農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 改正基本法が成立 食料安全保障柱に スマ農支援で生産性向上

改正基本法が成立 食料安全保障柱に スマ農支援で生産性向上

改正基本法が成立 食料安全保障柱に スマ農支援で生産性向上

 5月29日の参議院本会議で食料・農業・農村基本法の改正案が審議され、賛成多数で可決、成立した。前回の基本法制定から25年、四半世紀を経ての改正となる。今回の改正では、「食料安全保障の確保」のほか「環境と調和のとれた食料システムの確立」「農業の持続的な発展」「農村の振興」を柱と設定。生産性向上に向けてスマート農業技術の導入加速などを進めていく。今後、改正基本法を基に「食料・農業・農村基本計画」の策定に向け検討を加速させる。

 

関連記事

5年度林業白書 「花粉と森林」特集 デジタル林業拠点等紹介

全米販 生産との連携強化 米穀産業活性化へビジョン

全米販 生産との連携強化 米穀産業活性化へビジョン

未来の米づくり対話 米の輸出促進に向け 超低コスト・低メタンで

未来の米づくり対話 米の輸出促進に向け 超低コスト・低メタンで

JAPIC 高性能な林業機械化 提言を林野庁長官に手交

JAPIC 高性能な林業機械化 提言を林野庁長官に手交