農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 診断対象作物が拡大 レイミーのAI病害虫診断 日本農薬

診断対象作物が拡大 レイミーのAI病害虫診断 日本農薬

診断対象作物が拡大 レイミーのAI病害虫診断 日本農薬
日本農薬は、2020年4月から配信しているスマートフォン用アプリケーション「レイミーのAI病害虫雑草診断」に新たに「だいこん」「かぶ」「カリフラワー」の3作物を追加した。診断対象作物は今回の追加により全15作物(水稲、キャベツ、はくさい、レタス、ブロッコリー、ねぎ、トマト、きゅうり、なす、いちご、こまつな、チンゲンサイ、だいこん、かぶ、カリフラワー)となる。
 アプリは、同社とNTTデータCCSが共同で開発した防除支援ツール。カメラで撮影した作物や田畑に発生する病害虫/雑草の画像に対してAIによる診断を行い、生産者にとって防除に有効な薬剤情報を提供する仕組み。同アプリはiOS、Androidに対応し、ダウンロード・利用共に無料(通信料はユーザーの負担)。また対応する農薬に関しては、同社製品に加え、スマート農業を普及させるために連携している日産化学、日本曹達、三井化学アグロ、エス・ディー・エスバイオテック、丸和バイオケミカルが提供する製品の情報を掲載している。

関連記事

2023農薬年度 数量減、金額5.9%増 緑地・ゴルフ場向け農薬

2023農薬年度 数量減、金額5.9%増 緑地・ゴルフ場向け農薬

クレジット創出へ バイエルクロップサイエンス 

クレジット創出へ バイエルクロップサイエンス 

オリゴ糖のBS資材  レゾナックHD

オリゴ糖のBS資材  レゾナックHD

肥料の安定供給へ 共通問題の解消に集中 肥安協新年賀詞交歓会

肥料の安定供給へ 共通問題の解消に集中 肥安協新年賀詞交歓会