農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 公道走行更に緩和を 規則改革会議で議論

公道走行更に緩和を 規則改革会議で議論

公道走行更に緩和を 規則改革会議で議論
政府は4月19日、規制改革推進会議の第12回農林水産ワーキング・グループを開催。高性能農機の普及に向けた規制・制度に関する手続きについて国交省及び事業者からヒアリングを行ったほか、若者の農業参入、経営継承の推進、農業経営の法人化等に関する課題について農水省、事業者からヒアリングを行った。高性能農機の規制・制度については日本農業法人協会の齋藤一志副会長が特殊車両通行許可申請の要件緩和、手続きの改善などを要望した。

関連記事

日本国内で初確認 トマトキバガが熊本で

日本国内で初確認 トマトキバガが熊本で

農地面積は399万ha 令和2年の農用地区域内

農地面積は399万ha 令和2年の農用地区域内

配送ロボの公道走行など次期国会で法改正へ 地域の活力創造本部で明らかに

配送ロボの公道走行など次期国会で法改正へ 地域の活力創造本部で明らかに

4年産米は4万ha削減必要 生産量見通し675万t 5年6月末在庫200万tに

4年産米は4万ha削減必要 生産量見通し675万t 5年6月末在庫200万tに