農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行

行政

勢い増す農産物輸出 10月時点で1兆円超 25年2兆円目標前倒せるか

2022/11/29

農林水産物・食品の輸出の好調が続いている。農水省輸出・国際局がまとめた11月29日時点の最新の数値である1―9月の累計では9966億円となった。また、22日の野村農相の定例会見で、10月単月の輸出が食料品のみで1069億円となったことを明らかにされており、10月時点で1兆円を超すことは確実な情勢だ。野村農相は「まだ伸びしろはあり、ある程度の数値を期待できる」との見方を示している。 こうした状況を後...

勢い増す農産物輸出 10月時点で1兆円超 25年2兆円目標前倒せるか

新しい技術へ挑戦 農林水産祭で天皇杯等授与

2022/11/29

農水省及び公益財団法人日本農林漁業振興会は11月23日、東京都渋谷区の明治神宮会館で令和4年度(第61回)農林水産祭を開催した。 当日は始めに野村農相が挨拶に立ち「わが国の農林水産業は今まさに生産基盤を維持・強化し、将来にわたって食料を安定的に供給するためのターニングポイントを迎えていると考えている。こうしたなかで、国内の生産基盤を強化するとともに活力ある農山漁村を次世代に継承していく取組が一層重...

新しい技術へ挑戦 農林水産祭で天皇杯等授与

普及活動高度化へ 研究大会で取組を共有

2022/11/22

全国農業改良普及職員協議会(鈴木康義会長)、全国農業改良普及支援協会(岩元明久会長)は11月16日、第10回農業普及活動高度化全国研究大会を東京都中央区のAP東京八重洲及びYouTubeによる配信で開催した。今大会のテーマは「普及が挑む!イノベーション、共に創ろう未来の農業」。全国から8つの事例について発表があり、当日の審査委員会で最優秀賞には岡山県の髙橋知佐氏の「需要にマッチした高品質ぶどうの安...

普及活動高度化へ 研究大会で取組を共有

生産構造の転換へ 畑作物の本作化を支援 農水委員会で議論

2022/11/22

参院選後、第2次岸田改造内閣となって初めての臨時国会が10月3日からスタート。10月終わりからは両院の農林水産委員会も開かれ、様々な議論が行われている。 10月25日には野村農相が大臣となって初めての委員会での答弁に立ち「国内市場の縮小や生産者の減少、高齢化などの課題に直面しているほか、ロシアによるウクライナ侵略などによる食料安全保障上のリスクの高まりや気候変動等の問題にも適切に対応することが求め...

生産構造の転換へ 畑作物の本作化を支援 農水委員会で議論

静岡県、水田の温室効果ガス削減へ  ドローンで稲わら分解促進剤省力散布 ヤマハが協力

2022/11/15

静岡県は10月24日、袋井市大野2カ所の圃場で、稲わら分解促進剤「アグリ革命アクア」をドローン「YMR―08」で散布し、水田温室効果ガスの削減に向けた実証を行った。水田から発生する温室効果ガスの約70%がメタンであり、その発生源が稲刈り後に水田に残る稲わらであることから、同県は「秋耕」と「稲わら分解促進資材」の活用を検討し、静岡県内4地域を実証圃場として行う。併せて、ドローン散布を活用して、水田管...

静岡県、水田の温室効果ガス削減へ  ドローンで稲わら分解促進剤省力散布 ヤマハが協力

4年産米 全国平均の作柄100 主食用予想収穫量670万t

2022/11/15

農水省は11月9日、令和4年産水稲の作付面積及び10月25日現在の予想収穫量をまとめた。 令和4年産水稲の作付面積(子実用)は対前年産比4万8000ha減の135万5000haでうち主食用の作付面積は同5万2000ha減の125万1000haとなった。一方、全国の10aあたり予想収量は537㎏を見込んでいる。この結果、予想収穫量(子実用)は同29万3000t減の727万t、主食用の予想収穫量は同3...

4年産米 全国平均の作柄100 主食用予想収穫量670万t

4年度2次補正8206億円 食料安保更に強化 肥料の国産化等に270億円

2022/11/15

令和4年度第2次補正予算が11月8日、閣議決定された。歳出総額28兆9222億円でこのうち、農林水産関係は8206億円とした。農林水産関係については物価高騰等の影響緩和や食料安全保障の強化に向けた構造転換など5つを柱として編成した。食料安全保障に関しては総額2768億円。肥料の国産化・安定供給確保対策に270億円を計上、畑作物の本作化(1144億円の内数)、生産資材の使用低減などに向けた取組を支援...

4年度2次補正8206億円 食料安保更に強化 肥料の国産化等に270億円

遊休農地538‌ha解消 231万haで取り組み 多面的機能支払交付金中間評価

2022/11/08

多面的機能支払交付金により、538haの遊休農地が解消され耕作可能な状態に復旧していることが、農水省が先ごろ公表した中間評価(令和4年10月)で明らかになった。中間評価では、交付金のカバー率が高い市町村では経営耕地面積の減少率が小さいといった結果になったほか、アンケート調査で、交付金に取り組んでいる区域では営農が行いやすいなど、交付金の意義を評価する声もあったとしている。なお、令和4年3月末時点で...

遊休農地538‌ha解消 231万haで取り組み 多面的機能支払交付金中間評価

業界動向

研究農場落成式開催 大学との共同研究施設 ニチリウ永瀬

2022/11/29

ニチリウ永瀬=金尾佳文社長、福岡市博多区博多駅東=は11月10日、同市西区今津でAIを活用したスマート農業の最新研究を行う自社研究農場「welzo研究農場」の落成式を行った。 落成式には、共同研究者である九州大学大学院農学研究院農業生産システム設計学岡安教授や、同市農林水産局長などが参加。施設内の見学や、社員との懇談、セレモニーとしてテープカットの実施、収穫したキュウリの試食会などが行われた。 同...

10周年パーティー開く  YAHATA USA

2022/11/29

ヤハタ=米田正社長、大阪府八尾市新家町3―51=の、アメリカ現地法人「YAHATA USA」(磯野真宏社長、ジョージア州)は10周年を迎え記念パーティーを開催し、更なる業務拡大を目指すことを誓った。 YAHATA USAは10年前の10月29日に、売上ゼロ、取引先ゼロの小さな連絡事務所からスタート。2022年の現在は従業員数39名、取引先40社以上、売上も27億円と、ユーザーの要望に対応し続けるう...

10周年パーティー開く  YAHATA USA

第2回つくばみらい市 米コンテスト 最優秀賞に飯泉正さん 井関農機、関東甲信クボタも協賛

2022/11/29

つくばみらい市(小田川浩市長)が主催する「第2回つくばみらい市米コンテスト」が11月20日、つくばみらい市伊奈公民館を会場に行われた。つくばみらい市と「先端技術を活用した農業の推進に関する連携協定」を締結している井関農機、「農業参入環境整備に関する連携協定」を提携しているクボタも協賛、井関農機夢ある農業総合研究所の三輪田克志所長、関東甲信クボタの冠康夫社長も食味官能審査の審査員を務めた。最優秀賞に...

第2回つくばみらい市 米コンテスト 最優秀賞に飯泉正さん 井関農機、関東甲信クボタも協賛

アルミ製収納庫台車 11月からレンタルを開始 

2022/11/29

総合建設機械レンタルのアクティオ=小沼直人代表取締役社長兼COO、東京都中央区日本橋=は、グループ会社のエスアールエス(本社:東京都中央区日本橋)と共同で開発した移動可能なミニ倉庫「アルミ製収納庫台車」を11月16日からレンタルを開始した。 「アルミ製収納庫台車」は、工具などを入れるミニ倉庫として設置することで、より作業効率をアップできる製品。作業場所が変わってもキャスター付きのため手押しで簡単に...

アルミ製収納庫台車 11月からレンタルを開始 

昭和ブリッジ 苗コンテナラック 独自のブロック構造で頑丈

2022/11/29

昭和ブリッジ販売=静岡県掛川市大池2887―1=の『苗コンテナラック』は、使い勝手の良さで、小規模農家から大規模農家まで等しく定評がある。フレームに同社独自のブロック構造を採用しており、これが他の苗コンテナラックとの大きな差異となっている。 このブロック構造の採用により運搬時の横揺れや縦揺れ等の捻じれが起きにくい。また、極力溶接を必要とする箇所を少なくしたため製品の組立も簡単に行え、ユーザーが製品...

建設DX展に出展 コベルコ建機 

2022/11/29

コベルコ建機=山本明社長、東京都品川区=は、12月5日~7日に東京ビッグサイトで開催される「第2回建設DX展」に出展する。出展ブースで、展示会初日の5日10時30分から、同社が進める建設現場のテレワークシステム「K―DIVE」のサービス提供開始について発表する。 今回提供を開始するK―DIVEサービスは、建設機械の遠隔操作とクラウドマッチングシステムを融合させることで、特定の人・場所・時間などの制...

建設DX展に出展 コベルコ建機 

オーレック、正逆ブルモアー発売 小型の雑草刈機では初

2022/11/29

オーレック(今村健二社長)は、小型雑草刈機では初となるロータリー正逆切替機構搭載の「正逆ブルモアーHRS815」を11月から発売を開始した。同機は新機能である、ロータリー正逆切替機構を搭載したことで、雑草の上から刈り込み、前方への飛散を抑えるダウンカット、雑草を下から刈り上げ綺麗な仕上がりのアップカットと、使用場所で切替えできる。 オーレック=福岡県八女郡広川町日吉548―22=は、小型雑草刈機初...

オーレック、正逆ブルモアー発売 小型の雑草刈機では初

クボタ、新CMオンエアー 『Making a River.』篇

2022/11/29

クボタ(北尾裕一社長)は、11月22日から企業TV―CMの最新作『Making a River.』篇(60秒)を、オンエア開始した。同CMは人々が生きていく上で欠かすことのできない「水」を、世界の人々に届けるというクボタの使命を表現したもの。 舞台は中東・カタール。夏になると気温50℃を超えるこの地域は、極めて降水量が少なく、湖や川もないことから海水を淡水化して利用している。その貴重な水を、急激な...

クボタ、新CMオンエアー 『Making a River.』篇

特集

バロネス芝草管理機 兵庫・城山ゴルフ倶楽部 理想のターフを追求

2022/10/18

兵庫県加古川市の「城山ゴルフ俱楽部」でコースの芝や砂などを管理する責任者、グリーンキーパーを務める黒橋寿生さん(59)はほぼ毎日、管理する55万㎡のコースの隅々に目配りし、〈最高のコンディション〉を追求している。芝草という日々変化する生き物に向き合う妥協なき姿勢に寄り添い続けてきたのが、共栄社(愛知県豊川市)のバロネスの機械だ。 ゴルフ場の朝は早い。黒橋さんたちは、ゲストの来場前の朝6時半から業務...

バロネス芝草管理機 兵庫・城山ゴルフ倶楽部 理想のターフを追求

「減肥基準」を策定 過剰蓄積ほ場で施肥削減 岩手県

2022/08/23

わが国は化学肥料原料のほとんどを輸入に依存しており、肥料価格は国際的な価格動向の影響を受けやすい構造となっている。近年、肥料価格は横ばいで推移していたが、世界的な食料需要の増大、原油価格の上昇に伴う輸送コストの増加等から上昇。農業経営の圧迫が懸念されている。 そのようななか、岩手県は令和4年1月、これまでに開発された肥料コスト低減に関する技術を「岩手県肥料コスト低減技術マニュアル」として取りまとめ...

「減肥基準」を策定 過剰蓄積ほ場で施肥削減 岩手県

岩手県で広がるスマート農業 岩手県農林水産部農業普及技術課 総括課長・竹澤利和

2022/08/23

中山間地での技術確立県農業の実情に即し普及へスマート農業は、ICT(情報通信技術)やロボット技術などを活用した農業で、これにより作業の高精度化や自動化、省力化等が期待されています。これらの新技術を労働力不足への対応や生産性向上、安心・安全な農産物生産につなげていくため、県としてスマート農業技術の導入推進を図っているところです。 平成29年度には、産学官民が幅広く参集した「いわてスマート農業推進研究...

岩手県で広がるスマート農業 岩手県農林水産部農業普及技術課 総括課長・竹澤利和

農薬・肥料

バイエルクロップサイエンス、事業戦略発表会 水稲雑草テーラーメイド防除

2022/11/29

バイエル クロップサイエンス=東京都千代田区丸の内1—6—5丸の内北口ビル=は、11月22日、都内で事業戦略発表会を開催した。 今年の8月に同社代表取締役社長に就任した坂田耕平氏が、日本農業の新たな選択肢として提案する「水稲雑草テーラーメイド防除」について説明した。 「テーラーメイド」とは個々のニーズに応えるということ。多様化する水稲農家のニーズに対応する、生産性向上と持続可能性の両立を実現した新...

バイエルクロップサイエンス、事業戦略発表会 水稲雑草テーラーメイド防除

ドローンの適正使用  現状と課題を共有 JCPA 農薬工業会

2022/11/08

JCPA農薬工業会(本田卓会長)は、10月26日、オンラインで「生産現場におけるドローンの適正使用」に関する講演会を開催した。同会のスチュワードシップグループが主催し、ドローン散布が進む中、農薬使用に際し、責任ある行動を呼びかけた。当日は、ドローンの関係団体・企業が情報提供を行うとともに、傾斜地での果樹防除等について課題などを共有した。 農水省農産局技術普及課農業支援サービスユニットの穴井達也氏は...

シンジェンタ、リゾケアの実証実験 参加者に使った感想聞く

2022/10/28

シンジェンタジャパンは、先ごろ開催された農業Weekで「水稲湛水直播向けソリューション「RISOCARE」を紹介。「直播には『苗立ちが不安定で心配』『代かき時の田面仕上げ、硬さ調整が難しそう』『失敗しそうで怖い』といったイメージもあるが、3種の農薬を処理したコーティング処理済み種子リゾケアXLならば受け取って播くだけなので、直播が初めての方でも安定した苗立ちになる」と同社大泉プロダクトマネージャー...

シンジェンタ、リゾケアの実証実験 参加者に使った感想聞く

林業

脱炭素設計セミナー 会場Web200人以上で開催

2022/11/29

住友林業=東京都千代田区大手町Ⅰ―3―2=は、11月7日午後に同社会議室において、One Click LCA社のPanu Pasanen(パニュ パサネン)社長をフィンランドから迎え、「脱炭素設計を実現するOne Click LCAセミナー」を、建築・設計業界関係者など、会場とWebをあわせて200人以上参加して開催した。 冒頭、「脱炭素社会の実現に向けて」をテーマに、光吉敏郎代表取締役社長は、「...

脱炭素設計セミナー 会場Web200人以上で開催

遠隔臨場で長官賞 国有林事業の研究発表会 

2022/11/29

林野庁は11月24日、令和4年度国有林野事業業務研究発表会をオンラインにて開催した。当日は森林技術部門、森林ふれあい・地域連携部門、森林保全部門の3つの部門別に合計23件の発表が行われ、その後の審査委員会で林野庁長官賞や林業機械化協会会長賞、日本森林技術協会理事長賞など各賞を選考。森林技術部門では、「治山事業におけるICT活用の取組について~遠隔臨場の実践~」が林野庁長官賞(最優秀賞)と林業機械化...

遠隔臨場で長官賞 国有林事業の研究発表会 

大臣賞等28点決まる 第8回ウッドデザイン賞 

2022/11/22

日本ウッドデザイン協会は11月9日、ウッドデザイン賞の上位賞入賞作品を決めた。ウッドデザイン賞は今回で8回目。今回は審査ポイントをSDGsなどの時代のニーズに合わせた形に変更。更に最優秀賞として「農林水産大臣賞」に加え、「経済産業大臣賞」「国土交通大臣賞」「環境大臣賞」を創設した。 応募点数は330点でうち、受賞作品188点を10月8日に選定。その後最終審査を行い最優秀賞4点、優秀賞9点、奨励賞1...

大臣賞等28点決まる 第8回ウッドデザイン賞 

統計

耕地面積は432万ha 水田率は54%で横ばい続く 

2022/11/15

農水省はこのほど、令和4年耕地面積(7月15日現在)を明らかにした。 全国の耕地面積(田畑計)は432万5000haで荒廃農地からの再生等による増加があったものの、耕地の荒廃、転用等による減少があったことから前年に比べ2万4000ha(0・6%)減少した。このうち、本地は415万4000ha、けい畔面積が17万1100haだった。都道府県別で見ると北海道が114万1000ha。次いで新潟が16万7...

耕地面積は432万ha 水田率は54%で横ばい続く 

田の価格は65万7000円 山林素地は31年ぶり上昇

2022/11/15

日本不動産研究所はこのほど、第110回「田畑価格及び賃借料調」(2022年3月末現在)及び第81回「山林素地及び山元立木価格調」(2022年3月末現在)をまとめた。 田畑価格及び賃借料調によると、全国平均の普通品等10aあたりの田の価格は対前年比2・4%低下し65万7707円、畑は同1・4%低下し41万2987円となった。変動率をみると、下落幅は田で0・2ポイント拡大した一方、畑は変わらなかった。...

田の価格は65万7000円 山林素地は31年ぶり上昇

23年は2兆7165億円に 需要予測油圧ショベル7534億円 建機工

2022/08/30

日本建設機械工業会(本田博人会長)は、8月25日、記者会見を開催し建設機械の需要動向・景況感及び工業会の活動内容を中心に説明を行った。 本田会長は前回(2月24日)に公表した需要予測からロシアのウクライナ侵攻などで大きく状況が変わったと説明。そのうえで2022年度通期の予測は国内が底堅く推移、輸出は続伸し対前年度比3%増の2兆6194億円、2023年度通期は国内微増、輸出は堅調に推移し同4%増の2...

23年は2兆7165億円に  需要予測油圧ショベル7534億円 建機工

1戸当り乳用牛103頭 肉用牛も65頭に増加 令和4年畜産統計

2022/07/19

農水省は令和4年2月1日現在の畜産統計を発表した。それによると、乳用牛と肉用牛の全国の飼養戸数が減少する一方で、飼養頭数は増加。また豚と採卵鶏及びブロイラーは飼養戸数・飼養頭数ともに減少傾向にあることがわかった。 全国の乳用牛の飼養戸数は1万3300戸で前年比500戸(3・6%)減少した。乳用牛の成畜(満2歳以上の牛)飼養頭数規模別でみると「100~199頭」及び「200頭以上」の階層の飼養戸数が...

1戸当り乳用牛103頭 肉用牛も65頭に増加  令和4年畜産統計

トピックス

秋田県種苗交換会 in 大仙市 スマート農業・低燃費 みどり戦略捉えた出品も

2022/11/15

秋田県種苗交換会が10月29~11月4日、大仙市で開催され、大舘開催を超える91万人が来場した。農業機械化ショー(秋田県農業機械化協会主催)も3年ぶりに開催され、これも非常に盛況だった。また、農機ショー本会場と道路を隔てた、農薬、肥料など資材メーカーや、植木、仏壇などが出展する会場にもドローンメーカーの出展や実演等もあり、こちらも大いに賑わった。穏やかな晴天に恵まれた日も多く、飲食、食品のコーナー...

秋田県種苗交換会 in 大仙市 スマート農業・低燃費 みどり戦略捉えた出品も

バロネス芝草管理機 兵庫・城山ゴルフ倶楽部 理想のターフを追求

2022/10/18

兵庫県加古川市の「城山ゴルフ俱楽部」でコースの芝や砂などを管理する責任者、グリーンキーパーを務める黒橋寿生さん(59)はほぼ毎日、管理する55万㎡のコースの隅々に目配りし、〈最高のコンディション〉を追求している。芝草という日々変化する生き物に向き合う妥協なき姿勢に寄り添い続けてきたのが、共栄社(愛知県豊川市)のバロネスの機械だ。 ゴルフ場の朝は早い。黒橋さんたちは、ゲストの来場前の朝6時半から業務...

バロネス芝草管理機 兵庫・城山ゴルフ倶楽部 理想のターフを追求

タンザニア視察 数年後の変化楽しみ

2022/10/04

【9月13日号より続き】訪問先でコメ作りについて尋ねると2期作であったり場所によっては2.5期作や3期作という返事も。換金性が高いゆえにとにかく生産に対して旺盛な気持ちが伝わってくる。タンザニア国内には天水低湿地と畑作水田があり、それらを合わせた1haあたりの平均収量は2.5~3tに対してJICAの支援を受けた灌漑地区は6~7tほど。他の国なら5t取れれば良いとされる中にあってタンザニアは高いと言...

タンザニア視察 数年後の変化楽しみ

ササキの超耕速アクティブロータリー 規模拡大に自信 際立つ砕土性・作業能率

2022/09/20

全国トップクラスの品質と生産量を誇る兵庫・淡路島のタマネギは、土壌のきめ細かさが形や生育に影響する。南あわじ市でタマネギを栽培する武田知大さん(29歳)は今年5月、ササキコーポレーション(青森県)の超耕速アクティブロータリー「ACE192R」を導入。砕土性の高さと耕うん速度に大満足。「これで来季は作付面積を拡大できる」と胸を張る。 瀬戸内海特有の温暖な気候に恵まれた淡路島。米作りを終えた田でタマネ...

ササキの超耕速アクティブロータリー 規模拡大に自信 際立つ砕土性・作業能率

注目のキーワード