農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > 移植機

移植機

新しい順  古い順
2021/11/22

日本甜菜製糖がネギ定植の新提案へ トラクタ直装ユニットで

日本甜菜製糖紙筒事業部=東京都港区三田3―12―14=のチェーンポット用簡易移植器「ひっぱりくん」は、様々な畦形状に対応できるバリエーションを備え、小型・軽量で使い易いことから人気商品となっている。さらにエンジン駆動で牽引する「ひっぱりくん動力ユニット」は、「引っ張るのが大変」「苗運びが大変」といった女性や高齢者から高い支持を獲得している。 ホンダの空冷4サイクルエンジンを搭載した「HPD―2G」...

日本甜菜製糖がネギ定植の新提案へ トラクタ直装ユニットで
2021/01/25

デリカが野菜移植機等を充実 ベビーリーフ刈取機も

デリカ(金子孝彦社長)は、昨春からカタクラ事業引き継ぎ製品として野菜移植機、ハーベスタ、ベビーリーフ刈取機、自走カッター、高所作業台等の拡販を図っている。野菜移植機ではキャベツやブロッコリー等の慣行苗をそのまま植付け可能な平坦地・高畝用のほか、玉ねぎやレタス等の苗を効率よく植付け可能な2条千鳥植え(往復4条植え)用等をラインナップした。

デリカが野菜移植機等を充実 ベビーリーフ刈取機も
2021/01/11

井関農機2021年上期新商品④ 半自動移植機を更に充実 にんじん・大根・キャベツの収穫機も

井関農機(冨安司郎社長)は昨年12月、2021年上期新商品20品目37型式を発表した。今回は①里芋やじゃがいもを精度よく植付けできる歩行型半自動移植機と②キクの栽培体系に対応した株間8㎝から移植可能な型式を追加した乗用型半自動移植機という2機種の移植機と、にんじん・大根・キャベツの収穫機3機種を紹介する。価格は全て税込み表示。

井関農機2021年上期新商品④ 半自動移植機を更に充実 にんじん・大根・キャベツの収穫機も
2020/11/16

使いやすさと安心感 ヤンマーアグリが乗用汎用レタス移植機発売

ヤンマーアグリ(増田長盛社長)は、乗用汎用レタス移植機のモデルチェンジを行い、12月1日から発売する。近年、主産地を中心にレタスの栽培面積は増加傾向で、新鮮で安全・安心な国産野菜の需要が高まっている。そこで、人手不足の解消、移植作業の軽労化、規模拡大の実現に向け、乗用汎用レタス移植機をモデルチェンジ、更なる使いやすさと安心感を追求した。

使いやすさと安心感 ヤンマーアグリが乗用汎用レタス移植機発売
2020/04/06

日本甜菜製糖の動力ユニット「ひっぱりくん」長ネギ移植に後進専用機

日本甜菜製糖紙筒事業部は、チェーンポット用簡易移植器「ひっぱりくん」をエンジン駆動で牽引する「動力ユニットHPD―2」(前後進選択式)に続き、後進専用機「同HPD―3」を4月1日から新発売した。 「チェーンポット」は、ペーパーポットが数珠状に繋がったもので、一定の株間で定植できることから植え付け作業の省力化になる。なお、これまでオプションだったゴムラグタイヤが標準仕様となり移動も楽に。

日本甜菜製糖の動力ユニット「ひっぱりくん」長ネギ移植に後進専用機