農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 進む果樹園の効率的管理 下草刈りの機械化 機械化しやすい園地、省力樹形

進む果樹園の効率的管理 下草刈りの機械化 機械化しやすい園地、省力樹形

進む果樹園の効率的管理 下草刈りの機械化 機械化しやすい園地、省力樹形
農業生産において機械化が難しい作目の一つとされる果樹。そうしたなかでも比較的機械化が進んでいるのが下草管理だ。乗用型のモアや幹の周りの草を刈りやすくした草刈機など。また、近年ではラジコン草刈機やロボット草刈機など省力的に草を刈れる製品も登場している。こうした機械の力を最大限に活用するためには、機械を導入しやすい園地づくりが必要。なかでも重要な技術となっているのが、省力樹形だ。農水省でも予算措置による導入支援をすすめている。

関連記事

業界から多数受賞 四国、東北、近畿、関東発明表彰

業界から多数受賞 四国、東北、近畿、関東発明表彰

送粉をハスで検討 中央 大学ら昆虫訪花時間と種子生産

茶畑でバイオ炭活用 炭素貯留の実証試験開始 農研機構

茶畑でバイオ炭活用 炭素貯留の実証試験開始 農研機構

野生昆虫の活用へ マニュアルで訪花状況把握 農研機構

野生昆虫の活用へ マニュアルで訪花状況把握 農研機構