農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 新粒剤散布装置 種も肥料も1キロ粒剤も DJI

新粒剤散布装置 種も肥料も1キロ粒剤も DJI

新粒剤散布装置 種も肥料も1キロ粒剤も DJI
DJI JAPANは新たに高性能農薬散布用ドローンAGRAS T10とT30を市場投入。T10は軽量・コンパクトながら散布性能が向上し十分なダウンウォッシュ効果を実現。初心者にも使い易い機体となっている。T30は、30ℓの大容量タンクとそれに合わせたブランジャーポンプで最大吐出量は8ℓ/分とパワフルな機体だ。
 また注目なのが〝耐腐食性〟の新しい粒剤散布装置で、均一な粒剤や肥料の散布ができる。これまでのドローンは主に農薬散布用として活用が広がってきたが、更に肥料散布が加わることで、より利便性が高まると期待されている。
 粒剤散布装置は、AGRAS T10、T30向けに新設計され、運用面と効率面で大きく進化。1キロ剤などの除草剤をはじめ、肥料や播種に対しても細やかな散布設定が可能となっている。T30では1キロ粒剤の散布幅は最大7.5m、肥料の散布幅は最大10mを実現。さらに全方位360度の吐出口と、速度連動シャッターで散布均一性が向上した。
 農業ドローン推進部の佐浦氏は「新しい粒剤散布装置は、塩分等を含む肥料でも腐食しないよう、3層オイルシール構造となっていて汚れや錆に強い。また、粒径の大きい肥料に合わせてシャッターの穴の大きさを調整できる。また肥料袋から直接投入できるように粒剤散布装置の投入口は大きい。T30は液剤なら30㎏、粒剤なら最大40㎏積載できる。今後は、農薬はもちろん、肥料も散布できる〝農業用ドローン〟として普及を図っていきたい」と話す。
 今年、香川県の農事組合法人で労力軽減と小麦の品質向上を目的に、T30で粒剤散布の検証試験が行われた。同規模面積の圃場で手作業とドローンを比較したところ、手作業の散布では5名の作業者が圃場に入り約20分、対してT30では事前に作成された飛行ルートを自動飛行で約2分で完了した。また、肥料を散布した30日後の経過写真をみると(図1)、手散布の圃場は散布ムラがあるのに対し、T30で散布した圃場は散布ムラがなく、均一に散布できたことが分かった。
 また同社では、肥料散布に関してP4マルチスペクトルカメラを用いた可変散布もあわせて実証を重ねていくとしている。
 T30、T10の共通機能としては、粒剤散布装置の他に、前後左右360度方向の衝突防止機能と高度維持センサーも兼ねた球型の全方向デジタルレーダーで、複雑な環境、複雑な地形にも対応できる。スナップ構造のアームホルダーは、ワンタッチによる展開が可能。またアーム固定忘れを防ぐアラート機能が追加され、フライト前の安全確認機能も向上した。
 機体登録制度開始にあたり、T10、T30はリモートID対応機種、MG―1とT20は5月20日以降、同社や代理店を通じて事前登録済としている。

関連記事

施設園芸でみどり戦略に貢献する技術 消費電力10%削減 断熱資材ナノファイバー

施設園芸でみどり戦略に貢献する技術 消費電力10%削減 断熱資材ナノファイバー

日本茶の消費拡大へ 水出し緑茶の楽しみ方募集 

クボタ2022年下期新商品

クボタ2022年下期新商品

独・ブラベンダー テクノロジー社を買収 工場向け原料供給機メーカー クボタ

独・ブラベンダー テクノロジー社を買収 工場向け原料供給機メーカー クボタ