農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 森林の意義明らかに CO2吸収量算定法策定

森林の意義明らかに CO2吸収量算定法策定

森林の意義明らかに CO2吸収量算定法策定
林野庁は、企業や地方公共団体等による森林整備の取組の意義や効果をステークホルダー等に対して訴求するための一助となるよう「森林による二酸化炭素吸収量の算定方法」を取りまとめた。
 昨年10月改訂された地球温暖化対策計画では、森林によるCO2吸収量について、健全な森林の整備等の森林吸収源対策に取組むことで、2030年度に約3800万t―CO2(2013年度総排出量の2・7%に相当)の森林吸収量を確保する目標が掲げられるなど、森林の有するCO2吸収機能の一層の発揮が求められている。このためには、地球温暖化対策における森林整備等の重要性について、民間企業や地方公共団体等による国民参加の森林づくり活動等を通じて国民理解の醸成を図ることが必要。

関連記事

イチゴJIT生産 生育センシングで実現へ

肥料の安定確保訴え 23年の議長国は日本に G7農相会合

肥料の安定確保訴え 23年の議長国は日本に G7農相会合

施設園芸セーフティ ネット募集開始

施設園芸セーフティ ネット募集開始

農研機構農業機械研究部門・天羽所長に聞く