農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 田の価格は65万7000円 山林素地は31年ぶり上昇

田の価格は65万7000円 山林素地は31年ぶり上昇

田の価格は65万7000円 山林素地は31年ぶり上昇
日本不動産研究所はこのほど、第110回「田畑価格及び賃借料調」(2022年3月末現在)及び第81回「山林素地及び山元立木価格調」(2022年3月末現在)をまとめた。
 田畑価格及び賃借料調によると、全国平均の普通品等10aあたりの田の価格は対前年比2・4%低下し65万7707円、畑は同1・4%低下し41万2987円となった。変動率をみると、下落幅は田で0・2ポイント拡大した一方、畑は変わらなかった。賃借料は田が同2・2%低下の8438円、畑が同0・9%低下の4927円。
 変動率では田は下落幅が0・4ポイント拡大、畑は変わらなかった。日本不動産研究所によると、2年連続の大きな米価下落の影響だとしている。
 一方、山林素地及び山元立木価格調では、山林素地価格は用材林地が前年並みの4万1082円、薪炭林地が同0・1%上昇し2万8553円。変動率では、用材林地、薪炭林地とも下落から上昇となった。上昇に転じるのは31年ぶり。また、全国平均の利用材積1㎥あたり山元立木価格は杉が同56・1%上昇の4994円、桧が同51・9%上昇の1万840円、松が同37・2%上昇の2729円といずれも大幅に増加する結果となった。これらの結果はウッドショック等の影響が大きかったとみられる。なお、北海道については都府県と林相が異なるため、全国平均には含めず別途集計しており、山林素地価格のうち、用材林地は同0・9%上昇し1万424円、山元立木価格は松が同18・6%上昇し4933円、薪炭材が同0・5%下落し1796円となっている。

関連記事

そば等で引き上げ 5年度からのゲタ対策単価 

そば等で引き上げ 5年度からのゲタ対策単価 

耕地面積は432万ha 水田率は54%で横ばい続く 

耕地面積は432万ha 水田率は54%で横ばい続く 

23年は2兆7165億円に  需要予測油圧ショベル7534億円 建機工

23年は2兆7165億円に 需要予測油圧ショベル7534億円 建機工

1戸当り乳用牛103頭 肉用牛も65頭に増加  令和4年畜産統計

1戸当り乳用牛103頭 肉用牛も65頭に増加 令和4年畜産統計