農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > ロボット農機

ロボット農機

新しい順  古い順
2021/08/09

小型多機能ロボット 「DONKEY」試験販売

DONKEY=山本秀勝社長、神奈川県相模原市緑区西橋本5―4―21=は、中小規模農家のためのスマート農業ロボット「DONKEY/XCP100」の試験販売を開始した。同機は前方に搭載したカメラで農業者を認識し、一定の間隔を保ちながら自動で追従。農具の持ち運びや収穫物運搬の往復など、小さな間接作業を削減し作業負担を軽減させる。

小型多機能ロボット 「DONKEY」試験販売
2021/05/31

深谷市から資金調達 自動農薬散布ロボットで ~レグミン~

自律走行型農業ロボット開発などを行うアグリテックベンチャーのレグミン=埼玉県深谷市=は、深谷市を引受先とする第三者割当増資を実施し、990万円の資金調達を行った。 同社は昨年10月に深谷市が開催した「DEEP VALLEY Agritech Award2020」において、農業の人手不足や人件費高騰の解決策として、自動農薬散布ロボットによる農薬散布サービスの提供を提案し、同アワード現場導入部門の最優...

深谷市から資金調達 自動農薬散布ロボットで ~レグミン~
2021/01/04

農研機構等が果実の自動収穫ロボプロトタイプを公開

農研機構と立命館大学、デンソーは、昨年12月23日、果実収穫ロボットのプロトタイプを開発したと発表した。収穫の対象はV字樹形のリンゴ、ニホンナシ、セイヨウナシ。収穫ロボットは自動走行車両(ヤマハ発動機のゴルフカートを改造したもの)にけん引されながら、2本のロボットアームにより収穫するというもの。収穫した果実は自動走行車両の荷台に設置した果実収納コンテナシステムに送られる。果実収納コンテナシステムで...

農研機構等が果実の自動収穫ロボプロトタイプを公開
2020/01/06

国際ロボット展 開催 農水省合同ブースにオサダのキャベツ収穫ロボ

日本ロボット工業会と日刊工業新聞社は、12月18日~21日の4日間、東京都江東区の東京ビッグサイトで「2019国際ロボット展」を開催した。同展示会は、2年に一度開催するロボットショーで、今回は637社・団体が出展し過去最大規模での開催となった。農業分野では、農水省がパネルディスカッションで参画するとともに合同ブースを設け、産官学が協力した最新のロボットを展示した。 パネルディスカッションでは、「ロ...

国際ロボット展 開催 農水省合同ブースにオサダのキャベツ収穫ロボ
2019/12/16

和同産業 なし樹園地で実演、来年発売のロボット草刈機

和同産業(照井政志社長)は、12月6日、栃木県農業試験場のなし樹園地で来年発売予定のロボット草刈機「KRONOS(クロノス)MR―300」の実演を行った。同機は、天候・場所・時間を問わず、エリアワイヤーで定めた作業範囲内の草刈り、バッテリーの充電や充電完了後も自動で行い、草刈りを再開するのが特長。現在、先行予約受付を行っている。

和同産業 なし樹園地で実演、来年発売のロボット草刈機
2019/10/01

露地野菜生産のロボット化へ 自動運転収穫機 北海道で実証

露地野菜生産ロボット化コンソーシアム(代表機関:立命館大学、代表者:深尾隆則教授)は9月19日、北海道河東郡鹿追町の鹿追町民ホール及び同町内の野菜集出荷施設、圃場でAIを使った露地野菜の自動収穫・運搬の実証実験のデモンストレーションを公開した(本紙一部既報)。当日は集出荷施設での自動フォークリフトによる積み込み作業やドローンによる自動防除、キャベツ・タマネギの自動収穫の様子が実演された。なお、前日...

露地野菜生産のロボット化へ 自動運転収穫機 北海道で実証
2019/10/01

和同産業ロボット草刈機「クロノス」 10月9日先行予約開始

和同産業(照井政志社長)は、兼ねてより開発を進めてきたロボット草刈機「KRONOS(クロノス)」について、10月9日より先行予約の受付を開始する。同機は荒地や雑草地でも自動で草が刈れるのが最大のポイント。作業に費やす労力と時間を省くことができる新兵器として注目を集めている。販売価格は税別49万5000円(標準設置費込み)。

和同産業ロボット草刈機「クロノス」 10月9日先行予約開始