農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > 新稲作研究会

新稲作研究会

新しい順  古い順
2022/03/08

50周年記念式典開催 令和3年度成績検討会も

新稲作研究会(三輪睿太郎会長)は3月3日、50周年記念式典及び令和3年度成績検討会を東京都港区芝公園のメルパルク東京を主会場にオンライン併催で開催、約340人が参加した。記念式典では三輪会長が関係者に感謝の意を表すとともに功労者に感謝状を贈呈。また新稲作研究会の半世紀にわたる貢献に対し農水省農産局長から感謝状が贈られた。 記念式典では三輪会長が式辞で「振り返れば当会が発足した昭和47年直後からオイ...

50周年記念式典開催 令和3年度成績検討会も
2021/09/06

3年度中間検討会 薬剤側条施用などを報告 ~新稲作研究会~

農林水産・食品産業技術振興協会・新稲作研究会(三輪睿太郎会長)は、8月27日、令和3年度新稲作研究会中間検討会をWeb方式で開催、約130名が参加した。 開会式では始めに三輪会長が挨拶。「当研究会は昭和47年に設立。今年で50年の節目を迎えた。研究会では毎年、都道府県の試験研究・普及期間などから公募した30程度の課題についてヤンマーアグリのご協力のもと現地実証や調査・研究を続けており、特定のテーマ...

3年度中間検討会 薬剤側条施用などを報告 ~新稲作研究会~
2021/03/08

新稲作研究会2年度成績検討会 リモセンなど先端課題も

農林水産・食品産業技術振興協会・新稲作研究会(三輪睿太郎会長)は、3月4日、令和2年度新稲作研究会委託試験・現地実証展示圃成績検討会をWeb方式で開催、約300人が参加した。 開会式では始めに三輪会長が挨拶。「本会は昭和47年に発足。稲作を主に様々な課題に取り組んできたが、最近では野菜のような比較的機械化が遅れている領域や新しく情報通信技術やAIを活用した技術にも取組んでいる。来年度も34課題に鋭...

新稲作研究会2年度成績検討会 リモセンなど先端課題も
2020/12/14

新稲作研究会が2年度中間検討会開催 ブロッコリー収穫作業で

農林水産・食品産業技術振興協会と新稲作研究会(三輪睿太郎会長)は、12月10日、埼玉県内で「令和2年度新稲作研究会中間検討会」を開催した。今回は、検討課題「高品質・高付加価値農産物の生産・供給技術の確立」として12課題のうち、ブロッコリーの収穫作業の機械化関係に取り組んでいる4課題について中間成績検討などを行った。 会の冒頭挨拶に立った三輪会長は、同会の活動などを話し、中間成績発表の内容を説明。次...

新稲作研究会が2年度中間検討会開催 ブロッコリー収穫作業で
2020/11/23

新稲作研究会で2年度中間検討会 ICT技術の省力・軽労

農林水産・食品産業技術振興協会と新稲作研究会(三輪睿太郎会長)は11月19日に、都内で「令和2年度新稲作研究会中間検討会」を開催した。今回は、検討課題「情報処理等先端技術の活用による高生産性システムの確立」として13課題のうち、ICT技術を活用した農作業の省力化・軽労化に取り組んでいる3課題などについて中間成績検討などを行った。

新稲作研究会で2年度中間検討会 ICT技術の省力・軽労
2019/09/02

元年度新稲作研現地中間検討会 白ネギ・タマネギ等

農林水産・食品産業技術振興協会と新稲作研究会は、8月22日、富山県内で「令和元年度新稲作研究会現地中間検討会」を開催した。今回は、検討課題「高品質・高付加価値農産物の生産・供給技術の確立」として全国で取り上げている12課題のうち、白ネギ、タマネギの機械化に取り組んでいる7課題について中間成績検討会と情報交換を行った。

元年度新稲作研現地中間検討会 白ネギ・タマネギ等
2019/08/26

省力・軽労化を検討 新稲作研現地中間検討会

農林水産・食品産業技術振興協会と新稲作研究会(三輪睿太郎会長)は、8月22日、富山県内で「令和元年度新稲作研究会現地中間検討会」を開催した。検討課題は「高品質・高付加価値農産物の生産・供給技術の確立」。魚津市のスカイホテル魚津で行われた室内検討会では富山など7件の報告がなされた。その後は朝日町の実証ほ場で現地見学を行った。

省力・軽労化を検討 新稲作研現地中間検討会
2019/03/11

新稲作研成績検討会開催 密苗等30課題発表

(社)農林水産・食品産業技術振興協会は3月7日、東京・港区のメルパルク東京で「平成30年度新稲作研究会委託試験・現地実証展示圃成績検討会」を開催、約270名が参加し、『NDVI測定を活用した水稲栄養診断技術の確立と可変施肥機による収量・食味向上の実証」など30課題を発表した。 開会に当たり新稲作研究会の三輪睿太郎会長は「昭和47年に設立された当研究会は今年で47年、時々の情勢に応じて様々な課題を取...

新稲作研成績検討会開催 密苗等30課題発表