農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > カーボンオフセット

カーボンオフセット

新しい順  古い順
2021/02/22

【カーボン・オフセットで森づくり-63-】宮崎県諸塚村 森の維持活用を模索 モザイク林層の森林整備に

九州山地のほぼ中央に位置する宮崎県諸塚村は、1907年に林業を主体として暮らしていく『林業立村』を宣言。今日まで一貫して森の手入れを続けてきた。2004年には自治体ぐるみでは日本初となるFSC森林認証を取得するなど、山を資源として活かす術を受け継いでいる。そうした取り組みの一助にと環境省オフセット・クレジット(J―VER制度)を取得。村内の森林整備などに役立てている。 村の産業は椎茸栽培・お茶・畜...

【カーボン・オフセットで森づくり-63-】宮崎県諸塚村 森の維持活用を模索 モザイク林層の森林整備に
2020/12/21

【カーボン・オフセットで森づくり62】都市の森林守る使命、山の荒廃防ぎ「減災」を ~大阪府森林組合~

880万人が暮らす大都市・大阪には、大阪平野を囲むように北から南まで5万6000㏊を超える森林が存在する。林業が盛んな他地域に比べると規模は大きくないが、「多くの人が生活する市街地と山が近接する地域事情から、都市の森林として守り育てる使命がある」と大阪府森林組合=栗本修滋代表理事組合長、大阪府高槻市原1052―1=の山田重雄・常務理事は力を込める。 同組合では2010年から、CO2など温室効果ガス...

【カーボン・オフセットで森づくり62】都市の森林守る使命、山の荒廃防ぎ「減災」を ~大阪府森林組合~
2020/11/23

【カーボン・オフセットで森づくり61】浦河町で優駿育む森づくり、クレジットで町の環境整備

「森林事業はとても息の長い事業。町の財産である町有林を次世代につなぐために、他の自治体の事例を参考にしながら独自の特色を打ち出せれば」と産業課の住吉仁昭参事。数多くの名馬を輩出した北海道浦河町では、数年前から環境に優しい町づくりを打ち出し、その一環として町有林の有効活用を推進している。

【カーボン・オフセットで森づくり61】浦河町で優駿育む森づくり、クレジットで町の環境整備
2020/10/19

【カーボン・オフセットで森づくり60】南富良野町 イトウが棲む環境に

「当面の目標は町内への周知。森林整備やクレジットに関する理解の向上を目指したい」と産業課林政係の柴崎祐一郎主任技師。北海道のほぼ中央に位置し、総面積の約90%が森林の南富良野町は〝山づくりは町づくり〟を掲げ、林業と環境が調和した町づくりを進めている。環境省のオフセット・クレジット(J―VER)は平成24年に発行。これも町の財産である森林に付加価値を付けたいとの思いからだ。町の基幹産業において、生産...

【カーボン・オフセットで森づくり60】南富良野町 イトウが棲む環境に
2020/09/28

【カーボン・オフセットで森づくり 59】須山木材 未来へ森をつなごう、出雲の社有林で地域貢献

「社会貢献について、我々の仕事を絡めて行えるのが山づくり」と須山政樹社長。明治10年創業の老舗木材会社・須山木後者が得意とするのが都市。地方が疲弊している中、地域資源である木材を産業にしなけ材=島根県出雲市白枝町139=は、島根県産材の積極的な利用を通じた循環型林業を実践している。その中で出雲市内にある社有林の一部で、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証するJ...

【カーボン・オフセットで森づくり 59】須山木材 未来へ森をつなごう、出雲の社有林で地域貢献
2020/08/31

【カーボン・オフセットで森づくり 58】山麓の森林整備に 鳥取県造林公社、大山の森プロジェクト

鳥取県の西部に位置する標高1709mの大山(だいせん)。同県だけでなく中国地方の最高峰でもあり、その山容から伯耆富士とも呼ばれ、鳥取県のシンボルの一つとして慕われている。その大山周辺にある森林施業を基にJ―VERの認証登録を行ったのが鳥取県造林公社(尾﨑史明理事長、鳥取市千代水4―37)だ。同公社は大山町と近隣の江府町内にある公社有林約294haのスギ・ヒノキ林の利用間伐から平成23年に4282t...

【カーボン・オフセットで森づくり 58】山麓の森林整備に 鳥取県造林公社、大山の森プロジェクト
2020/07/27

【カーボンオフセットで森づくり57】山梨県

「カーボン・オフセットの浸透に貢献できればありがたい」と話す森林環境部県有林課県有林計画担当の江俣尚厚課長補佐。県森林面積の約46 %(約15万8千ha)を占める山梨県有林。都道府県が所有する森林としては北海道に次ぐ規模を有する。その県有林は明治末期に発生した大水害からの復興のため、今から約110年前に県下の御料地(皇室の所有地)のほとんどが県に御下賜されたことに由来するという。J―VERクレジッ...

【カーボンオフセットで森づくり57】山梨県
2020/06/22

【カーボン・オフセットで森づくり 56】 鳥取県日南町で地銀と提携し販売増、全国の優良事例として注目

「町の資産である森林を再認識するきっかけになっている」と話す農林課の荒金太郎主任。鳥取県日南町は、平成25年度からFSC森林認証を受けている町有林302・48‌haの間伐地を対象に6604tのクレジットを取得。山陰合同銀行、鳥取銀行と販売コーディネート契約を締結以降、販売件数・販売量共に実績を伸ばし、その資金を基に森林を用いた持続可能な町づくりの挑戦を続けている。

【カーボン・オフセットで森づくり 56】 鳥取県日南町で地銀と提携し販売増、全国の優良事例として注目
2020/05/25

【カーボン・オフセットで森づくり 55】 長野県

「販売量が増加できるよう、クレジットを購入した際のメリットや認知度を高めるためにどうすればいいか考えていきたい」と話す石井係長。県の面積の8割を森林が占める長野県。環境省が創設したJ―VER制度には平成24年から取り組みを開始。J―クレジット制度を合わせて4回の認証を取得して、その収益を森林整備に活かしている。その現状を林務部森林づくり推進課企画幹兼課長補佐兼県営林係長の石井信幸氏に伺った。

【カーボン・オフセットで森づくり 55】 長野県
2020/04/27

【カーボン・オフセットで森づくり 54】 流域のつながり紡ぐ 木曽三川水源造成公社水源の森づくりに活用

濃尾平野に流れる我が国有数の河川、木曽川、長良川、揖斐川。流域の人々はこれらを〝木曽三川〟と呼んで親しんできた。この流域の保全と水源の森林整備を進めているのが木曽三川水源造成公社(以下「公社」)=岐阜県美濃市生櫛1612―2=だ。公社は日本でも珍しい土地所有者(山林所有者)・地元森林組合(森林施業者)と三者契約を結んで流域の水源林造成事業などを実施。その財源に充てるJ―VERクレジットを販売してい...

【カーボン・オフセットで森づくり 54】 流域のつながり紡ぐ 木曽三川水源造成公社水源の森づくりに活用
2020/01/27

【カーボン・オフセットで森づくり-52-】伊予森林組合 輝く森林を未来へ 整備推進へクレジット創出

「林業関係者でも制度について知らない人が多いのが現状。誰もが知っているようになれば、運用も活発になるのでは」と話す森林整備課の池田賢志課長。源義経などが活躍した平安時代末期の平氏や源氏にまつわる伝説が数多く残されるなど、歴史的にも地理的にも深いつながりを持つ伊予市、中山町、双海町が合併して誕生した新伊予市。それを契機に3つの森林組合が合併して発足した伊予森林組合(松本武文代表理事組合長、愛媛県伊予...

【カーボン・オフセットで森づくり-52-】伊予森林組合 輝く森林を未来へ 整備推進へクレジット創出
2019/10/21

【カーボン・オフセットで森づくり-50-】延岡市 次の世代に資源を 森林整備の付加価値明確化

東九州有数の工業都市であるとともに、豊かな自然環境に恵まれている宮崎県延岡市。市の総面積の84・6%にあたる7万3409haは森林で、さらに標準伐期齢以上のスギ・ヒノキは2万haに達し、大部分が木材利用可能となっている。 そのような中、延岡市では林業経営で得られる経済活動と共にCO2を吸収する機能を発揮するため、市有林において、間伐を実施した森林を「延岡市市有林間伐型CO2吸収プロジェクト」として...

【カーボン・オフセットで森づくり-50-】延岡市 次の世代に資源を 森林整備の付加価値明確化
2019/08/26

【カーボン・オフセットで森づくり-48-】石狩市 ニシン群来る海へ

春告魚と呼ばれ、季語にもなっている北海道のニシン。豊かな森林が海岸付近まで続く石狩湾北部の沿岸は産卵のために大群で押し寄せ、青い海が乳白色に染まる現象=群来(くき)が見られたという。そうした風物詩も昭和30年ごろを境に姿を消してしまった。しかし、平成8年から種苗放流を開始するとともに資源保護等に力を入れ“ニシンが群来る海を復活させよう”と地域ぐるみで取り組みを開始。いしかりJ-VERプロジェクトも...

【カーボン・オフセットで森づくり-48-】石狩市 ニシン群来る海へ
2019/06/24

【カーボン・オフセットで森づくりー46-】秋田県八峰町 新たな”繋がり”創出に期待

八森町と峰浜村が合併して誕生した秋田県八峰町。県北西部に位置しており、西は日本海に面して東は世界自然遺産「白神山地」に隣接する、海と山に囲まれた風光明媚な町。面積の80%近くが森林で占められ、秋田白神県立自然公園に指定されているエリアも含んでいる。その中にある町有林の一部の間伐施業実績を利用して、町ではJ―VERクレジット(白神山麓・八峰町有林J―VERプロジェクト)の認証を受けて発行。その収益を...

【カーボン・オフセットで森づくりー46-】秋田県八峰町 新たな”繋がり”創出に期待
2019/05/27

【カーボン・オフセットで森づくり-45-】喜多方市 市有林活用をJ-VERで

福島県北西部に位置する喜多方市。ラーメンのまちとしても有名であり、他にもコメや銘酒作りでも知られ、全国から観光客が訪れる観光都市である。そうした人々がお目当てにする美味しい料理や農産物の根幹となっているのが市内を流れる豊かな水であり、その水は市の総面積の69%を占める森林が育んでいると言っても過言ではないだろう。「豊富にある森林資源をどのように活かしていくかが課題」と久保隆森林整備係主査。その一つ...

【カーボン・オフセットで森づくり-45-】喜多方市 市有林活用をJ-VERで
2019/03/11

コベルコ建機が「カーボン・オフセット」ネットワーク会議を開催 6発行団体が参加

コベルコ建機=東京都品川区北品川5ー5ー15=は3月5日、東京都八王子市の京王プラザホテル八王子などで『第4回コベルコ「カーボン・オフセット」ネットワーク会議』を開催した。 同社は、コベルコ林業仕様機を購入したユーザーが森林施業の機械稼動に生じる温室効果ガスの一部をコベルコ建機の負担で相殺するコベルコ「カーボン・オフセット」プログラムを2013年10月より開始。

コベルコ建機が「カーボン・オフセット」ネットワーク会議を開催 6発行団体が参加
2018/12/17

【カーボン・オフセットで森づくり-42-】鳥取県 地元2銀行と連携

クレジット売買の低迷を打破するヒントになるかもしれない――。県有林の間伐を利用したJ―VERクレジットの販売を早々に開始した鳥取県では「鳥取県森林J―VER(現J―クレジット)地域コーディネーター制度」を発足して山陰合同銀行、鳥取銀行の両地方銀行と締結した。県内外企業と取り引きのある銀行が、鳥取県が発行するクレジットの購入を希望する企業と鳥取県をマッチングさせた購入金額の数%を販売手数料として支払...

【カーボン・オフセットで森づくり-42-】鳥取県 地元2銀行と連携
2018/09/17

【カーボン・オフセットで森づくり-40-】岩手県住田町 住田型森林業を構築

岩手県北上市から車を走らせて約1時間。豊かな森林や清流を仰いでいると目の前に木造の庁舎が現れた。平成26年に完成したという役場庁舎は内外装に県産材がふんだんに使われており、木材利用コンクールで農林水産大臣賞など数々の賞を受賞している。今年3月にはその隣に木造の消防署が完成。一部にCLTを使用するなど、木材のショールームのようだ。 森林・林業日本一のまちづくりを目指す岩手県住田町。総面積の90%を森...

【カーボン・オフセットで森づくり-40-】岩手県住田町 住田型森林業を構築
2018/08/27

【カーボン・オフセットで森づくり-39-】福岡市 自然との調和を模索

「人口157万人の福岡市は、林業の面から考えると生産というより消費する側。林業が盛んでないとはいえ、クレジットの存在を広めて活用していただくことで森林の持つ機能を伝えられれば」と農林水産局農林部の藤間計公森林・林政課長。 博多や天神などを歩けば繁華街が広がりビルも林立、海沿いには福岡ドームやリゾートホテルなどが並ぶ福岡市。面積の3分の1が森林というものの、これまで全国を取材してきた中で市有林を活用...

【カーボン・オフセットで森づくり-39-】福岡市 自然との調和を模索
2018/01/15

コベルコ「カーボン・オフセット」プログラム 最適システムで増産、北海道弟子屈町の今井林業 

「山といっても性格はさまざま。その特性に合った作業システムをどう考えるかが林業の魅力」と今井林業の西村良雄社長(65歳)。 コベルコ建機=楢木一秀社長、東京都品川区=では、国内林業に特化した『コベルコ「カーボン・オフセット」プログラム』を2013年から開始。林業専用機を購入した企業団体への販売・サービス活動だけでなく、環境省が開始したJ―VERクレジット(J―クレジット)を発行する団体との新たな繋...

コベルコ「カーボン・オフセット」プログラム 最適システムで増産、北海道弟子屈町の今井林業 
  1  2  >>