農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 日本農薬 JA全農と連携へ協議 レイミーのAI病害虫診断 

日本農薬 JA全農と連携へ協議 レイミーのAI病害虫診断 

日本農薬とJA全農は、日本農薬が提供する「レイミーのAI病害虫雑草診断アプリ」とJA全農が提供する営農管理システム「Z―GIS」のシステム連携にむけて協議を開始することについて合意した。
 連携では、「Z―GIS」のユーザーが「レイミーのAI病害虫雑草診断」で得た病害虫雑草診断の結果と「Z―GIS」で管理する営農情報を地図情報と併せて「見える化」することにより、生産者の圃場管理の効率化、高度化をはかることをめざす。
 なお、この連携には日本農薬のAPI(※)を使用することを想定している。
 ※APIとは「アプリケーション・プログラミング・インターフェース」の略称であり、システム間連携を容易にする為に、連携のルール・仕様を定義し、一部の機能を効率的に共有できる仕組み。

関連記事

鈴木工業 土壌改良の処方箋 ミノリーナで生育が安定

鈴木工業 土壌改良の処方箋 ミノリーナで生育が安定

3月末 農薬出荷数量 金額3%減2326億円 6.8%減の10万t

3月末 農薬出荷数量 金額3%減2326億円 6.8%減の10万t

農薬工業会が名称変更「クロップライフジャパン」へ 日本と世界の食と農へ 新ビジョン公表

農薬工業会が名称変更「クロップライフジャパン」へ 日本と世界の食と農へ 新ビジョン公表

日本甜菜製糖 ゲインウォーター 土に撒けば保水力等向上

日本甜菜製糖 ゲインウォーター 土に撒けば保水力等向上