農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 田植機事故を疑似体験 JA共済と農研機構がVRコンテンツ開発

田植機事故を疑似体験 JA共済と農研機構がVRコンテンツ開発

田植機事故を疑似体験 JA共済と農研機構がVRコンテンツ開発
JA共済連と農研機構はこのほど、農作業事故を当事者の視点から疑似体験する体験学習型プログラム『農作業事故体験VR』において、新たに「田植機 巻き込まれ・転落編」を共同で開発し、2月から提供を開始する。
 農作業事故は年間約7万件発生していると推測され、特に死亡事故の発生割合については、建設業の約2倍、全産業の約9倍と高く、農業者が安心して農業を続けることができるように、農作業事故への対策が喫緊の課題となっている。
 JA共済連では、農作業事故の未然防止に貢献するため、農業をめぐる事情や農業機械の構造・操作等に詳しい農研機構監修の下、「乗用型トラクター 転倒編」など発生頻度の高い事故場面を再現した5つのVRコンテンツを開発。令和2年4月から『農作業事故体験VR』として全国展開を開始した。体験者アンケートでは「実際に事故を体験せずに恐怖を味わえるため良い取組だと思う」「家族を巻き込んで農作業事故防止に取組んでいきたい」など、9割を超える人から高い評価を受けている。
 今回開発したコンテンツは、シナリオ作成からVR動画の撮影・制作など全ての工程をJA共済連と農研機構が共同して行い、体験者が共感できるよう事故発生シーンのリアリティを追求し、具体的に原因と対策を解説している。

関連記事

イノベ戦略改定 スマート農業加速へ 重点開発目標を明確化

イノベ戦略改定 スマート農業加速へ 重点開発目標を明確化

農業白書閣議決定 基本法見直しを特集 「環境との調和」を拡充

農業白書閣議決定 基本法見直しを特集 「環境との調和」を拡充

改正基本法が成立 食料安全保障柱に スマ農支援で生産性向上

改正基本法が成立 食料安全保障柱に スマ農支援で生産性向上

AFICAT 参加企業を募集中 ショールームや展示会へ

AFICAT 参加企業を募集中 ショールームや展示会へ