農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > JICA AUの特使視察 日本の農機に高い関心示す

JICA AUの特使視察 日本の農機に高い関心示す

JICA AUの特使視察 日本の農機に高い関心示す

JICA(国際協力機構)の同行のもと、アフリカ連合(AU)の特使でニジェール元首相のイブラハム・アッサン・マヤキ氏が11月10日、農研機構農業機械研究部門(さいたま市)の視察を行った。マヤキ氏が日本の農業機械に高い関心を持っており、AFICAT関連の視察を希望したことから実現した。
 マヤキ氏は、1997年から2000年までニジェール首相を務めたほか、2009年から2022年までは、アフリカ連合下のアフリカ開発庁長官も務めている。
 会場に到着し、始めにマヤキ氏と農研機構安原学所長が挨拶。安原所長は、「我々の農業機械の研究所を見て、参考にして欲しい」と述べた。
 続いて研究推進部の梅田直円部長が、農研機構での業務・研究内容を説明。説明を受けたマヤキ氏から、「デジタルに弱い人も使えるのか、導入コストは?」といった質問があり、梅田部長は「日本も無人化などは少し先。コスト面も含め国や行政がどう支援していくかが重要だ」と答えた。
 その後、直進アシストコンバインや、安全キャブ・フレーム検査棟、農機ショールームや歴史的な農機具を展示した資料館を見学。マヤキ氏は見学後「今回見学した技術をそのまま使うのはそう簡単なことではないと思うが、得た知識を共有することでさらなる発展に結び付けたい」と話した。

 

関連記事

全国689カ所で実証 脱炭素の見える化 売上向上等の効果も

全国689カ所で実証 脱炭素の見える化 売上向上等の効果も

国会でも質疑 酪農経営の安定へ 需要に応じた生産後押し

国会でも質疑 酪農経営の安定へ 需要に応じた生産後押し

国産大豆の増産へ 農水省 単収の向上に向け シンポで新品種や技術紹介

国産大豆の増産へ 農水省 単収の向上に向け シンポで新品種や技術紹介

農水省調査 人に対する事故18件 防護装備の適切な使用を

農水省調査 人に対する事故18件 防護装備の適切な使用を