農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 多分野の知見集積へ 営農型太陽光発電あり方検討

多分野の知見集積へ 営農型太陽光発電あり方検討

多分野の知見集積へ 営農型太陽光発電あり方検討
農水省は2月2日、オンラインで「今後の望ましい営農型太陽光発電のあり方を検討する有識者会議」を開催した。
 会議では冒頭都市農村交流課の荻野憲一課長が「営農型太陽光発電はこれまで2600あまりの実績があり、農業の担い手確保や農村集落の維持といった効果が期待されている。一方で、栽培技術の未熟により初期の収量を確保できなかったり、昨今頻発する台風被害により施設が倒壊するなどの事例も発生している。望ましい営農型太陽光発電の実現のためには施設や整備などの工学的な知見、営農技術などの農学的な知見、収益の確保等経営的な知見など多分野にわたる知見の集積が必要となると考えている。本会議では多様な分野の皆様に委員になっていただいている。積極的な議論をお願いしたい」と検討会設立の経緯を説明した。その後、農水省から検討会の概要と営農型太陽光発電の現状と課題について報告。

関連記事

国内生産拡大求める 飼料用米シンポ基本法改正へ提言

国内生産拡大求める 飼料用米シンポ基本法改正へ提言

令和6年度予算決まる 農林関係2兆2686億円 食料安保には395億円計上

令和6年度予算決まる 農林関係2兆2686億円 食料安保には395億円計上

クボタ 水素燃料電池トラクタ 開発中の試作機公表 国内ほ場での実証段階へ

クボタ 水素燃料電池トラクタ 開発中の試作機公表 国内ほ場での実証段階へ

作業機出荷508億円 乗用トラ用446億円 施肥用は10%増52億円に

作業機出荷508億円 乗用トラ用446億円 施肥用は10%増52億円に