農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 農水省 農薬危害防止運動 飛散防止の徹底等を重点 

農水省 農薬危害防止運動 飛散防止の徹底等を重点 

農水省 農薬危害防止運動 飛散防止の徹底等を重点 
農水省は、農薬を使用する機会が増える6月から8月にかけて、厚労省、環境省等と、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した使用等を推進する「農薬危害防止運動」を実施する。運動は、農薬の適正な取扱いについて関係者を指導している一環。令和5年度は、テーマを「守ろう農薬ラベル、確かめよう周囲の状況」と設定し、ラベルの表示事項の遵守と周辺の環境への飛散防止を徹底することなどを重点的に指導する。

 農水省は、農薬取締法、毒物及び劇物取締法等に基づいた、農薬の適正な取扱いについて関係者を指導している。農薬の使用に伴う人や家畜への危害を防止するためには、農薬を使用する機会が増える6月から8月に指導を強化するのが効果的。「農薬危害防止運動」は、その一環として実施する。

令和5年度は、運動のテーマを「守ろう農薬ラベル、確かめよう周囲の状況」と設定し、農薬ラベルの表示事項の遵守と周辺の環境への農薬の飛散防止を徹底することなどを重点的に指導する。

 実施期間は原則として、6月1日から8月31日までの3カ月間。主な実施事項は、①農薬及びその取扱いに関する正しい知識の普及啓発②農薬による事故を防止するための指導③農薬の適正使用等についての指導④農薬の適正販売についての指導⑤有用生物や水質への影響低減のための関係者の連携―としている。
 ①では、広報誌やポスター、啓発資料の配布、情報発信、講習会等を通じて正しい知識の普及を図る。また、講習会等の開催等による周知・指導が行き届きにくい農薬使用者に対しても周知・指導の徹底が図られるよう、地域の実情に応じて、生産者団体や作物ごとの部会及び出荷先に加えて、農産物直売所、農薬販売店等を通じた普及啓発の拡充を図る。
 ②では、農薬使用の際の不注意等に起因する事故を未然に防ぐため、農薬使用者、病害虫防除の責任者及び農薬使用委託者を対象として、遵守すべき関係法令及び「農薬による事故の主な原因等及びその防止のための注意事項」を周知徹底。防護装備着用、混用に関する注意事項の遵守、土壌くん蒸剤の使用での安全確保、有人・無人航空機による農薬散布に当たっての留意事項の遵守などの指導を徹底する。

 また、▽農薬ラベルによる使用基準の確認と使用履歴の記帳の徹底▽土壌くん蒸剤を使用した後の適切な管理の徹底▽住宅地等で農薬を使用する際の周辺への配慮及び飛散防止対策の徹底▽誤飲を防ぐため、施錠された場所に保管するなど、保管管理の徹底―については、近年継続して農薬の使用に伴う事故・被害等が発生していることから、重点的に指導する。

関連記事

シンジェンタジャパン社長・小林久哉氏に聞く 「食糧増産と気候変動 課題解決のリーダーに」

シンジェンタジャパン社長・小林久哉氏に聞く 「食糧増産と気候変動 課題解決のリーダーに」

BS分野で協業へ アリスタと サカタのタネ「ギャクシー」発売 

BS分野で協業へ アリスタと サカタのタネ「ギャクシー」発売 

鈴木工業 土壌改良の処方箋 ミノリーナで生育が安定

鈴木工業 土壌改良の処方箋 ミノリーナで生育が安定

3月末 農薬出荷数量 金額3%減2326億円 6.8%減の10万t

3月末 農薬出荷数量 金額3%減2326億円 6.8%減の10万t