

2022/01/11

農水省はこのほど令和2年農業産出額及び生産農業所得(全国)をまとめた。 全国の農業産出額は、前年に比べ395億円(0・4%)増加し8兆9333億円となった。また、農業産出額から物的経費を控除し、経常補助金を実額加算した「生産農業所得」は同207億円(0・6%)増の3兆3422億円となった。 農水省によると、全国の農業産出額が増加した背景は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で価格が低下した一方で天候...

令和2年産出額 0.4%増の8.9兆円に 野菜、豚の価格上昇が影響

業界動向

筆頭株主の異動発表 日立及びグループ連携継続 ~日立建機~

2022/01/18

日立建機=平野耕太郎執行役社長、東京都台東区東上野2―16―1=は、1月14日付けで親会社である日立製作所(小島啓二執行役社長兼COO、本社:東京都千代田区)と、日本産業パートナーズ(馬上英実代表取締役社長、本社:東京都千代田区)が管理・運営・情報提供等を行うファンドがその持分の全てを保有する特別目的会社および伊藤忠商事(石井敬太代表取締役社長COO、本社:東京都港区)がその持分の全てを保有する特...

筆頭株主の異動発表 日立及びグループ連携継続 ~日立建機~

2022年上期新商品 ~井関農機~

2022/01/18

井関農機(冨安司郎社長)は昨年12月8日、2022年上期新商品16品目27型式を発表した。本紙では回を分け、これを紹介する。今回は、農家からホビーユーザーまで幅広く好評なミニ耕うん機を、より使いやすくモデルチェンジした「KCR659」「KMR3シリーズ」「KVR753」の3機種。また、機体バランスの良さなど基本性能を踏襲しながら、さらなる安全性、整備性の向上を図ったプロ仕様の2輪管理機「KK7シリ...

2022年上期新商品 ~井関農機~

使いやすくパワフル 次世代ミニショベル2機種 ~キャタピラー~

2022/01/18

キャタピラージャパン=ジョー・モスカト代表執行役員、神奈川県横浜市西区みなとみらい3―7―1=は、Cat305CR(機械質量4660㎏)、305.5CR(同4855㎏)後方超小旋回型ミニ油圧ショベル2機種を昨年12月27日から販売を開始した。新型機は、「もっと使いやすく、よりパワフルに現場をサポート」をキーコンセプトに開発した次世代ミニ油圧ショベル。特長と詳細は次の通り。【〝もっと使いやすく〟を追...

使いやすくパワフル 次世代ミニショベル2機種 ~キャタピラー~

微細な霧を根に噴霧 新しい節液栽培システム ~いけうち~

2022/01/18

いけうち=大阪市西区阿波座=は、微細な霧状の養液を根に噴霧することで作物を栽培する新しい栽培装置「IKEUCHI Ponics(イケウチポニックス)」を開発、本格販売を開始した。装置は養液濃度やpHを自動調整する液肥管理機、養液の噴霧サイクルを管理する制御ユニット、日照量センサー、発泡スチロール製の栽培函、独自開発のスプレーノズルなどで構成。土や培地は使用しない。 栽培函内には従来の水耕栽培のよう...

微細な霧を根に噴霧 新しい節液栽培システム ~いけうち~

井関農機と新潟市が連携協定 持続可能な農業へ スマート農業を活用

2022/01/18

井関農機(冨安司郎社長)は1月12日、新潟市(中原八一市長)と『先端技術を活用した持続可能な農業の推進に関する連携協定』を締結した。今後、両者で連携して、先端技術を活用した農業(以下、スマート農業)を用いて有機農業をはじめとする環境に配慮した持続可能な農業の実践と、その効果の検証を通じて新潟市における取組みの拡大を図る。まず、2022年度は各種スマート農業技術を活用した有機栽培等の環境負荷低減の取...

井関農機と新潟市が連携協定 持続可能な農業へ スマート農業を活用

ナイロンコード用 刈払機用飛散防護カバー ~北村製作所~

2022/01/18

北村製作所(北村清司社長)は、飛散物をワンタッチでキャッチするナイロンコード用飛散防護カバー「G・CATCHER(ジーキャッチャー)」を開発、2月1日から発売を開始する。新製品は、様々な刈払機のサオに、レバー一つでワンタッチで着脱できる。軽量・コンパクトで機動力は抜群。また、独創的な曲面形状で、飛散物をしっかりとキャッチする。 北村製作所=三重県津市庄田町1953―3=から好評発売中のジズライザー...

ナイロンコード用 刈払機用飛散防護カバー ~北村製作所~

狭い畝幅に対応 新型うね立てマルチ発売 ~ササオカ~

2022/01/18

ササオカ(山﨑清社長)は、トラクタ用うねたてマルチ〝だい地くんタイプRF〟シリーズに、狭い畝幅に対応するだい地くんタイプRF「バージョンN(狭い)STR3CDR2・同M2」をラインナップに追加、2月から発売を開始する。新型は、だい地くんをベースに稲株や土塊など、うねたてが困難な条件でも作業できるよう整形部に独自技術を採用。 ササオカ=高知県須崎市浦ノ内立目717=は、姉妹機のだい地くんをベースに、...

狭い畝幅に対応 新型うね立てマルチ発売 ~ササオカ~

静岡製機『初売り』 中部営業所1月31日迄

2022/01/18

静岡製機=鈴木直二郎社長、静岡県袋井市諸井=では例年、この時期に、中部営業所の展示会を全国に先駆けて開催、今年を占う恒例行事として定着、楽しみにしている農家も多かったが、昨年は新型コロナ感染拡大を鑑み中止した。感染症対策のポイントもだいぶわかってきた今年は『新春初売り』を1月6~末日まで商談会として開催。更に1月17日からはこれまでの展示会場の場所で常設展示会(商談会)を開催している。併せて『静岡...

静岡製機『初売り』 中部営業所1月31日迄

特集

安定的な農業所得確保へ 課題解決への取組 静岡県果樹農業振興計画

2021/11/02

静岡県農業における代表的な農産物であるみかんをはじめとした果樹。日本の食卓に欠かせない存在だが、その生産においては、他の作物と比較し機械化があまり進んでいないなどの課題もある。こうした状況下、静岡県では、令和3年3月に「静岡県果樹農業振興計画」を策定。令和12年度を目標とし、「環境変化に対応し担い手の農業所得を確保できる果樹産地への転換」を掲げ優良園地の確保と集積などの施策を展開することとしている...

安定的な農業所得確保へ 課題解決への取組 静岡県果樹農業振興計画

時代や環境の変化が転換点 農業を成長産業へ AOIプロジェクト推進 ~静岡県経済産業ビジョン~

2021/11/02

静岡県では、農業従事者の減少や高齢化の進行、AIやIoTなど技術の発展、ライフスタイルの多様化などの時代や環境の変化を、農業・農村が飛躍する重要な転換点と捉え、「静岡県経済産業ビジョン2018~2021(農業・農村編)」を策定し、農業の成長産業化に向けた農政を展開している。目標年度は2021年度。また、同ビジョンを効果的に推進するため、毎年度、施策の進捗状況と成果を検証・評価している。同ビジョンの...

時代や環境の変化が転換点 農業を成長産業へ AOIプロジェクト推進 ~静岡県経済産業ビジョン~

雇用の課題は「募集」 農業法人アンケート調査 ~岩手県~

2021/08/23

岩手県では、「農業法人の労働環境整備等の状況に関するアンケート調査」をとりまとめている。 それによると、「雇用について感じている課題(複数回答第2位まで)」では、85%の経営体が何らかの課題を感じており、「募集」が最も多く49%。次いで「育成」43%、「労賃(労賃の捻出など)」32%となっている。

雇用の課題は「募集」 農業法人アンケート調査 ~岩手県~

農薬・肥料

みどり戦略と農薬開発 植物防疫の立場から 日植防・早川理事長が提言

2022/01/13

『みどりの食料システム戦略に貢献する農薬開発』をテーマに12月10日、東京都文京区の東京大学でシンポジウムが開催された。主催は『低価格農薬を実現するための革新的生産プロセス』研究開発プラットフォーム。農薬の各分野の第一人者5氏が自論を展開した。小林農薬対策室長のみどりの食料システム戦略策定についての説明に続き、日植防の早川理事長が『みどりの食料システム戦略実現に向けて、植物防疫の立場からの提言~特...

みどり戦略と農薬開発 植物防疫の立場から 日植防・早川理事長が提言

日本と欧州の指標 日植防理事長早川氏がみどり戦略を分析

2022/01/13

さきごろ、『みどりの食料システム戦略』をテーマに東京大学で開催されたシンポジウム(主催:『低価格農薬を実現するための革新的生産プロセス』研究開発プラットフォーム)で日本植物防疫協会の早川泰弘理事長が講演。その中で、EUの「Farm to Fork戦略」と日本の「みどりの食料システム戦略」を比較し独自の考察を発表した。今号ではこれを紹介する。【EUの統合リスク指標(表1参照)】農薬の有効成分を、毒性...

日本と欧州の指標 日植防理事長早川氏がみどり戦略を分析

「MMAG」が発足 新社長に谷口勝之氏就任

2022/01/11

MeijiSeikaファルマの農薬製造販売事業を吸収分割の方法による三井化学アグロへの事業譲渡が正式に成立し、事業承継会社である「株式会社MMAG(呼称:MMアグロ)」が、1月4日付で三井化学グループとして事業をスタートした。同社の新社長には谷口勝之氏が就任した。 新役員体制及び事業所については次の通り。【役員体制】 ▽代表取締役社長=谷口勝之 ▽取締役=山本一美(生物科学研究所長) ▽同(非常勤...

「MMAG」が発足 新社長に谷口勝之氏就任

林業

林業機械化シンポ 2月10日

2022/01/18

林野庁及び林業機械化協会(島田泰助会長)は2月10日、東京都江東区の木材会館で、令和3年度林業機械化シンポジウムを開催する。当日は先進的林業機械緊急実証・普及事業の成果報告会の第1部と情報提供及びパネルディスカッションの第2部の2部制で実施する。【詳細】▽日時=2月10日?13時~17時15分▽場所=木材会館大ホール▽参加費=無料。 申し込みは林業機械化協会のHPから申込書をダウンロードの上FAX...

林業機械化シンポ 2月10日

【目指せ林業プロ 我が社のホープー⑨ー】桧丸の志水正文社長

2021/12/20

このシリーズ初の社長の登場。地元の森林資源を活かした素材生産と八代港を起点とする丸太輸出に情熱を傾ける志水正文社長(43歳)だ。トラックドライバーから林業の世界に転身して桧丸㈱=熊本県八代市千丁町吉王丸1127―1=を起業。同い年の3名と22歳、28歳の合計5名の従業員を抱え、事業を軌道に乗せている。「ただ、ここまでの道のりは平坦ではなく、いろいろな方にお世話になったので感謝することばかり。この世...

【目指せ林業プロ 我が社のホープー⑨ー】桧丸の志水正文社長

南星機械が20tクラス以上の専用型木材用グラップルを市場に投入

2021/12/20

オカダNANSEI㈱南星機械=草野隆弘社長、熊本県菊池市泗水町吉富22―1=は、20tクラス以上のベースマシン専用の、木材用グラップル「A80MR1」を市場に投入した。 本機は、つかむ、揃える、切るの作業を安全に効率よくこなす木材用グラップル。 ベースマシンは20tクラス以上専用で、圧倒的な保持力と旋回力で、大量の材を効率的に処理できる。 また、皆伐現場などで大量の木材を処理する際に大きな力を発揮...

南星機械が20tクラス以上の専用型木材用グラップルを市場に投入

統計

1等比率は83.1% 3年11月30日現在農産物検査

2022/01/18

農水省はこのほど、令和3年産米の農産物検査結果(速報値)を発表した。それによると、同年11月30日現在の水稲うるち玄米の一等比率は83・1%で、ここ5年間で最も高く、令和2年産(11月30日現在)と比べ2・8ポイント、令和元年産(同)と比べ10ポイント増加している。

1等比率は83.1% 3年11月30日現在農産物検査

都道府県別令和2年農業産出額 北海道は1兆2667億円

2022/01/11

農水省はこのほど、令和2年農業産出額及び生産農業所得(全国)を発表(関連記事1面)したが、併せて都道府県別の同統計結果も公表した。 令和2年における農業産出額の上位5道県は、1位が北海道で1兆2667億円(対前年増減率0・9%増)、次いで鹿児島県が4772億円(同2・4%減)、茨城県が4411億円(同2・5%増)、千葉県が3852億円(同0・2%減)、熊本県が3407億円(同1・3%増)。 上位5...

都道府県別令和2年農業産出額 北海道は1兆2667億円

トラ45%増1986億円 日農工1月輸出入実績

2022/01/11

日本農業機械工業会はこのほど、2021年1―11月分農業機械輸出入実績をまとめた。 それによると、輸出合計は、対前年比34・3%増の2716億9464万円となった。 機種別では、農業用トラクタが同44・5%増の1986億3758万円。このうち、75‌kW超130kW以下は台数が同94・0%増の6554台、金額が同105・6%増の285億8528万円。18‌kW超22‌kW以下は台数が同49・6%増...

トラ45%増1986億円 日農工1月輸出入実績

令和2年産出額 0.4%増の8.9兆円に 野菜、豚の価格上昇が影響

2022/01/11

農水省はこのほど令和2年農業産出額及び生産農業所得(全国)をまとめた。 全国の農業産出額は、前年に比べ395億円(0・4%)増加し8兆9333億円となった。また、農業産出額から物的経費を控除し、経常補助金を実額加算した「生産農業所得」は同207億円(0・6%)増の3兆3422億円となった。 農水省によると、全国の農業産出額が増加した背景は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で価格が低下した一方で天候...

令和2年産出額 0.4%増の8.9兆円に 野菜、豚の価格上昇が影響

トピックス

新刊紹介 ~農電協~

2022/01/18

日本農業機械化協会はこのほど、春の農作業安全に広く活用してほしいと「令和4年春の農作業安全推進ポスター」を作成した。頒布価格は1枚160円+消費税で、一括購入の場合枚数に応じて値引がある。送料は実費。ポスター下部の空白部分に名入れ印刷も可能(有料)。申込は申込書に記入の上、FAX03―3297―5639またはメールkikaika-info@nitinoki.or.jpへ。 発送は2月上旬から。 ま...

新刊紹介 ~農電協~

1機種2型式 安全性検査7次

2022/01/18

農研機構は1月11日、令和3年度農業機械安全性検査合格機(第7次分)を公表した。 今回公表されたのは1機種2型式。【2018年基準基本ランク】《スピードスプレヤー》▽SSA―E502(丸山製作所)▽同542(同)。

1機種2型式 安全性検査7次

小諸市で食味コン・プレ大会 最高金賞池田幸史さん 風さやか食味コン県知事賞に髙橋義三さん

2021/12/14

小諸市、JA佐久浅間、JA佐久浅間米穀専門委員会は12月4日、長野県小諸市の小諸市文化センターで、第3回一番うまい米コンテスト、第2回お米コンクールこもろ及び「風さやか」食味コンテストを開催した。当日はお米コンクール及び「風さやか」食味コンテストそれぞれ20検体の食味審査が行われお米コンクールは最高金賞・佐久地域振興局長賞1名等が選ばれた。同大会は来年12月2・3日に開かれる「米・食味分析鑑定コン...

小諸市で食味コン・プレ大会 最高金賞池田幸史さん 風さやか食味コン県知事賞に髙橋義三さん

金賞1件、銀賞16件 イノベーションアワード ~アグリテクニカ~

2021/12/14

ドイツ農業協会(DLG)はこのほど、アグリテクニカ・イノベーション・アワードの受賞者を発表した。今回は164件の応募があり、ゴールドメダル1件、シルバーメダル16件が選ばれた。 ゴールドメダルに選ばれたのはネクサット社の「NEXAT―Systemtraktor」。同機は耕起・播種から作物保護・収穫まで全ての作物生産作業に使用できる運搬車。270度回転可能なキャブを持ち、燃料電池などの代替駆動技術な...

金賞1件、銀賞16件 イノベーションアワード ~アグリテクニカ~

注目のキーワード