農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > 農業機械

農業機械

新しい順  古い順
2022/04/12

3年度農機サービス士37名 JA全農累計402名が認定受ける

JA全農は、このほど令和3年度JAグループ農業機械検定を実施し、合格した37名を「JAグループ農機サービス士」として認定した。 JAグループ農業機械検定は、JA農機担当者の経験年数に応じた知識・技能の習得を目的に、実際の修理・整備に必要な知識・技能や、メーカー固有の機構・新技術、納品・安全指導など、より業務に密着した内容を検定項目に取り入れて実施。平成23年度からスタートし、令和3年度の合格者を含...

3年度農機サービス士37名  JA全農累計402名が認定受ける
2022/04/12

農業機械研究部門所長に天羽弘一氏 農研機構4月1日付人事

農研機構は4月1日付で人事異動を実施。理事(研究推進Ⅱ担当)に果樹茶業研究部門所長の湯川智行氏が就任、また農業機械研究部門所長に天羽弘一氏が就任した。所長等の異動は次の通り。敬称略。カッコ内旧職。 ▽基盤技術研究本部遺伝資源研究センター=熊谷亨(本部管理本部技術支援部長)▽畜産研究部門=三森眞琴(畜産研究部門研究推進部長)▽動物衛生研究部門=勝田賢(動物衛生研究部門衛生管理研究領域長)▽北海道農業...

農業機械研究部門所長に天羽弘一氏 農研機構4月1日付人事
2022/03/08

農機技術クラスター総会 17課題の開発実施 研究課題に新タイプ追加

農研機構農業機械研究部門(農機研、大谷隆二所長)は3月3日、オンラインで令和3年度農業機械部門研究報告会(農業機械技術クラスター総会)を開催。当日は関係者など約300人が参加した。総会ではクラスターの活動報告が行われたほか、研究報告として、「越冬ハクサイ頭部結束機の開発」など7課題の報告が行われた。 報告会では、初めに大谷所長があいさつ。「農研機構は今年度から第5期中期計画をスタートさせた。スマー...

農機技術クラスター総会 17課題の開発実施 研究課題に新タイプ追加
2021/05/17

高性能な照明機器 農機整備の利用拡大目指す ~ケービーエル~

ケービーエル=東京都品川区南品川2―2―10南品川Nビル4階=は、昭和25年12月設立以来70年間にわたり、建設機械の足回りを主体とした消耗部品の製造と販売に注力。近年、農機用部品、各種バッテリー、農業用ゴムクローラ、農業用タイヤといった多くの国内外間接資材を取り扱い高い評価を得ている。

高性能な照明機器 農機整備の利用拡大目指す ~ケービーエル~
2020/02/03

ICT農機が勢揃い JAグループさいたまが農機大展示会を開催

JAグループさいたまは1月25・26日の2日間、埼玉県加須市のむさしの村で「第59回農業機械大展示会」を開催した。ヰセキ関東甲信越、クボタアグリサービス、三菱農機販売、ヤンマーアグリジャパンなどの農機総合メーカー4社をはじめ、水田、畑作、園芸用各種農機メーカー、園芸資材メーカーなど33社が出展し、各社のICT農機や新商品などを多数展示した。当日は冷え込みが一段と厳しかったものの新しい機械や資材を見...

ICT農機が勢揃い JAグループさいたまが農機大展示会を開催
2020/02/03

農業機械技術クラスターの実施課題に新規に3課題追加

地域農業の機械化を支援するために農研機構革新工学研究センター(藤村博志所長)が実施している「農業機械技術クラスター」の実施課題に2019年度は新規に3課題が追加された。これによって2019年度は先に決定した12課題と合わせて15課題となる。新規に選定されたのは①遠隔操作式高能率法面草刈機②豚舎洗浄ロボットの実用化など。

農業機械技術クラスターの実施課題に新規に3課題追加
2020/01/20

1―11月農機輸出トラクタは3.5%増加 輸出総額は1.4%減少  

日本農業機械工業会はこのほど財務省通関統計を基に、2019年1―11月分の農業機械の輸出入実績をまとめた(一部既報) それによると、農業機械の1―11月輸出実績は合計2186億9085万円で、対前年比98.6%と1.4%の減少だった。

1―11月農機輸出トラクタは3.5%増加 輸出総額は1.4%減少  
2019/10/01

台湾農業技術展 10月30日~11月2日台北南港展覧館で

台湾農業技術展(ASIA AGRI-TECH EXPO&FORUM)が10月30日から11月2日、台湾のTaipei Nangang Exhibition Center(台北南港展覧館)で開催される。出展対象となているのは、農業機器のほか、オーガニック農業設備、温室設備、農園機器、植物工場機器・設備、灌漑システム・設備、苗木・種苗、肥料・農薬など。来場対象は輸出入業業者、商社などの卸・流通のほかサ...

台湾農業技術展 10月30日~11月2日台北南港展覧館で