農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 家庭消費は7%増 全体では昨年並みを維持 ~消費動向~

家庭消費は7%増 全体では昨年並みを維持 ~消費動向~

家庭消費は7%増 全体では昨年並みを維持 ~消費動向~
需要に応じた生産に向けて消費側の動向を知ることは不可欠だ。米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)がまとめた「米の消費動向調査(令和2年12月分)」によると、1人1カ月あたりの精米消費量は前年同月比4%の増加となった。このうち、中食・外食向けが3・3%の減少となった一方、家庭内での消費量は同7・6%の増加となっている。農水省の調査によると、販売数量は対前年同月で100%となっており、昨年から米の需要が停滞しているとみている。

関連記事

1等比率は83.1% 3年11月30日現在農産物検査

1等比率は83.1% 3年11月30日現在農産物検査

都道府県別令和2年農業産出額 北海道は1兆2667億円

都道府県別令和2年農業産出額 北海道は1兆2667億円

トラ45%増1986億円 日農工1月輸出入実績

トラ45%増1986億円 日農工1月輸出入実績

令和2年産出額 0.4%増の8.9兆円に 野菜、豚の価格上昇が影響

令和2年産出額 0.4%増の8.9兆円に 野菜、豚の価格上昇が影響