農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 自動運転SSなど 技術クラスター4課題追加 ~農研機構~

自動運転SSなど 技術クラスター4課題追加 ~農研機構~

自動運転SSなど 技術クラスター4課題追加 ~農研機構~
農研機構(久間和生理事長)は、10月22日、農業機械技術クラスター事業に新たに「かんしょ茎葉処理機」「タカナ収穫機」「雑穀コンバイン」「自動運転スピードスプレーヤ」の4課題を追加、新たに開発を開始した。
 農研機構では、多様な現場ニーズに即応でき、かつ異分野の知見を取り込むことができるよう、2018年4月から「農業機械技術クラスター事業」を実施している。技術クラスターで扱う共同研究課題は①地域農業機械化支援タイプ②革新コア技術実用化タイプ③次世代革新基盤技術タイプ―の3つのタイプがある。
 今回新たに開始する研究課題は、①のタイプで「かんしょの作付け拡大を支援する高能率収穫体系の開発」「漬物用タカナ収穫機の開発」「雑穀類対応コンバインの開発」、②のタイプで「果樹園のスマート化に資する自動運転スピードスプレーヤの開発」となっている。

関連記事

農機シェアリング等 「スマート農業産地形成実証」公募

農機シェアリング等 「スマート農業産地形成実証」公募

リンゴ黒星病発生低減へ 農研機構とオーレック等が落葉収集機市販化へ

リンゴ黒星病発生低減へ 農研機構とオーレック等が落葉収集機市販化へ

3年度農業技術10大ニュース 5作業を1工程で タマネギ直播用作業機など

3年度農業技術10大ニュース 5作業を1工程で タマネギ直播用作業機など

農業技術革新フォーラム

農業技術革新フォーラム