農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 農業のマイクロプラスチック

農業のマイクロプラスチック

農業のマイクロプラスチック
近年、プラスチックごみよる海洋汚染が国際的な課題としてクローズアップされているが、農業でもハウスやトンネルの被覆資材、マルチ、畜産のサイレージラップのほか、肥料成分を合成樹脂等の膜でコーティングした被覆肥料など生産資材として多くのプラスチックを使用している。そのため、プラスチックを含む資材の適切な廃棄や代替等の対応が必要となっている。これらが放置され太陽光で分解されるとマイクロプラスチック化する。
 海洋プラスチック問題の解決には、各自ができる取組を行うことが重要で、これまでも、資材メーカー等の団体により、使用済みの農業用フィルムの適正処理や生分解性マルチの利用促進、被覆肥料の被膜殻の流出防止など海洋プラスチック問題の解決への取組みも行われてきてはいるが、まだまだ不十分だ。今回の一発肥料の粒状からペーストへの代替も期待される。

関連記事

施設園芸でみどり戦略に貢献する技術 消費電力10%削減 断熱資材ナノファイバー

施設園芸でみどり戦略に貢献する技術 消費電力10%削減 断熱資材ナノファイバー

日本茶の消費拡大へ 水出し緑茶の楽しみ方募集 

クボタ2022年下期新商品

クボタ2022年下期新商品

独・ブラベンダー テクノロジー社を買収 工場向け原料供給機メーカー クボタ

独・ブラベンダー テクノロジー社を買収 工場向け原料供給機メーカー クボタ