農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 南九州でいもち多発 果樹カメ、ねぎアザミウマ類 

南九州でいもち多発 果樹カメ、ねぎアザミウマ類 

農水省は7月6日、「令和4年度病害虫発生予報第4号」を発表した。水稲では、いもち病の発生が、南九州の一部の地域で多くなると予想されている。野菜ではねぎのアザミウマ類の発生が、北海道及び南関東の一部地域で多くなると予想されている。果樹では果樹カメムシ類の発生が南関東、東海、近畿、中国および四国の一部地域で多くなると予想されている。このほか、水稲の斑点米カメムシ類等、地域によっては多くなると予想されている病害虫があるため注意。

【水稲】▽イネミズゾウムシ=北陸で「多い」、南関東、甲信、南九州で「やや多い」▽ツマグロヨコバイ=南関東、北陸、南九州で「やや多い」▽斑点米カメムシ類=中国で「多い」、北海道、東北、甲信、北陸、東海、近畿、四国、北九州で「やや多い」▽いもち病=南九州で「多い」、北東北、関東、北陸、近畿で「やや多い」▽縞葉枯病(ヒメトビウンカ)=南関東、甲信、南九州で「やや多い」▽紋枯病=北陸、中国、四国で「やや多い」。
【野菜・花き】▽いちご=アブラムシ類が近畿、四国、北九州で「やや多い」。ハダニ類が南関東、北九州で「多い」、北関東、南九州で「やや多い」。うどんこ病が南東北、近畿、九州で「やや多い」。炭そ病が北関東で「多い」、四国、北九州で「やや多い」▽きゅうり=アザミウマ類が四国で「多い」、南東北、南関東、甲信、北陸、近畿で「やや多い」。アブラムシ類が南東北、南関東、北陸、中国で「やや多い」。コナジラミ類が四国で「多い」、南東北、南関東で「やや多い」。べと病が北東北、南関東、近畿で「やや多い」▽すいか=アブラムシ類が南関東、近畿で「多い」、北陸で「やや多い」▽たまねぎ=アザミウマ類が北海道で「多い」、甲信で「やや多い」▽なす=アザミウマ類が南関東、四国で「多い」、近畿で「やや多い」。ハダニ類が南関東で「多い」、甲信、近畿で「やや多い」▽ねぎ=アザミウマ類が北海道、南関東で「多い」、北東北、甲信、北陸、近畿、四国、北九州で「やや多い」。さび病が関東で「多い」、東海で「やや多い」▽アブラナ科全般=コナガが北海道、北東北、甲信、北陸、中国で「やや多い」▽きく=アザミウマ類が北東北、近畿で「多い」、南東北、北陸で「やや多い」。アブラムシ類が東北、北陸、東海、近畿で「やや多い」▽作物共通=オオタバコガが中国、南九州で「多い」、北東北、南関東、甲信、北陸、四国で「やや多い」。シロイチモジヨトウが四国で「多い」、北陸で「やや多い」。ハスモンヨトウが北陸、四国で「多い」、北関東で「やや多い」。
【果樹・茶】▽かんきつ=ハダニ類が東海、近畿、中国で「多い」、四国、九州で「やや多い」。かいよう病が北九州で「多い」、南関東で「やや多い」。そうか病が南九州で「多い」、東海で「やや多い」▽なし=シンクイムシ類が北関東で「多い」、南関東、北九州で「やや多い」。ハダニ類が北九州で「多い」、南関東、北陸、近畿、南九州で「やや多い」。黒星病が北陸、南九州で「多い」、関東、近畿で「やや多い」▽ぶどう=べと病が南関東、近畿、中国で「やや多い」▽りんご=ハダニ類が北東北で「多い」、北海道、南東北、北陸で「やや多い」▽果樹全般=果樹カメムシ類が南関東、東海、近畿、中国、四国で「多い」、北東北、北関東、甲信、近畿、九州で「やや多い」▽茶=チャノホソガが東海で「多い」、九州で「やや多い」。ハダニ類が近畿で「多い」、北九州で「やや多い」。ハマキムシ類が南関東、東海、北九州で「多い」、近畿、南九州で「やや多い」。なお、6月下旬から7月、西日本地域で果樹カメムシ類の注意報が発表されている。

関連記事

2023農薬年度 数量減、金額5.9%増 緑地・ゴルフ場向け農薬

2023農薬年度 数量減、金額5.9%増 緑地・ゴルフ場向け農薬

クレジット創出へ バイエルクロップサイエンス 

クレジット創出へ バイエルクロップサイエンス 

オリゴ糖のBS資材  レゾナックHD

オリゴ糖のBS資材  レゾナックHD

肥料の安定供給へ 共通問題の解消に集中 肥安協新年賀詞交歓会

肥料の安定供給へ 共通問題の解消に集中 肥安協新年賀詞交歓会