農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > エム・エス・ケー農業機械

エム・エス・ケー農業機械

新しい順  古い順
2022/06/28

精密な肥料散布実現 クーンAXISシリーズ エム・エス・ケー農機

資材価格が高騰する中、エム・エス・ケー農業機械(齊藤良幸社長)が提案するのは「スマート農業」に飛躍的な貢献をもたらす肥料散布機、クーン社のファテライザースプレッダー「AXIS・2」シリーズだ。クーン特許機構のCDA配給システム(肥料の落下位置と散布域をコントロール)を筆頭に搭載されたハイテク要素が、運用コスト対策の「カギ」となる。 エム・エス・ケー農業機械=北海道恵庭市戸磯193―8=が発売してい...

精密な肥料散布実現 クーンAXISシリーズ エム・エス・ケー農機
2022/04/26

最新フェントトラクタ  295~517‌PSの6モデル エム・エス・ケー農業機械

エム・エス・ケー農業機械=齊藤良幸社長、北海道恵庭市戸磯193―8=が昨年から発売しているフェント最新トラクタ900/1000バリオG7シリーズに注目が集まっている。定格馬力295~517PSまでの6モデルをラインナップ。逆転ファンやタイヤ空気圧調整システム(バリオグリップ)等のオプションはそのままに、上質な機能を装備している。 エム・エス・ケー農業機械=北海道恵庭市戸磯193―8=が昨年から発売...

最新フェントトラクタ  295~517‌PSの6モデル エム・エス・ケー農業機械
2021/12/20

エム・エス・ケー農業機械がNECと北海道で2年間、営農支援分野で実証

エム・エス・ケー農業機械=齊藤良幸社長、北海道恵庭市戸磯193―8=は、NECと営農支援分野での実証実験を開始した。同社が取り扱う先進機能搭載農機とNECの農業プラットフォーム「CropScope」を駆使して営農現場での課題解決を通し「持続可能な農業の発展」に貢献することを目的に実施。期間は2年で、小麦を対象に行う。 実証は北海道河西郡芽室町の小麦農場約170ha(東京ドーム34個分)で実施。同社...

エム・エス・ケー農業機械がNECと北海道で2年間、営農支援分野で実証
2021/07/26

新体制人事を発表 ~エム・エス・ケー農機~

エム・エス・ケー農業機械=北海道恵庭市戸磯193―8=は6月28日開催の定時株主総会で役員の改選を行った。新陣容は次の通り。【取締役・監査役】▽代表取締役社長=齊藤良幸▽専務取締役=伊藤弘▽取締役=葛原裕一(重任)▽同=潤田久嗣(新任)▽同=佐藤聡(三菱商事㈱)▽同=髙畑年伸(同)

新体制人事を発表 ~エム・エス・ケー農機~
2021/06/07

MSK農機が西日本支社に新工場 トラクタの大型化に対応

エム・エス・ケー農業機械=齊藤良幸社長、北海道恵庭市戸磯193―8=は、西日本支社(熊本県菊池郡大津町室1541)の敷地内に新組立工場を建設した。延床面積は附属施設を含めて約885㎡。 かねてより農業機械の大型化に伴い、最新トラクタ及び農業機械組立工場の設備を整える必要から、西日本支社の新組立工場を建設。5月25日無事竣工した。

MSK農機が西日本支社に新工場 トラクタの大型化に対応
2021/04/26

エム・エス・ケー農業機械の精密農業用デバイス搭載最大325PSの高馬力モデル6気筒最新MFトラクタが登場

エム・エス・ケー農業機械=齊藤良幸社長、北海道恵庭市戸磯193―8=は5月に国内初となるマッセイファーガソントラクタ「MF8730S」を上陸させる。最大325PSと同社が取り扱うMFトラクタでは最大馬力で、ISOBUS対応のタッチパネルなどを標準装備。大規模酪畜農家をターゲットに夏以降の発売に向け準備を進める。

エム・エス・ケー農業機械の精密農業用デバイス搭載最大325PSの高馬力モデル6気筒最新MFトラクタが登場
2021/02/22

エム・エス・ケー農業機械の豊富新工場が稼働 大型化や最新技術へ対応

エム・エス・ケー農業機械(齊藤良幸社長、北海道恵庭市戸磯193―8)は、農業機械の大型化や最新技術への対応力強化のため、豊富営業所内に新工場建設を進めていた豊富新工場が2020年12月14日に竣工。今年1月から稼働が開始した。 稚内市の南に位置する営業所のある地域は、酪農が盛んなことから牧草TMRセンター等に集約が進み、機械の大型化が進んでおり、高馬力トラクタや自走式ハーベスタが多く納入されている...

エム・エス・ケー農業機械の豊富新工場が稼働 大型化や最新技術へ対応
2020/12/21

フェントトラ5モデル ロールベーラの新型機も発売 ~MSK農機~

エム・エス・ケー農業機械(齊藤良幸社長)はフェント新型トラクタ900バリオG6シリーズの受注を開始している。タイヤ空気圧調整システム等のオプションはそのままに定格馬力296~415PSまで5モデルをラインナップ。また、高品質な飼料づくりに役立つフェント固定式ロールベーラRB3100Fシリーズと共に大規模農家を中心に関心を集めている。

フェントトラ5モデル ロールベーラの新型機も発売 ~MSK農機~
2020/08/11

エム・エス・ケー農業機械が新型フェントトラ、ロールベーラ3モデルも発売

エム・エス・ケー農業機械(齊藤良幸社長)は、フェント新型トラクタ900バリオG6シリーズの受注を開始した。逆転ファンやタイヤ空気圧調整システム(バリオグリップ)等のオプションはそのままに296~415PSまで5モデルをラインナップ。また、高品質な飼料づくりに役立つフェント固定式ロールベーラRB3100Fシリーズも発売した。

エム・エス・ケー農業機械が新型フェントトラ、ロールベーラ3モデルも発売
2020/07/13

新社長に齊藤良幸氏 エム・エス・ケー農業機械7月1日付新体制

エム・エス・ケー農業機械=北海道恵庭市戸磯193―8=は、7月1日付で、石川善太氏が代表取締役社長を退任し、齊藤良幸氏が代表取締役社長に就任したことを発表した。 新体制は次の通り(敬称略)。【取締役・監査役】▽代表取締役社長=齊藤良幸(新任)▽常務取締役=伊藤弘(重任)▽取締役=高橋満(重任)▽取締役=臼杵睦麿(重任)▽取締役=葛原裕一▽取締役=浦野輝虎(重任・三菱商事㈱)▽取締役=吉田勝一(三菱...

新社長に齊藤良幸氏 エム・エス・ケー農業機械7月1日付新体制
2020/07/06

MSK農機から新型フェントトラ ロールベーラも新モデル

エム・エス・ケー農業機械(齊藤良幸社長)は、フェント新型トラクタ900バリオG6シリーズを発売した。逆転ファンやタイヤ空気圧調整システム(バリオグリップ)等のオプションはそのままに296~415PSまでの5モデルをラインナップ。また、高品質な飼料づくりに役立つフェント固定式ロールベーラRB3100Fシリーズも発売。こちらは最低所要馬力61・2~136PSの3モデルを用意。これら営農をサポートする世...

MSK農機から新型フェントトラ ロールベーラも新モデル
2020/04/27

高性能の4気筒モデル 作業に合わせた選べる仕様 MSKが農機新型MFトラクタ発売

エム・エス・ケー農業機械(石川善太社長)は、マッセイ・ファーガソントラクタ「MF6700S」シリーズを発売している。4気筒ながら重作業やローダー作業も難なくこなす〝機動性の高い高馬力トラクタ〟という新しいセグメントのトラクタ。最大馬力156~201PSの4型式。3種類のトランスミッション、2種類のグレードから選択できる。

高性能の4気筒モデル 作業に合わせた選べる仕様 MSKが農機新型MFトラクタ発売
2020/01/27

エム・エス・ケー農業機械が新春初売り展示会 大型輸入農機を取り揃え

エム・エス・ケー農業機械‖石川善太社長、北海道恵庭市戸磯193―8‖は、1月16・17日に東日本支社6営業所合同で新春初売りの展示会を栃木県那須塩原市の東日本支社内で開催。同社が輸入販売する農業用トラクタ「マッセイ・ファーガソン」「フェント」や自走式ハーベスタ「クラース」を中心に、協賛各社も出展し、2日間で約1000名が来場した。

エム・エス・ケー農業機械が新春初売り展示会 大型輸入農機を取り揃え
2019/08/19

エム・エス・ケー農機が高性能の大型農機を出展

エム・エス・ケー農業機械(石川善太社長)は8月22~24日まで岩手県滝沢市のアピオで開催される「第74回岩手県全国農業機械実演展示会」に出展。500馬力超の大型トラクタやロールベーラなど、高性能・高品質なフェントブランド商品を中心に、農業の大規模化が進む中、大規模農家向けに海外製の先進的な農業機械を展示する。

エム・エス・ケー農機が高性能の大型農機を出展
2019/07/22

エム・エス・ケー農業機械が新役員人事を発表

エム・エス・ケー農業機械=石川善太社長、北海道恵庭市戸磯193―8=は、6月27日開催の定時株主総会において役員の改選を次の通り行った。=敬称略= 【取締役・監査役】 ▽代表取締役社長=石川善太(重任) ▽常務取締役=伊藤弘 ▽取締役=高橋満 ▽同=臼杵睦麿 ▽同=葛原裕一(新任) ▽同=浦野輝虎(三菱商事) ▽同=吉田勝一(重任・同) ▽監査役=仲村洋一(新任) ▽同=木下正賢(三菱商事)。 【...

エム・エス・ケー農業機械が新役員人事を発表
2019/07/08

エム・エス・ケー農業機械がトプコン操舵システム推奨

エム・エス・ケー農業機械(石川善太社長)は、作業の自動化・効率化をサポートすべくトプコンGNSSガイダンスシステムを推奨している。超低速など高精度な制御が可能なことからユーザーを増やしている同社ガイダンスシステム。昨今ではその自動操舵システムの新機能として枕地旋回機能が使用可能(オプション)となり、より進化させている。

エム・エス・ケー農業機械がトプコン操舵システム推奨
2019/03/04

MSK農機 MFMスプリングフェアGOGO! 東日本支社で開催 ラッピングトラ等参考出展

エム・エス・ケー農業機械=石川善太社長、北海道恵庭市戸磯193-8=は2月22、23日、栃木県那須塩原市にある東日本支社でマッセイ・ファーガソンMF135誕生記念展示会「MFMスプリングフェアGOGO!」を開催した。ラッピングトラクタやMF「S」シリーズなど豪華トラクタを主体に展示。売上目標を達成するなど盛況だった。

MSK農機 MFMスプリングフェアGOGO! 東日本支社で開催 ラッピングトラ等参考出展
2018/12/17

エム・エス・ケー農機が美幌支社で展示会を開催

エム・エス・ケー農業機械=石川善太社長、北海道恵庭市戸磯193―8=は各地で展示会を開催。11月28・29日には北海道美幌町の道東支社で美幌・斜里・紋別営業所合同による秋の大展示会を開催。 マッセイ・ファーガソンやフェントトラクタをはじめ、高能率な作業を可能にする作業機を展示。売上・来場目標を達成するなど大きな成果を上げた。

エム・エス・ケー農機が美幌支社で展示会を開催
2017/07/08

MSK農機がMFグローバルシリーズ発売 100馬力周辺の4型式

エム・エス・ケー農業機械(杉野俊樹社長)は、待望の新型MFトラクタ「グローバルシリーズ」を発売した。キャビン仕様・安全フレーム仕様の2機種4型式で、日本市場で需要の高い100馬力周辺のレンジにシンプルな装備で低価格なトラクタを投入することで、廉価版を求めるユーザーのニーズを満たし、更なるシェア拡大を目指す。

MSK農機がMFグローバルシリーズ発売 100馬力周辺の4型式
  1  2  >>