農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > 東海地方

東海地方

新しい順  古い順
2022/03/08

静岡県農業経営士協会茶部会・西原部会長に聞く

静岡県は、荒茶生産量が全国1位のシェアを誇る日本一の茶産地であるとともに、全国の茶の55%が集まる集散地でもあり、製茶機械メーカーなどの茶関連産業が集積している。そのなかで、静岡県農業経営士協会は7支部と、茶や果樹、耕種など10部会で、講演会・視察研修・情報交換活動を実施。同協会茶部会の部会長で、川根本町の農事組合法人川根美味しいたけで代表理事を務める西原睦実氏(61歳)に話を聞いた。 ――茶部会...

静岡県農業経営士協会茶部会・西原部会長に聞く
2020/03/02

大〜小規模向けまで充実 静岡製機が米用の色彩選別機

静岡製機=鈴木直二郎社長、静岡県袋井市諸井1300=では、一般的に「米乾燥調製用の農業機械にとって不需要期」と言われるこの時期も、色彩選別機については需要が非常に高い。同社では「生産者の米への品質に対する関心の高さがうかがえる」と話していたが、同社のユーザーニーズに沿った豊富なラインナップという要素も大きい。

大〜小規模向けまで充実 静岡製機が米用の色彩選別機
2020/03/02

てん茶生産量増加へ 2年度予算 14 億円で支援

お茶に関してどのような支援が行われるのか。農水省の令和2年度予算からみてみたい。お茶の生産振興に向けては「茶・薬用作物等地域特産物体制強化促進」13億7000万円がある。政策目標は茶の輸出額の増加や国内てん茶生産量の増加(平成26年度1969tから令和2年度までに3500tに)を掲げた。

てん茶生産量増加へ 2年度予算 14 億円で支援
2020/03/02

東海の野菜は産出額合計 2410 億円 全国トップは愛知のキャベツ

多彩な農産物を生産する東海地方のなかでも多くを占めているのが野菜だ。東海3県の平成29年の産出額では農業全体の産出額の約3割を占めており、特に愛知は東海の野菜産出額の約7割を占める大産地となっている。また、静岡も県内農業産出額の3割超を占めており、重要な基幹作物の一つとなっている。これは、温暖で恵まれた気候条件とともに大消費地名古屋を中心に東京、大阪ともにアクセスしやすい環境にあることも大きな要因...

東海の野菜は産出額合計 2410 億円 全国トップは愛知のキャベツ
2020/03/02

静岡県茶業研究センターがスマート茶業技術等の成果発表会を開催

静岡県農林技術研究所茶業研究センターは2月14日、菊川市の菊川文化会館アエルで令和元年度の研究成果発表会を開催した。発表会にあたり平出裕之センター長が挨拶にたち「手摘みから機械化の時代を経て静岡県茶業は大きな変革期を迎えている。日本の茶園面積は世界からみると、わずか1.4%と非常に小さい。しかし高品質な茶生産を行っており、今後、国内での需要拡大や海外でどのように売っていくかなど、皆さんと一緒になっ...

静岡県茶業研究センターがスマート茶業技術等の成果発表会を開催