農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 収穫量13%増25万t 令和3年産大豆(乾燥子実)

収穫量13%増25万t 令和3年産大豆(乾燥子実)

収穫量13%増25万t 令和3年産大豆(乾燥子実)
農水省は4月8日、令和3年産大豆(乾燥子実)の収穫量を公表した。
 令和3年産大豆の作付面積は対前年産比4500ha(3%)増の14万6200haとなった。これは他作物からの転換等があったため。また、10a当たり収量は同10%上回る169㎏。これは、8月の大雨等の影響がみられた九州の一部地域を除き、生育期間が概ね天候に恵まれ、登熟も良好だったため。なお、10a当たりの平均収量対比は同105%となった。
 この結果、全国の収穫量は同2万7600t(13%)増の24万6500tとなった。
 都道府県別の状況を収穫量上位からみてみると、最も多かったのは北海道で10万5400tと全体の43%を占めている。作付面積は4万2000ha、10a当たり収量は251㎏。次いで多かったのは宮城で2万2000tで全体の9%を占める。作付面積は1万1000ha、10a当たり収量は202㎏などとなっている。

関連記事

そば等で引き上げ 5年度からのゲタ対策単価 

そば等で引き上げ 5年度からのゲタ対策単価 

耕地面積は432万ha 水田率は54%で横ばい続く 

耕地面積は432万ha 水田率は54%で横ばい続く 

田の価格は65万7000円 山林素地は31年ぶり上昇

田の価格は65万7000円 山林素地は31年ぶり上昇

23年は2兆7165億円に  需要予測油圧ショベル7534億円 建機工

23年は2兆7165億円に 需要予測油圧ショベル7534億円 建機工