農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > うね立てマルチ好評 甘藷つる切機も市場投入 ササオカ

うね立てマルチ好評 甘藷つる切機も市場投入 ササオカ

うね立てマルチ好評 甘藷つる切機も市場投入 ササオカ
ササオカ(山﨑清社長)は、トラクタインプルメントの充実と拡販に注力し、ユーザーから好評を得ている。代表的な商品は「うね立てロータリーだい地くんタイプRF」で困難な条件でも作業できるため、高い評価を得ている。また、サツマイモ需要及び産地が拡大している中で、うね立てロータリーに加え、「甘藷のつる切機KH―4」もラインアップ。

 ササオカ=高知県須崎市浦ノ内立目717=は「うね立てロータリーだい地くんシリーズ」やトラクタ45‌PS対応の2畦・3畦整形同時マルチ「パワー二郎」「パワー三郎」など、数多くのインプルメントを市場に投入、高い評価を得ている。
 中でも、うね立てマルチ「だい地くんタイプRF」は、稲株や土塊などうね立てが困難な条件でも作業できるように、整形部に同社独自の技術を用いている。姉妹機の〝だい地くん〟をベースに、粘土質・稲刈り後の水田での作業性を大幅に向上させている。

 また、摩耗状態が分かるリブが付いた爪を装着。うね立て爪は耕うん爪と違う減り方をするため、交換時期を把握することで、良好な性能を維持することができる。
 型式は、だい地くんタイプRFのSTR3CDR(整形仕様)、同M(同時マルチ仕様)とだい地くんタイプRFバージョンN(狭い)のSTR3CDR2(整形仕様)、同M2(同時マルチ仕様)の4型式。
 バージョンNタイプは従来機では対応できなかった、狭い畝幅に対応。1350㎜のマルチフィルムが使用可能。テンバ幅はうね高さ200の時640~940、同300の時510~810で、うねスソ幅は900~1200、うね高さ200~300各㎜となっている。
 また、マルチロータリーに加え、つるを細断する「甘藷つる切機KH―4」も準備。特長は、うね側面に伸びたつるを持ち上げて裁断するため、鎌での後処理が不要。大量のつるも詰ることなく細断し、耕うんなどの後処理が簡単に行える。さらに移動や装着に便利な、キャスターを標準装備。
 同社では、今後もユーザーニーズに応える、省人・省力・高効率な商品を開発、提案する。

関連記事

北村製作所 充電式刈払機に特化 お買い得セットも発売中

北村製作所 充電式刈払機に特化 お買い得セットも発売中

昭和ブリッジ 新型「苗コンテナ」 24年1月から1割価格圧縮し発売

昭和ブリッジ 新型「苗コンテナ」 24年1月から1割価格圧縮し発売

アグリアタッチ 工具なしで組換え マルチロータリ「マジック」

アグリアタッチ 工具なしで組換え マルチロータリ「マジック」

ヤンマー アグリ、ロボ/オートトラ発売 操作性さらに向上 コンとほ場データを共有

ヤンマー アグリ、ロボ/オートトラ発売 操作性さらに向上 コンとほ場データを共有