農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > JA全中

JA全中

新しい順  古い順
2021/04/26

農福連携を後押し 農水省、全中、日本農福連携協会と協定

農水省は4月19日、JA全中(中家徹会長)、日本農福連携協会(皆川芳嗣会長)と農福連携に関する包括連携協定を締結、省内の講堂で締結式を行った。 わが国の農業を支える基幹的農業従事者は、年々高齢化が進行し、年齢構成では70歳以上の層がピークになるなど、農業分野での労働力の確保は喫緊の課題となっている。一方で、障害者等の働く意欲の高まり等を背景に、障害者等の働く場が確保され、活躍の場が社会全体に広がる...

農福連携を後押し 農水省、全中、日本農福連携協会と協定
2021/03/15

新技術の導入や経営改善等 日本農業賞受賞の取組 土壌診断し適正施肥 産地で品質の高位平準化

我が国の農業には、様々な課題が山積している。例えば、担い手不足や気候変動への対応など。そうしたなかでも、農家は意欲的に新技術の導入や経営改善などに取り組んでいる。そうした意欲的な取り組みを表彰しているのが、日本農業賞(主催:JA全中、NHK)だ。今年度の表彰式では昨年度分も併せて表彰した。新型コロナ感染拡大に配慮し、受賞者をオンラインでつなぐ形で実施。両年の個別経営の部大賞各3点、集団経営の部各3...

新技術の導入や経営改善等 日本農業賞受賞の取組 土壌診断し適正施肥 産地で品質の高位平準化
2021/03/01

最優秀賞に柴田氏 JA営農指導実践大会 ~JA全中~

JA全中(全国農協中央会)は2月19日に第5回JA営農指導実践全国大会をオンラインで開催。営農指導員№1(ナンバーワン)を決めるこの大会は、全国8地区から代表のJA営農指導員が、それぞれの農協の課題解決とその結果などを報告した。 この報告を基に同日審査が行われ、最優秀賞にJA山形おきたま営農経済部園芸販売課の柴田啓人士氏、審査員特別賞にJA鳥取中央(鳥取県)琴浦営農センター果実園芸課の後藤慎司氏が...

最優秀賞に柴田氏 JA営農指導実践大会 ~JA全中~
2020/07/13

JA全中・中家徹会長が再選へ

JA全中の次期会長に中家徹氏(JA紀南会長)の再任が内定した。会長候補者2名について、代議員(定数253名)による投票を行い、3日に開催された役員推薦会議で開票した結果をうけて「新会長推薦者」として決めたもの。なお、正式な就任は8月20日開催の通常総会後。 9日に開催された定例会見で就任にあたっての抱負を問われた中家会長は「農業者の所得増大、農業生産の拡大、地域の活性化に向かって全力で取り組んでい...

JA全中・中家徹会長が再選へ
2019/05/13

農業者の組織化等支援 JAとJICAが連携協定

JAグループは4月24日、国際協力機構(JICA)との間で連携協定を締結した。今回の協定は、JAグループ農業者の組織化・産地づくりや農産物販売の面で長年の知見を余剰国の農業・農村の活性化に役立てることを目的としたもの。 協定締結にあたり開催された記者会見では小里泰弘農林水産副大臣、鈴木憲和外務大臣政務官も出席し祝辞を述べた。

農業者の組織化等支援 JAとJICAが連携協定
2019/03/11

JA全中が第28回JA全国大会開く 創造的自己改革の実践

JA全中(中家徹会長)は3月7日、東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京で第28回JA全国大会を開催した。JA全国大会は3年に1度JAグループの共通の意思を決定するために開催しているもの。今回は、JAグループの自己改革の成果を報告するとともに、「創造的自己改革お実践」をテーマに重点課題を提起し、グループに共通する実践方針を決議した。

JA全中が第28回JA全国大会開く 創造的自己改革の実践
2018/12/17

JA全中が作文、図画コンクールの総理大臣賞などを決める

JA全中は12月7日、第43回「ごはん・お米とわたし」をテーマとした作文・図画コンクールの各賞を贈呈した。内閣総理大臣賞は岐阜県高山市立清美小学校の山下紗世さん。作品名は「五年生の稲作体験」。図画の部は島根県松江市立乃木小学校3年の石松祐さん。作品名は「お米を作る人達」。

JA全中が作文、図画コンクールの総理大臣賞などを決める
2017/07/08

JA全中がEUとの交渉で緊急集会 「守るものは守る」

JA全中は6月27日,東京都千代田区の憲政記念館で、与党との日EU・EPA交渉に関する対話集会を緊急開催、全国から関係者約500人が出席。 集会では冒頭、JA全中の奥野長衛会長が「工業製品のために農業が犠牲になるのはもうやめて欲しい。日本農業が国際社会の中どう生きていくのか。しっかりと対話をしたい」と主催者挨拶。

JA全中がEUとの交渉で緊急集会 「守るものは守る」
2017/04/13

奥野会長出馬せず 全中会見で表明

JA全中の奥野会長は、6日の定例会見で役員改選において、就任時に70歳未満とする現在の内規を変更しない考えを示し、事実上次期全中会長選に立候補しない考えを示した。 奥野会長は現在70歳。会長は「任期中は精一杯全力投球する」と述べた。次期会長は全国の組合長ら代議員による投票を経て8月10日臨時総会で選任される。

奥野会長出馬せず 全中会見で表明